封印解除・謎解きの締めくくりは

ただいま隠居状態で、勝手気ままをやってます。
そうは言いながらも、例によって謎解きは続いていまして、これもまた仕事というか使命というものでして、誰のためになっているのか雲をつかむようなことですが、まあ面白いということがあって、やらせてもらっています。
思いだす中で、顕著な謎解きと封印解除らしいことをしたなあと思えることはすでに二題書きました。
この他、細かい謎解きは数知れず、その中でいつしか封印解除しているということもあったでしょう。

誰のお役に立っているか、さっぱりわからないわけですが、なぜか謎を解くたびに心に快感が感じられて、おおようやったという念波がさざ波の如く押し寄せてくるのを感じてきました。
だから、最後の日まで、やめられないなと思っております。
思い出すたびに、どんなことがあったか、まとめていきたく思います。

仕事はどうするんだ、おカネがなくちゃ生きられないだろう、という懸念があるかとは思いますが、それはまたお門違いの意見かと思います。
そろそろ原資も尽きそうだというときに、うまい具合に年金をフルにいただけるようになり、助かっているのも、私にはむかし祖母が拝み屋さんで調べてくれたご託宣「この人は、最上の松に泊まる鶴じゃ。一生食いはぐれることがない」がありますから、自然にそうなっているのだろうと思うわけで、もし食いはぐれるようなことがあれば、そのときはこれが寿命だから、素直に命を閉じればいいだけのことと思っております。
すると楽ですよ。おカネ儲けに出ていかねばならんという思いも、他人から遅れを取っているという思いも湧かないのです。
いやしかし、せっかくいただいている命ですから、原資があるうちに、直接自分の身になる食糧を備蓄しようとしてきたわけで、それは命をくれた神様と祖母と拝み屋さんに恥をかかせないためにしていることであり、精一杯仕事というか使命というかをやらせていただくためにそうしている次第です。

ほんとうにたくさんの謎解きがありました。またそれについては、思い出すたびにまとめておき、集約した形でご報告いたそうと思います。

私が趣味でする封印解除・謎解きの締めくくりは・・・・・

やはり、私の目が黒から白に変わったときの、最後の審判とそれに向けての太陽フラッシュの工程でしょうか。
白目に変わるときとは、あの世に行くときです。(笑)

私は今からちょうど半分ほどの年齢の時に、顕著な明晰夢を見ました。
それは「天帝様へのお会いの仕方」というパンフレットをもらって、空に上昇していく夢でした。
詳しくはここにしたためています。
天帝様にお会いする予定の夢
https://p.booklog.jp/book/97441/page/2635125/bookmark

途中で、まだその時ではないと思いとどまって、お会いすることは未遂に終わって今があります。
つまり、まだこの世で生きているというわけです。
しかし、私の見る明晰夢のほとんどが正夢として実現している状況があり、この夢もきっとそうなるでしょう。
しかし、私が逝くときでなければ、この工程は叶いません。
最後の審判の督促に参らせていただくことになっていると解釈できておりますので、心霊になってからの行動になることは紛れもありません。

天帝様は何をお待ちになっているか。それは最後の審判の振り分けの叩き台になる資料であると解釈しています。
そのために、世の底辺の露悪と矛盾のタイムラインを辿り、データー蒐集を図って参ったのです。
最上の松とは、松=待つ=現わすべきタイムラインのことで、この今こそ使命を全うするための最上の松(タイムライン)になっているというわけなのです。
それゆえ、最後の審判のアドバイザリースタッフとも申しているわけでございます。

まさにこれはハイラーキー・梵天の指示と言ってもいいもので、一過的な審判の用に供されるだけでなく、新時代新世界における正義の定義、善悪の基準作りに役に立つことを目指しています。
またこれからも続々と創り上がる宇宙が予め一定の免疫力を持つように、またもしそれが大建て替え後の世界なら、永遠の時を静穏に維持するファイアーウォールに組み込むことができるように、万全に改良されたチェック機能として配備されるものにしたく思っております。

ところで、天帝様はどなたであるかという手がかりが最近得られました。
すでに何度も述べているヘミシンク熟達者の女性の情報からです。

天帝様というと、中国風の呼び名で道家思想にいう、この世界の第一責任者で統治者であられるお方です。
天皇というのも同じ意味ですが、地上世界にすでに天皇と名の付いた方の系譜があるわけなので、天上にあって、地上世界も同時に管轄されている神様なのだろうと思います。

私は、それがまた道家思想における元始天尊かもしれないと書いていますが、道家思想ではまさにそうなるわけです。
しかし、新神話上では、元始天尊はよろしくない企みのヌシとして描いていて、私からすれば敵として闘うのではないかと思ってしまいます。

