慢性腎不全の闘病猫シャンのその後

私が第二の命を生きた50歳以降、
いつも私の傍には女性がいたことは紛れもありません。
それは不思議なほどの幸運だったことになるでしょう。
新神話名のカンナオビ
その次はイナンナで2年
それからシノで1年
そしてカンナオビに戻り、通算して7年
2010年からはメス猫のウーで3年半
2014年からメス猫のシャンで現在まで
私は同時に二人を愛することにはなっていません。
必ずといっていいほど、一人の彼女であったことは、私が鶴の性分だからのように思います。
それにしては、いずれの女性にも不遇を与えてしまって今日になっています。
いま、シャンは今年の後半から健康上の不調を訴え、どうやら慢性腎不全のようです。
私は彼女を失えば、もう誰の支えもありません。
彼女の命が危機に陥ったとき、私は全力挙げて救助しようと思いました。
現実的対処として、次に闘病日記をつけています。
https://bit.ly/2fZfTHQ
しかし、それ以外に、私は形而上的療法を試みました。
私はこれまでに、自分が何らかの神かもしれないとの思いを得ました。
それで、それが本当なら、神ならば超自然的なこともできるはずとの観点から、
シャンに按手療法をするとき、ゴッドハンド治療と銘打って、私がもし神なら、
シャンよお前を治癒できると、約束を与えることにしたのです。
慢性腎不全は不治の病で、回復したとすれば奇跡です。しかし、神ならば奇跡も可能なはず。
それは一種の試験です。私が本当に神であるかどうかの試験になっています。
また、私はシャンに、お前の苦しい病気の半分を引き受けると約束しました。
一言いえば一言返ってくる。調子の良い時のシャンとは、言い合いのラリーが続くのです。
まるで夫婦喧嘩かのような、お互いが一歩も譲らぬ応酬になります。
シャンは不思議なことに順調さを取り戻し、本当に治りつつあるかと思うほどです。
吐くことを繰り返していたシャンが、ほとんど吐かなくなって、けっこう長い日数が維持できるようになりました。
一方、私は12月25日あたりから、尿が出なくなり、左側の腎臓が腫れて痛み出す、腎盂膀胱炎の症状が出だし、シャンの病気が腎盂膀胱炎由来であることを知りました。
私は寝ているか座っているかしかできなくなり、立ち仕事すると心悸亢進の事態になり、10分も立っておれなくなりました。
私は医者にも行ける立場ゆえ、何らかの対処が取れるわけで、昔に余っていたレボクインを服用し、様子見しています。
シャンは症状が軽くなった分、よけい快活になったようです。
食べる食べる。外が寒いので、家の中で上がったり下がったり。身体も一回り大きく。
しかし、調子に乗りすぎて運動しすぎると、反動がやってきてか、また吐いてしまいます。
いつ何時、調子を崩してしまうやわからない日々を送っています。
ゴッドハンドが効きますように。本復すれば私は神だと証明できるのですが、まだわかりません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です