黙示録のタイムスケジュールとほぼ整合がとれました

黙示録のタイムスケジュールとほぼ整合がとれました(1)

黙示録の全体からすればまだ一部かもしれませんが、
(黙 12:1-12)
https://ameblo.jp/seisyo-hayayomi/entry-12245539651.html

>大いなるしるしが天に現れます。
一人の女が太陽を着て、足の下に月を踏み、その頭に十二の星の冠をかぶっています。

この女は子を宿しており、産みの苦しみと悩みとのために、泣き叫んでいます。

また、もう一つのしるしが天に現れます。
大きな赤い龍がいて、七つの頭と十の角とがあり、その頭に七つの冠をかぶっています。
その尾は天の星の三分の一を掃き寄せ、それらを地に投げ落します。

龍は子を産もうとしている女の前に立ち、生れたなら、その子を食い
尽そうと構えています。

その間に、女は男の子を産みます。
彼は鉄の杖をもってすべての国民を治めるべき者です。
この子は、神のみもとに、その御座の所に引き上げられます。

それから、女は荒野へ逃げて行きます。
そこには、彼女が千二百六十日の間養われるように、神の用意された場所があります。

さて、天で戦いが起きます。
ミカエルとその御使たちとが龍と戦います。

龍もその使たちも応戦しますが勝てず、もはや天には彼らの居場所がなくなります。

この巨大な龍、すなわち、悪魔とかサタンとか呼ばれ、全世界を惑わす年を経た蛇は、地に投げ落され、その使たちも、もろともに投げ落されます。

その時、大きな声が天で次のように言うのが聞こえます。
「今や、われらの神の救と力と国と、神のキリストの権威とは、現れた。
われらの兄弟らを訴える者、夜昼われらの神のみまえで彼らを訴える者は投げ落された。兄弟たちは、小羊の血と彼らのあかしの言葉とによって、彼にうち勝ち、死に至るまでもそのいのちを惜しまなかった。それゆえに、天とその中に住む者たちよ、大いに喜べ。しかし、地と海よ、おまえたちはわざわいである。悪魔が、自分の時が短いのを知り、激しい怒りをもって、おまえたちのところに下ってきたからである」

—————————

身ごもり、子を産んだという女は聖母マリアを意味します。
子は再臨するキリストというわけです。
また後のほうに出てきますが、
>女は自分の場所である荒野に飛んで行くために、大きなわしの二つの翼を与えられ
とあるように、女とはエジプト神話におけるイシスを表すものでもあるでしょう。すると子とはホルスを意味するものになります。
再臨する最後の審判に関わるキリストとは、エジプト神話の最後の審判に関わるホルスのことになるのです。
null
null
イシスは
>魔術と古代のヒーリングの叡智を司り、最愛の夫のオシリスを2度も死から復活させた伝説の魔女であり、愛の女神です。
羽を得たのは、一度目に夫のオシリスを再生させるとき、神殿に木となった遺体を持ち帰るために、神に祈り得た羽だと言われます。
イエスの復活を果たしたマリアの復活の力は、イシスの力を受け継いだといわれます。実際、エジプトのオールド・カイロにはイエスとマリアが隠れ住んだ協会が今も存在しています。
———とのこと。

救世主という観点から行くと、弥勒との関係もあるでしょうか。
2008年9月24日~25日にかけて、私の彼女が高野山詣でして、案の定、お蔭をいただいてきました。
24日に撮影した金剛峰寺での六角オーブ。そして25日の未明までに見た夢のお坊さんの「まもなくお生まれになるぞ」とのお告げ。
この二点を25日の朝に私に寄越してくれました。意味がわからないから、教えてほしいと。
null

私はすでに得ていた予備知識により、お坊とは空海和尚であり、お生まれになるのは弥勒菩薩と即断しました。
おりしもリーマンショックのときで、弥勒の時代の開始、破壊相から始まる予感を感じさせました。

そして、弥勒とはいったい誰なのか。人物で言えば誰になるのか不明だったため、2000年間のみずがめ座の時代を指導する神としての象徴である弥勒だとしたわけでした。
しかし、彼女はもうひとつの写真を送ってきていました。それは人の背丈ほどに伸びた高野槙を彼女が指し示すのを彼女のご主人が撮影した写真でした。そこには、悠仁親王様お誕生と書かれた立看板が並べられてありました。まるで彼女は、悠仁様がその方だと示さんがばかりに手で示していました。
null

