サラスよけれど、疑義もうします

悲しみの星サラスを悪く言っちゃ、いけません。
愚かさを演ずる中にこれほど哀愁を湛えた世界はないのです。
見てください、心の底から琴線を震わすことのできるのは、宇宙広しといえども、ここしかありません。
だから、悲しみではなく、哀しみの星サラスと言いましょう。
さまざまなことに四季があって、もののあはれが感じられる星がサラスです。
生き物それ自体に四季があり、短命であることは、その味わいにとって必須要件。
昵懇にしていた者との離別のときは、ひときわあはれが際立ちます。

だから、創造神はサラスという観劇の場を置いて、心的怠惰になりそうな魂たちに心底から味わえる場を提供なさった。
神々が列を成してこの観劇に参加したいほどのテーマパークがサラスだったのです。

日月神示「二日んの巻(ジシンの巻)」第七帖で
「地上には、地上の順序があり、法則がある。霊界には、霊界の順序があり、法則がある。霊界が、原因の世界であるからと云って、その秩序、法則を、そのまま地上にはうつし得ず、結果し得ないのである。また地上の約束を、そのまま霊界では行い得ない。しかし、これらの総ては大神の歓喜の中に存在するが故に、歓喜によって秩序され、法則され、統一されているのである。」
と述べられている。

大神の歓喜を末端で体験しているのが、サラスにいる人々です。人々の感得する悲喜のことごとくが大神の魂を揺さぶり歓喜させています。どうしてこんな場を大神は手放しましょう。

なるほど。私は第一宇宙の存続は、歓喜がもたらしていることを知りました。宇宙創造の原動力は歓喜だったのです。
その一翼を担うのが、哀しみという要素であり、喜びとともに必須要素だったのです。
大神はそれゆえ、地上文明がリサイクルされていることをも是とされていることがわかったのです。

しかし、と。私は、邪悪の跋扈がすさまじく、サラスさえも危険にサラす現状はいかがなものかと疑義を提示しました。
サラスすらも短命にし、末端のことごとくを閉じてまで、どこに歓喜などありましょうか、と。
振り出しに戻して、二度三度繰り返させるならいざ知らず。五度六度まで。
さらにまたやり直しとはこれいかに。
志願者たちをそのままに据え置いて。だから、抗議の声が立ち昇っていたのです。
だからすでにソロモンをして、天の下には同じことばかり行われていると嘆息させています。

私は、ならば第二宇宙に第一宇宙からメンバー総入れ替えで臨んでもらった方がいいではないかと申し上げました。
(前記事で書いたように、)トップ層が現場を理解せずに、ただ本社の存続だけ叶えばいいというのは、必ず無理が生じて本社の存続さえも短命にしかねないからと。

なぜ今、邪悪の度がすさまじいのか。それはサラスを次のサラスに更新しようとして、破壊しても良いという方針があるからです。
このときはとばかり、ドラコ同盟などの地獄の獄卒たちは、ひ弱な人類に対してシナリオに基づくからと、したい放題の乱暴。
そのシナリオも、ドラコ仕込みの、神を語るカタリの予定表であることもバレてしまっております。
こんなことをしていたら、志願者と言えども離脱します。もう次のサイクルなど、ご免だと。
しかも何ですか、今の邪悪は。わざと他の宇宙に対しての破壊兵器開発に取り組んでいるようではないですか。
アンモラルさは極限に達し、洗脳はするわ、邪悪の道に引き込むわ、破壊ツールとしてのAIは増殖させるわ、それをスタートレック時代と称して人類を拡散部隊にするわ、それを他系宇宙に送り込もうとするわ。これはもう、癌ウイルスの開発と拡散に当たっているとしか思いようがない。
地上界で言えば、表向き正業を営んでいるように見せながら、従業員を酷使し、モラルを退廃させ、自殺に追い込む某企業群のようなもの。
それを見過ごすのも大神の歓喜と言うなら、私はそのような大神は更迭の対象にし、宇宙は廃絶にすべきであると、主神に申さねばなりません。
そんな馬鹿なと仰るのなら、それはひとえに、現場を見て回ることも、現場に参加することもなさらないトップ層の怠慢が原因。
しっかりとした対処は本社の側ですべきことではありませんか。

