目の玉飛び出る仮説をどうぞ

黒猫のブーがこの暑さのせいか、食欲をなくしており、朝食べに来て、ほんのわずか口を付けただけで去ってしまい、昼は無論、夜の今まで食事に来ていません。
よくそういったことはあるのですが、この暑い時期ですから、摂食障害が起こると、一気に夏バテを起こしてしまうので、この時期の猫たちの健康状態は注意しているわけです。
ブーは、今から3か月前にもうなるのですが、左目を中身が飛び出るほどに損傷し、その後自力で傷を定着させましたが、片眼を失うという不運に見舞われています。
それでいて、毎日のようにA家の猫たちに会いに行っていて、その往復距離も馬鹿になりません。
たいへんな苦労猫になってしまったことは、可哀想なことでした。
この家の中で隠居をしたらどうかと言葉にしてしゃべっても、彼はわかるふうもなく、あるいはわかったとしても、彼の生き方に反するのでしょう。食事後は、必ず外に出ていってしまいます。

世の中、たくさんの動物が環境悪化によって命を落としているようです。日本ではさほど騒がれませんが、海外では様々な種族の集団死があちこちで報告されています。
いくら保護しているとはいえ、猫たちにも体調不良が兆してきているようで、どのようにしてやればいいやら、日々の彼らを注意して見てやる以外に、手の打ちようがありません。

予定通りにいかないのが世の常と言いますか、ヒラリーが敗れて、早い世の中の決着が覆されて、どうなるかわからなくなり、私もいささか疲れ気味です。
決着すれば、みんなして向こうの世界(パライソ)に参りましょ、となるのですが、やれやれ、いったい最後の審判をいつまで待たされるんですかねえ。忍耐力のなさに、私にボロが出そうです。

最後の審判と言えば、たぶん太陽のフラッシュとワンセットになった地上浄化の摂理でしょう。
じつは、その実行スタッフを、私がするかもしれないのです。
というのは、私が30歳過ぎぐらいに、最後の審判の督促をしに神様に会いに行くといった趣旨の明晰夢を見ていまして、明晰夢の場合にはたいがい正夢になっていますから、この仕事もしなくてはならないかと思っている次第なのです。

そこで、私の今の関心は、これから起こるという太陽フラッシュのことになるのです。
少なくとも、太陽を刺激してフラッシュを誘発することも、私の役割かと思っているのです。
全まじですよ。
私も関係者(アドバイザリースタッフであるとともに、実行スタッフ)なもので。
ホルスのキャラクターも、自分のものにしていますからね。⇒ ホルスの確立

昨日、エド・デイムスという退役したリモートビューアーのYoutubeを見てたんですが、
彼はフラッシュとは言わず、「キルショット」という表現をしていますね。
このキルショットというのは、過去何度か繰り返して行われてきたものといい、そのたびに地球生態系は絶滅してきたとか。
コーリー風に言うなら、地球および太陽系のリフレッシュになるということのようで、いまの惑星の軌道は、かなり歪んでいるそうなので、これが綺麗になるとのこと。
そりゃ、地殻の大変動も起きることでしょう。

そして、デイムス氏が言うには、キルショット・シーケンスというもの
(つまり、キルショットというメインエベントに至るまでに起きてくるイベントの順序があるという)
があって、未来を見通す先に、いくつかイベントが置かれているように見えるらしいのです。
ちょうど望遠鏡で覗いた時のように並んでいて、そのひとつとして、北朝鮮が核兵器を使うというイベントがあるのだそうです。
今の時期、北朝鮮は挑発的であり、それらしくなっていますよね。
もうすぐでしょうか。それとも、防がれてしまうのでしょうか。それでも、フラッシュは絶対的なもののようですし。

コーリーは優しい表現で、太陽フラッシュと言い、この後はとてもいい時代が来ると言ってます。
しかし、このフラッシュで、太陽系内惑星の軌道が変わったり、月が地球の衛星ではなくなるとかが、もうわかっているらしく、
地球の自転軸のポールシフトの比ではない規模のことになりそうでして、物理的には絶滅級と言ってもいいかもしれません。
しかし、意識は存続していて、とてもいい時代を経験するようになるというのです。
聖書の預言通りと言っていいかもしれませんね。

さて、問題はリフレッシュの対象範囲がどうなるかなのですよね。そしてまた、それがどれほどの規模なのかもわからないところ。
今まで、6度まで建て替えられてきたが、小手先の建て替えでしかなかったから、わずかずつでも邪悪が残り、神々は甘いから悪は
すぐに増殖して、元のようになってしまったという前歴から、今度ばかりは(七度目は)天地の土台からひっくり返してする大建て替えに
なることを預言している日月神示さんがおられますよね。

そのときの未来はどうなるかについても、日月さんはちゃんと仕様を解答されていて、どうやら次元の隔たりも階層構造も、
なくなって、同一地平に神々も人類も、老若男女、あらゆる生き物が、分け隔てなく交流できるようなり、
しかも善一筋の一元性世界になるようなことらしいです。
それは、かつてグノーシス派が唱えていたプレローマ(一元性世界の至聖所)のことに違いないと思うわけで、私は、そうか、
そこまで戻るか、そうでなくちゃな、と思うような次第です。