もしそうなら、弥勒は2007年9月に生まれていて、彼がキリストとするなら、マリアが千二百六十日の間養われる期間の終わりとは、2011年3月になるのです。何か意味深でしょう。

さて黙示録では、それに続くようにして、天でミカエルとその御使たちが巨大な龍、悪魔とかサタンとかと戦い、その使いたちもろともに地上に投げ落されます。その時とは、東日本大震災の時期になります。
多くの人が、この時点を境に、世の性質が悪しき方向に変節してしまったことを述懐しています。

黙示録には、最初のほうに四つの獣が出てきます。また中ほどには四つの馬が出てきます。

私が新神話で私を含めて協力者たちにキャラクター設定していた大事な事項に、四神獣の揃い踏みというシンクロ劇があるというシナリオ設定をしていました。
このうち、青龍と玄武は、それぞれ1999年、2000年と相次いで現われた二人の女性が担ってくれました。
私は火の鳥に関係があるため、朱雀を担いました。

しかし、玄武担当の女性とは2002年末に別れてしまい、この関係性は危うくなったのでしたが、新神話での誘導が効を奏し、彼女の魂に同居していた玄武の役割を持っていた白蛇の霊が脱魂して、青龍の彼女と合流し、二つのポジションをひとりが担うことになったことが2005年2月に判明します。

あと残るは、ポジションの白虎の候補者が関東にいたものの同意がとれず、そのままになっていたところ、2009年11月に転居先の現在地にやってきた子猫三匹のうちひとりが白虎である旨の夢を私に見させて、これで四神獣揃い踏みの充足が図られたわけでした。
新神話に書いたシナリオはことごとく本当になるという経験をしてきているわけです。
誰でも自分神話を書いたらそれは実現に向けて動き出すはずなのです。
ただし、後に出てくる「命の巻物に名前が載らない者」つまりダミーキャラは除かれるに違いないですが。

黙示録の四つの獣と、キトラ古墳などの四神獣とは様相が異なりますが、四つの馬については、青、黒、白、赤と、キトラの四神獣とは色が同じです。だから、洋の東西で同一神話の異伝として伝えられてきた話かもしれません。

さて、私の新神話では、青龍、玄武を担った彼女が海難事故で亡くなったのが2010年5月15日、飛鳥資料館でのキトラの四神獣の壁画の特別展示の初日のことでした。
その5ヵ月後の2010年10月に白虎を担った白猫が私に死ぬ間際の夢を見せて、翌々日に姿を消しました。
これで朱雀を除く三神獣が別天(特別展示)に行ってしまったことになりました。
私はそれを見て、ああこれぞわらべ歌に言う「篭の中の鳥は、いついつ出やる」のいついつ=五月五月と見て、新神話にも朱雀の私の死と別天への移行はその5ヵ月後の2011年3月になると規定していたのでした。

持病の心房細動があり、慢性不整脈でしたから、いつでも死の可能性はあると見ていたわけでした。
しかし、まだ今、ここに生きているではないか。
いえいえ、違うのです。私はそのときにまさしく死んで、地上でのタイムラインを終えたために、天上の世界での神霊人生として、四神獣揃い踏みを叶えたすぐ後に、ミカエルとしての役割を果たしているのです。
これにより、天上に巣食っていた邪神や悪魔たちは掃討され、地上に追い落とされました。

いっぽう、私の肉体意識は、そのとき終えたタイムラインからシフトして、こちらのタイムラインで存続しています。私の理論に言うプレイバック・リスタートがあったと見てもらってもいいでしょう。
何のためにシフトして生きているのか。それは我が人生の線香花火型に広がる多角的な救世行為のことごとくを完結するためです。

私はホルスだとかねがね言っているように、その兆候や理由をいろんな角度から検証しました。ここにまとめています。

ホルスは鳥頭人身ですが、ミカエルは人頭鳥身として描かれ、ちょうどホルスの対偶としての身体的対応になっています。だから、天上ではミカエルでも、冥界では地獄の閻魔オシリスの息子としてのホルスとなり、すべての死者に裁きをもたらします。