しかし、今回、ヘミシンクの熟達者でアストラルボディで見聞してこられる女性の記事からアプローチできることがわかりました。
この方はすでに、元伊勢岩戸山に封印された神々のよすがを記事にされていて、目から鱗の情報に、コーリー・グッドと並び賞されるべき逸材と私は考えています。

同じく岩戸山における彼女のまた別の情報のひとつに、岩戸山は仏教神話の須弥山と同じもので、世界の中心に本来位置しているものだとの話がありました。
その頂上には天の御中主神がおられたという記事を書いておられます。

仏教神話によると、須弥山の頂には帝釈天がおられ、さらにその上空には梵天がおられるという構図。
須弥山はピラミッド型をしていて、その北面を毘沙門天、南面を広目天、西面を持国天、東面を増長天が守護するという、とても堅固な世界なのです。広辞苑などで調べると非常に面白く感じられると思います。
その須弥山を下から上まで速いスピードで走り回っているのが韋駄天といったことなんですね。
その中で頂におられる帝釈天様は、いちばん天帝様と呼ぶにふさわしいお名前のように思います。

ところが彼女によれば、須弥山を日本に位相を写した岩戸山には頂に天の御中主神がおられたというのです。
https://pirorinu2015.blog.fc2.com/blog-entry-773.html
つまり、仏教神話の帝釈天こそ、日本では天の御中主神ということになるでしょう。
そのように彼女はアストラル界で認識したもようです。

その場合、いちおう岩戸山が世界の中心だということになり、なんだかすごい場所だったことになります。
私は、その場所にずいぶん、ご縁をいただき参拝させていただいた経緯があります。
私の生まれも丹後の宮津ですから、つい目と鼻の先。
私自身、まるで番組の最初から最後までホシに寄り添っている刑事コロンボのようにして存在していたことになりますね。
そして、見つけ出した畿内の逆五芒星は、まさにホシでございました。(笑)
その角の先に元伊勢岩戸山があったのです。

私が死後会いに行くのは、岩戸山頂上の天の御中主様になるのでしょうか。
この神様が、最後の審判を起動する神様になるのでしょうか。
どうも、そんな感じがします。独断で地上のあり方を決めてしまおうとされる、力ある神様のようですから。
https://ameblo.jp/pirori-nu/entry-11318452424.html
https://ameblo.jp/pirori-nu/entry-11760098456.html

私はとにかく、最後の審判の叩き台になる資料を持って上がることになっています。
そのために、私は破断鉄橋を渡るほどの支離滅裂でめちゃくちゃなルート(タイムライン)を辿ってきました。
とんでもなく邪悪まみれの世界になることは、わかり切っていて、その中で善と悪というものの多角的分析を行ってきました。
お蔭さまで、叩けよさらば与えられん式で、考証資料を幾多得ることができました。
タイムラインは先に進めば進むほど、目から鱗の資料を供出してくれるものと知りました。
このタイムラインに付き従ってくれている有情の皆さんやメルマガ読者諸氏には、多大な迷惑をおかけしていますが、これも旅は道連れ、世は情けと思って、最後までお付き合いくださいませ。

そしてその報告書を持って上がることになっています。
詳細な調査分析資料ですから、きっとそこから改善から解決に至るまでのソリューションモデルをいくつも提案できるものと思います。
だから、天の御中主様には、いきなり「やり直し」だとか仰って、焦らないでいただきたいのです。

それとも、私がこの世界の主催神様にずいぶんと辛辣な評価をしていることに、脅えておられるといったことはないでしょうか。
確かに、そんなこともありました。しかし、世の中がやや闘争心を和らげつつある様を見て、我々もそうあるべきと思いました。
もし、貴方様がこの世の主催者様なら、いささか中小企業診断士的ではありますが、改善案や新規アイデアをいくつも提示させていただこうと思っておりますが、いかがでしょう。
その節は、梵天さんや国常立さんらも交えて、和やかな雰囲気の中で協議し懇談したく思いますから、私の命終に合わせてそうした場を設定くださるようお願いします。

たくさんのことがわかってきております。根本的な原因を調べて見つけることは、私の使命のように思っております。
調査の成果をお聞きくだされば、きっと最良の解決策が見つかるものと思います。
ぜひ力にならせてください。