地上界では、その怠慢と不誠実が発覚し、トップ層が引責辞任する事態が続いております。
天にもあるは、地にもあり、地のいかなるかを以て、天のよすがを知ることもできますれば、創造神様方々の今後も予見されるわけでございます。

幸い、七度目という今度こそは、大建て替えするという強い決意の神様方が居られますから、私はそちらのほうを推奨している次第です。
というのは、あらゆる問題の原因がすべて解決できるからです。

日月神示より

「前にも建替はあったのざが、三千世界の建替ではなかったから、どの世界にでも少しでも曇りあったら、それが大きくなって悪は走れば、苦労に甘いから、神々様でも、悪に知らず知らずなって来るのざぞ。それで今度は元の生神が天晴れ現はれて、悪は影さへ残らぬ様、根本からの大洗濯するのぞ。」(松の巻第十二帖)

「これまでの改造は膏薬(こうやく)張りざから、すぐ元にかへるのぞ[35]。今度は今までにない、文(ふみ)にも口にも伝えてない改造ざから、臣民界のみでなく神界も引っくるめて改造するのざから、この方らでないと、そこらに御座る守護神さまには分らんのぞ。」(天つ巻第二帖)

「今度は世界中、神神様も畜生も悪魔も餓鬼も外道も三千世界の大洗濯ざから、そんなチヨロコイ事ではないのざぞ。ぶち壊し出来ても建直し分かるまいがな。日本ばかりでないぞ、世界中はおろか三千世界の大洗濯と申してあろうがな、神にすがりて神の申す通りにするより外には道ないぞ。大地震、ヒ(火)の雨降らしての大洗濯であるから、一人のがれ(逃れ)ようとて、神でものがれることは出来んぞ、天地まぜまぜとなるのぞ、ひっくり返るのぞ。」(天つ巻第四帖。富士の巻第二十帖。紫金之巻第五帖)

「戦ばかりでないぞ、天災ばかりでないぞ、上(天界)も潰れるぞ、下(現界)も潰れるぞ、つぶす役は誰でも出来るが、つくりかためのいよいよのことは、神神様にも分りては居らんのざぞ。今度は世界のみか、三千世界つぶれる所まで行かなならんのざから、くどう申してゐるのざぞ。」(同じく「天つ巻」第二帖。三ラの巻(そらの巻)第十帖)

「死ぬか生るかは人民ばかりでないぞ、神々様も森羅万象の悉く(ことごとく)が同様であるぞ、しばらくの生みの苦しみ。今度は神の道もさっぱりとつくりかへるのざぞ。臣民の道は固(もと)より、獣の道もつくりかへぞ。この世一切のことを建替へるのぢゃ、神の道も変へるぞ、心のおき所も変へるぞ。」(至恩之巻第十三帖。松の巻第八帖。|三の巻(ウミの巻)第十三帖)

「今度は三千世界が変るのであるから今迄のようなタテカへ(建替)ではないのであるぞ。」(扶桑の巻第一帖)

「建替と申すのは、神界、幽界、顕界(現界)にある今までの事をきれいに塵(ちり)一つ残らぬ様に洗濯することざぞ。今度と云ふ今度は何処までもきれいさっぱりと建替するのざぞ。建直と申すのは、世の元の大神様の御心のままにする事ぞ。御光の世にすることぞ。」(水の巻第十二帖)

「天地引くるめて大建替いたすのぢゃ。天地のビックリ箱とはそのことざぞ。この方でもどうにもならん元のキの道ぢゃぞ[36]。これまでは道はいくらもあったのぢゃが、これからの道は善一筋ざぞ。」(一八(いは)の巻第三帖)

「この先もう建替出来んギリギリの今度の大建替ぢゃ。愈々(いよいよ)の建替ざから、もとの神代よりも、もう一つキの光輝く世とするのぢゃから、中々に大層ざぞ。途中から出来た道では今度と云ふ今度は間に合はんのざぞ。元の根本の世より、も一つキの世にせなならんのざから、神々様にも見当取れんのぢゃ、元の生神でないと、今度の御用出来んぞ。」(一八(いは)の巻第二帖。カゼの巻第八帖)