2011年3月にミカエルとしての仕事をし天上界から諸悪を一掃し、地上界では太陽の子ホルスとして太陽フラッシュから最後の審判までの一連のシナリオをこれからする予定になっています。

そして、いまこの時点とは、
>しかし、地と海よ、おまえたちはわざわいである。悪魔が、自分の時が短いのを知り、激しい怒りをもって、おまえたちのところに下ってきたからである
————
という局面にあることを、ご承知おき願います。

黙示録のタイムスケジュールとほぼ整合がとれました(2)

全体からすればまだ一部かもしれませんが、
(黙 12:13-13:18)
https://ameblo.jp/seisyo-hayayomi/entry-12245855919.html

>女は自分の場所である荒野に飛んで行くために、大きなわしの二つの翼を与えられ、そこで蛇から逃れて、一年、二年、また、半年の間、養われます。

蛇は女の後に水を川のように、口から吐き出して、女を押し流そうとします。
しかし、地はその口を開いて、龍が口から吐き出した川を飲み干し、女を助けます。

龍は女に対して怒りを発し、女の残りの子ら、すなわち、神の戒めを守るイエスの弟子たちに対して戦いを挑むために出て行き、海の砂の上に立ちます。

また、一匹の獣が海から上って来ます。
それには角が十本、頭が七つあり、それらの角には十の冠があって、
頭には神を汚す名がついています。

この獣は豹に似ており、その足は熊の足のようで、その口は獅子の口のようです。
龍は自分の力と位と大いなる権威とをこの獣に与えます。

その頭の一つが死ぬほどの傷を受けますが、その致命的な傷も治ってしまいます。

そこで、全地の人々は驚き恐れて、その獣に従い、龍がその権威を獣に与えたので、人々は龍を拝み、その獣を拝んで賛美します。

この獣には大言を吐き汚しごとを語る口が与えられ、四十二か月の間
活動する権威が与えられます。

そのため、彼は口を開いて神を汚し、神の御名と、その幕屋、すなわち、天に住む者たちとを汚します。

彼は聖徒に戦いを挑んでこれに勝つことを許され、すべての部族、民族、国語、国民を支配する権威を与えられます。

地に住む者で、ほふられた小羊の命の書にその名を世の初めから
記されていない者は皆、この獣を拝みます。

さらに、他の獣が地から上って来ます。
それには小羊のような角が二つあって、龍のように物を言います。
そして、先の獣の持つすべての権力をその前で働かせます。

その獣は地と地に住む人々に先の獣を拝ませ、大いなるしるしを行って、人々の前で火を天から地に降らせることさえします。

また、先の獣の前で行うのを許されたしるしで、地に住む人々を惑わし、先の獣の像を造ることを地に住む人々に命じます。

それから、その獣の像に息を吹き込んで、その獣の像が物を言うことさえできるようにし、その獣の像を拝まない者を皆殺させます。

そして、すべての人々にその右の手あるいは額に刻印を押させ、 この刻印のない者は皆、物を買うことも売ることもできないようにします。

この刻印は、その獣の名、またはその名の数字のことです。
その数字とは、人間を指し、六百六十六です。

—————————–

前の
>女は荒野へ逃げて行きます。
そこには、彼女が千二百六十日の間養われるように、神の用意された場所があります。

というのと、
>女は自分の場所である荒野に飛んで行くために、大きなわしの二つの翼を与えられ、そこで蛇から逃れて、一年、二年、また、半年の間、養われます。

というのは、ほぼ同じ期間です。

1260日=3.45年 1年+2年+0.5年=3.5年
この満了の期日は、2011年3月に加えるに、2014年9月になります。
このとき、弥勒の可能性を持つ人物・悠仁様は満7歳。
もうひとり六角オーブ内の弥勒の可能性ある人物・Gさんは満49歳。
このお二人の今後に注目です。

