面白情報・・・洗脳兵器の存在が漏洩

「コミュニオン 遭遇」のDVDはレンタルではどこにもないようで、買取の場合は何千円もして高価なので、今回は中古本にしました。それなら総額千円ほどで、注文は出してあります。
また、VHS版ならヤフオクやアマゾンなどで安価に買えるようですが、VHS再生機が動くかどうか。またテレビモニターがないので、その先が見られないというわけです。

さて、掲題のように、日々ものすごい情報が出てきています。

私が映画「トゥモローランド」を見た感想として漏らしてきたのは、世界人口みんな洗脳されているらしいことでした。ウォルト・ディズニーはもう亡き人ですが、彼が秘密結社員であることは知られていましたから、彼がもっとも注力したトゥモローランドには、彼のメッセージがたくさん篭められているはずというのが、この映画を映画館でかぶりつきで見に行った理由です。
トゥモローランドのエッフェル塔から流される洗脳誘導電波でみんなレミングの如く滅亡の淵に飛び込んでいくというシナリオで、そのリミットの刻限が示されていて、2015年9月23日がエンドの始まり、2018年9月23日がエンドの終わりという謎掛けになっていました。
その少し後で出てきたディズニーアニメの「リトルプリンス」もこれまた未来情報がてんこ盛りで、これもわざわざ映画館へ。

それがたとえカバールの予定だったとしても、実際にはそのようには動いていません。変化要因があればシナリオも遅れたり崩れたりします。ブルーエイビアンズなどの高次元存在が突然現れたことも大きいでしょう。
2014年になって、彼らの影響力が顕著になったようですが、2014年5月に国祖神様の封印解除をしたことが実を結んだのかもしれません。2014年12月5日には、地球を舞台に力関係の優劣を決める天下分け目の事件があったもようで、ドラコ・カバールがこのとき敗退して、トップ層が太陽系外に逃げて行き、残されたドラコ残党はトカゲの尻尾切りに遭ったと思い狼狽し、傘下のカバールも内部分裂して、内部告発やら暴露やらの動きでお粗末な混乱沙汰になり、ヒラリーがダメになった等々、不可避と思われた第三次大戦も回避される可能性が出てきたことのようです。
そのいっぽうの立役者プーチン氏とはドラコ敗退の翌日2014年12月6日に夢で鶴亀統べる強い握手を交わしましたから、翌年からの抜群の洞察力と指導力として早速現れたようです。これぞOkundの上げちんこパワー。群を抜くトップを醸成してやみません。2015年1月30日には中国の習さんと堅い握手。こうして中露はカバールの目論見から外れていきました。

しかしまだわかりません。カバールは世界に仕掛けをいっぱい施していて、人々はそれを知らないゆえに、未だに危険水域にあるというのが実情。
知らないというのは、原因として洗脳で妨害されているからです。深く考えたくない、専門家がこう言ってるからもういい、今だけ楽しければいい、自分だけいい目をすればいい、おカネをたくさんもうければいい。
人々は物事を自分で考えることを放棄してしまい、横並びの中にいれば安心しきるという牧場の羊の性質を付与されてそこに安住しているのです。
牧場なら、やがていつか、マトンにされる日がやって来ます。あるいはラムのほうがいいという顧客もいるでしょう。今までは個別に間引きされていましたが、その日は牧場の〆日というわけで、聖書にも刈り取りのときと書かれていて、全頭数が対象になっていたりするわけです。

しかし、もし羊が知性を持ったとしたら、牧場主もおいそれとは手を出さないでしょう。そもそも、鯨は知性があるから殺してはならんと言っているのは他ならぬドラコ直属の英ですからね。この手を使わないわけにはいかんです。
そのことをコーリーらは「目覚め」と言っていて、アセンションのための要素になっているというのがブルーエイビアンズですね。目覚めるには、個々の羊の意志しかありません。そんなの興味ないわという旧態依然の羊は、何度輪廻しても食肉になりやすいことでしょう。

目覚めのいちばんの早道は、ドラコ・カバールが懸命に隠蔽し封じてきた宇宙情報の全開示ですが、ドラコは掛け引き上手で、のんびりとした部分情報開示の積み重ねということで妥結しているようです。だから、情報開示の動きは趨勢として塞き止められないにしても、長い時間を掛けて抵抗はいつまでも強く出てくるということでしょう。しかも、逃げ出したドラコの超兵器類は人々に対してでなくカバールに払い下げられたようですから、依然として彼らの過激な行動が気になるところ。その分野のひとつが洗脳技術ということでしょう。米国にはMKウルトラという秘密計画があるとされています。

では、トゥモローランドのエッフェル塔のような誘導電波設備は実際にあるのかどうか。
その電波源になるマインドコントロール装置が実際にあるという流出情報がとうとう出てきました。

