オカルト的時事問題として掘り下げてみる

日本人はオカルトを重視したほうがよさそうですよ。
そうでなければ、世界から置いてきぼりをくってしまいます。

ユダヤの人たちはオカルト表象に熟練していて、謎解きばかりした人たちなので、哲学や科学で名を上げた人が多いです。
旧約聖書から、その裏読みまでしてカバラのゾハルやタルムードを編纂してきた人たちですから、裏の裏をかくことのできる下地を持っているんですね。
異邦人がまねできることではないのですが、欧米人はまだしも騙された歴史が長いためか、裏読みをして、陰謀の存在を察知するのです。しかし、日本人は平和と抑圧(封建)の環境が長かったせいか、何も考えられなくなっているみたいです。
そこにまた風潮としてオカルトは騙し技でインチキだとする傾向があって、腫れ物に触る気がするのでしょう。

次のようなオカルトをイスラエルのネタミアルが仕掛けてきたみたいです。

日本の外交官は、攻撃的なデザートによってエイブ-ネタニヤフ・ディナーにぞっとします (エルサレム・ポスト)
Japanese diplomats appalled by offensive dessert at Abe-Netanyahu dinner   
安倍・ネタニヤフ夫妻の会食で、デザートを靴の形をした入れ物で出した。日本では靴を机の上には置かない。

親交国イスラエルはジョークがきついですね。でも日本は寛容に笑ってやりすごす。ここが安倍さんの度量の深さなんだけど、反安倍派はそうは見ないでしょうね。むろん、そのジョークに、ざぶとん何枚あげてきたのか、ちょっと心配しますけど。

ベンジャミン・ネタニヤフ-安倍晋三ディナーの靴デザートは、日本をいぶらせます
Shoe dessert at Benjamin Netanyahu-Shinzo Abe dinner has Japan fuming
segevmoshe
null

以下によって掲示されます:Arkadevゴシャール2018年5月8日

彼のイスラエルの対応する物ベンジャミン・ネタニヤフと彼の配偶者と食事をしている間日本の安倍晋三首相と彼の妻が靴の出されたデザートであったことが明らかになったあと、日本とイスラエルからの外交官は懸念を表明しました。

動きは、日本への侮辱とみなされています。ショーは、日本文化の人の服装で最も格下で最も汚れたアイテムの1つと考えられます。

動きについての大部分の怒りは有名人シェフ・セゲヴ・モーシェに向けられています。そして、その人は2人のリーダーと彼らの配偶者が食べたスプレッドを設計して、作りました。

夕食は、ちなみに、イスラエルへのエイブの2回目の訪問の最高点でした。ネタニヤフは、訪問のことを言いました:「これはイスラエルへのあなたの第2の訪問です。日本への私のごく最近の訪問は素晴らしかったです。我々はイスラエル、日本へのイスラエルの投資、テクノロジー機会の日本の投資において相当な成長を見ます。これは大きな協力です、そして、我々さえよりよくなんとかします。」

靴デザート失敗

多くが靴デザート侮辱を起こってはならなかった間違いと思って、その協力は、現在危うくなっているようです。
Posted By: Arkadev Ghoshal May 8, 2018

ところがこれも、旧約のクツ記によると、次のような解釈の仕方があるというのです。
null

つまり、何らかの商取引が成立した約束を示すユダヤ独特の慣わしだったということなのかもしれないのです。裏読み、深読みができなかったら、単に批判するばかりになって、批判者が逆に阿呆だったということにもなりかねません。

しかし、どんな取引があったんでしょうね。それを今後は深読みせねばシオン賢者の域ではありません。

安倍さんが日本に帰国してからの記者団に対する英知あふれる説明を期待したいですが、ほんとうにわかってるのかどうか、やや心配です。プーチンやトランプのときと同様、ネタミアル夫妻の笑顔だけで外交の成功と判断しておられる気もしますから。

ところで、中東はそんなに平和ではなく、切羽詰った状態にあるみたいですよ。睨みあいはもう殺伐としたムードです。

イスラエルの閣僚、もしイランがイスラエルを攻撃したら、イスラエルはシリアのアサドを暗殺する。
Tel Aviv will assassinate Syria’s Assad if Iran attacks Israel: Israeli minister

イエメン軍からサウジに短距離ミサイル攻撃。迎撃されず着弾。
Yemeni forces launch 4 missiles at Saudi-run base in central Yemen

イスラエルに対するイランの報復攻撃、ミサイル攻撃に加えてイスラエル国内侵攻も可能性
IDF on high alert in north, fears Iran reprisal may include infiltration attack

イスラエル北部、防空壕は閉鎖中。政府は住民に平静を呼びかけ。
Officials in north urge calm amid rising Iran tensions

火災で炎上するイスラエル南部の農地。ハマスの火炎タコ攻撃。
Flaming balloons from Gaza said to spark fires in southern Israel

