読者質問にお答えして

昨日は、お二方からご質問をいただきました。

おひとり目は、硬いご質問で、化石と方墳についてでした。いかにも固そうですね。物事は、固すぎるのもどうかと思いますので、また 後程、個別に柔らかくして差し上げたく思います。

お二人目は、南米大陸が長距離移動していることをどう思うか、というお問い合わせでした。
ここにある記事のことですね。Youtubeでも取り上げられています。https://www.youtube.com/watch?v=OcDrKWFSTv8
南米大陸が移動した?
https://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52013099.html

そうですね。問題は真贋論議から始まりますでしょうね。出典根拠がどうなんでしょ。
日本や世界や宇宙の動向 さんは、不確かな情報源である場合は、「?」を付記しているようですから、多数の取り上げがあるかどうか が信ぴょう性には欠かせないのですが、目下のところ、少ないようです。
しかし、非常に大変なことなので、情報隠しが行われているとも見られ、俗に言う、パニックを引き起こさないため・・・ということに なるのかもしれません。
世界では異常気象がすさまじく、大雨洪水かもしくは旱魃大火といった話題で持ちきりです。そうしたことでも、より大きな地殻変動の 前には、赤ん坊のようなもの。
目の前の困難で、より大きな困難を隠すほうがいいという判断もあるのかもしれないですね。

私は、南米大陸がごく表層部分だけ滑るように移動しているという説はとても興味ありますよ。証拠として、西海岸での高潮、東海岸で の干潮が長く続いているといったことが、まさに真実を物語ります。
移動した距離400Kmというのは、GPSデーターで過去と比較すればいいこと。このデーターはきっと得られてるから、こういう話 も出ていると思うのです。
さて、そうならば、何が原因なのかが大事になるのですが、これは私の判断でズバリ、アセンションによって次元密度が変化しつつある からと考えます。
物性が微妙に変化しつつあって、それをソフトランディングさせようとする働きかけもあるとすれば、何の体感もなく推移して後から、 えっ?、まじ?、うそ? といった結果に落ち着いていたりするのではないでしょうか。
そこには情報の、過度な公開を避けつつパニックを防ぎながら、小出し情報で不思議を伝えるという、嘘や隠蔽によらない情報操作が講 じられているのではないかというのが、私の目下の捉え方になるでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です