米露中の雲行き、あまりよくないようです

トランプさんのヒールぶりは、バックツーザフューチャーに出てくるビフ・タネンに似ているとのことだったのですが、どうもそのようで、何をなさるかわからなくなりました。安倍外交の成功を喜んだのですが、米露の親密度がちょっと微妙になってきているようです。彼のちょっとした言葉が、世界を揺り動かすのですから、世の中の皆さん、枕を高くはなかなかできないかもしれません。

中国にも、一国を認めるとの電話での発言はありましたが、いつまで保証されるやら。中国も気が気ではないかと思われます。

第三次大戦の足音はトランプ登場で遠のいたかなという楽観視は、ちょっとおあずけにしときましょう。