「今度は根本からの建直しで末代続くのぢゃから間に合わん道理わかるであらうがな。今度はとことはに(常永遠に)変らぬ世に致すのざから、世の元の大神でないと分らん仕組ざ。」(一八(いは)の巻第二帖。上つ巻第二十一帖)

「次の世がミロクの世、天も晴れるぞ、地も輝くぞ、天地一(ひとつ)となってマコトの天となりなりマコトの地となりなり、三千世界一度に開く光の御代ぞ楽しけれ、あな爽け、あなすがすがし、あな面白や。」( んめの巻(梅の巻)第十七帖)

「神代になりたら天地近うなるぞ、天も地も一つになるのざぞ、今の人民には分るまいなれど、神も人も一つ、上も下も一つとなって自ら区別出来て一列一平上下出来るのぢゃ。」(同巻第十六帖)

「来るべき世界が、半霊半物、四次元の高度の、影ないうれしうれしの世であるから、人民も浄化行せねばならん、大元の道にかへり、歩まねばならん、今迄のような物質でない物質の世となるのであるぞ。」(星座之巻第十二帖)

「マコトでもって洗濯すれば霊化される、半霊半物質の世界に移行するのであるから、半霊半物の肉体とならねばならん、今の世は灰にするより他に方法のない所が沢山あるぞ、灰になる肉体であってはならん、原爆も水爆もビクともしない肉体となれるのであるぞ、今の物質でつくった何物にも影響されない新しき生命が生れつつあるのぞ。岩戸ひらきとはこのことであるぞ、少し位は人民つらいであろうなれど勇んでやりて下されよ、大弥栄の仕組み。」(五葉之巻第十六帖)

「八の世界から十の世界になるのであるから、今迄の八方的な考へ方、八方的な想念や肉体では生きては行かれんのであるぞ、十方的想念と肉体でなくてはならんぞ。八方的地上から十方的地上となるのであるから、総ての位置が転ずるのであるから、物質も念も総てが変るのであるぞ。これが元の元の元の大神の御神策ぞ、今迄は時が来なかったから知らすことが出来んことでありたなれど、いよいよが来たので皆に知らすのであるぞ。百年も前からそら洗濯ぢゃ、掃除ぢゃと申してありたが、今日の為であるぞ、岩戸ひらきの為であるぞ。今迄の岩戸ひらきと同様でない、末代に一度の大岩戸ひらきぢゃ。千引(ちびき)岩戸を開くことについて、神は今まで何も申さないでいたのであるなれど、時めぐり来て、その一端をこの神示で知らすのであるぞ。」(至恩之巻第十三帖。同巻第十四帖。紫金之巻第十帖)

[三千世界大建て替えの予兆]

「北から攻めて来るときが、この世の終り始めなり、天にお日様一つでないぞ、二つ三つ四つ出て来たら、この世の終りと思へかし、この世の終りは神国の始めと思へ臣民よ、神々様にも知らすぞよ。」(富士の巻第十六帖)、「月は赤くなるぞ、日は黒くなるぞ、空はち(血)の色となるぞ、流れもちぢゃ、人民四つん這ひやら、逆立ちやら、ノタウチに、一時はなるのであるぞ。」(紫金之巻第五帖)

「宵の明星[38] が東へ廻ってゐたら、愈々(いよいよ)だぞ。天の異変気付けと、くどう申してあろがな。」(松の巻第十九帖)、更には「天の異変気付と申してあろが冬の次が春とは限らんと申してあろが。夏雪降ることもあるのざぞ。人民の邪気が凝りて、天にも地にも、わけの判らん虫わくぞ。」(夜明けの巻第三帖)、同様に「空に変りたこと現はれたならば地に変りたことがあると心得よ、いよいよとなりて来てゐるのざぞ」( 天つ巻第十三帖)、更に「てんのゐへん(異変)気つけて居れよ。神くどう気つけて置くぞ。神世近づいたぞ」(同帖)

