異界版ギャリソン中尉はかく誕生せり

ちょっとお家の近況から

7歳になるメス猫シャンが、ここのところ味覚障害なのかそれとも口内に怪我でもしているのか、数日前から食事が進まず、水ばかり飲んでいる有様になっています。
普段は、ギャル曽根猫と言えるほどの大食漢なのに、太ることができないという、不思議体質。それが食べなくなったら、どうなりますか。

去年もちょうどこの頃にいきなりやせ衰えて、10月末には危篤状態になった(その頃、妹も倒れて入院騒ぎに)のですが、たぶん見立てではありますが、
慢性腎不全らしくあったため、今まで腎機能を補う薬などを使って、ここまでやってきておりまして、もしかしたら奇跡的に回復したかとさえ思っていたのですが、
再発というのか、あるいは季節柄、キノコがあちこちに生えていて、おおかたは毒キノコなので、そんなものを食したかもしれず、まあまたひと試練になるかもしれません。

そんなときに、私事ながら、元の家の周りの雑草のおびただしい生い茂りを何とか始末せねばならない状況で、アクションをとらねばならない時が来ています。
シャンのちゃんとした看病ができるかどうかは、微妙です。まあ、シャンも一生懸命に頑張ったのですから、もう楽になってもらってもいいんかなとも思います。
よう尽くしてくれたんです。娘として、嫁として。(;^ω^)

ありゃー、こう書いたとたんに、シャンが帰ってきて、私の隣で食事をねだり始めました。
そこで、これぞという食事を少しずつ出してやれば、小さい一缶ながら、ほとんど食べてしまいました。
元気回復か。でもまあ不安定ですから、様子を見ていこうと思います。

5月27日未明の夢に、亡き母が出てきて、「利明、一緒に家を出るんやで」とのいきなりの言葉に、いよいよこの世からの旅立ち時が来たかと、
うれしいやら哀しいやら、と思っていたのでした。
というのも、母と一緒にどこかにフェリーに乗って旅する夢も2007年10月に見ていて、すごく若返った母の太ももを偶然にも拝見しておるわけでして、
まあ亡き人というのはみんないちばんいい頃の年齢に戻って暮らしてるんだなあ、とてもいいじゃないかの思いもあるわけです。
祖母も赤子の肌をしていましたからね。

まあ、そんな風に覚悟しながら待っていた矢先に、市役所から雑草の刈り取りをしてくれとの通知が来て、もしかすると、母ちゃんはまだこっちの世界にいて、
家の管理をしているつもりなのかと、おいおい成仏のほうは大丈夫かいなという、がっかりした気持ちになったわけでした。
私が刈り込みをしなければ、律義な母でしたから、容赦できずにいたのかなとも思いまして、遅くても11月末までには完了したいと思います。
母の「家を出よう」という意志ゆえ、何だったら年内までには、よそ様に名義変更できたらと思っております。

母がようやくこの世に未練せず行くとなるなら、私は同行を願い出ようと思っております。
母に一緒に行こうと言われて、断れますかいな。
一緒に家を出るんやで、の「家」とは仏教観で言えば、この世のこと。
その場合の「家(あるいは館)」とは、須弥山の南方に広がる大陸・南閻浮提のことです。
この銀河系宇宙のことと私は解釈しています。
しかし、どうやら、元の住所のことだったかと、落ちが只今、ついてしまっています。
何段階も格段に、ガクっとです。まるで階段から転げ落ちたような。

しかし、2007年10月のときの夢の中に出てきたフェリーは、ネットで調べてみましたが、琵琶湖のオーミフェリーかもしれないと思います。
夢の中の意識では、フェリーを二段乗り継いで目的地に行くという感があったので、まずは沖島にいたり、頂上の蓬莱嶽から神仙蓬莱島行きの神世のフェリーに乗って参ろうかと、そのように洒落こめれば幸甚と参りたく存じます。

ここから本題

さて、今回の記事の本題になります。
前回の記事の中の
>なぜ私が命要らず、魂要らずのギャリソン中尉になったのかは、また次回にでもご説明しましょう。
と申し上げていたことの説明をさせていただこうと思います。

ギャリソンゴリラになったのは、私のけっこういい加減でかつ真剣味を帯びた決意がどうやら発端でして、その決意のほどを、神世の神々に見染められ、
あの映画のストーリーの如く抜擢されて戦場に駆り出されたものかもしれないと思っております。

どんな決意をしたかって。( ;∀;)

当時の覚書から抜き出して書かせていただきましょう。

新神話を賦活した二人の弁才天 より
———————————————–
私の人生を買い取り、満50歳の壁を突破 させたのは奥津嶋姫弁才天だった

考えてみれば、私ほど傲慢な者はいないでしょう。
普通の人は、自分の人生の吉凶禍福の展開に責任を持つものです。ところが、私は吉事や福事のときはこれで普通と思い、感謝も満足にせず、
凶事や禍事のときには自分の過失は棚上げにして天の責任にしていたのです。
そして、先行きの見通しも険難悪路ばかりかと判断できた頃、四十歳代の時でしたが、天に向かって「昔の人曰く、人生五十年というとおり、
私の寿命も五十年で終わらせてほしい。次の転生の予定があっても、金輪際拒否します。何なら輪廻の因たる魂を消去してほしい」と何度も請願したのです。

