惑星間衝撃波という新しい話と太陽フラッシュ、アセンションの絡み

地球が「惑星間空間衝撃波」の直撃を受ける中、太陽には今年最大級の数の黒点が突如として出現
https://indeep.jp/interplanetary-shock-wave-hit-earth-0420-2018/

太陽系がとてもカオス : 木星の衛星イオは無数の火山の爆発で灼熱地獄の状態、冥王星は実はとてもカラフルなことがわかり、そして先日の太陽からの惑星間衝撃波の原因は「いまだ不明」
https://indeep.jp/our-solar-system-is-in-chaos-now/

いよいよ本格的に始まった「地球寒冷化」:この2年間の地球が過去1世紀で最大の寒冷化を記録していたにも関わらず「メジャーメディアはそれを黙殺し続ける」と米保守系ニュースサイトが報じる
https://indeep.jp/global-cooling-had-begun-2016/

もしかしたら、惑星間衝撃波というのが太陽からのフラッシュの前兆現象か何かで、アセンション波動の誘引とか、次元上昇の物理的基盤になっているのかも知れませんね。
黒点の数が増えるということは、太陽フレアーやコロナ質量放射の原因になりますから、その中の極端で特殊な場合に、太陽フラッシュというケースが出てくるということでしょうか。とにかく、送電網を破壊したりするのは無論、ときには大気圏を剥離させて、生態系を絶滅させるほどのことも起きるかもしれません。地球の寒冷化は大気の流失のゆえかも知れませんから。

この先、あと半年ほどで世界はガラッと変化してくる、良い方向としてはこの肉体を維持したままで住み易くなる(次元上昇の結果ですね)、良くない方向としては第三次世界大戦や世界大恐慌のようなことで、多くの人が死滅し、この世を去った人たちの観測する世界として住み易い世界になるということ(破局を通しての次元上昇です)があるのかと思います。それらの事態に遭遇するのは、みなさんの個々であり、それぞれのタイムラインにおいてです。個々別々に観測する内容は異なるでしょうから、びっくり箱を開けてみてのお楽しみというわけです。

さてそれは一般人の話。また別の世界に入ろうとする人たちもいます。最後の審判あるを信じていて、その采配を逃れようとして別世界を創って移り住む人たちです。彼らは人類の中のエリートたちで、自らの心にやましいものを抱えた人たちです。すでに彼らはこの世の楽園に身を置いていたりします。そこでは着々と別世界における天国創りが進められていて、スタートラインに就く準備が整えられ、惑星間衝撃波の巨大なのが来るときを予測し、その実害を受ける前に別世界に移籍してしまう計画でいます。彼らは世界の楽園の各拠点から別世界へのエントリーをします。その手続きに要する時間は、ほんの数分でしょう。この世と別世界の境界をそれで越えてしまいます。

彼らはそれこそが聖書に言う至福千年王国であると信じています。彼らには、たくさんのサーバーが用意され、それにかしづかれながら長寿をすごします。サーバーはプログラムされたロボットですが、それでは面白くないとなれば、魂ある者を捕獲してきてランダムな振る舞いをさせて楽しみます。ハンガーゲームなどはそのような例ですね。彼らには、かつて在りし日の栄華を忠実に再現し、さらにエスカレートさせたい欲望があるのです。
その別世界とこの世ではどれほどの差異もないかも知れません。この世がすでに別世界であるという証拠も多々あるほどに、忠実に再現されている可能性があるからです。

以上、惑星間衝撃波というお題から、SF的展開を予想してみました。