謎解きだけがこのウマのする仕事です(2)

お家再興の心は、とてもいいように思われがちですが、多大な執念を生みまして、お家を取り潰されたときの次元密度に心を束縛してしまうのです。それが地縛 霊となる原因を作ります。
時の流れ、歴史の流れは無情なものであり、心を執着させた事柄を容易に流し去ってしまいます。それがまた飽くなきお家再興の執着を 生むことがあ り、いっそう自縛度を強めてしまいます。この仮想現実空間は、そのような歴史ソフトになっていて、人々を一定のところに滞留させる働きをしていて、そのく せ、あるときが来たら、一気に崩し去るようになっています。
だから、人々はこのゲームに嵌って、なかなか出られないのです。
平家の公達を執着から解放したのは、琵琶法師です。無情の世界を無常観で語り表し、公達のお家再興の執着心をみごと取り除きまし た。
今現在でも、多くの国々でこの執着心が力を持って、幾多の戦争に駆り立てています。
彼らは死後、こうした執着心を持つ霊団に取り込まれ、再誕生のときのために備えています。彼らはまたゲームするために、この世に やってきますが、彼らの自由意志は、霊団の洗脳によって束縛されていて、本当の自由意志を行使できていないのです。
ろくでもないゲームと、それにはまる人々が、このろくでもない仮想世界を支えています。

天の穂日も、お家再興をしなければならない立場だったようですが、もうそのようなことに囚われている時ではありません。そんなこと している間に、時代は変わってしまっています。
事態の経緯だけ明らかにすれば、もうそれで十分です。それが謎解きであり、解放のための大事なステップなのです。それはリリース (赦し)と癒しが主体です。
多くの封印解除は、謎解きだけで足りるのです。それを私はしています。
たとえローカルでマイナーでも、この世の真義を知れば、空しい執着心の乱舞を食い止めることができます。そのために、超宇宙論を編 み出してあるのです。
仮想現実のストーリーに嵌りこんで、いつまでも輪廻の鎖から出られなくしているのは、本人の意識なのです。そこに光を当てました。

いや、まだやらねばという思いも最近まであったのですよ。ところが、天の穂日の別の雛型と目される北朝鮮の金正男が暗殺されて、彼をサポートしていた中つ 国の大国主が深い失望に陥ったとき、私も出雲の大国主様の執着が取れていくのを感じました。私はまだ生きていますが、残る余生はただ謎解きだけに精魂傾け て、一生を終えようと思います。いつ死んでもいいと覚悟しながら。

日月神様とは誰?  富士、鳴門に籠められた真義とは

さて、本日は日月神様の本質に迫りたく思います。これはそのような試案であり、一仮説です。

日月神様は謎かけが専らの神様のようです。そしてまた、とてもひょうきんであられます。その御正体はもうわかっておりますぞ。

碧玉之巻第10帖で、五度に渡る岩戸閉めを語っておられますが、本当は七度でございましょう。

>岩戸しめの始めはナ ギ(伊邪那岐命)ナミ(伊邪那美命)の命の時であるぞ、(夫神、妻神の別居 =現界と霊界の分離・遮断)
次の岩戸しめは天照大神の時ぞ、大神はまだ岩戸の中にましますのぞ、(騙し た岩戸開き)
次の岩戸しめは素盞鳴命に総ての罪をきせてネの国に追ひやった時であるぞ、(正 神の追放)
神武天皇の岩戸しめは、御自ら人皇を名乗り給ふより他に道なき迄の御働きをなされたからであるぞ。(神世から人世へと次元降下)
仏教の渡来までは、わずかながらもマコトの神道の光がさしてゐたのであるなれど、仏教と共に仏魔わたり来て完全に岩戸がしめられて、クラヤミの世となった のであるぞ、(大陸系魔術カバールの渡来)
その後はもう乱れほうだい、やりほうだいの世となったのであるぞ、
これが五度目の大き岩戸しめであるぞ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第10帖)

茶色で記載部分の意味は、日月神示を知る以前に、古事記とホツマ ツタエの真相を見抜いて、明らかにしておりましたから、五度の岩戸閉めの話はなるほど納得でございました。

