SignalNow(第166号)]防災情報メールから想う

「ちきゅう」号による掘削計画について

来月、海洋研究開発機構は、海底を深く掘削できる地球深部探査船
「ちきゅう」を使って、南海トラフの深部の探査を開始します。

「ちきゅう」による深部探査は、国際プロジェクトとして2007年に始
まり、これまで海底下約3000メートルまで掘削探査してきました。

今回は世界で初めて、プレート(岩板)境界部の巨大断層まで到達す
る、海底下5200メートルまで掘り進む計画となっています。

掘削地点は、世界のプレート境界の中でも浅いことから、紀伊半島沖
の熊野灘が選ばれました。

「ちきゅう」は、10月10日に静岡県清水港を出航し、紀伊半島沖で約
半年かけて海底を掘削する計画となっています。

日本の太平洋側の海底では、陸のプレートの下に、海のプレートが沈
み込んで「歪み」を少しずつ蓄積していて、プレート境界部の断層は
「巨大地震の巣」となっています。

この「境界部の断層」を直接掘削し、岩石を集めるほか、歪みの蓄積
状況を調べる計画です。

—————–

とのことなので、南海トラフ地震の発生事前予告が出たと思って警戒していましょう。
紀伊半島沖の熊野灘ですか。フムフム。
ショッカー基地の近くですね。お膝元で花火大会とは洒落てますねえ。
https://www.youtube.com/watch?v=35Kc4jM2Sew&feature=player_detailpage&start=135

仮面ライダーに報せときましょう。そういう私はガッチャマン・ホルス。どうぞ、お見知りおきを。
こんな秋のイベントはやらせてはいけません。
CCSといい、Muレーダーといい、学術に名を借りたカバールの横暴を見逃していてはたいへん。
それでなくとも、日本は残酷なカバールによって手足もがれた柿の種になっているというのに、今度は殺虫剤で悶絶させようというのでしょうか。

日本は聖書の大淫婦バビロン第一候補としてマークされてるみたいですから、いろいろあることを覚悟しましょう。
なお、この計画立案者は、ゾル大佐、ではなく、このオクンド軍曹。
https://www.youtube.com/watch?v=35Kc4jM2Sew&feature=player_detailpage&start=120

カバールショッカー隊員よ、この終局計画をみごと果たすのだ。
この期に及んでBeingで転職などしようとしたら、赦さん。
軍法会議にかけて300年の懲役にし、フクシマ原発での除染作業に当たらせるからな。
総玉砕する覚悟で臨むよう。