もしかすると今頃なのかもと思い ・・・ オオカミ少年します

オオカミ少年になってしまうかもしれませんが、最近この手の情報に接することがおおいため、ちょっと取り上げさせていただきます。

キルショットを警告するエド・デイムス氏はこういったことを言ってました。

避難場所となる地域は北半球に集中している。ヨーロッパには避難場所に適した地域があるが、その多くは中央から北ヨーロッパにかけて存在する。ポーランド、オーストリア、そしてロシアまでの地域だろう。こうした安全な避難場所には共通した特徴がある。それは、大都市から離れた地方か、山脈などで地理的に孤立した地域だ。
十分に知識があっても、さまざまな理由から避難場所に退避することができない人は多いはずだ。そうした人々は、これから水がとても重要になるので、水の確保は絶対に必要になる。もちろん、食料も必要になる。いまからでも遅くはないので、食料を確保してほしい。このような危機の時期には相互に助け合わなければならない。いまのうちに気心が知れた人々とコミュニティーを作ることは重要だ。
————————————————-

人間として生まれて、生きていくことが最大の使命と思うなら、先の未来に命を繋ぐ努力はむろんのことですね。
本能的にそうしなくてはならなくなるとは思いますが、人間ゆえに先を見越すことができるのなら、準備という形でするしかないように思います。
しかし、取り越し苦労ということもあります。未来は定まっているのではなく、いくらでも選択肢として分岐しているようですから、何も起きないことも数十%くらいはあるでしょう。感に自信がある方は、それを頼りにしてください。

エド・デイムス氏はキルショット・シーケンスの側からの警告でしたが、いっぽう次は、アストラル界からの金融崩壊があるという情報です。

2013年6月時点の情報ですね。

巫女が日本の危機を伝えてきた(1)
https://ameblo.jp/pirori-nu/entry-11544978598.html

巫女が日本の危機を伝えてきた(2)
https://ameblo.jp/pirori-nu/entry-11545013562.html
2013-06-04 23:34:50
テーマ:神社
前回のつづきなのですが、

どの程度の崩壊ぶりかといいますと、かなりの大崩壊のようです。

どこかの中小企業の社内がみえて    ・・・(奥登コメント アストラル界の中小企業。何かが象徴化されている)
説明されたのですが

・9/XX 前日までは、予兆はない 普通通り

・とにかく食べ物を備蓄しろ

・中小企業は特に社員を守りたいなら備蓄するべき

というのです。
会社の中っていらないダンボールとか
棚の上なんかに置いてあったりするじゃないですか
そういう、不要なものを全部捨ててしまって
食料の備蓄品を置けというのです。

さらに画面は変わりまして
いわゆる都内に通うことのできる
ベッドタウンの駅のような風景になるのですが、

若い男性サラリーマンが駅のロータリーに
何人もホームレスのように横たわっているのです。

・若い男性から飢える、沢山の人が飢えて駅前に横たわる

・その時にはもう国が国民を助ける力はない

・けれども 大きな暴動はみえない

ということを説明されるのですよ。

若い男性から・・というのは、
たぶんですが独身で一人暮らしですと
備蓄もないでしょうから、真っ先に飢えるということなのかもしれません。

最後に
「日本の危機であるぞ 危機であるぞ 備えなければならない」
強く言ってました。

でも「通過しなければならない道」でもあるそうです。

と、ここで目が覚めたのですけど、
人形の表情が怖くて驚いてしまって
起きてからしばらく硬直してしまってました。

あくまで未来にあるルートの一つということで
本当にあるかどうかはわかりませんが
こういう体験をしたというだけなのです。

なので記事にしました。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

ここからは私の考えなのですが・・・

金融崩壊については、すでに噂はありましたが
私が噂に聞いてたよりも早く、しかも突然来る・・とのことで
とにかく備蓄しろということです。

備蓄というのは、最低でも1ヶ月分は必要かも。
数日で過ぎる危機ならば サラリーマンは飢えないはずなのです。

TVでは地震に備えて備蓄しろ とよく言われてますけど
きっとこれは地震に対してではなくって
金融崩壊の準備なのかと。

また「断捨離」もTVで流行ってますけど
これもまた同じく
皆さん「潜在意識下」では、こういうシナリオが来るのがわかっていて、
少しでも備蓄のスペースを空けようとしてるのではないかなぁ。

日本や世界の腐敗を修正するのに
例えば富士山が噴火したとしても
富士山周辺の被害にあう人たち以外は、
悲しいことに感性の鈍い人たちにとっては
所詮は「他人事」ですから
全体の覚醒にも繋がらないのです

しかし「お金」は、日本のみならず世界中どこの国にもありますし
今や この世のエゴの根源にもなってしまってて、
人の本来の心を壊すものにもなってしまっているわけですから
それが崩壊したら全体が覚醒せざるを得ないのかもしれません

