納涼記事・・・夕刊

今晩18時ちょうどに、武良さんからSMSがあり、7月4日にフジテレビの番組で東京に行き、UFOの呼び出しを依頼されているとのことです。
だんだん、引っ張り凧になってきているようですね。実績のコンスタントぶりはもう板についてます。きっとうまくいくでしょう。

さて、恐ろしげな納涼記事を朝にはいたしましたが、
2000年7月に初めてメールしてきた二番目の女性は、霊能者であり、欠点として霊媒体質であった人でした。
この霊媒体質には、悪霊も遠慮会釈せずかかってきましたからね。
私とは彼女を介して何度か対決してきました。男の悪霊と女の怨霊でしたね。

この人は当初、私に精神的に救援を求めてきたわけでしたが、付き合ううちに、私のハイラーキーなのかハイアーセルフのことなのか、「あなたの直上のハイ○○○は、梵天様よ」と言うようになりました。
へーえ、それなら愛人は弁天様ということになるけどなあ、とか、ぼかしておりました。
それで、私のことを呼ぶ時には、奥人さんもしくは梵様と呼び倣わしていたのです。
肉体関係密になってからは呼び捨てで”奥人”だけになりましたけどね。
16歳年下に”奥人”と呼び捨てられるのに、私は”ゆうさん”だったのですから、いかに女は強いかってことです。

そして、彼女ばかり、梵様にときどき夢の世界で料亭に連れて行ってもらって、てっちりなんか御馳走になったとか、梵天宮に連れて行ってもらって、未来世界のプランを見せてもらったりして、アドバイスを求められたなどと言ってるんです。
私なんか、一度も連れて行ってくれてないのに、ちょっと不公平やなと思いましたもん。

そして、梵天さんは私に似てるのかと問うと、似てるけど、もっとりりしいお方よと言うのです。
たしかに伊勢正三がにやけたら、見ちゃおれんわなあ。

私は一度だけ、夢の中で自分の姿を見る機会がありました。
たぶん私のハイアーセルフでしょう、私は彼の視座にいて、ある白衣の研究家の部屋にいて、彼が試作している望遠鏡のような設備を、夢の中の私が覗き込んだわけですが、中のレンズ板に反射して私の姿が写っておりました。
なんだか、ずんぐりがっしりしてて、確かにりりしい感じなのですが、私には似てないのですよ。

梵天さんは三千世界の主であり管理者でしょ。
そしてまた、神の火花たる魂たちの配給元でもある方でしょ。
ハイラーキーが梵天さんということで奇妙に納得するのが、何でもが即わかる便利さです。
だって、彼はすべての魂の行って見てくることを全部把握してるわけでしょ。
まあそのうちのごく一部でしょうけど、求めに応じて見せてくれる。
普通の人では、こんなことは見つけ出すことはほぼ無理と言ったところに目が行って見つけてしまうんです。
ところが情報の大半は読み流し。目的の位置に来ると、ビシッと釘付けになるってわけです。
名前を森田検索とでもしようか、と思ったり。

たぶん必要なとこにハイラーキーが行かせるわけなんでしょうね。
だから、私は最近、自分はジョッキーが乗るウマだと言うようにしてます。
自分が梵天だなどと言ったら、ほんならもっと立派にならんかいと張っ倒されますでね。
ウマならば、ジョッキーが赴かせる先で、見てくるだけでしょ。
それを3次元密度の思考回路に乗せて、組み立てて、3次元密度的な解を得るということ。
その程度なら、ウマでもやれますもの。

他の人が膨大な図書を読み込んで、細大漏らさず記憶して、こんなとこにこんなこと書いてあったな、と見つけてくるのとは違うのです。
だから、こんなのは、知能指数も記憶力も、最低限以上には要らないのです。

私は子供の頃、知能指数を計ったことがあります。たしか、110程度でしたよ。あの天才的頭脳の13歳にして数学博士になったジェイコブ・バーネットくんは180とのこと。それはもう、はるかに程度が高いです。