4月21日のツイッター情報として
米政府、遠隔マインドコントロールの方法を書いた書類を誤って公開
23日にそれが具体的に出てきました。

実存するサイコ・エレクトリック・ウェポンについて
https://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52025489.html

>マインドコントロールや身体に直接作用させるサイコ・エレクトリック・ウェポンという兵器が実存するようです。この情報がワシントン州のフュージョンセンターからあるジャーナリストにうっかり流出してしまったようです。
この兵器を使えば人間のマインドをコントロールできますし人体に害を与えることも可能です。
恐ろしい兵器ですが、それが日常的に使われているとするなら?
>米政府機関がサイコ・エレクトリック・ウェポン(直訳:心理電気兵器)に関する資料をうっかり流出させてしまいました。
カーティス・ウォルトマン氏(調査ジャーナリスト)によると:ワシントン州のフュージョン・センター(政府系情報収集・分析センター)がリモート・マインドコントロールに関する資料をジャーナリストにうっかり送ってしまいました。
————————————-

偶然に流出したのでしょうか、それとも昨今流行の意図的リークでしょうか。
ともかく過失か故意にせよ、どんどん隠された悪事が露見して、世界をびっくりさせているようです。
何年か前には、アノニマスでしたか。その次はスノーデン、その次はアサンジ、そして最近では、Qアノンという政府系情報精通者が謎掛け暴露を日夜しているもようです。
とうとうロシアまでもが、本当のことを言って何が悪いと、トランプとの間の戦時取引まで暴露しだしました。そこにロシアゲートの文句を持ち出す者はもはやいません。
>ロシアのラブロフ外相、先日の米国のシリア空爆前に、ロシアは攻撃してよい場所といけない場所を米国に知らせておいた。その結果、米国は攻撃してはいけない場所に攻撃しなかった。
https://t.co/Y7XGxOV6r2

対してトランプはええよええよと涼しい顔。
というのも、邪悪なカオス誘導派カバールやその傘下の戦争屋勢力をトランプは排除しようとしているからとか。
そのためには、人々が真実を広く知ることがたいせつと思っているから、やるだけやらせておいて、ボロを出させる。
それが続々と公開されて、人々は何が邪悪であるか知りつつあるのです。
すべては麻痺させられていた人の良心と良識を揺り戻すための工程であり、実にゆっくりした、しかし着実な工程に入っているように思えます。

ドイツ最大の公共放送局ZDF、シリアの化学兵器攻撃はほぼまちがいなく偽装だと放送
https://t.co/8Ii8tJYDjX
未だにロシアがやったと騒いでいるのは、英、仏と欧州のシンパメディアぐらいだそうです。
日本が加わってなくてよかったですね。
偽装偽旗作戦バレバレは衆知のこと。その情報の数々。ここ数日のツィッター記事を見てもあきらかです。

英国政府とロスチャイルドが建国した人工国家がイスラエル。また、マクロンがロスチャイルドのエージェントであることは、ウィキリークスのリークからも明らかになっている。いまや、彼らの行動パターンは手に取るように分かる。ワンパターン化した偽旗作戦は即時ネタバレするほどお粗末な仕上がり。とかめちゃめちゃ。

4月17日のツイッター記事
イギリスのメイ首相とフランスのマクロン大統領は、議会の議論も決議も、そして国連決議もなく米大統領に追随してシリア攻撃を行ったとして議会から糾弾されている そりゃ、イスラエルのために働いているわけだから。
英インディペンデント紙 シリアの毒ガス攻撃が行われたと言われる場所に西側ジャーナリストして初めてロバート・フィスクが入った。毒ガスが撒かれた痕跡はなかった。ビデオは本物だが毒ガスによるものではない。
【「ピンク・フロイド」のメンバーが痛烈批判 「ホワイト・ヘルメット」はフェイク組織??】ホワイト・ヘルメットの同じ人物らが「犠牲者」の顔にどうらんを塗り、撮影時に言わねばならないセリフを覚えこませている「状況演出」の模様を撮影した動画も公開されている。
シリアのジャーナリストからは、武器を持たないはずのホワイト・ヘルメットが武装し、軍服を着て活動している証拠写真も提示されている。ロジャー・ウォーターズ氏は「彼らはジハード主義者とテロリストのためのプロパガンダを作るためだけに存在している」と痛烈に批判!

