コミュニオン

昨日は、関東のある友人から、異星人体験してその記憶を消されたというホイットリー・ストリーバーの私小説が映画化されたコミュニオンという映画があることを知らされました。それを今回、ツタヤで探してこようと思います。
なんでかというと、私ももしかしたら(いやもう確実ですけど)異星人体験(MIB体験かも)して記憶を消された感があるからです。
そのことに関しては、すでにこんなところで取り上げていますが、あまり関心を呼んでいません。
体験談は⇒ https://p.booklog.jp/book/97090/read
コメディタッチ化した私小説は⇒ 天上人の宴 ①~⑩シリーズ https://p.booklog.jp/users/yae-mon?p=2

それに比べて米国では・・・なんて思いにも駆られるのですが、もう私はやる気がない、というのも、やはり20年来の心臓病が無理させないようにしているのかと思います。

この2月9日には突然の入院になり、退院後再度3月20日に入院。これは医師との相談でそうなったのであり、そのときの病気は手術でもっておおかた収まったのですが、この4月18日に受診したとき、中度の心不全であることを告げられました。
やれやれ、いったん重病を克服したかと思いきや、長年の心房細動の結果の行き着く先としての心不全。もうどうにもなりません。ダイ・ハードで今までやってきましたが、いよいよ死神のお縄にかかることに?、いやいや次の異次元ステージ(あればですが)に向かいそうです。

その前に、これまた訃報になりますが、黒猫のブーが4月14日に家を後にして以来、不帰還のままになっています。ブーは泌尿器系の病気で、家の中におしっこを垂れ流すように3月の終わりぐらいからなり始めて、私も愛情ある接し方をしてやれず、彼はもはやこれまでかといった気持ちでその日、出て行ったことを知りました。おそらくは誰の目にもつかぬ所で最期を迎えようとしたものと思われます。当日は雨風が激しい一日でしたので、相当な覚悟があったものと思います。

彼は、2009年11月に知人が連れてきた生後1ヶ月ほどの幼猫3匹のうちの1匹です。彼らは我が家にやってきた1週間後ぐらいには、私とはとても親密になっていて、その頃に彼らの出自に関する夢を見せてくれまして、白虎(古墳に描かれる)とその両親(シーサー)であることがわかってくるわけです。新神話で長らく四神獣の白虎を募集をしていたところ、人では求まらなかったところに応募してきてくれた神世の神獣一家でした。
今回、先代になる3匹すべて、神世へと帰還していったことになります。

ブーはただ一匹だけ黒猫で2匹は白猫でした。同じ親から生まれたのに、保健所で聞きましたら、そんなことはよくあることだそうです。しかし、そのことが後に影響もして、けっしていい生活環境を与えてやれなかったことが悔やまれてなりません。それでも、私の身の回りの守護を懸命にしてくれていたとても賢い猫でした。

離れの粗末な段ボール箱の堆積の中に住み着いていたさまは、アンクル・トムならぬアンクル・ブーでした。
あるいは、フォスター家の使用人オールド・ブラック・ジョーでした。

彼が出て行くときの間際の話は⇒ https://bit.ly/2HD1Dl7
オールド・ブラック・ジョー ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=H6Tvq_0tkyw
 
ホイットリー・ストリーバーのコミュニオンの映画を見てから、またその感想を書きたく思います。