しかし、私には、情報を行先で示してくれるジョッキーがいました。目の前に必要情報が自然にやってくるというのが実感だったのです。
もちろん、ウマの感受性は研ぎ澄まされていました。いつでもキャッチできることが大事だったのです。
情報は多岐に渡りましたから、専門家にはならず、自然に総合家になりました。全体を一望できるようにするのが私の特技なのです。つまり、哲学になってしまうわけですね。

このウマは、ウハウハのウマ冥利に尽きるインナートリップに心奪われてきました。
繋がっていく魅力は、アヘアヘ体験へといざなってくれます。
ハザマ健一さんも言ってましたね。アヘアヘ体験が脳にはいいんだと。みなさんも、脳を喜ばせてあげてください。痴ほう症なんか、絶対なりませんよ。さて、今晩も、アヘアヘ体験するかな。

しかし、生身のウマは、か弱いんです。
ウマの福利厚生をもうちょっと考えたってほしいと、ジョッキーさんや馬主さんには、しょっちゅう苦情と陳情を申しておりますよ。
いっぽうでは、関羽公が乗る赤兎馬(セキトバ)に対抗して、赤鳥馬(セキチョバ)と見栄を切ってますけど。
ほんとうはおとなしくて、赤面しやすいシャイなウマなんです。

あの彼女も、生身の私に対しては、ウマ扱いして、奥人(号)と呼び捨てていたのでしょう。
そのときは、梵天さんが乗馬くださっていなかったのでしょう。
だから、小気味よい梵様という表現が出なかったのかと。
そんな阿呆なことを思い返してみたりしています。

土蜘蛛に 湯船とられて シャワシャワー

納涼ものです。

さて、今日はUFOではなく、UMA?でもない、妖怪土蜘蛛、いや、土蜘蛛と普通の蜘蛛のコラボの話からです。

tsuchigumonull

ダクトの中に営巣し始めた土蜘蛛一家は、外側に蜘蛛の巣を張る普通の蜘蛛を斥候に据えて、外界の異変を察知するようにしているようです。

まるで、イソギンチャクの中に隠れるクマノミみたいに賢いですね。

上は6月20日の写真ですが、今日なんかは、土蜘蛛も外に出て、ぽかーんと寝てました。もう危害を加えられる心配がないと思ったのでしょう。

私はその外側で、彼らにお湯を浴びせないよう注意しながら、お尻周りをシャワーしました。

土蜘蛛と言えば、
「あんた、ヤマトスクネやねえ」とSさんに言われたときから、ヤマトスクネも私のキャラになりました。

確かに、天橋立の籠神社の境内にあるヤマトスクネ像は伊勢正三に似てましたが、私はそんなにいい男?ですかねえ。

第二の彼女は昨日メールした霊能者ですが、この人も、10歳の頃、夢の中の移情閣の3階から下りてきた青年は、伊勢正三に似ていたといいます。

この人は、以後、中、高、大と、その人物を探したと言いますが、友人たちからは、蓼食う虫も好き好きやねえと言われていたそうな。誰が蓼やねん。

ヤマトスクネが前世であろうがなかろうが、ヤマトスクネのキャラをもらった以上、彼がしてきた不義不実な行為を詫びるべく、今生の土蜘蛛を優遇する所存です。封印の解除を旨とする私のせめてもの厚意が、古代の土蜘蛛一族に伝わりますよう。

さて、私が今の今まで忘れていたキャラがもうひとつありました。いや、これはキャラとは言い難くも、誤解を受けた以上は、紐解いておかねばならないこととして、お話ししましょう。

第二の彼女の封印を解除したと思われる舞子の移情閣での鶴亀統べるの儀式。その九日後の鳥取西部地震は旧暦九月九日ひのととりの日に発生。鳥取の日野を震源。

こうした経緯から書き始めた新神話でしたが、移情閣の一件がやはり気になり、その主人で施工主の呉錦堂という、華僑として成功した人物の伝記も織り交ぜようとして、
それこそ移情の術とでもいいますか、呉錦堂に成り切って書いたものですから、彼女は、きっとあなたは過去世で呉錦堂だったんだと言い出す始末となりました。