4月21日
【シリア化学攻撃「演出」の陰に英国 ロシアは証拠を握っている??】化学物質が使用されたとする場所で動き回る人々は「数人がガーゼのマスクをつけている」のみで、有毒物質からの防御服を一切身につけていないことから、これが演出であることは「はっきりわかる」と断言!
ホワイト・ヘルメットが化学兵器の攻撃を装って演出した動画に「化学攻撃の犠牲者」として出演させられたシリア人の少年、ハサン・ディアブ君への取材が行われ、少年は詳細を明らかにしている。ハサン君とその父親は、化学攻撃は一切行われなかったと語っている。
ラブロフ外相は、脚色ビデオはホワイト・ヘルメットが提出したものであり、彼らが活動する領域は全て武装戦闘員らに掌握されており、彼らは英国、米国他一連の諸国から資金を得ているという事実を列挙した。 戦争屋は切羽詰まり過ぎて、演出があまりにもお粗末になっている。もうネタ切れの時間。
ロシアのザハロワ報道官「英国はジェノサイド(大量虐殺)の世界記録保持国だ。英国植民地で何百万人の市民が無実の罪で殺戮されたか、想像するだに恐ろしい」と発言
米政府、遠隔マインドコントロールの方法を書いた書類を誤って公開

・・・といったことがつぶやかれていたわけです。

かつて2015.11.13にパリ同時多発テロがありましたが、現場にはいままで何度かテロ現場に登場のクライシスアクターが顔をしわくちゃにしながら被害をまくしたてていたとかの話も写真の証拠つきでありました。人材不足なのかコメディにできるほどに被洗脳大衆を愚弄してるのか。それを指摘する人々が増えてきたということは、洗脳術も解けかかっているということでしょう。
命知らずのISISなどもサイコパス洗脳訓練の賜物でしょう。良心の呵責を起こしがちな普通人ではあそこまでの偉業は達成できません。

昔からそうですが、隠蔽や改竄や濡れ衣かぶせに回る側は、邪悪な側と相場が決まってるようです。
それは日本の時代劇によく端的に現れていますね。
儒教国日本はその点、モラルがありますから、包み隠さず公明正大。勧善懲悪の徹底した社会です。
良い国にいて良かったと思うしだいです。

越後屋か、いつもの品は用意してきただろうな。
はい、お代官様。ちゃんと菓子折りの中に、重たいきなこをまぶした山吹色のものが・・・。
などという話は、日本ではすっかり見られなくなっていますが、水戸黄門などのテレビ時代劇での教育効果があってのことでしょう。
隣国韓国ではこのたびやっとのことで悪代官を追放したところ。日本はとっくにクリーン。同じ儒教国とはいえ隣国の立ち遅れは否めないですね。

さて、マインドコントロール装置には、先日漏れ出たという比較的低空に存在するもの以外に、軌道衛星として軍事利用されているものもあるようです。それ以前にも、加州やポルトガルで樹木の内部から焼いてしまう電子レンジの原理のレーザービーム兵器があって、大火の原因になってるらしいことを報告してきましたが、熱ではなく洗脳電波を脳に直接撃ち込む衛星兵器もあるような。
それはイルミ・カードに載っていて、後頭部を撃たれた被害者は、精神病院のパジャマに偽イルミバッヂをつけた、魂のないゾンビとして描かれています。1995年にそのカードは市販されていますから、兵器は相当前から用意されていると見ていいかも。
こんなもの使われたら、短時間で個別に操り人形にされてしまうことでしょう。戸外で街頭演説している人や、じっと瞑想している人などをよく見かけますが、モロに狙われるでしょうね。頭はキョロキョロさせたほうが予防になるでしょうけど、変質者と思われないようにしてください。
いっぽう、低空型の電波発信源は、広く厚く、人々のコントロールに役立っているといったことでしようか。
ということで、いつしか人類は100%誰もが洗脳されて、それに気づくこともなくやってきているというわけです。

その先は、レミングみたいに自殺するのでしょうか。いや、死ぬことまではなくても、没個性のロボット化した人々の群れを創り出すのではないでしょうか。それこそ、「リトルプリンス」で描かれていた世界です。その世界には子供はひとりもおらず、みんなロボット化した大人から始まります。つまりクローンかAIロボットですね。魂はすでにありません。みんなの元あった魂は集められてシリンダーの中に入れられ攪拌されて、金満家の経営する世界を回すエネルギー源になっているというストーリーでした。みんな過去のどこかで、魂を金満家に売り渡しているのでしょう。大人になった星の王子様もそんな状態にあったという設定でした。

トゥモローランドもリトルプリンスも救世主が現れることで救われるわけでしたが、我々の世界ではどこにいるんでしょう。プーチン、トランプコンビでやってくれるのでしょうか。救世主の要件としては最低限、目覚めてなくてはいけません。だって、知らずしてまともな行為はできませんからね。私? 私は目覚めてますけど、ここではやらないですよ。心臓はよろしくないし。それに地球が滅ぶほうがいちばんいいこと、大建て替えへの最短パスになるので、このまま歴史を泳がせておきます。