ほんとうのことは隠されるのかもしれない、という話・・・本日は悪魔の話が主体的かも

ほんとうのことは隠される・・・私の幾多の仮説もほんとうのこととみえて、ほとんど知られていないみたいですね。
だから、知られないことを以て、仮説のほんもの度を測る指針にしています。

そこで一首
– ああこれも不人気仮説 ほんものだわいと独りよがりの嬉し泣き –

まずボキの問題・・・よく知らないことによる無知の連鎖なのか

僕(ボキ)は簿記がようわからんのですけど、日銀の貸借対照表の見方を別角度から解説してくれる経済評論家のかたがおられたので、これはちょっと見ておきたく思いました。
このかたによれば、日銀の貸借対照表はいま目下、ゴミ溜め状態だそうです。

質問者が年金積み立て運用のGPIFが株式の購入で株価下支えをしているが、バランスシートに問題はないのかと問うたところ、GPIFはそれを出さないからわからないが、同様に株式購入をしている日銀の場合でどうなっているかについて解説したものです。
まあ、私のような素人にはようわからんので、その箇所だけ抜粋しましたので、ご覧になってください。
財務諸表の見方が少しはわかるようになるかもしれません。
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/hol/vdo/CUT.00’00-10’40.mp4

この問題は日銀の黒田と安倍政権が政策協定しているから起きているとのこと。ふつう日銀というのは、政府とは独立してインフレ対策などを金利調整して行うとされていた機関です。しかも、協定して異次元緩和などと称して国債発行をやり始めたわけでした。たとえば国債保有高は安倍政権前は100兆円だったものが、いまや450兆円。その多くが素人目に美しい日経平均株価の安定に費やされ、アベノミクスへの高評価が維持されてきたようですが、バランスシートがヤバくなっているようなのです。

経済原理からすればありえない施策だったので、全くの素人ながら財務省のオピニオンに書いて出したほどでした。この人(黒田)に任せて大丈夫なのかと。異次元などと言い始めた時点でもう領域はオカルトですし、良薬特効薬的短期処方ならいいけど、その執心の仕方は黒魔術的ですらありました。
びっくりするのは、たった資本金1億円の株式会社(日銀)が500兆円ものおカネの発行に携わることができるという悪魔的発想はどこから来たの。私が千円のお小遣いで神戸製鋼を支配しているようなもの。してみたいけど、責任があるからようやらんですわな。しかし、黒田以下に責任感はあるのかいな。CEOは責任とって辞めました、で終わった時点で日本も終わりましたってことになるはずよ。このオカルトは志村けんの漫才見てるようなものでっせ。脱糞だあー!!

次に進化論の問題・・・いまさら知ったとてどうにもならんけど

[特報]ダーウィンの進化論が崩壊 : かつてない大規模な生物種の遺伝子検査により「ヒトを含む地球の生物種の90%以上は、地上に現れたのがこの20万年以内」だと結論される。つまり、ほぼすべての生物は「進化してきていない」
https://indeep.jp/dna-barcoding-survey-reveals-new-evolution-theory/
投稿日:2018年6月7日

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も
科学メディア Phys.org の5月28日の記事より

>「ダーウィンの進化論」について、それが、ついに「全否定」される可能性が強くなったことについての報道です。
これは、アメリカの科学メディアに掲載されていた記事をご紹介したいと思いますが、この研究の方法もすさまじいものです。かつてなかったもので、誰も想像さえしなかったものです。
それは、10万種以上の生物種の DNA と、アメリカ政府の遺伝子データバンクにある 500万以上の DNA の断片を「徹底的に調査した」というものなのです。
そこからいろいろとわかったのですが、最も衝撃的だったのは、
現在地球にいる大半の生物(人間を含む)が地球上に登場したのは、10万年〜20万年前の間だとわかった。そして、「中間種は存在しない」。
ことでした。