イランはイスラエルへの報復を公表した以上、報復攻撃は行う。核合意とは無関係。

サウジの首都リヤドに再び2発の弾道ミサイル。サウジが迎撃。

イスラエルのネタニヤフ首相、ロシアのプーチン大統領とほぼ一日会談。ロシアはイスラエルのシリア攻撃を封じないと勝手に解釈。

サウジアラビア外相、もしイランが核を開発するなら、サウジも開発する。

ハマスのリーダー、イスラエルとの国境で行われる来週の抗議活動は決定的になるだろう

イスラエル外務省が開催するエルサレムの米大使館開設祝賀式典を、英仏独はボイコット。

イスラエルに対するイランの報復攻撃が始まった。 イラン部隊がイスラエル軍にロケット弾発射
【エルサレム共同】イスラエル軍は10日未明、シリアに展開するイランの部隊がロケット弾約20発を占領地ゴラン高原のイスラエル軍に向けて発射したと発表した。

では次はアサド暗殺劇があるのかどうか。

イスラエルは北と南から挟み撃ちにあってるみたいなので、そろそろ日本は集団自衛権の行使を要請されないでしょうか。
自衛隊を軍隊に昇格するチャンスがやってきます。隊員諸君は、本番を迎えるに当たって、くれぐれも自殺しないよう激励したく思います。遺族補償はなくなるし、来世は地獄だと仰る聖者もいることゆえ。

なお、中東だけじゃありません。中南米は経済的に壊滅状態。

ベネズエラのインフレ率、1万4千%
Venezuela inflation hits 13,779%: lawmakers

米石油会社、ベネズエラの国営石油会社の資産一部接収へ
Conoco moves to take over Venezuelan PDVSA’s Caribbean assets: Sources

新興国通貨の大幅下落、2016年以来
新興国の中央銀行は重大な危機に直面。すべての根源は米国のますますの金融引き締め。
Emerging Market Central Banks Face Toughest Test Since Taper Tantrum

中南米のチリ、メキシコ、ブラジル、コロンビアの通貨引き続き下落。アルゼンチンは政策金利を40%にしたことで通貨下落は今のところ止まっている。
EMERGING MARKETS-LatAm currencies extend slide; Argentine peso up

中南米諸国は、どこもハイパーインフレになるでしょう。日本だって対岸の火事ではないですよ。

さて、極東だけが平和友好ムードになってきています。

日朝関係正常化に期待 金正恩氏は日本と対話の用意=文大統領
日本は16年前に日朝平壌宣言を結んで国交正常化をうたっている。これをひっくり返したのが安倍氏や米国の戦争屋だったこともあり、再度この宣言に戻るのが、まずスタートになると言われている。

中日、尖閣問題の衝突を防ぐホットライン設置に合意する見込み。

極東はどんどん雪解けしているようです。この流れに乗っていってほしい日本ですが、どうも米国がのた打ち回って、あちこちトラブルを招いている感があり、イスラエルはこれに期待しているみたいで、日本も多面作戦をこなす能力が問われそうですね。
非常事態宣言できる場面がいくらでもありそうですから、軍事独裁政権にしてしまえば、安倍さんのゴールインになるでしょう。もう誰からも後ろ指さされることはなくなります。ただし、後ろから竹槍で刺されないように注意してねとアドバイス。

最近の安倍さんは志村けんに似てきましたね。ダッフンダーのギャグをふつうに言えるようにしておいてください。意味は脱糞だーが元祖だけど、これからは脱藩だーというのもいいかもしれません。
セクハラの福田さんはいかりやさん似だけど、江戸がやばくなれば安倍さんと二人でドバイあたりに脱藩して、遠隔地から日本政治をコントロールして、野党連中にダメダコリャ、チーンと一泡吹かせても面白いように思います。リベンジの一案として取っておかれては如何でしょう。
政治のことはようわからんので、漫談にしかならなくて勘弁願いたいです。

コーリー情報も裏読みの必要性あり??

前回までの記事では、コーリーの話の楽観視できる面をお伝えしたわけですが、やはり現実を見るとどうなんだという思いはあります。中東の問題など、小競り合いの域を脱して本格化しそうな気配ですし、あそこが火を噴けば極東だって火の手が上がるかもしれません。第三次大戦というわけですね。
やはり、疑り深い探偵性の私は、コーリー、ほんとうに大丈夫なの?との感想を持ってしまいます。

もうすでに太陽フラッシュは起きているというコーリーの報告がありました。
もしかして、これのことでしょうか。

太陽は照明器具?
https://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52021783.html

>太陽に関して益々謎が深まっています。
上空に大量のケムトレイルが撒かれていますが、人工太陽を隠すためでもあるのでしょうか。本ものの太陽はどこに行ったのやら。。。いつから宇宙に設置された人工太陽が地上を照らすようになったのでしょうか。
人工太陽(サンシミュレーター)によって地上が照らされているのだとしたなら。。。
そういえば、近年、太陽光線がやけに強いと感じていますが人工太陽だから?
これもエイリアンのテクノロジーが関連しているのでしょうか。