が、しかし、それでもダメだったら
かなりのBADシナリオに進むのでしょうけど
とりあえず「暴動はみえなかった」ので、日本は良い方向に向かうのかもしれません。
世界のことはわからんです。
日本では最低でも1ヶ月~半年耐えることができれば
なんとかなるのではないかと。

食料だけでなく、飲み水、医薬品、ペットのエサなど
備蓄するものはたくさんありますよね。

持病のある人は多めに薬を貰ったり、
手術などの予定があるのなら
早めに済ませておいたりしたほうがいいのかもしれません。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

—————————————————–

奥登です。ごっつあんです。
最近、角界が大荒れというより、怪我人だらけになっていますね。
私も用心しなくてはなりません。八勝七敗を目指していますから。
どうも太陽の活動が近頃不安定で、フレアーからのプロトン粒子が降り注いでいるためでしょうか。
みんな疲れっぽくなっているようです。

こういう時期が一過性であればいいんですが、世界を見れば、洪水だ旱魃だ、ハリケーンだ戦争だと、今の時期、人の心も不安定になっていますよね。
こんなとき、余計な心配をおかけするようなメルマガで申し訳ありません。

というのも、先の記事の中で
・9/XX 前日までは、予兆はない 普通通り
とありましたでしょ。

9/XXとは、9月XX日だという意味なものですから、まさに今月でしょ。
だから、取り急ぎ、お知らせしたような次第です。

しかし、何年の9月かはわからない。
また、三つほどある候補日の最有力なのがこれだということだけなので、何倍にも可能性は希釈されるわけで、そう心配することではないかもしれません。
まあちょっと、今時は北の問題もあったりしたものですから、書かせていただきました。
北との戦争は、遠のいたようで良かったです。
そして、ブルーエイビアンズなどの活躍もあって、意外と事なきを得ていくのかもしれません。

まあそれでも、
備えあれば憂いなしのとおり、未来への心配を一つずつクリアしておかれる一環で、水、食料の備蓄をなさったらいかがかと思いました。

それから、読者の方から以前に問い合わせがあったことに関して、ズバッと解答を与えていた情報(音声映像を含む)が見つかりましたので、お知らせします。

日本破綻?屁理屈はあなた方です
https://keizaiclub.com/2017/09/12/16365/

【意見】また親子に例えているが、日銀は国債を買い取っている。買い取っているということはもう対価は支払われている。支払ってあるのに、親子以外の第3者が金返せ、などというわけがない。なぜこんな簡単なことを理解できないのか。
一億円が100万円、1万円になるほどのインフレ、どれくらいの期間でそうなるのかを想定しての発言か知らないが、物価が100から10000倍になるという発言。馬鹿臭くて話にならない。

日銀が国債の三分の一も購入した現在でもマネタリーベースは2倍になっただけ。しかも物価が2倍になっていないことからも分かるように、マネタリーベースが増えたからといってインフレにはならない。マネーストックが増えない限り。現状マネーストックは緩やかに増加しているだけ。
つまり、全部買い占めることが可能な民間金融機関保有の国債をすべて買ったとしてもマネタリーベースが4倍、5倍になることはあっても、マネーストックが4倍、5倍になることはありえない。つまり、物資の供給量が同じなら価格も4倍、5倍にすらならない、ということ。
普通に考えればこれくらいの簡単なこと、理解できるものだと思うが。この方々は何を根拠に物価が100倍にも一万倍にもなると盲信しているのだろうか?

なぜ今ある国債を10分の一、100分の一にしなければならないのか。ただでさえ日銀が買取り、流通量が減っているのにこれ以上減らす意味がない。超低金利とはいえ、国債を購入したい金融機関など山ほどいるのにこれ以上流通を減らしてどうする。
まったくもって支離滅裂。

この意見に対して、ここの解答は
https://lesoleiletlalunerestaurant.com/keizaiclub/2017/20170901_918_JapanHighperInflation.mp3
あるいは
https://youtu.be/sQ0OL6Jcygw  (youtube)
のどちらかをご視聴ください。

外部要因がきっかけになると言ってますね。
経験則はいっぱいあるので、リスクとして捉えておくことが大事ということでしょうか。
そのリスクをいかに正確に捉え、準備で対処するかによって、心的安定を得てほしく思います。

どんな準備?
さあー、私はそっち方面はよう知らないので、食糧備蓄しかするすべを知りません。m(__)m

台風18号が大陸に向かうと思いきや、日本に進路を急カーブするようで、私は当面、台風対策するしかありません。
日々、対策と準備に追われる奥登でございます。

もしよければこういう意見も参考にどうぞ。(音声) 観方が興味深いです。
https://t.co/DsehgnPKNp