おそらく、この研究の最も驚くべき結果は、人間を含む現在地球上に存在する生命種のうちの 10種のうち 9種が 10万〜 20万年前に出現したことが明らかになったことだろう。
これはつまり、この地球の生物の 90%以上は「それ以前への遺伝子的なつながりがない」ということでもあり、もっといえば、地球のほとんどの生物は20万年前以降に「この世に現れた」のです。

「現行の科学で言われている人類誕生までの地球の歴史」というものは下のようにされています。
46億年前から始まり、35億年前くらいの最初の生物が誕生し、そこから「徐々に」進化してきた……というものです。
しかし、今回の大調査の結果からわかることは、
「徐々に」進化していない
ということなのです。
つまり、20万年より前の部分は、「現在の地球の生物とほとんど関係ない」としか言いようがないのです。

とにかく、ほぼすべての生物種が 10万年から 20万年前に地球に登場しているという可能性が極めて強くなったのです。
今回の調査の方法論と、この結論については、科学的に真っ向から反論することしは難しいように思えるほど、ほぼ完ぺきなものに見えます。

これから科学界はどうするのか……とも思いましたが、このニュースが出て以来の日本の報道を見て少しわかりましたが、どうやら、今は、
「できる限り無視する」
という姿勢なのかもしれません。
何しろこれだけの内容が提示されているニュースなのに、日本語の報道がほぼないのです。

—それで、どうなんだというわけですが、
こんな大きな出来事がどうして? とも思いますが、いずれにしても、現実として、日本語ではほとんど報道されていないので、ご存じない方も多いかもしれないと思い、ご紹介しようと思いました。
—とのこと。
—————————-

科学界も脱帽の有様、いや脱糞の有様と言っていいでしょう。脱糞だあーっ!!

簡単にわかることといえば、コーリー情報などを元にすれば、太陽系外からドラコやその他の宇宙人種がやってきて、地球を遺伝子実験場にしようとしたと考えればわかりいいかと思います。
遺伝子実験にしろ、有機生命体の耐久実験にしろ、何でも実験というものは、一定の期間を区切って、限られた対象生命体だけを集めて観察すればいいことでしょう。
対象生命体を限るために、実験が一回終わるごとに、絶滅させるような仕組みを施してきたということかもしれません。そのたびに、数限られた生命体のサンプルを救済し、次回の実験に移植してきたということではないのでしょうか。
ノアの箱舟も、ホピのマサウウ伝説も、なんら聖的な話ではなかったのです。

霊的な目覚めを果たして、地球人類がほんとうに自主独立の気構えを持たなければ、またぞろ実験は繰り返されるところだったのではないですか。
我々は霊なのであり、人権侵害ならぬ霊権侵害を訴えねば、宇宙文明にも参加できないところだったのではないですか。

人権なら、どこにあるんだと言われるのが落ち。人型生命体なら奴隷用と食料のため俺たちが創った、その実験をして何が悪いと言われればそれまでです。
コーリーが最新情報に言うよう、旧来のスーパー連邦が解体されることになったのは、霊権侵害を問題視する高次元的動きがあったからでしょう。
ほんとうに大切なことは、特に地球においては、隠されてあります。

第二の疑問は、日本ではなぜこうした大事なことが無視されるのか。

日本人は最も実験に適した種族で、目覚めにくいことが取り柄と宇宙人たちには思われていることは確かでしょう。
それは実験に当たった宇宙人が(きっと)そう言っているのでして、マスコミが言っているのではありませんよ。

マスコミは政府に忖度してみんなで戦争突入することを決めていたのだと思います。
だって、どう見たって、日本は危ない橋を渡っていて、いざというときよほどの英断的政策実行なしには、多くの国民が飢餓難民化してしまうでしょうから。
だから、いまさら科学的新事実が国民に知れたとて、意味がないとマスコミも思っていたのだと思います。
しかし、国民はそんなこと知りません。科学的新発見なども知りたいし、新しい技術のことも知りたい。