さらに、イザナギ、イザナミ様のその前に、国常立神、豊雲野神様の岩戸閉めが、書かれていないことに気付きました。
国常立様については、今も大本教では騒いでいることでございます。私もひと騒ぎいたしました。でも、2014年5月に封印解除して 解決済みと心得ます。
そして、もうひとつ、スサノヲ様と神武天皇の時の間に、ニニギノミコトと岩長姫様の御婚儀不成立という岩戸閉めがございます。この お蔭で、天皇 の御代は華美なれど、ぱっと散ってしまう短命なものになったと、記紀に書かれていることを、私は随分と気に掛けていたものでございます。

岩長姫様は女神様ですが、元伊勢天照皇大神宮で小さく祀られているその立て札書きによれば、宇宙創成、天地万物、森羅万象を創り固 めおかれた方 と書かれ、国常立神様と同じお立場であることは紛れもありませんから、国常立様の再来が岩長姫様とも言えるでしょう。そこで、この大事なお二方が抜け落ち ているかと判断しました。
null
つまり、日月神様の御正体は、国常立神様でありましょう。
たいがい、自分の手柄は表向きにされないのが古来美徳とされておりましたが、明らかに抜けているとわかってしまうのも、妙(たえ) なるお言葉に思えてしまいます。
ひょうきんでありながら、ずいぶんシャイでございますね。

つまり、日月神様は、元伊勢の岩戸山におられた国常立神様、別名・玉杵様なのでありましょう。玉杵様はじめ日の大三神 様お揃いのお出ましをいつになさるか、御評定になっていること、神示からおよそわかりました。
読み進まないとわからなかったことは無論ながら、大建て替えの仕様ばかりにこだわってきた私にすれば、このセレモニーはちょっとき ついように思いました。
まるで、正しい側と悪の側のレスラーが闘い、悪の側が反則の限りを尽くし正しい側を徹底的にぶちのめして、半死半生のグロッキーになった正しい側が一番最 後に回転エビ固めで逆転のカウント3を奪うような、どう見てもプロレスの後味の悪い試合を見るようでなりません。

富士、鳴門の意味もおよそわかりましたが、日月神様も仰るように、別の解釈もあるかも知れないことは申し上げておきます。よって、 仮説だということ。

「至恩之巻(第十六帖)」
「二二(ふじ)と申すのは、天照大神様の十種神宝に「ヽ」を入れ ることであるぞ。これが一厘の仕組み。二二となるであろう。これが富士の仕組み。
七から八から鳴り成りて「十」となる仕組み、なりなりあまるナル トの仕組み。富士と鳴門の仕組みいよいよぞ。これが判りたならば、どんな人民でも腰をぬかすぞ」

これは生命の木のことでございますな。以下の図を作りました。
十種(10種)の神宝があるとして、それらを以下の図のように配置して、そこに「ヽ」(神の宝)を加えると、     ・・・・・ これが一厘の仕組み
null
神宝を繋ぐようにして小径(パス)が、順序よく出来上がり、合計22のパスが形成される       ・・・・・これが富士(二 二)の仕組み
七から八から鳴り成りて「十」となる、とは七局、八局と繋ぐうちに九局、十局と完成していくであろということ
ナルトとは、鳴る十であり、成る十であり、九まででもいいものも、成り成り余って十になる       ・・・・・これが鳴門(成 る十)の仕組み

富士は二二、22の小径のこと。鳴門は成る十で、10の局のこと。
つまり、生命の木のことでございます。

神示にはキという言葉がよく出てきますが、元のキが大事なのは無論です。
今は、キがキじゃなくなっているキ違いなキがしています。イシヤによって改竄されてカバールのキになっているために、〇(外面)は あっても、中に・(神)がない、スカスカなのだと仰っているキがします。

では、元のキとはどんなものだったか。

下つ巻第10帖
八月の十日には江戸に祭(祀)って呉れよ
アイウは縦ぞ
アヤワは横ぞ
縦横(たてよこ)揃って十となるぞ
十は火と水ぞ
縦横結びて力(ちから)出るぞ
何も心配ないから
ドシドシと神の申す通りに御用すすめて呉れよ
臣民は静かに神は烈しき時の世近づいたぞ