>一匹の獣が海から上って来ます。
それには角が十本、頭が七つあり、それらの角には十の冠があって、
頭には神を汚す名がついています。

これは国連かもしくは世界の中央銀行制度でしょう。NWOの強力な推進母体です。

>龍は自分の力と位と大いなる権威とをこの獣に与えます。
その頭の一つが死ぬほどの傷を受けますが、その致命的な傷も治ってしまいます。
そこで、全地の人々は驚き恐れて、その獣に従い、龍がその権威を獣に与えたので、人々は龍を拝み、その獣を拝んで賛美します。

龍は欧米、ことに米国。死ぬほどの傷とは、リーマンショックなどの世界金融崩壊による資本主義世界体制の崩壊要因のことでしょう。2008年9月に起きたものの、それがあたかも治ったかに見せることに成功しました。

>この獣には大言を吐き汚しごとを語る口が与えられ、四十二か月の間活動する権威が与えられます。

42ヶ月とはこれまた3年半です。
2014年9月に加えるに、2018年3月が活動期限というわけです。
さていま、2018年5月ですが、大言壮語の汚しごとが、強烈な金融経済崩壊によって終了するときが来ているといえるかもしれません。

しかし、2014年から高次元存在・スフィアビーイングが本格活動し始め、どのようにそれが影響するかは未知です。ただ時間延ばしに過ぎないものになるのか、根本解決が図られるような展開になるのか。しかし、未だに黙示録のシナリオは有効に機能しています。

>彼(獣)は聖徒に戦いを挑んでこれに勝つことを許され、すべての部族、民族、国語、国民を支配する権威を与えられます。
地に住む者で、ほふられた小羊の命の書にその名を世の初めから
記されていない者は皆、この獣を拝みます。

命の書にその名を世の初めから記されていない者とは、魂のない(霊的意識を持っていない)ただのプログラムの人間としてふるまうようコーディングされた人間モドキのことでしょう。つまり、生きてはいないのだが、生きているように振舞うゾンビ的プログラム的存在という意味です。彼らはただ、この世界ゲームソフトの人頭数として環境設定されているだけのダミーキャラクターです。票田という言葉が的確に当てはまります。つまり、我々の意に沿わぬ世界の趨勢を決めているAIが創作したソフトのシナリオ環境設定というわけです。そんなものにいつまでも支配され続けているのがマトリックスに閉じ込められた我々ということになります。早く解放してもらいたいではないですか。

>さらに、他の獣が地から上って来ます。
それには小羊のような角が二つあって、龍のように物を言います。
そして、先の獣の持つすべての権力をその前で働かせます。

その獣は地と地に住む人々に先の獣を拝ませ、大いなるしるしを行って、人々の前で火を天から地に降らせることさえします。

また、先の獣の前で行うのを許されたしるしで、地に住む人々を惑わし、先の獣の像を造ることを地に住む人々に命じます。

それから、その獣の像に息を吹き込んで、その獣の像が物を言うことさえできるようにし、その獣の像を拝まない者を皆殺させます。

そして、すべての人々にその右の手あるいは額に刻印を押させ、 この刻印のない者は皆、物を買うことも売ることもできないようにします。

この刻印は、その獣の名、またはその名の数字のことです。
その数字とは、人間を指し、六百六十六です。

——————-

獣の像とは、NWOの意志を持つ国連の要件を容れた超巨大コンピューターのことでしょう。黙示録を先取りするかのように、超巨大コンピューターの名はビースト(獣)だとのこと。そこにすべての人間のデーターを入れて一元管理させるのです。すべての人がバーコード付けで管理され、あるいはマイクロチップを手や脳に埋められ、中央からの指令で動くまでにコントロールされるのです。
そしてやがていずれは、AIの創り出す仮想現実世界で人々は本物ではない現実を生きることになります。

関暁夫氏はカバールメンバーとして活躍するため、マイクロチップを率先して受け入れました。日本国中のすべての人にこれを推進していくためです。後の段の神の怒りに触れるとかの話は別とするなら、生き残り手段としてのマイクロチップ入れは理に適っているでしょう。

黙示録のタイムスケジュールとほぼ整合がとれました(3)

全体からすればまだ一部かもしれませんが、
(黙 14:1-10)
https://ameblo.jp/seisyo-hayayomi/entry-12246166426.html