政府と政府関係者としてのマスコミまでは料亭での接待でプランを聞いて知っていたのでしょう。戦争してお茶を濁す以外に手はないことを。そこに一蓮托生の覚悟を大和魂として共有する忖度関係が醸成されていたのではないかと、素人目ながら思ってしまいます。
科学や教育や、国民生活のことなど、この時期、どうでも良かった。だって、それどころじゃない。もうすぐ、この秋にでも限界が来ると。

しかし、世界情勢とくに極東情勢は政府プランの梯子を外す方向で動いてしまっている。
米国からは極東での有事シナリオは戦争屋チャネルから聞き知っていたのだろうが、トランプはそれを回避しようとしていて、想定外のことになっている。
そのことがよく見極められなくて勇み足したポパイ似大臣もいました。
もしかすると、日本は嵌められたのかもしれません。米中韓北によって。
そんなときは、ほうれん草食べて頭の回転を良くしてください。
米朝和解がシナリオとすれば、元々日本をターゲットにする予定だったかも知れないことは、2016年新年エコノミスト誌などを見ればなんとなくわかります。

国民の間の有識者は政府のアンモラル性を糾弾し続けています。
かといって、内閣総辞職などになれば、日本は信用を失って破綻にまっしぐら。
安倍さんたちが辞めるに辞められないのはそんなところにもあるでしょう。
こんなときは中東でちょっと大き目の戦争が起きてくれてもいい。
何でもいいから、お茶濁ししてほしい。
でも、なかなか起きないし、そのうちトランプが日本に不公正な円安誘導するのはやめろと言ってきたらどうなるのか。
日本の内政発の経済破綻が起きてしまうではないか。
政府関係者は、怖いながらもとおりゃんせとおりゃんせと心で唱えているのではないでしょうか。
多少のおカネで延命できるなら、そうしたほうがいいでしょう。

>トランプ・安倍会談の中心は貿易問題だった
日米首脳会談後にトランプ暴露 安倍首相が数十億ドル献上

うん。えらいえらい。日本はどこまでも米のパートナー。
1年でも2年でも、日本の延命先延ばしをよろしくね。
年金がもらえんようになったら、早速窮地に・・・嗚呼。

黒執事Ⅱ・・・逆五芒星、悪魔との契約シンボル

それから、一昨日はツタヤでアニメをレンタルしてきました。金曜日は旧作一本がタダになるというので、チャンスとばかり。(但し60歳以上だけですから)
タイトル名は「黒執事Ⅱ」。私が猫の召使のようなものなので、猫執事のあり方を学ぶためとでも申しましょうか。実際のところは、執事の姿をした悪魔と契約して右目に逆五芒星を入れた少年の話なのです。彼は英王室女王の番犬として、異界絡みの事件を執事とともに捜査し解決するという異界探偵の役目。まあ、よくありがちな取り合わせですね。そしてこの「黒執事Ⅱ」の制作に際しては、さる筋からの要請もあったそうで、解読しておきたく思ったような次第。私も異界探偵なもので、そこは餅屋同士とでも言いますか。

それ以前に、黒執事Book of Circusというシリーズを動画サイトの無料視聴期間のうちに見ていて、これは子供たちの失踪事件にサーカスが絡んでいるということで捜査に入ったといった筋でした。黒執事Ⅱも村ごとの焼き討ちなどの失踪事件のことで、けっこうあの国はその類の事件が起きているのでしょうか。対人口比率で失踪者数が一番のようですから。数で一番多いのは米。
今朝もこんな情報記事が。
小児性愛犯罪、人身売買が発覚したアリゾナ州のキャンプ場がバンディ農場のような騒動に!
https://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52027706.html

位山-鞍馬-移情閣ラインに新たな発見加わる

さて、前に飛騨の位山、鞍馬山を繋ぐラインが、延長すれば不思議なことに移情閣にちょうど行き着くといった話をしましたが、一昨晩はその詳細を調べていて、また奇妙な符合が見つかりました。
前の記事はここに詳細が。
https://cloudy.xn--kss37ofhp58n.jp/2017/09/28/
今回見つけたのは、
そのラインにほぼ乗っかるようにして、天の穂日の降臨場所の磐座遺跡があったり、1997年のタンク山事件のタンク山がちょうど乗っかっていたりするのです。後者はバモイドオキという悪魔が関わったもので、異界探偵的解釈はできています。彼は野菜の壊れやすさの実験をしたのでしたね。生命体に対する実験というものは霊権侵害がはなはだしいものであり、どんな実験もやめねばなりません。

