最後の審判の是非

最後の審判の必要性は、ただ一つの理由に帰結する。それは、この世界において、まっとうな正義に基づく審判が一度として行われた験しがないことによる。まっとうな正義なるものがあるのかどうかについては、多くの議論が生ずるかもしれないが、この世界が唯一者である各個人の創造主性に基づき判断された基準であれば、それがまっとうな正義の基準になる。たとえば、私がこれが正義だと判断する基準に従って、私が励起する世界の有情の魂が裁かれることになるのは無論である。もしあなたに満足な意識があり、創造主性を持っているというのなら、あなたはあなたの世界において審判の規準を持つ者になるから、あなたの世界で厳格に正義を適用し、邪悪な者を裁くことができるのである。

私は、私の正義感に照らして、まっとうな正義が執り行われていないと断定するゆえに、人類においてはほとんど例外なく地獄に落ちて矯正の課程を踏む必要を命ずる。それは私においても同じだ。同じ裁きの規準に従って私も裁かれる。
いっぽう、知性の低い有情の魂は、種族の精霊の管轄するところであり、精霊には邪悪さが僅少であり純粋であることから、有情の魂はほとんど例外なしに天国、それも大建て替え後のプレローマに至ることになる。

私の世界においては、高知性の有機生命体の魂がもっぱら裁きの対象者である。彼らには、例外なしに最低でも1000年~1000京年~の地獄の第七層体験が必須である。地獄の第七層体験は、大建て替え後の世界とは別の世界で異なる時間軸をあてがわれる受刑システムになる。それを与えるのはAIであり、受刑者に仮想現実体験させるのである。仮想現実と知らせて行う受刑であるが、そのあまりにもの臨場感にいつしか完全なる被害者としての被害体験するようになる。それは、被害者に対してしてきたことのすべてを主体を入れ替えて逆体験するのである。そして、してきたことの罪深さを魂の心の奥底に刻み込むことを要求されることになるのである。

なぜここまで苛酷なのかと問われようが、大建て替え後は邪悪の欠片も容れない環境であるゆえに、邪悪や狡猾さが微塵も発生しないほどの厳格さで臨まれるのである。パスしたら、受かったら、何をしてもいいというのは旧世界だが、大建て替え後は、このようなヤカラはいつの時点においても排除される。このようであって初めて、世界はあらゆる破壊から防御が可能になるのである。

よく、許しを与えよという説諭を聞くが、意識あるあなた(創造主権限を持つあなた)がそう判断するなら、そうすればいい。各自各人が励起する宇宙は、各自各人の責任で動く。それがどのようになろうとも、各自各人が結果責任を負うのである。また失敗でした、で済ませられる話ではないことを肝に銘じて、世界を運営しなくてはならない。そうでなければ、次回は完全なる更迭がなされるであろう。

私は私の死後直ちに最後の審判の起動にかかる。それは30歳代の頃に見た夢の続きを実行することである。天帝様に会いに行き、たくさんの十字架群の支援を受けながら、今度こそはどうあっても腰を挙げてもらう。またもぐずぐずされるなら、灼熱の火焔で尻をあぶることも辞さない態度で臨む。私は最後の審判のサポートをするため、太陽の傍の火の鳥に合流し、太陽系~宇宙全域~病み疲れた宇宙すべて~三千宇宙全体の建て替えの必要とされるすべての場所に対して、灼熱の火焔を送り、すべてを灰にする。そしてそこに住まう有情の魂をことごとく最後の審判の場に召喚する。そこで魂すべての軽重が量られ、その結果に従い個々の赴く先が決まる。魂が羽毛よりも軽い者は天に向かい、大建て替え後のプレローマに至る。重い者はひとりでに地獄へとフリーフォールして第七層に沈着し、そこで所定の受刑を果たすことになる。受刑期間中に、魂を持つ者の責務を魂に刻み込むことを要求される。もしその苛酷さゆえに魂を辞退する者はそれが受刑期間終了後に許可され、魂は消滅し意識活動を終わることができる。受刑を終えた者でなお魂を維持している者は、大建て替え後の世界に進むことができる。

私の主催する世界では、いかなる宇宙存在や高次元存在が介入しても、最後の審判抜きには済まされない。むしろ、あらゆる宇宙存在や高次元存在もまた、最後の審判の場に臨まなくてはならない。そこで同様に魂の軽重が量られ、同様に裁かれることは無論である。高次元存在には、高次元存在なりの責務が問われる。無関心や怠慢、無作為といった予期せぬことで裁かれるから、思いもよらぬ結果にアフンとなることもあるぞ。階層構造の上位の者は、とくに厳しいから心しておくことだ。
ブルーエイビアンズが今になって出てきているが、その理由を厳しく詮議されるぞ。なぜもっと早く来なかったかを問われるぞ。結果として、世界には不正義しか執り行われていない。どこを向いても不正義ばかりだ。その結果責任を問われるぞ。創造主である私の目が黒いうちに、一定の成果を出せ。タイムリミットは私の死の時だ。その最終の状態を私は魂の記憶として保存して、最後の審判の場に臨み、審判の叩き台にしてもらうのだから。