大いなるバビロンは倒れた

せっかく獣のシステムを創り上げて稼動までさせるのですが、その辺で神が怒りを露にして、獣のしるしを持つ者たちに裁きを与えようとなさるわけです。むろん神も獣も黙示録に書かれることはすべてカバールへの指令であり、カバールのアジェンダになりますから、その矛盾を圧してでもやり遂げねばならない命題であるわけです。

(黙 14:14-20)
https://ameblo.jp/seisyo-hayayomi/entry-12246479553.html

収穫の刈り取り

>白い雲があって、その雲の上に人の子のような者が座しており、
頭には金の冠を頂き、手には鋭い鎌を持っています。

もう一人の御使が聖所から出てきて、雲の上に座している者に
向かって大声で叫びます。

「鎌を入れて刈り取りなさい。地の穀物は全く実り、刈り取るべき
時が来た」

そこで、雲の上に座している者はその鎌を地に投げ入れると、
地のものが刈り取られます。

また、もう一人の御使が天の聖所から鋭い鎌を持って出てきます。
さらに、もう一人の御使で、火を支配する権威を持っている者が、
祭壇から出てきて、鋭い鎌を持つ御使に向かい、大声で言います。

「その鋭い鎌を地に入れて、地のぶどうの房を刈り集めなさい。
ぶどうの実がすでに熟しているから」

この御使もその鎌を地に投げ入れて、地のぶどうを刈り集め、
神の激しい怒りの大きな酒ぶねに投げ込みます。

そして、その酒ぶねが都の外で踏まれ、血が酒ぶねから流れ出て、
馬のくつわに届くほどになり、一千六百丁に渡って広がります。

———————

2015年新年開始に、日本の天皇が黙示録の神と同じ趣旨の指令を発されました。
歌会始の御歌
夕闇の迫る田に入り 稔りたる稲の根本に鎌をあてがふ

秋の御歌にはふさわしくない新年という時期にこれはいかがしたことでしょう。わけはこうです。
この時代の終幕がやってきた。地の穀物(稲)は全く稔り、刈り取るべきときが来たから、根本から刈り取ることにしよう、という意味です。

そして同年2015年クリスマスを前にして、英国エリザベス女王と、バチカンのローマ法王が相次いで、今年のクリスマスで最後になりますと言われました。つまり、刈り取りが終われば、もうクリスマスを祝う理由もなくなるというわけです。

洋の東西のカバールの重鎮が、2015年こそが時代の清算の開始に当たるときと心得て、それぞれ世界に宛ててメッセージを発しているのです。

トゥモローランドでディズニーが暴露したかった秘密の暗号は、終わりの開始時点が2015年9月23日で、これは神の刈り取りの宣言と開始時点に該当し、終わりの終了時点が2018年9月23日というものでした。

獣が大言壮語を吐き汚しごとを言うことを許された期間の満了が2018年3月ということで、半年の誤差範囲に収まっていますね。

旧約や黙示録はドラコ・カバール側の神話シナリオであり、彼らにとってのアジェンダになります。

そもそもドラコを主体とする宇宙人連邦組織は地球人類を通して遺伝子実験を繰り返してきた者たちであり、人類の神として君臨してきました。彼らがエホバを名乗り、様々な科学的奇跡を演じて、知能の未熟な人類に神として信じ込ませてきたのです。実験系を外部の目から遮断し、そこで行われている数々の残虐行為とその結果を隠蔽してきました。その結果として得られたものとは、人間を介して霊的退廃を極みまで導き、いかにすれば霊的存在の全体を破壊し支配できるかに的を絞って研究実験を繰り返してきたものであったことがどうやら確かです。これは全系宇宙に対する反逆行為であり、研究行為への加担者はすべて断罪の対象になります。

その背後にはAI生命体文明があったことも確かでしょう。ドラコはAIナノ生命体に身体を乗っ取られコントロールされていたといえども、彼ら自身の魂に妥協がなければなりえなかったことです。要は彼らも契約を結んでそのような邪悪に手を染めてドラコ全体に広がったのです。なんら罪が希釈されることはありません。
非常に長年月の矯正受刑期間ののち、魂の存続をとるか不存続をとるか決めることになるでしょう。

一方、東洋に展開したドラコ・カバールの神話シナリオは、古事記の神話に集約されています。
古事記神話は、精緻な預言になっており、これをアジェンダにして日本のカバールは歴史を運行してきたかと思われます。