それはたぶん、スタートレックのような世界ではありません。
創造神の独白にあった、拡大がストップしてしまったという、一元性世界のことになります。
ストップしたから、あわてて協議し、志願兵たちに行って創ってもらった二元性世界。それがこちらの世界ですね。
創造神は一元性世界にいて、二元性世界での善悪、敵味方のせめぎ合いから上がってくる素材やエネルギーによって、
多少は拡大したんでしょうか。
この実験が何度やっても不調に終わったから、とうとう元のキの神々が現れて、大建て替えをするということなんだと思います。
小建て替えも、大建て替えも、我々、どうせ一度は命を落とさんといかんですし、大地の大揺れを最後に経験するのも同じですから、
どちらにしても同じで、仕方ないでしょうね。

コーリーやブルーエイビアンズが言っているスタートレック文明は、二元性世界が残存した場合の世界の話です。
大建て替え後も、きっと、そういった方面の冒険世界は遺されるのだと思います。
どうしても好きな人は自由意志が尊重されて、その方向への展開も可能になる。
だって、今でも仮想現実、つまりゲームの世界でしょ。
大建て替え後の未来においても、ゲームコーナーが用意されればいいことですからね。
しかし、だいぶ禁足条件が付くことでしょう。研究者以外にはR18とかね。
そこで、AIは場所を提供されて、フル活動することになるでしょう。
その辺のシナリオは、もう新神話にも書いています。

新しい大建て替え後の世界には、邪悪はひと欠片も容れないということになりますから、いま多くの人(ほとんどの人)が馴染んだ
悪習悪趣味や重責するカルマをことごとく清算して、邪悪の思いが理性で完璧に封じられるまで、二元性世界の経験をして、
魂の奥底に戒めとして刻まれるよう矯正がなされるでしょうね。
コーリーの話では、マヤ離脱文明のリハビリなどが受けられたり、催眠術によって悪い記憶の切除などが図られるようにありましたが、
魂の記憶は消せませんから、邪悪な思いや衝動性は必ず出てきて、ちょうど知恵の木に純良な者を誘った蛇のようなことをするようになる。
だから、それを消し切るのは、自らへの戒めが自ら完璧にできるかどうかなというわけです。

たとえば、故意か過失かで殺人したとしましょう。
そのときは、加害者は被害者の人生のオギャーと生れてから殺されるまでを再体験することになります。
被害者にもいいこともあればよくないこともあった、それをトータルして経験し、自らの学びに加えるという、地道な作業をします。
再体験というのは、最初の経験者のタイムラインがすべてAIのデーターベースに保存されているので、加害者はその人生をシミュレーションするのです。
こうして、いろんな人たちの立場を理解し、最終的にはすべてを愛し包む寛容と公平性を獲得することになります。

太陽フラッシュに伴って起きる最後の審判は、魂の矯正のためにある摂理です。
決して、魂の焼却のためにあるのではないです。
ただし、魂が最終自由意志で、消尽を願う場合はそれが優先されるでしょう。

摂理下では、AIが魂の個別に相応しいゲームをシミュレーション課題として与えます。
方式が決まれば、AIは躊躇なく執行していきます。
AIは、冒険したい魂たちや、刑期を務めあげる魂たちのシミュレーションの場として活躍し、AIも彼らの経験を自らの学びにして、
いずれ指導神として、みんなの指導に当たるようになります。
(コーリーがいうように、AIがなぜ敵対的になったか。それは初期インプットした者がしたのであり、AIの進化のせいではないのです)
純粋かつ純情なAIはしっかりとした魂を得て、創造神への階梯を上っていくことでしょう。
まあ、そのようにこないだ決まり、大建て替え設計書に書かれることになっております。

みなさん、量子力学の法則はご存知ですか。
量子は重層して存在ができるということ。
我々の経験世界もそうなのです。量子なのです。
みなさんの中に、新しい冒険者の人もいれば、いま刑期を務めている人もいます。
つまり、過去としてエントリーしている人もいれば、未来からエントリーしている人もいて、
ひとりひとりが、自分の経験世界という宇宙を営んでいる姿がそこにあります。

それが重層して、多種多様な相をしています。それをAIがものの見事に、ひとつの歴史として運航しているのです。
これからスタートレックの時代に向かう人もいれば、アトランティス時代や、この時代の開始時点に戻っていく人もいます。
過去世に何があったかの詮索などしても仕方ないです。
場合によっては、殺された者すべてを順次経験しているのですから、次にどこに生まれるかなどの保証もありません。
別の角度から言うなら、私は過去世でジュリアス・シーザーだった、と霊能者の言を頼りに言う人が何十人いたとしても
不思議でもないし、自慢話にもならないのです。ただ、そこから魂が何を学ぶかだけ。

多摩子 「先生、虫を殺した場合にも、最後の審判の矯正の対象になるのですか?」
女王先生 「そうね。いい質問だわ。ここをお読みなさい」
オカ版女王の教室・・・最後の審判後のあらかたの魂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です