トイレを新調後、愛猫シャンのうんこが・・・1月5日に出ました (祝)

旧年中のシャンの闘病日記はこちらです ⇒ こちら

1月2日、猫砂トイレ周りが非常に汚れていたので、思い切ってすでに用意していた従前のものよりいくぶん大きめのトイレに切り替えました。
以前のトイレで問題なく使える猫砂をベランダ通路側の大きなトイレに移し替えて、使えなくなった砂とともに旧トイレを破壊し廃棄処分にしました。
シャンはとても愛着をそれに対して持っていたらしく、新しいトイレを長らく回避していました。
これではいかんと、シャンを戒め、シャンがこきたくなる雰囲気づくりに、彼女の糞をその中に置いておくことに。
1月2日夜間にようやくおしっこをしておりました。
良い傾向と思い待つことになりました。

1月3日、さらにおしっこをその中にしておりました。おしっこのほうは何とかなりましたが、まだうんこのほうが出ていないようです。
1月3日の日中にフェロビタに重ね合わせてラキサトーン緩下剤を投与。
食事量は相変わらずすさまじく食べまくっていましたが、夜になって突然食事をしなくなりました。うんこが溜まりすぎているのか。
また、19時頃に近所のKさんから電話で、近隣地区で山火事が起きているとの通報。私は必要物資を集めて袋に入れ車に積むという、猫たちも総動員の大騒ぎになりました。シャンもトンも外出に湧き、楽しそう。ところが、シャンは夜間に一度だけ食事をした後は、食欲がばったり止まりました。腎不全ゆえ、運動しすぎは血中の毒素が増えてよくありません。
1月3日の23時15分にトイレ内でうんこを出すしぐさをしましたが不発になりました。これは便秘も重症とみて、23時20分にヨーピス液5滴をサバ汁にまぜて与えると、4/5を飲みました。と同時にフェロビタ+ラキサトーンを投与。これで様子見することになりました。前例だと、これで翌朝にはうんこが出たのですが。
強情なくせに雰囲気が変わると適応がなかなかできないシャンです。

1月4日もまだシャンのうんこがでたふうがありません。しかし、外出をしょっちゅうしていて、その間にこいているのかもしれませんが、把握ができないでいます。夜間は外出しないので、そのときに期待するしかないのですが、食事もうまくなさそうで、食べないことがまさっているため、20時ごろ再び緩下剤ヨーピスを4滴、サバ汁に混ぜて投与。夜間にでもこいてくれることを期待ですが、どうなるかわかりません。

元旦のシャン
img_1117

1月2日のシャン
img_1125

1月3日のシャン
img_1137

1月4日のシャン
img_1140

1月5日追記

1月5日朝にシャンは大量のうんこをこきました。それも二度に渡ってです。最初は家の中の新調トイレに。早朝にほのかなうんこの匂いがしていましたから、未明ぐらいにまず一弾を。次に明るくなってから、外のベランダ通路の大トイレにこいているのを私は目撃。

ご褒美にチャオささみ・かつおミックス味を一本とかつ節・かつおミックス味を一本あげました。

img_1146

1月7日追記

1月6日未明に、あまりいいとは思えない夢を見ました。明晰夢の部類です。シャンと一緒にトラック(ジーゼルエンジンのです)に乗ってるんです。坂道を上るのに若干ノッキング気味で上った先で、二股に道が分かれてるのですが、シャンは少し細い左の道のほうに、車を下りて行ってしまいました。私はトラックですから、右の道を行きます。いずれ道は出会うことはわかっているので、シャンとはまた合流するだろうと、そのままにしたところで目が覚めるという、さほど長くもない夢でした。

これまでシャンは何度か尿毒症のような症状で危なくなりました。そのたびにいろんな手を講じて回復させてきたように思っています。そして、今はシャンしか私の身辺に常駐している猫はいません。トンは家の周りを専らとし、ブーは家族のいるA家のほうが活動の主体です。もしかするとシャンは、これからどの時点かで、別のルート(タイムライン)に行ってしまうのではないかと、やや心配ながらも、思ってしまいます。慢性腎不全なら、いつかはそうなるものとはいえ。ゴッド・ハンドの効き目は、良好と思っているのですが、こればかりはねえ。

img_1153

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。