たまたまその頃、心房細動を発症し、薬でいったん直ったものの、肝機能が悪化したため医者に行かなくなり再発。
とうとう、投薬では元通り治らないことがわかった頃でもありました。
また、結婚していなかったことも、人生をつまらなくしていたのかもしれません。

ところが、変人もいいとこながら、四十六歳頃、たまたまある寺院(淡路島の世界平和観音像)に行ったときに偶然見つけた、
ふくよかなる金塗りの弁才天像に線香を上げながら、「もしよければ結婚してください」と手を合わせたのでした。
すっかり天に請願したことなど忘れて。(おいおい、本当に変人も いいとこだな)

ところが、不思議なことが起きました。

私がまさに満50歳を迎えるという直前日(1999年12月14日)に、新神話の最も大事なパートナーになるところの女性が、
初めて メール連絡してきてくれたのでした。しかもその日に2通も。私が1997年頃から開設していた物語創作サイトのホームページを読まれてのことでした。
そのとき、私は天に請願した経緯は微塵も頭に上らず、漫然と50の境を過ごしていて、しかもこの経緯を話したために、
彼女から初めてのメール日を知らされる有様だったのです。それも2004年になってからのことでした。

新暦ではありますが、私は12月14日に討ち入りされて、首が挙げられたことになります。
まさか天が本気にされているなどとは、思ってもみなかったことだったのです。

しかも、この女性は弁才天ゆかりの人であることが、お付き合いするうちにわかってきました。
弁天三姉妹のうちの”奥津嶋姫”様の化身だったのです。
ただし、下界的な結婚は無理な状況でした。そこで新神話の中でのみ魂の婚儀を二人の合意で執り行いました。
ただ、これも不思議なシンデレラタイムのようなものでした。限られた期間(七年)が割り当てられていたようです。
その期間、私にとっては不思議づくめのインディーな世界になったのでした。

その後、2000年7月には、別の女性が同じく開設していたホームページの超常系サイトのほうを見てやってこられ、
9月27日の移情閣でのシミュレーション儀式へとなっていきました。この女性は市寸嶋姫の化身で二年の限られた期間でした。
つまり、私は弁天三姉妹のうち二人と、あわや結婚劇寸前まで行くところだったと言ったら、僭越にすぎますでしょうね。
——————————————-

つまり、神世のお方様がたの依頼によって、私の50歳以降の人生があると思っていただいてけっこうかと思います。
もひとつ増上慢なことを言わせてもらうなら、私のおかしな決意のお蔭で、別の新たな時空が増設されたとでも申しましょうか。
これも救世の一つだった??とか。何でもいいように(都合の良いように)解釈するのが私の特技なもので、すみません。

しかし、本当なら、50歳になった時点で、命を落としていたはずだった理由もちゃんとあるのですよ。

1999年12月末から2000年1月に切り替わる時点で、世界のコンピューターが誤作動して、金融市場崩壊、軍事兵器の暴発などで、
少なくとも2000年には世界は立ち行かなくなり、滅んでいたはずなのです。

2036年から来た未来人ジョン・タイターも言っていました。自分が生い立ち育って通過した2000年には、
2000年問題が勃発して滅亡に瀕していたのに、過去に遡ってから体験した2000年は、何事もなく推移していたと。
だから、彼は何度も、どうして2000年問題がクリアーされたかわかっているかと、掲示板の読者に対して問いかけていました。
しかし、読者は他のことばかり気にしていたと言ってましたね。

その彼は、今度起きるはずの2038年問題をクリアーするために、過去に遡ってIBM5100を手に入れに行っていたとのこと。
つまり彼は、しばらく2000年前後の時代に逗留して、2000年問題を、未来人の誰かがクリアーしようとして、
歴史に加工を加えていたことを、実地体験を通して 確認したのです。そういう任務もあったんですね。

それによって彼は、彼の持ち帰った機材によって、2038年問題もクリアーされると確信したに違いないです。
2000年が成功しているのなら、2038年も成功するといった具合ですね。

このように、歴史はどんどん書き換えられているのです。
みなさんに不都合が起こらないようになのか、それともより安定的に暮らせるようにという、未来人の思いからかもしれません。

そんな一生懸命なところに、仮想現実論やプログラムソフト論などを持ちこみたくないですね。
ほどほどにしなくては。
しかし、多くの人の希望や願いや未来人の善意によって歴史が改稿できるのも、ソフトウェアだからということを、
頭の片隅にでも、ぜひ置いといてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です