元伊勢の岩戸山に関わるラインを表側の日向側とすれば、位山系のラインは日陰側(暗い山の側)と言うべきかと思います。またまとめて、仮説をお送りしたく思います。

エイリアンインタビューの衝撃的な話

さて、昨晩には読者からこんなの調べてみてほしいと問い合わせがあり、見てみましたところ、かなり刺激がきつい情報でありました。
それはあのかつて有名になった墜落UFO事件がありましたが、そのとき生き残った乗員エイリアンがいて、その彼から長きに渡って情報収集したかたの話でした。Youtubeで調べましたらありまして、エイリアンインタビュー(五分の一)という映像を見ました。
https://youtu.be/de9yO0lnHeU

いやあ、これはおぞましいですね。コーリー情報でも衝撃的なのですが、まだしも地球人向けにやわらかい。
ところがこの情報は、地球人であることの誇りなど微塵も残らぬほどに吹っ飛ばされること請け合いです。
いや、実は私も新神話の環境設定において、かなり不条理不合理な立場に置かれているこの宇宙の有情の有様とその原因について書いていて、この情報とよく似ているのですが、まだしも表現がメルヘンなわけなので、どぎつくないのです。
ところが、このエイリアン情報はモロ出しすぎて、どぎついといったらありません。これも霊権侵害はなはだしい地球の現状を物語る話。よくまあ許されてきたものだと思います。呆れてものが言えない。輪廻転生というのは邪悪なシステムであり、わざと拷問のために作られているというのです。まだあの4月25日に送ったチャネラー女性の話までなら科学的だなあで置いとけるのですが。

猫の虐待が止まない日本
https://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52027680.html
>日本にも平気で動物を虐待するサイコパスやソシオパスがたくさんいますね。
以下の記事を読んでも、人間の心(魂)を持たない人間もどきが日本にも生息していることがよく分かります。
ネット上に(実際にやっている)猫の虐待をおもしろおかしく書きこむ人間もどきは完全にアレに憑依されていますね。ようするに、キチ害です(これは一般的な精神疾患ではありません)・・・・・

こんなことが地球人類に対しても行われていたってことですね。旧帝国のゾンビぶり、サイコパスぶり、キチ害ぶりが一般的なら、こんな宇宙はあってはなりません。大建て替えあるのみです。
まあもし、私の書いている新神話がその解決策になるのなら、大丈夫、解決はもう間近であると申しておきたく思います。新神話はシナリオ誘導の書ですからね。
こんな私は旧帝国にとって最極右「アンタッチャブル」かも。何億ボルトの雷電の制裁? くわばらくわばら。刺激がきついので御免被ります。

別のエイリアンインタビュー・・・私は地球からきた未来人だ

また、別のインタビュー映像に、捕まったグレー型宇宙人との短時間のやり取りがあり、彼は「私は地球の未来人だ」という話をしていました。いやこれは、まじ、すげえです。連続的な3本、どうぞご覧ください。
https://youtu.be/X9aUgB0fkmE
https://youtu.be/DHYRfwvcVP4
https://youtu.be/Hkjlmtoauzw
私もロズウェル事件など聞いて、すでに仮説的ですが、1998年ごろに警世の短編小説にしています。タイトル名は「科学の最先端」で、グレータイプ宇宙人は地球人の進化した(退化した)未来形態という捉え方をしておりました。予言というより、直感的推理ですね。グレー型宇宙人からいい線行っているぞとピースサインをもらった気がします。
コメディタッチの短編で、エリアなんちゃらも出てきますよ。軽妙で読み易く、無料電子本なので、ぜひご覧になってね。
こちら ⇒ https://p.booklog.jp/book/89760/read

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です