「世界の片端、浜辺からいよいよが起って来たぞ、夜明け近づいたぞ。」( 極め之巻第十六帖)や「世界の片八四(片端)浜辺からいよいよが始まると知らしてあること近うなりたぞ、くどい様なれどさっぱりと洗濯してくれよ。」(磐戸(一八十)の巻第十三帖)、「この世始ってないことが出てくるのぢゃ、世界の片はし(片端)八まべ(浜辺)からぞ。」(月光の巻第五十四帖)

[大建て替えの工程]

「メリカもギリスは更なり、ドイツもイタリもオロシヤも外国はみな一つになりて㋹の国に攻め寄せて来るから、その覚悟で用意しておけよ。どこから何んなこと出来るか、臣民には分かるまいがな。」(「富士の巻」第三帖)

「地つちの軸(地軸)動くぞ。またたきの間に天地引繰り返る様な大騒動が出来るから、くどう気つけてゐるのざ、さあといふ時になりてからでは間に合はんぞ、用意なされよ。」(磐戸(一八十)の巻第五帖。下つ巻第二十八帖)

「一日のひのまにも(日の間にも)天地引繰り返ると申してあろがな、ビックリ箱が近づいたぞ。」(天つ巻第三帖)

「天地唸るぞ、でんぐり返るのざぞ、世界一度にゆするのざぞ。神はおどすのではないぞ、迫りて居るぞ。」(天つ巻第二十九帖)

「人民のイクサや天災ばかりで、今度の岩戸ひらくと思ふてゐたら大きな間違ひざぞ、戦や天災でラチあく様なチョロコイことでないぞ、あいた口ふさがらんことになりて来るのざから、早うミタマ磨いてこわいもの無いやうになっておりてくれよ、肉体のこわさではないぞ、タマのこわさざぞ、タマの戦や禍は見当とれまいがな、神のミコトにきけよ、それにはどうしてもミタマ磨いて神かかれる様にならねばならんのざ。神かかりと申しても其処らに御座る天狗や狐や狸つきではないぞ。まことの神かかりであるぞ。」(磐戸(一八十)の巻第七帖)

「戦恐れてゐるが臣民の戦位、何が怖いのぞ、それより己の心に巣くうてる悪のみたまが怖いぞ。」(富士の巻第七帖)

[人間界からできることとして]

神示によると世の中が乱れたのは人間界(現界)からではなく、神界からなのだという。

「んめの巻(梅の巻)」第十帖で(参16)
「世は神界から乱れたのであるぞ、人間界から世建直して地の岩戸人間が開いて見せると云ふ程の気魄(きはく)なくてならんのざぞ、その気魄幸はふのざぞ、岩戸ひらけるぞ。」
「んめの巻(梅の巻)」第二十四帖では
「人民も磨けば神に御意見される程に身魂に依ってはなれるのであるぞ、地の日月の神と栄えるのざぞ、何より身魂磨き結構。」
と述べられ、人間界側からの努力が大切なのであると語られている。

「|三の巻(ウミの巻)」第十三帖では
「此の世を乱したのは神界から、此の世乱した者が、此の世を直さねばならんのざぞ、この道理判るであろがな、建直しの御用に使ふ身魂は此の世乱した神々様であるぞ。」
「此の世乱した者が、此の世を直さねばならんのざぞ」
「建直しの御用に使ふ身魂は此の世乱した神々様であるぞ」
とも書かれている。

そういえば、私は過去世でアヌンナキにいたことがあるような記憶がありまして、神界を乱した一派だったかもしれません。
元のキの神々はじめ神々に封印をかけまくっていたのではあるまいかと。
それゆえ、今生では私が担当した乱した行為のカルマを少しでも刈り取るべく、封印解除に携わっている観もあります。
だから、私にはドラコ・カバールのことが一般人よりはわかるのかもしれず、またいっぽう、神々の封印場所を容易に見つけ出すべく計らわれている気がします。
とにかく、ドラコ・カバールは象徴主義者、暗号化主義者であり、その方面の解読なしには、彼らを語ることはできません。
またそれがわからなければ、その知的格差によって、人類はいつまでも独立できないかと思います。

その困難さを思い、今や、大建て替えに期待し待望する私へと変化している次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です