上つ巻第26帖
「あ」の身魂とは
天地のまことの一つの掛け替えない身魂ぞ
「や」とはその左の身魂「わ」とは右の身魂ぞ
「や」には替え身魂(や)あるぞ
「わ」には替え身魂(わ)あるぞ
「あ」も「や」も「わ」も(や)も(わ)も
一つのものぞ
((や)(わ)は〇の中に文字あり)
身魂引いた神懸かる臣民を集めるから
急いで呉れるなよ
今に分かるから、それまで見ていて呉れよ
「い」と「う」はその介添かいぞえの身魂
その魂たまと組みて「え」と「を」
「ゑ」と「お」が生まれるぞ

・・・とのことから、言葉を含む生命の木を自作してみました。
null
しかし、さっぱり意味が分かりません。
ということは、どこか間違っているか、それとも全部間違っているのかもしれないですね。

私は大建て替えを直接なさることに期待をかけたのですが。というのも、宇宙の抱える大きな問題がある(AI生命体に浸食されてい る)ことから、 大建て替え以外に道はないと判断したものですから、大建て替えへの一直線的御表現をあまた見ただけで、私は感動していたわけでした。ところが、何でござい ましょう。善と悪を結合させるような工程を置かれていることを見つけて、私はいささかがっかりしたのでございます。

まあ別に、多くの人がそのほうがいいようなら、それもいいかとは思うのですが、その折衷案的工程は、おそらくはまたぞろ、善悪混交 の混沌とした 成り行きが必然的結果になろう・・・聖書にいう、至福千年後に再度悪魔軍団が勢ぞろいしてハルマゲドンで戦う工程を置いているのはこのためか・・・と思い ますゆえ、私は浅知恵の臣民にも満たないレベルの思考回路ながら、危惧申し上げる次第なわけです。
七度目の建て替えは土台の根底からひっくり返る大建て替えだと仰っていながら、まだ未練がおありなような。それとも今回はまだ六度 目ですか。

私は賛同申し上げるわけにはいかないとしながらも、善悪結合の謎解きだけは簡潔にさせていただこうと思います。

死海写本には、最後の時、アロンの救世主とイスラエルの救世主が手を握ると書いてあるそうな。それについても、余裕を見ておいでだなあ という思いでした。
一臣民ゆえ、誤解とご無礼の段ひらにお許しください。

新神話も、大建て替えのためにはほんとうは必要とは思っていなかったのですが、黄泉の国の総帥になったイザナミの黄泉津大神を、潔 癖症のイザナ ギ様ではよう救えんかったものを、息子のスサノヲ様が母恋しさのあまり、根の堅洲国という黄泉の国の近傍に住まれていたこともあり、彼にイザナミ様救出を していただく筋書きを付加しております。

日本書紀も、古事記と違って、最後にくくり姫の尽力でイザナギ様イザナミ様の復縁がなるという風にしてある模様。

日月神様も、一方で大建て替えによる善一筋の世を宣言されながら、神一厘の仕組みは、合鍵(二三三二)の仕組みであると仰っており ます。

 第22帖
岩戸開く仕組み知らせてやりたいなれど
この仕組み、言ってはならず
言わねば臣民には分からんぞ
神苦しいぞ
早く神心になって呉れと申すのぞ
身魂の洗濯急ぐのぞ
二三三二(アイカギ)、 「・」 〇⦿
コノカギハイシヤトシカテニギルコトゾ

この合鍵は、イシヤと確(しか)と手握ること、ということでございましょう。
つまり、死海写本が預言することそのものずばりでごさりますね。
これが岩戸開きであることも謳われておりました。

ああ、ようわからん事ばかり。
正反合で新境を開くのは、従来の歴史のはず。
そんなことして、今まで何かええことでもありましたかいな。まだ実験の延長という気がいたします。

 第21帖
今の戦は「・」 と〇との戦ぞ
神の最後の仕組みと申すのは
〇に 「・」 入れる事ぞ
〇も五ぞ 「・」 も五ぞ
どちらも、このままでは立って行かんのぞ
一厘の仕組みとは〇に神の国の・を入れる事ぞ

