インド神話がいつしか遠山錦さんに・・・なんでこうなるの? もうろく街道驀進中

インド神話の神々

ブラフマー(梵天)は創造の神
シバは創造と破壊の神
ヴィシュヌは維持の神

まあなんとなくわかりますね。

弥勒の時代とは、たぶん破壊から入り創造へと繋いでいくのだと思います。
インドの弥勒像は、手にみずがめを持っているとか。
null
みずがめ座に登場する神を表すのだろうと思われます。
2008年からみずがめ座に入ったと言われていますが、2008年9月に空海和尚から弥勒下生の予告のお告げを受けた方がいましたね。
おりしもその9月にリーマンショックが起きて、サラリーマンはショックを受けたみたいです。(その程度の知識なものですみません)

そして、2016年には、宇宙的開示が始まりました。
そこでの情報開示の眼目は、こんなことではなかったでしょうか。

地球人類は宇宙人によっていいように利用されていた
○ 鉱物資源採取の奴隷人足として
○ 食用家畜として
○ 科学的発達の末、AI文明の興隆に寄与させる科学人足として

結局は、その宇宙人もAIによって操られる奴隷人足だったわけです。
邪悪な宇宙人には100%、AIナノマシンが入ってコントロールしているそうです。
むろん、有機生命体である人類の幾分かにはAIナノマシンが入っていて、人間の姿を被りながら、人類のこれからを科学万能とAI崇拝に誘導していくことになるでしょう。
そして行きつく先は、惑星文明の崩壊、惑星の崩壊、銀河の崩壊、さらには宇宙の崩壊をする癌組織としての働きをするそうです。(コーリー情報)

しかし、そういった流れをも神々はオーケーオーケー、ドンマイドンマイされてきたものと思います。
インドの聖者たちは、それゆえぐうたらで、どこにでもいる怠慢官僚の如くふるまってきたようです。
ただ、既得権益だけ維持しようとしてきたため、お上には意見を申されることもなく、ドンマイドンマイなさってきたもようです。
宇宙はまた潰れ去るかも知れないというのに、創造神様に何のアイデアも出してこられなかったのはいかなること。
創造神様に間違いはなかろうという心根が、どうやら余計なことを言わずにおこうとなさった理由かもしれませんね。
しかし、創造神様は、あちこちに泣き言を発信されてきています。あちこちのチャネラーが同様のメッセージを受け取っています。
どうやら、どんなにしても宇宙の維持存続は難しいようです。この難局に、旗本の聖者さんたちはいかがなされるのでしょう。
大建て替えが如実にクローズアップされてきた昨今に、ようやく何事だよおと重い腰を上げて、時の無情を悟られているようなことか。
かの国においては霊大国の名に恥じることばかり。まあそれも、私がそのように粗探ししてきた故でもあるのですが。申し訳ない。

ブルーエイビアンズさんなども、どこか聖者に似ています。
聖者と言えば、次元の高いところに心をいつも遊ばせているお方で、下々のことはカルマの故だと放っておかれた方たちのこと。
大建て替えになると、もしかすると何らかのカルマに引っかかるのではないかと思い、急遽派遣団を組まれたのかもしれません。
今頃、宇宙人たちの上を行くブルーエイビアンズさんやスフィアビーイングさんを寄越されていたりしないですか?
それも心根には、既得権益護持の精神が働いていませんか?
しかし、ちょっと手遅れの感はありますね。
どんなに奇跡を起こして地球を建て直しても、幾多の有情の魂は傷ついたままにされて次の転生に晒されています。
外面だけ取り繕うんじゃない!!

大建て替えは絶対の摂理です。
絨毯の上で惰眠をむさぼっていた神々や聖者たちは、絨毯ごと引っ剥がされて、冷たく硬いコンクリの上に投げ出されます。

てめえらの新しいお白洲は、冷たく冷え切ったコンクリでい。
おうおうおうおう、てめえらの悪事は、この遠山の錦さんの、この桜吹雪がみんなご存知なんだよ。
この者たちすべてに、長期受牢を申しつける。
この者どもを、ただちに引っ立てい。

さて、被害に遭った於良さんたちには、すまなかったな。
なんだかんだと、この北町奉行所の出動が遅れちまった。
だが、安心してくれ。亡くなったお父さんやおっかさんも兄弟姉妹も、ちゃんとしたとこに住まわせることになっている。
いずれ、おめえたちも、そこに行って、一緒に暮らしゃいい。
これは遠山左衛門の丞錦四郎からの約束だ。
達者で暮らすんだ。

はい、お奉行さま。

では、これにて一件落着。ドンドーン。

なんでこうなるの?