こちらのビデオは、ウェブカムがとらえた朝の太陽の映像です。場所はスイス。
2018年1月14日の午前10時前の朝陽の様子がかなり不自然なのが分かりました。
https://www.youtube.com/watch?v=lGoq2Dl-P-E

こちらのビデオは、上空の雲の切れ目から見えている太陽ですが、太陽が点滅しているのが分かります。
https://www.youtube.com/watch?v=l_t5vsXbokg

————————————

これも漫談みたいな話ですが、太陽が電照装置のように明滅しているなんて。日本では報告がないですね。
あちらでは、自然界の出来事がけっこう人為的出方をしてくる(人によっては神為的に見る)ので、物事を疑って見る傾向にあるようです。するとおかしなことがキャッチされて、動画としてアップされる。
それはやはり、待ち受ける空気のあるところに、予期したことが起きただけのことかも知れません。おかしなことの観測者のタイムラインと平穏な観測者のタイムラインでは異なるようになってきているせいなのでしょうか。

国連主導でNWOが推進されることになっているそうで、欧米人の多くはそのように観察しているようです。
国連とはカバールのアジェンダ実行機関であるとか言われ、彼らはいい意味合いに捉えていません。
それはあちらのタイムラインの出来事であるに過ぎないのでしょうか。

たとえばコーリー、こんなふうでも大丈夫なんでしょうか。

5Gテクノロジーの導入の背後に国連が!
https://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52026228.html

人体に甚大な影響を及ぼす5Gテクノロジーの普及もNWOのためです。分かりきっていますが。。。
そしてNWOを押し進めているのが国連でありNWO後の世界を統一するのも国連と言われていますから、このような危険なテクノロジーを人口削減のために推進したり、大量移民難民受け入れを国境破壊のために世界に押しつけるわけです。
そのうち日本でも必ず5Gテクノロジーが使われるようになるでしょう。そうすると日本でも脳腫瘍患者が爆発的に増えることになるのでしょうねえ。。。。
このままだと、子供たちや若い世代の人たちの健康が害され、彼等の未来が台無しにされてしまいます。

5Gテクノロジーの利用が始まると脳腫瘍が急増します。
イタリアの研究(基地局が発している放射線に関する動物実験)成果により、携帯電話の基地局+携帯電話と脳腫瘍の関連性が証明されました。

クアルコム、ベライゾン、AT&Tなどの大手通信会社の幹部らは5Gシステムが人々に与える深刻な健康被害について全く関心がありません。
国家安全保障当局は、トランプ政権が5Gワイヤレスネットワークを全米に導入すると断言しています。しかし5Gワイヤレスネットワークが導入されれば、各地に30m間隔で携帯電話の基地局=セルタワーが設置されることになり、人々は既に設置されている(同じように非常に危険な)スマートメーターの放射線だけでなくセルタワーの放射線にも日常的にさらされることになります。こうなると誰も放射線から逃れることができなくなります。

クアルコムに近しい情報筋によるとクアルコムのオーナー・ファミリーは、5Gから身を守るために自宅を放射線防護剤で覆っています。一般の住宅でもこのような処置がなされているのでしょうか?
———————————–

私Okundの場合も、M市の自宅から出た理由は、当初敷地内私有道路にあった電柱に、ケーブルやらコイルのようなものが、ゴテゴテと付けられてから、頭の芯が熱くなってイライラするようになったからです。電柱から我が家の壁まで5mしかありません。15mで我が家を突き抜けてしまいます。協和エクシオが電設工事に来ていたわけですが、彼らは下請けですからわけを知らないでしょう。隣家の犬は大吼えして死神化して、近隣の年寄りは数カ月おきに次々と血栓病(心筋梗塞か脳梗塞)で亡くなり、保健所ならぬ動物愛護センターに通報したほど。いよいよ次は私だとピンときたため、犬死してはなるまいと即手を打って引越したのでした。

3Gの携帯電波でも頭が熱くなることがあるのに、4Gや5Gならどうなるのでしょうかね。
コーリーの話はとても楽観的に思えるのですが、ほんとうに大丈夫なんですか、と注文をつけたくなります。

5G電波に洗脳電波を載せたら、いっぺんに人類のコントロールができてしまいそうです。
最後のとどめは、太陽フラッシュに似せた軌道衛星ビームで、一気に人口削減なんてこと、ないのでしょうか。
まあ、これからどんなふうに歴史が展開していくかで、コーリーの素敵な話の真偽をを占うしかなさそうです。

しかし、さいあく、これだけは確実なことなので報告しておきますが、まずご心配なくと申しておきましょう。
私が火の鳥を駆って、太陽系全体を灼熱でバーニングして、いやらしい22の遺伝子実験結果をことごとく帰零しますから、みなさんはあの世でしばらく待機願います。ぜんいん大建て替えのほうに回ってもらいますから。