あっという間に大晦日です

いよいよ今年も終わりを迎えることになりました。
みなさんには、しこたまお世話になりました。感謝いたします。

12月になってからいきなり早朝時氷点下ということになり、初日から水栓を止めて配管内からっぽにすることから始まりました。今は0度すれすれの最低気温ゆえ、連夜、水のチョロ出しで対処しています。
日中も10度まで上がる日は少なく、形ばかりの整頓作業も思うようにはかどっておりません。

寒いこともあって、去年もそうでしたが、尿の出が悪く、腎臓が腫れて痛むという事態になりました。これが股関節から脚部の神経痛になり、作業が阻害されて往生こきました。18日に泌尿器科に懸かり、ユリーフという前立腺肥大の薬をひと月分もらいまして、その劇的な効果によって楽な排尿がやれるようになりました。こんなにいっぱい出るの? の気持ち良さ。(あっちのほうではないので誤解なく) なんと腎肥大が軽減したばかりでなく、出っ腹がしぼみました。なんだあれは水ぶくれだったのかという思い。しかし神経痛はまだもうちょっとかかりそうです。これで私が常備薬にしなくてはならない薬に、ユリーフ殿が参加なさることになりそうです。左大臣ネキシウム(胃酸過多の薬)殿に続いて、右大臣ユリーフ殿です。まろはこの頼りになる摂政関白のお蔭で、しばらく安泰といった次第です。
しかし、薬がなくなりでもしたら、たちまち窮地に・・・嗚呼。まろの御所は不安定な下地の上に揺れてます。

さて今回も超常趣味の話題をひとつ。
数日前にこんな記事を目にしました。バシャールの言葉だそうで・・・

>バシャールが2016年から人類は二つの世界に分離し相互に交流することもなく、ネガティブな差別的世界は2022年頃、この世から、その世界の住民とともに消えてしまうと予言する

さて、みなさんはどのような解釈をされるでしょう。二つに分離した世界線の話ですよ。
仮想現実論を世界で最初に説いた異界探偵Okundの得意とするところ。
これにまつわる話は、年明けてからにいたしましょう。
2018年以降の展望   パスワードは知ってるね。みてみてや。

ちゃんと明けてくれるかな。臆して明けてくれなかったらどうしよう。

それではみなさん、いいお年を。