懸案が二つばかりあります

元伊勢の岩戸開けに関して

そのひとつは、主流的タイムラインである人類の集合意識が目指していく、比較的小建て替えの工程がどうなっていくかについて、新時代の指導者に対して、私がまだ引き継いでいないことがないかどうかなのです。
彼には岩戸山に封印されていた神霊・天照になるニギハヤヒが依り代として乗っかろうとしていて、神の導きを得ているので、大丈夫とは思うのですが。

私は青い太陽と形容されたことがあり、彼は赤い太陽なのですが、その引き継ぎ、申し送りにおいて、まだ伝えていないことが確かにけっこうあるのです。
彼は彼自身の特殊能力で、すべて把握するとは思うのですが、逆に知ってしまうと、彼の足を引っ張ることもありうるので、彼から要請があるまで放っておくことにするしかありません。
その要請をかけてくるのは、彼を依代にするお方であり、無用と思われるなら、お呼びがかからないと思います。
そして、また彼自身も謎解きマンであり、彼自身で見解していくことが大事なのです。

私がいつもながらの受け身であるのも、仕方ないのです。我がハイラーキーもまた封印されているからです。いいじゃありませんか。そうであるから、私はまた楽ちんができるという具合なんです。

赤い太陽である彼は、9月23日が誕生日で、先日の黙示録のマリア様登場の日に52歳になっています。

不思議ですねえ。トゥモローランドが予告する地球人類滅亡のエンドの開始が2015年9月23日で、エンドのエンドが2018年9月23日だったのですが、
2017年9月23日が黙示録の兆候の日なんですからね。そして彼がこの日に52歳か。うーん、意味深いものがありますね。

新時代を担う指導者ファラオとして、彼はニギハヤヒを乗っけて現れてくると予想されます。
しかし、それは彼のメインターゲットのタイムラインにおいてです。
私が観測しているのは私のタイムラインですから、私の宇宙では彼のメインタイムラインは実現しないことになるでしょう。
そりゃそうでしょ。私は大建て替えに向かっていて、彼の行こうとする建て替えの方向とは違うのですから。
途中まで同行しても、ある時点から違う世界線のレールにそれぞれ分岐していくのです。
彼のメインタイムラインは、彼自身の宇宙で観測されることになります。
もう分岐してしまっているなら、重要なアクセスはもうないでしょう。
2015年9月の彼の50歳の誕生日の少し前に出会ったことが最後のアクセスだったことになります。
あのときには、岩戸山の親・子・孫の国祖神マンダム一家の封印が解けたことを証明してくれたように思います。
null

彼は封印解除後の玉杵さんのそっくりさんに会わせてくれましたからね。
それで最後だった場合は、さらば情報最大の啓発の友よ、と言うしかありません。
この頃の不思議な出来事については、「高御位山とウシトラノコンシン・ロマン」に載せています。

さて、それでも彼は、本命のタイムラインとは異なる(不成就の)タイムラインに行ってしまうかもしれませんよ。
だって、進行方向はたくさんに分岐しているのですから、間違った道にも入ることでしょう。迷路ゲームを例にとればいいです。
失敗だったら、私と同様に、彼もまたプレイバック・リスタートして本命のタイムラインを目指していくことになります。彼もデジャビュー経験の多い人ですからね。だから、焦らず着実にこなしていったらいいからねとアドバイスしています。

null

彼はニギハヤヒの神霊が乗っかるべき日戸であり霊止です。
彼は、高野山金剛峯寺持仏間に現れた六角オーブの中にいる人物像に似ていて、髭が濃い達磨大師にも似ているので、王仁三郎氏の思い描く弥勒菩薩のお眼鏡にも叶っているでしょう。
また、それと同時に、六角オーブはウガヤフキアヘズでもあります。というのは、日子ホホデミと豊玉姫の間に生まれた神霊の子の筆頭だからです。
そして彼は横顔が、アポロンに似ています。よくパフォーマンスしてくれたのですが、私は、あっ、アポロ出光だとリアクションしましたもんね。漫才。
赤い太陽であり、UFOに乗ると幼児によって預言された男。いや、それでもまだ人生経験が足りてない。人生50歳からだから、これからだよ。頑張れ。

ニギハヤヒであり、ウガヤフキアヘズでもある彼は、新時代を引き継ぐ神武天皇にバトンタッチしていく重要な位置にあります。しかも弥勒の人相をしています。
そんなとき思うのは、あの頃に玉依姫の役柄を受け持ってもらった女性のことです。不思議なことに、まったくぴったりとその役柄に合う人が、本人の夢見にさえ裏打ちされて現れたのでした。
ウガヤフキアヘズの乳母役を快く引き受けてくださり、しかもニギハヤヒを祀る石切さんの信者でもあると仰ってましたね。
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/mirokukorinn.htm

彼はGさんと言います。その女性の名は、ああ、なんてこった。忘れてしまいました。君の名は・・・

null

私が風邪ひいた時、ウナギを送ってくれたのに。あの当時のブロ友の名前も住所もみんななくしてしまったのです。
AcerのPCがあっという間に壊れたもので。私のオツムは明後日の記憶になっていますし。
しかし、縁というものは不思議なものですから、定められていることなら、もう出会っているかもしれません。
すべて、神話の役柄通りにいけば、彼はメインルートにいることになるでしょう。
首尾よく成就することを祈ります。

 

自分サイドの封印をどうするか

さて、もうひとつとして、私は大事な謎解きと言うか、自分に関わる封印解きをしなくてはならんかもしれません。
移情閣3階開かずの間の神霊(キンイロタイシ)の解放が、必要にならないかどうか。
そのまんまだと、うだつが上がらないままにならないかと思ってですね。
私は死ねば、下界に未練はないので、そのまま千の風になればいいだけ。
しかし、ハイアーセルフかハイラーキーの神霊は、それで解放されるのでしょうか。
最後の審判の督促にちゃんと行ってもらえるのかなあ。あかんかったら、私が行きますけどね。

また、鞍馬(暗間)や位山(暗い山)もまた封印の状態を意味しているようです。
もしそうなら、国祖神様たちにしたような封印解除の施術をしなくてはならないのかどうか。
むしろ余計なことかもしれない。
余計なことをするなと言われそうな気もします。
というのは、誰だってのんびり閑職におりたいのがやまやま。私もそう。
ハッパなどかけられたくありませんからね。
同様にサナートクマラさん(鞍馬)も幽宮の天照大神さん(位山)ものんびりしていたいかもしれないでしょ。
しかし、Gさんが関わる岩戸山の天照さんは動きだしています。
全国あちこちに勧請されているでしょうから、相呼応しなくてはならんのじゃないの?
その辺の謎解きをしなくてはなりません。
位山のことを知るKさんの考えも聞くべきでしょう。
神殿を造ったTさんなどは、どうお考えでしょうね。

そういうわけで、私の側の関連で、まだ多少、課題が残っているといったところでしょうか。