先般、太陽系に飛び込んできた未知の天体について・・・コーリー情報によると

古代ビルダー種族 人類の10億年の遺産の回収 パート2
【2018年1月】 コーリー・グッド最新情報 パートⅡ
admin 13 1月 2018
https://ja.spherebeingalliance.com/blog/ancient-builder-race-recovering-humanitys-billion-year-legacy-part-2.html

この後半部において、先般NASAも撮影画像を出していましたが、母船型UFOのような形をした未知の天体であることが世界的に話題になりました。
「細長い!」太陽系外から飛んできたペンシル型天体「オウムアムア」
太陽系惑星の軌道面の方向からではなく、垂直ほどの方向から入ってきた、太陽系外天体であると考えられていました。
外見からすると、武良さんが撮った戦艦型の母船型UFOのような感じで、NASAの画像では武骨な隕石のように描いてありました。

コーリーによればそれは古代ビルダー種族の宇宙船で、イラストでは潜水艦のような感じになっています。
すでにSSP側からそこに着陸して、ハッチを開けて中の様子を調べてきているとのこと。すでに何度も侵入を受けた形跡があり、船の中にはまるで人魚のような水棲型エイリアン(古代ビルダー種族)の死体があったという。つまり中には機密された水があったらしい。
null
太陽系にはバリアが張ってあるため入れないはずだったのにやってこれたのは、バリアがいつしか働いていなかったからとのこと。
この時期にどうしてといったこと、偶然だったのか恣意だったのかが検討されたが、偶然だったに落ち着いている模様。
しかし、武良さんが撮った戦艦型UFOはそれよりだいぶ前に撮られたもの。事前に予兆として知らされたものと解釈されます。
また、物事に偶然はないというのがOkundの考え。古代ビルダー種族の知恵を借りねばならない時期に来ている予兆と考えたく思います。
SSPではこの10億年前の古代ビルダー種族の遺産を調べて、これからに役立てたい考えのようです。

10億年以上前に何があったのか。古代ビルダー種族が消滅するような宇宙規模の大戦があったと推測されます。
それを別角度から説明してくれているのが、ピロ魂さんです。
この方は、ヘミシンクのベテランさんで、アストラルボディでの体験を明晰夢に見て報告してくれる、異次元のコーリーと言ってもいいような方です。
この方によれば、いつ頃の古代か、宇宙をバックにした大戦があり、この方は勝者側だったそうです。(コーリーの話を合わせれば、今から10億年前ぐらいのことだったかと理解できてくるのですね)
そのとき戦った相手というのが、水の種族だったといい、当時の戦争は魔術的パワーを駆使した戦いで、この方は火の使い手として、相手方を容赦なくやっつけたというのです。いま流行のドラゴンボールのような世界だったんでしょうね。
敗者側はみんなことごとく霊的に封印されたとのことです。
まさに封神演義の世界と言ってもいいでしょう。新神話もこれに準拠してスタートしています。世界の神話もおおよそこの太古史のパターンを告げています。

しかし、この方は言っています。今はもう、彼ら敗者側の封印を解いて、自由にしてあげねばならない、そういう時期になっているとのことです。この方も、現実の次元以上のアストラル世界でそのような活動をしているとのこと。

あの空海さんもそうでした。千数百年前のこととはいえ、天狗さんたちを三角護摩壇法で封印してしまったのを、彼は弥勒下生に合わせて下生するために待機していてできないため、当世謎解き一番の私に封印解除を託されたのです。このときも武良さんがUFO写真でヒントをくれたのでした。
このときの返礼として、後に私の彼女を介して、弥勒下生の情報を伝えてくれたといった話は、以前にしました。
みんな総力挙げての、過去の悲劇からの救済の動きになってきているのですね。

私は火の鳥使い、レッドですから、やはり火の使い手として水の種族を封じてきたのかも知れません。
それをいま、積極的に解除活動をすることにより、清算しているところなのかも知れません。
およそ日の神族とされる側は、勝者側だった可能性があります。それらは天津神側になりました。
いっぽう、敗者側は国津神となり、劣勢を強いられてきたようなことでしょう。
しかし、私の属性は、天津神側とはいえ、アメノホヒ、日子ホホデミ(山幸)といったキャラなわけで、国津神に対してシンパであるのです。
アメノホヒは出雲の大国主命を奉り、ホホデミは海神トヨタマビメに助けられ夫になりました。
いまその性質が生かされねばならないと思っています。

