お茶の間には届かない世界の有用情報?

お茶の間にはなかなか届かない世界の有用情報をお知らせします。
あほらしいけど、私もこの世ウォッチせなあきまへんでな。
なるべく仰天するようなのを選んで、眠気覚ましとしてお届けしまっさ。

やのっちさんの面白ツイート情報から

発狂したCNNが、トランプの日本訪問の記事に、ジョン・F・ケネディが暗殺された日に飛行機を降りる写真を付けて威嚇しているんだけど、これはカバールによる暗殺予告でよろしかったでしょうか。ただし、トランプ陣営はNSAを完全統制しているので100%失敗に終わるだろうけど。

Amen!!! CNNはここに安らかに眠る。
https://twitter.com/wadibig/status/1134816241749770240

フランス・ノートルダム大聖堂のサタン教会の焼き払い(悪魔払い)は、変態カバールの大量虐殺計画を阻止するためのトランプ陣営によるホワイトハットオペレーションだったという情報❗️ きてますよぉー!!!!!
https://twitter.com/okabaeri9111/status/1134821446796992514

※ 「変態カバールの皆様は、’虐殺生贄予定表♪’ なるものをお持ちで」、それが実行されれば大量のイエローベスト市民が犠牲になるところだった。とのこと。
虐殺生贄予定表♪を解読したトランプチームが、テロを阻止すべく、事前に焼き討ちをかけたとのことです。
失敗した変態カバールは、プランBに切り替えて、スリランカテロを実行したとのこと。
スリランカのほうまで手が回らなかったのか、なんでやねんという気がしますわ。色が黒いから?
NSAが世界に流れる情報をすべて掴んでいるため、こうした事前対策が可能らしい。ということ。
5.10に始まった日本に対する5.11霊光原発テロ?ももしかするとトランプチームが阻止したのかも知れません。
これが成功すると、世界的影響がはなはだしいでしょうからねえ。イエローはまだまだ使い勝手がいいし。
ちなみにこの計画については、2015年英エコノミスト誌新年号表紙絵に”虐殺生贄予定表♪”として揚げられています、と言ったらびっくりしゃっくりくりっくりでしょうか。しっかりウオッチしたらわかるんですがね。

ふと気づいてみれば、世界中のカバール勢が壊滅に向かっているじゃないか。トランプのネタニヤフに対する戦略(世界中に反イスラエル感情を植え付けることで周囲から追い込んで潰す戦略)は見えたんだけど、安倍公に対してはどう煮るのか見もの。

トランプ政権は、イランの石油化学産業に対する追加制裁の発動を延期! https://jp.sputniknews.com/politics/201906016317566/
何もかもが予想どおり進行し過ぎて、逆に笑えるんだけどw

トランプ政権は、グーグルへの独占禁止法に関わる調査を開始したことで、シリコンバレーに対して宣戦布告❗️ https://www.zerohedge.com/news/2019-06-01/trump-declares-war-silicon-valley-doj-launches-google-anti-monopoly-probe … というより、カバール直営企業に対して宣戦布告したということ。モンサントを追い詰めているのもトランプ陣営。

日本や世界や宇宙の動向さんから

10月に勃発させる予定のイラン戦争に向けたプロパガンダ
https://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52040849.html
どうやらイルミはイラン戦争を10月に勃発させる予定のようです。
ルミの最終目的は第三次世界大戦です
しかし、デイビッド・ゴールドバーグ氏が入手したイラン戦争任官する最新情報によると:
今後、米国は、イラン戦争に備えて中東へ追加部隊を送り込むことを公表します。既に12万人の米軍部隊が中東に送り込まれています。
しかしイラン戦争は完全に偽旗です。 これは何年も前から計画されてきたものです。イランからの脅威は全くありません。
とのこと。

※ イラクの場合と同じ柳の木の下にどじょうがいるかどうかを狙ってるんですかね。泥鰌と言えば、ボルトンはんの泥鰌髭見れば、あんたこそ泥鰌であることを示していやしませんか、とついぞ言ってしまいます。(笑)

日本の芸能界+ヤクザ+政界=朝鮮
https://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52040864.html
芸能界も政界も真暗闇です。
<在日だらけの芸能人。日本の支配者は李氏朝鮮の「李家」の血筋。>
https://www.youtube.com/watch?v=dgG2YIN6MlE

※ ぎょへーーーーー!!  いや、どひゃーーーーー!! と言ったほうがいいのか。
軍備拡張と国内戦争機運の醸成、そして改憲することでの軍国化への地道な布石と努力に対して、なぜかスカスカのスパイ&工作員天国にしてきた政府の取り組みには疑問を表さざるをえないなと思っていたので、このビデオには納得するようなこともありました。しかし人相や顔立ちで人を判断するのは偏見による誇張でしかありませんから、正当なルーツ分析にそうしたものを持ち込むのは良くないと思います。
それでもコーリーの目の前で穏健派カバールに転向したキッシンジャーが、世界で一番危ない国は○○とプーチンやトランプに話したそうなので、いちばんウオッチ対象にはなっているとは思いますが、トランプの考えはどうなりますやら。中韓を含めイエローは救済の対象外といったことにならないかとも思い、今後とも見ていくつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です