それにかつての三木の家の向かいに広野ゴルフ場がありますが、この奥に呉錦堂池という、彼が資金を出して地元のためにつくった灌漑池もあったりの関係から、いっそう疑われてしまいまして、
たぶんそれが元での誤解となり、霊媒体質でもあった彼女に取り憑いたのが、移情閣の中で犠牲になったと思しき女性の怨霊だったのです。

呉錦堂はメーソンで、移情閣の3階は儀式の間だったのです。今でもそのためか、3階だけは開かずの間になっていて、非公開なのです。
私もこれには運気が損なわれていて、一種の結界として作用しているようなのです。
3階の主は鳳ですから、真っ暗闇にされると鳥目で動きが取れないからのようです。

ところが、私は3回目はどんな経緯だったか忘れたのですが、移情閣には合計3回も行ってまして、3回目に、なんと3階が開いていて電気がついていました。

そこはまさに異様な、メーソンの儀式の間のレイアウトになっていました。祭壇に相当するところに、中華寝台が置かれていて、そこで生贄の儀式が行われたことは想像できました。

移情閣に行った2回目は、彼女に、移情閣の犠牲女性の霊が完全に乗り移り、車を走らせていた私に移情閣に行けと命令したので、それで行って駐車場に停めると、彼女はどんどん先に進んでいってしまうんです。

それでも拝観料は払って入ったような。私は何か手がかりが掴めるに違いないと、デジカメを持って付いて行きました。

なんと彼女は、何度も行き来した道のようにして、真っ暗な階段を上り、しかもドアが開いているのも知っているようにして、その真っ暗な中に、すべてが見えているかのようにして入っていったのです。

私は、後で何が写っているか調べようと思い、デジカメのシャッターを次々と5回押しました。

そこでの工程を終わり、車でまた送る際に、彼女はようやく気が付き正気に戻ったようでした。

後でパソコンで出して調べたら、彼女そのものが写っているコマがひとつもなく、おびただしい数のオーブが写っていました。

その中にひときわ明るいオーブ。それが彼女の、もしくは取り憑いた霊のオーブだったのです。生霊のオーブは明るいというまさにそうでした。

ところが、その明るいオーブ、中に短髪の女性の顔が出ており、それが一番奥にある孫文の銅像の前で、大きなうらなり顔をした呉錦堂のものと思われる淡いオーブと、ほっぺたを寄せ合っていたのです。

孫文の銅像そのものは、たくさんの細かいオーブによって、虫食いだらけのようになっていました。

うわーっ、これは悪霊の巣窟になっていると恐怖しまして、当時、よく心霊写真などは持たない方がいいということでしたので、数日後には消してしまいまして、データーは残っていません。

孫文の時代の中国は、清王朝が倒れた頃で、当時の上流階級の習俗として、婦女子には纏足を施して自由が利かなくして、性生活だけに勤しませるということがあったようで、
この別荘の館では、そうした婦女子が連れてこられて、メーソンの供儀に供されていたかもしれません。

そうした怨霊がそこの3階にはたくさんいて、窓が全面閉められていることによって、なおも解放されないでいるようなのです。

私はそこから下りてきた青年をシミュレーションしたわけです。そして、第二の彼女を解放しました。しかし、遺された不成仏霊たちはまだ解放されていないのです。

窓が開けば、それだけで成仏できるのですが、それをさせようとしないものは何なのか。まだ儀式を密かにやっているのでしょうか。そこの権利者がその気にならなければ、いつまでもそのままです。

あるいは、怨霊の筆頭の女が、その環境を好んでいるような感もあります。呉錦堂を怨んでいるはずなのに、あのときの写真では、とても親密そうでしたから。いったい何なの? 女心とはこんなもの?

担いたくもない呉錦堂のキャラも少しばかり帯びた、この異界の探偵に、彼らを解放する方法があるでしょうか。ミイラ取りがミイラになりかねないので、ちょっとねえ。

今日はまた暑くなりそうなので、納涼お化け談義とまいりました。