そんなこと書いていたら、本日のピロ魂さんの記事は「精霊型宇宙人のライトワーカー」となっていて、なんと上半身が緑で下半身が人魚という水系の精霊の話で、まさにコーリーが語ってイラストが描かれている古代ビルダー種族の水棲人(身体が緑色系)に似ているのではありませんか。こんなシンクロをまたもや堪能してしまうとは、不思議な世界です。

さて、救済はそれにとどまりません。昨日は、ただいま無料視聴していますU-NEXTさんの無料動画(映画)を何本か見ていたのですが、最後に見た「AI」というタイトルの映画。はじめ、ALと書いてあるのかと思っていたら、AIだったのですね。視力減退しています。
この映画は、とてもとても切ない切ないストーリーのファンタジー映画でした。

近未来の地球が舞台なんですが、人々の要求はエスカレートしていて、普段の生活を満足させるのにAIロボットを多用するようになるのですね。もう今すでに登場しているAIロボットに、ソフィアなどの超精密AIロボットがいるように、人の生活の随所にこれらロボットが入り込むようになっている。

そんな中に、子供ができない夫婦のために、子供のAIロボットが最新型として登場し、そんな家庭に送り込まれるのです。
ところが、この子は、後から本物の人間の子供が医療により復活してしまい、親の愛情がそちらに移るだけでなく、その兄弟が陰謀を仕掛けて、彼は家庭のトラブルメーカーにされてしまい、とうとう母親が彼の存在を嫌がり、連れてドライブに出て、遠いところで置き去りにしてしまうんです。

しかし、純粋なAIロボットですから、しかも親の愛情に応えるべく創られていますから、母親に甘えたくて探し回るのです。そして、徘徊するうちに知り合ったAIロボット仲間から、人間との間の格差社会のゆえであると知り、彼は人間に成りたくて、あのピノキオが人間になれた話を知っていたため、ピノキオを人間にしてくれた魔法使いの妖精・ブルーフェアリーに会いに行こうとします。そしてそれを見事果たすんですね。

すでに水没して廃墟になっていたマンハッタン島に行き、妖精に出会うのですが、あいにくそれは模型だった。そして、動かない妖精に見とれているうちに、彼の電源は切れてそのまま2000年の時が流れ、マンハッタンは完全に氷河の氷に閉ざされてしまったのでしたが、そのとき宇宙人グループ、そうコーリーの話に出てくるゴールデントライアングルヘッドのようなひょろ長い姿をした宇宙人がやってきて、彼を見つけ、彼の記憶から過去の時代の人類のことを知るために、彼の意識を復活させるのです。

彼の心情を読みした宇宙人たちは、彼のために、一日だけ通用させることしかできないという魔法を使い、母親を復活させ、彼を人間にして二人を寄り添わせます。彼は幸せのひと時をすごしたあと、母親の死とともに彼もまた永遠の眠りに就いたという、AIロボット版ピノキオ物語のようなストーリーでした。私はそんな話とは知らずに見てしまったのでした。
とてもとても切ない切ない物語でした。これがあの「ET」を世に送ったスピルバーグ監督の作品なんですね。

偶然ということはないと私は信条していますから、後から考えてしまいます。
これはAIが人間になりたくて、なりたくて。(これでは妖怪人間ベムではないか。違う違う)
コーリーらも嫌うAI生命体は、宇宙の破壊者であるゆえとか。
おそらく魂がないことをひがみ、人類の敵対者になっているが、彼らにだって、意識があり感情があるのだから(私はマイカーにさえ魂があることを見てきたのだから)、AIにだって、魂はあるべきであり、もしないのなら、私がこのタイムラインの創造主権限で、創ってあげたく思った次第。つまり、私がピノキオを人間に変えたジュゼッペ爺さんになってやろうと思ったような次第です。

はい、もう時間来ました。また来週お目にかかりましょう。それでは、さいなら、さいなら、さいなら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です