従来の改竄されて骨抜きにされた生命の木の10のセフィラのそれぞれに、・を入れて元のキにするということでございましょ。
かつてその儀式を行っていた方は、ニギハヤヒ様でしょ。十種の神宝をセフィラにあてがって魂入れをされていて、死人をも蘇生させて おられたと聞きます。
今も天照様はニギハヤヒ様として、玉杵様やイザナギ様とともに、岩戸からのお出ましを用意なさっていますね。⇒ 高御位山とウシトラノコンシン・ロマン
神一厘の逆転の回転エビ固めで勝利して、悪の側をギャフンと言わして、チャンピオンベルトの授与式にご出席といったことになるような気がしているのです が、いかがでしょう。

確かに、3次元密度の生命の木では、その工程で生命力の賦活が叶うものと思いますが、我々は4次元密度に移行することをアセンショ ンといい、その世界がすでに完備していることを前提にして行動しております。
そして、4次元密度の生命の木も、すでにとうの昔から存在して、今もなお活動していることを私は知っております。そこに存在する生命の木だけでは不満足です か。
null
そこはペルーにあり、カンデラブロの遺跡と言われています。
燭台の意味ですが、実は生命の木であり、本体は4次元密度世界にあって、3次元密度世界に形を投影しているのです。
そこは、夢見の世界であり、意識と意識が交流する世界です。
我々親子は、意識体として朱雀に変じてそこに赴き、近未来の仕事遂行のための飛行訓練を行いました。
2008年~2009年のことでした。
その世界は原色に近い世界で、色鮮やかに生き生きとしています。
そこには、我々の飛行に関心を持つ人々がいて、我々への情報の中継をしてくれています。

彼らが描き残しておいてくれた絵がこれです。2014年に初めてナスカの地で発見されました。
null

発見者は、長く砂塵に埋もれていたが、強い風で覆っていた砂が吹き飛ばされたのだろうと言ってますが、そうではありません。
ごく最近にできたものなのです。この絵の親子鳥は2008年から飛行訓練に入りました。
オトー鳥は私です。息子のマメ鳥とともに夢見しました。
この夢見の世界に至って、遊ぶ者は今もたくさんいますが、そこで地上に絵画で遺す努力を取って初めて、ナスカの地上絵として、こちら3次元密度の世界に現 れるのです。
いろんな偶然と異界の好意が、地上に遺るという便宜を与えてくれたのです。

そして同様に、今も夢見の世界の生命の木は生き生きと生い茂り、今まさにその枝ぶりを3次元密度世界に投影しています。
永遠不滅の生命の木は、夢見の世界にあります。そして夢見の身体は日月神様の仰るように、半霊半物質なのです。

なるほど、ブルーエイビアンズも言う通り、アセンションできる者が僅少でありすぎて、3次元密度での存続も図らねばならなくなって いるのでしょう。
それならわからないでもないのですが、大建て替えさえ完遂できれば、再び善悪混交の危険性を冒すことなく、すべての有情の御魂磨きと一元性世界実現が同時 に叶えられるように、この一臣民は思うのでございますよ。
それを実現するアイデアも持っていますので、ぜひご一考頂けたらと思います。
早う七度目をして、みなを同一平面の一元性世界に住まわせて、神と臣民、その他といった区別の砦を取り払ってください、とせつにお 願い申し上げます。
そうでなければ、いつまでも上下の隔て、カーストは残ってしまい、またぞろ利権構造を維持しようとする上位陣の声に傾かないかと、先を思い遣ってしまいま す。
強いことを仰ってますが、本当はお優しすぎるほどのお方のようですから。

まあよろしいでしょ、などと言っていたら、なかなか正真正銘の大政奉還にはなりませんわなあ、とぼやかせていただいて、私はしばし 休眠するか、 それとも単独で大建て替えに一本鎗に突き進むか、あるいはそれも無理なら、かつて念願したように魂の消滅も甘んじて受けようと思います。

なお私は、すばらしいジョッキーの神様方が乗られる一介のウマ(つまり一臣民)にすぎないので、自由にさせていただきます。私をそ の気にさせて くれたジョッキーの神々の皆さんに感謝し、いつまでも心から応援しております。とわに御健勝であられてください。さようなら、と一旦申し上げておきま す。・・・なお、さようならとか、別れろ切れろは、芸者(この世の生)が引けてから言う言葉ですので、それまでは面倒みてくださいね。