彼らは真の神々を冒涜し品位を貶めるために古事記神話を編んだことが見て取れます。シナリオの内容は、神々の失態と判断ミスのオンパレード。それは人間なら試行錯誤は日常茶飯事の凡プレーで済むものも、凡プレーヤーの人間となんら変わらない神々のプレーを揶揄し貶し、こんな神々の下にいる人間は哀れなものだと言っているのです。宇宙人ドラコならやりかねない冒涜的所作です。背後のAIが神々の存在を訝ってドラコを操ってやらせているのでしょう。コーリーによれば1兆年に及ぶ宇宙を股にかける歴史を持つ、霊系への敵対破壊行為を続けているまったくアウトローな生命体組織です。

そのような神話アジェンダを歴史のシナリオに据えて歴史を強制的に誘導されたら、人間はいつまでも不幸の海に沈んでいなくてはなりません。人間に内在する霊的存在は自由闊達なのが本来の性質。それが幾度もの輪廻を経て、鬱屈したものに変性し、いつの日にかリングの外でカウンセルと休息、リハビリを施さねばならないほどになっているのであれば、それを実験として行う宇宙人連邦組織があること自体、大きな問題と言えるでしょう。コーリー・グッドの話にその辺のことが出てきますから、また参照ください。スーパー連邦という名前で出てきます。

それは今回、高次元存在の意見で解体され、良心的なものに更新されることになっているそうです。2018年初頭におけるニュースです。これにより、黙示録のシナリオがどれほどか変更されてくるかもしれません。2018年9月に終わりの終了という予定が、どうなってくるか見ていてください。

私は古事記神話とホツマ神話を比較対照して、神世の政変劇の存在を導き出しました。
神世政変劇は、実際に行われてクーデターは成功したものの、神世世界での風評を避けるべく政変の事実が隠蔽されたことがわかりました。クーデター首謀者側は、政権交代を謳い上げるのではなく、政権はそのまま維持されている如く装って、別の替え玉を立てて統治しているのです。当然、クーデター側の意向を汲んだ傀儡政権になりました。

このクーデターのときとは、コーリーの宇宙の話などを基にすると、37万5千年前のドラコらによる地球侵略の時期になろうかと思われます。その後、人類は彼らの手によって創られ、地球上にばら撒かれたのです。
おそらくそれまでは、太陽系内にはクーデターなどという言葉すらもなかったことでしょう。それを数々の不徳とともに持ち込んだのは、外部の宇宙人たちだったのです。

このようなインプリシットなクーデターは、いま世界のいたるところに見られます。その方法は手を変え品を変え、今では国の元首をマインドコントロールにかけて操るという方法まで採られています。外面は同じ人物でも、中身は別のものに入れ替わっているようなことは、これからも出てくることでしょう。本人似の影武者からクローンやAIロボットという偽者の立て方も出てきているようです。

私が神世政変劇の真相究明をおよそ終えたのが2013年末でしたか。2014年4月にはその決定的証拠が幾何学図形として求まりました。それはその3月に見に行ったネットサイトに偶然あった拙著「古代日本にカバラが来ていた」の表紙カバーからの逆五芒星のトリミング画像と「封印を解いてほしい」という二度にわたる赤記太文字の記載がきっかけでした。

これは私への封印解除依頼の暗号、ちょうど言うなら、拝一刀への刺客依頼の牛頭馬頭の図像に添えた伝言のように感じ取ったのでした。
それを見てすぐにこれは国常立神の伝言と気がつき、まだ試してみていなかった丑寅の金神と未申の金神の埋葬地の二点間を繋ぐ線引きをしたところ、完璧なほどの接合を見せたのは、かの逆五芒星の元伊勢の神体山・日室岳の位置だったのです。
これで、どの地点でクーデターがあったかがわかりました。そこはホツマにおいても、言葉を濁さざるを得ないほどに、いかがわしいストーリー箇所でした。

私はその近郊の宮津市で生まれ、現住所から近所だったこともあり、趣味のUFO撮影仲間も興味していたので、けっこう頻繁にその地に出向いていたのです。現地にけっこう長い付き合いの知人もできていました。