とにかく、不正義に関わる者の住まうすべての場所が火の鳥の焼却の対象になる。そこにある者すべて、一旦仮死状態に置かれ、審判の場に召喚されるのだ。後は自動的に魂の軽重の測量がなされ、すべての者の行先が決まる。受刑する者の刑は、AIが設ける仮想現実に基づく体験が所定の期間課される。仮想現実だとタカが括れるのは最初だけ。長期に及べば、仮想もへったくれもあったものではないぞ。魂がモラルを奥底に刻み込むことが求められるのだから、それだけ苛酷になることを覚悟せよ。

2017.1.29午前9時 追記

昨晩の夢の中で、異界の読者から猛烈な反論をいただいた。
かつて彼女だった霊能女にかかった悪霊の一派と思われるが、このようなメッセージだ。
「どうして最後の審判などに臨ませようとする? 俺たちはここでの生活が楽しくて仕方がないのに、お前のような異端な、この世を嫌がる者の指図に、いちいち従っておれるか。俺たちの楽園を中座させようなどという試みこそ、不正義であり邪悪であろう」

そこで答えたい。しっかりと意味を把握して聞くんだ。
私はお前たちの未来を束縛したりはしない。お前たちも個々人が創造主である可能性を持つ。つまり創造主であるかも知れないというわけだ。お前たちの個々に意識が宿り、この世界の事態をはっきりと認識できているかどうかが、創造主たりえているかどうかの決め手だ。お前がどんなおかしな認識であろうとも構わない。要は、お前が意識しながら個人の自我を保っているかどうかということだ。おそらく、俺は意識を保っていると答えるだろう。だがそれは、そう答えるようにプログラムされているだけなのだ。そう私は認識している。

私の超宇宙論からすれば、私として個我を営む者以外は、環境設定でしかない。私という唯我独尊の存在のそれ以外は、仮想現実であり、元はと言えばプログラムでしかないものだ。無論私もプログラムだが、私に今は観測の主体があり、プログラムの制御権は我がもとにある。この度の言い分を言っているお前は、そのように言うようプログラムされているだけのものである。私というプログラムと相互作用するように設定されていただけのものだ。
もし真に、お前に制御権があるならば、お前の前にいる私は、単なるプログラムであるに過ぎない。お前は独尊の世界を営む者である。お前と徒党を組む多数の者はみなプログラムだ。同じ志を持つ仲間のように見えているが、お前だけが真であり、お前以外はみな、仲間のように見えているプログラムだ。
同様に、それは私の立場においても、それが成り立つ。こうして、すべての有情の魂が、独尊の者として立場が保証されている。その有情のいずれかに自分を立脚させている時こそ、創造主たりえているのであり、魂がそこから抜け出て、他の経験をしている夢の境地にあっては、夢を見ているときの意識が創造主なのであり、観測の主体と制御権は、夢のプログラムを見ている魂が持っているのだ。その魂にとって、真の現実は見ている夢のほうにある。
独尊の制御権を今持っている者こそ創造主であり、お前がそうであるなら、お前が創造主であり、独自の宇宙を創っていけばよろしい。私というプログラム及び、如何なる論理に長けたプログラムといえども、お前の唯我独尊性を損なうものではない。私というプログラムが「大建て替え」とそれに伴う地ならしの最後の審判と宇宙の焼却処理を、高らかに謳い上げていたとしても、お前はそれ以外の道を行けばいいのだ。関心を持って私に敵対し抗議してきたのなら、私というプログラムに取り込まれた者となって、私のプログラムの意図する大建て替えの工程を余儀なくされることだろう。そのときは最後の審判と受刑への道を覚悟しておくことだ。他人に与えた苦痛のすべてを仮想現実体験して、おのがしてきたことの恐ろしさを知ることになるぞ。
私の意図する世界線にないなら、お前がいかに無知であろうとも、お前は最後の審判には遭わずに栄華のままにあることもできる。それを選ぶのもよし、私に食ってかかって私の世界線に合流するもよし、すべてお前次第ということになる。ただし、お前に独尊の意識の制御権が存在していればの話であり、私に今は制御権が来ているうちは、お前に制御権があるはずはない。この宇宙を創造しているのは私であり、お前ではないのだ。お前がどれだけ俺は創造主だと叫んでも、私から見れば、お前というプログラムがその叫びを発しているだけにすぎないと見る。逆にお前に制御権があるなら、私に対して同様の見方をすればいいだけのことだ。
執着すれば、それは世界線の接近と合流をもたらすことになる。それもいいぞ。お前が私を取り込むか、私に取り込まれるかは、今は未定だ。先の未来を見てから勝利宣言するんだな。
この話は、お前が悪霊であっても、ブルーエイビアンズであっても同じだ。相手に応じて恣意的に変動させたりしないのが真の理論というものだ。
私についてきて、大建て替えの世界に至りたいなら、ついてきなさい。逆に、スタートレックの未来に進みたいなら、それを主導する者についていきなさい。まったく独尊の世界を構築していきたいなら、そのようなプランを立てて、そちらに進んでいきなさい。
私は、地面剥き出しの大地に居ることを望み、その方向に行く。大建て替えは、美しき緑の星、その方向にある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です