はい、オパピーだけ、私が入れました

本日、こんな記事を見つけました。

———————–

Qによると、「カバノーの性的暴行疑惑の告発をやめるかわりに、FISA文書の機密解除請求を即刻取り下げろ」と民主党から要求されたそうです。

それに対してトランプさんは、「予定通りカバノーさんを判事に指名する。そんなの関係ねー。はい、オパピー(古!)」と言ったということです。(笑)

性的暴行疑惑をかけられたカバノーさんの高校時代の同級生だった60人以上の女性が連名で、「告発は嘘だ」という趣旨の嘆願書を上院に提出するそうです。

必死ですね、カバール。しかし機密解除を取り下げるのとバーターで要求してきたということは、逆にFISAの内容が致命的だということを示しています。

トランプ大統領はまた、「ぐずぐずしてないでさっさとFISA文書を公開しろ」という大統領命令も出したそうです。

FISA文書が公開されると、どういう話が出てくるのか、内容が楽しみです。

もう一つのニュースは、インテルでマイケル・サラ博士によって報告された、コズミックディスクロージャーでおなじみのコーリー・グッドが、政府に請求していた2件の先進技術に関する機密文書の開示が認められ、科学者がこの文書の内容に間違いがないことを確認した、という話です。

さりげなく紹介されていましたが、これはすごいことです。

少なくともコーリーの言っていたことが事実だったということが、政府の文書で正式に裏付けられたわけですから。

これはコーリーが今まで言ってきた話が2つの点において、証明されたことになります。

1点は先進技術が実際に存在すること、もう1点はその先進技術を政府が隠している、ということです。

同じくコズミックディスクロージャーの常連のエメリー・スミスも、「政府が隠している先進的な医療技術が公開されたら人類の生活は180度、変わるだろう」という意味のことを常々話しています。

今は2件しか公開されていないですが、これからどんどん情報公開を進めることで、ゆくゆくは先進医療にとどまらず、反重力やフリーエネルギーについても公開してほしいものです。

まずはそのきっかけとしての第一歩がRVに続くNESARAでしょう。

そしてRVのための条件である大量逮捕が、FISA文書の開示を皮切りにもうすぐ始まりそうな情勢になってきています。

—————-とのこと。

いや、この先進的医療技術というのがすごいんです。短時間でDNAの損傷から何から何まで元通りにして、腫瘍やその他異物がきれいさっぱりなくなっているというのですから。
すでにどこかの大統領はそれで治療して、長寿命を得ているそうです。ディープステートから治療は始まってるんですね。どこまでもふざけた連中だと思わずに、忍耐強く待っていましょう。

エミリーさんの話、もうご覧でしょうかね。だいぶ前に紹介してますよ。

私は? そんなもの要りませんよ。早いこと最後の審判の工程に進みたくて、いつ死ぬのか待っているところだいうのに。私が逝けば、世界の浄化は早いよ。

宇宙文明側と、閉塞的に閉ざされた嘘ばかりのこちら側は、たった薄壁一枚しか離れてなかったのです。
宇宙文明側の邪悪な勢力に、奴隷や食糧として使われているようではダメです。

もう一息です。希望を捨てずに忍耐強く参りましょう。