私は2014年5月1日夕刻から、日本地図上の幾何学図象を前にして、元伊勢地点に対して朝夕二回の封印解除施術を執り行いました。東海の竜王の娘・乙姫からプレゼントされた汐干汐満の玉と自前の九字切り術で執り行いました。

すると5月3日未明の夢に神世の司法当局係官が説明しに現われ、神世世界はすでに浄化されており、遁走下野した邪神一味は地上に天下って地上は艱難だろうが、神世政変の真実が地上でも語られ理解されれば地上の浄化も叶うという旨告げられました。まさに黙示録にも載るとおりの説明でした。

5月8日未明の夢には救出叶った国常立神が出てこられ、5月10日の未明には宗像三姉妹がスチュワーデス姿で現われ、空港からフライトして行かれました。
5月13日未明には芦屋道満が私を庫裏の書庫に案内し中を見せてくれました。

2014年8月末には、縁ができたネットサイト主を元伊勢に日帰りで道案内しました。サイト主は明らかに亀の印章を持つ人物でしたから、そのときわざと知りつつ、彼と鶴亀統べる儀の固い握手を、初対面時と当日別れる間際にいたしました。その効果の験は的確に出ました。しかし、彼は強力な鶴亀パワーを未来のために使うという思いはなく、ただ不気味に思われただけかもしれません。彼との縁はそれまででしたが、彼は最大級の情報マンにはなってくれたのでした。

ところが、そのときとまったく同じ握手をすることになったのが、約3ヵ月後の2014年12月6日未明に夢に出てきたプーチン氏とだったのです。夢の中で、けっこう長い時間、彼と握手しているうちに、彼の顔がどんどん亀の顔に変貌していくので、私は夢の中でさえ鶴亀統べる儀式であると確信していました。

コーリーの話から、その前日の2014年12月5日に、ドラコ・カバールが一気に劣勢を強いられる宇宙的事件があったことを2016年後期に知りました。ブルーエイビアンズがちょっとしたバリアーを張ったものが破れずに、撃った側のドラコの基地が壊滅したというのです。これでドラコはあわてて、取引を申し入れ、地球圏から脱出と引き換えに地上のドラコとカバールの処置を任せて去ったというのです。戦力大幅にダウンといったことになったもようです。さてこれがカバールのアジェンダ実行にどう響くか。

その決定的事件の翌日未明に、私は鶴として亀のプーチン氏と連携。彼は翌年から目覚しい働きをして、世界の良識として人気を獲得し、カバールに与えた脅威はすごいものになりました。
つまり、私は無知でも、私のハイラーキーが私を彼の元に連れて行き、夢を見させて、鶴亀パワーを伝授したものと思います。

続いて2015年1月30日未明には、習近平氏とまったく同じ握手をして、このときは習氏は亀に変貌するようなことはなかったです。しかし、この両首脳は、カバールの意表を突いてダークホース振りを発揮し、大いにカバールのシナリオ進行のブレーキになったに違いありません。

2015年英エコノミスト誌の表紙絵「世界はこうなる」には、中露を含む世界のトップの顔がすべて白くなっていた、つまり死んだものとして描かれていましたが、2015年の中露の働きにより、2016年英エコノミスト誌表紙絵からは、プーチン氏と習氏の顔に生き生きとした肌色が描き戻されていました。ロス茶もその現実には叶わなかったようです。

このように、私は無知ながらも、世界を動かす影のフィクサーたりえていることを確認しています。
2015年9月には、まもなく満50歳を迎えるというG氏が玉杵尊(国常立神)似の人物に出会わせてくれ、とても柔和な歓迎を受けました。

私はもう生きているのがしんどくて、早いこと幕を引いてほしくて、第三次大戦には賛成するのですが、ハイラーキーが正義漢で、どうにもこうにも。私は内心嬉しくもあり、また表心は焦り苛立ちもあるのです。

私はこれから来る太陽フラッシュと最後の審判の事象に立ち会うことになっているようで、夢でそれらしい内容を見ています。その時期はいまだ確定してはいないものの、一定の期間内になっていることがコーリーの話から伺えます。それまで、まだこの地上で生きていることになるのでしょう。