ジェイソン・ショック 本日は13日の金曜日・・・・・・本日の第二弾情報

そういえば、今日はファチマの聖母が最後に出現した日からちょうど100年になるそうです。
巷の噂では、第三次大戦が始まるのだとか言われているそうな。

こわいでしょうか。ジェイソンのように。
それよりよっぽどこわいのが、ひょっとこのお面でございますよ。
null

欧米人が見たら、日本人の底知れぬ怖ろしさが見えてくると思いますよ。
これが古来からのお祭りという日本の伝統文化だと彼らが知ったら、なんだそうか、うちにはハロウィンのお祭があるよとお答えになるかも知れません。
しかし、よく見てください。日本人はみんな一律、このお面をするのでして、そこには多様性や個性はありません。
こんな民族を敵に回したりしたら、寄ってたかって、吸いつかれ、しゃぶり尽くされること間違いありません。
米国版ゾンビワールド真っ青の世界がここにあります。

そんなときに、本日こんな情報が出てまいりました。
ニビルが、正真正銘のニビルが!!、すぐそこまでやって来ているという情報です。

10月11日付け
チリの3人の天文学者が危険を冒して惑星X(二ビル)に関する情報を伝えました。

https://youtu.be/EbaWJ1EMphA

>二ビル・チャンネルより:
この7日間、チリからやって来た3人の天文学者の皆さんと共に二ビルに関する真実の情報を公開する準備を行ってきました。
彼らはこのチャンネルを通して沈黙を破る決断をしたのです。彼らはこの太陽系の周囲を移動中のネメシス太陽系と二ビルの画像を公開してくれます。
今後、このチャンネルでは複数回にわたり彼らが提供してくれた二ビルに関する真実の情報を流していくことになります。
・・・中略・・・
3人の天文学者の一人が次の事実を教えてくれました。
褐色矮星(二ビル)は今は肉眼で見えるようになっています。なぜなら今は太陽によって熱せられ明るく照らされているからです。
ネメシス太陽系には複数の惑星が存在します。例えば、ヒリオンと呼ばれる巨大ガス惑星やバーダ?と呼ばれる巨大ガス惑星そして最も外側に位置する二ビルがそうです。
これらの惑星は太陽によって熱せられ明るく照らされているため、今では肉眼で見えるようになっているのです。これが事実です。
そのため褐色矮星なのに世界中で目撃され多くの画像が投稿されるようになったのです。もうじきそれらの惑星がはっきりと見えてきます。

3人の天文学者はネメシス太陽系には計8つの惑星と月が存在することを確認しました。彼らは二ビルの画像(11000枚以上)とネメシス太陽系の記録データを持っています。
————————————————-

いやあ、なかなか第三次大戦が始まらないので、とうとうしびれをきらして、御本尊様が到着されたのでしょうか。

先の記事で、我々の辿る世界線は大きく二つに別れたと申しました。
集団意識の全体で進む世界線のほうは、ブルーエイビアンズなどの球体存在によって守護されているものと思われますが、こちら側はレッドが断ったので、ニビルも堂々とやってきたのかもしれませんね。
(R.E.Dとは退職年金受給者のこと : ブルース・ウィリス主演のアクション映画)

こちらはそれでいいんですよ。大建て替えの側なので、天地混ぜ混ぜになることは承知の上のこと。
南極からでも、どこからでも体当たりオーケーという体制で臨んでいます。
みなさんも、シートベルトをしっかり絞めて、衝撃に供えましょう。

2015年11月13日も金曜日だったけど、このときは25年ぶりにスピード違反して痛かったなあ。
今度は、星の追突に備えなくてはいかんのですね。
痛くないようにお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です