Disqusのまとめ 幽体離脱体験について語る

Mysteryフォーラムという場の趣旨に合わせて、何か話題提供のため、むかし頻発した金縛りとOOB体験について語りました。

ちょっと他の方とは違うパターンかもしれませんが、ご披露いたします。

金縛り~幽体離脱には25年ほど前ですが、頻繁に遭遇したことがあります。一日おきぐらいに起きました。
神戸市長田区の新長田というところに、マンションの一室を購入したのですが、そこが金縛りの頻発する場所だったのです。
金縛り経験者は、皆が皆そうかはわかりませんが、眠っているのに脳の中は覚めていて、そんなときに脳内に流れていた高周波音の音程が下がります。そして、 それがヘリコプターの爆音のようになり、それとともに、ああまたキターっという恐怖心を呼び起こします。そして、気が付けば全身がびくとも動かないから、 二重の恐怖に襲われるのです。

最初の頃は、それぐらいで終わっていたのですが、頻発するもので、ならばちょっといろいろ試してやれというわけで、動かないはずの腕に 強く力を入れ ると、その腕が抜けるのです。本当です。つまり片腕が自由になる。それを開いた目の前に持ってきて、視界に晒すと、まず見えません。ところが、掌を動かす と、視野の周辺部で、複数の指の輪郭が動いているのが確認できるのです。つまり半透明なだけで、見えないわけではないのです。視野の中心部では、見えない が、周辺部ではよく見えるのです。
おお、幽体が見えた。これが自分の分身かと思えるわけです。
そして何度もそのようなトライをしているうちに、手をゴームズのように伸ばして、寝ている姿勢で伝統の裏側に手を伸ばし感触を得てみれば、埃が溜まって固 まったような感触が得られます。隣の部屋に手が回せるかと、壁を突き抜けさせて、床の感触をみると、畳のざらつきが感じられるのです。とにかく、手の感触 はしっかりとあります。
脳の中で情報を組み立てて、そのような疑似体験をしているのかもしれませんが、それでもリアルな感覚が得られるのです。

金縛り体験をよくする方は、それ以後をいろいろと試してみられたらいいと思います。
私の場合には金縛りで、誰か別人の霊がでてきたということはありません。よくあるらしいですが。そんなときは私だってたぶん怖いですよ。しかし、一度とし てそんなことはありませんでした。
しかし、新長田のマンションの立地は、かつて神戸大学工学部の跡地で、当初は戦災で瓦礫になったレンガが山積みになっていました。たぶん大勢亡くなってい ると思われます。因縁の地ではあるようです。

そんなことをさらに二三回した後、今度は全身を何とか抜いてみようということで、やってみたわけです。このときばかりは、変なものを見 たら怖いか ら、目を瞑ってやりました。意識すればこれも抜けるのです。
最初は、全身がバリバリとゴム糊をはがすときのような感じで抜け出るのです。何度もやっていると、これも慣れというのか、その抵抗がなくなってきて、すん なり抜けるようになるのです。
抜けた後は、とても鮮明な夢を見ます。最初は自分の意図するような夢なのですが、しだいにコントロールできなくなり、普通の夢になっていって目が覚めると いう具合です。
呼吸しているかどうかわからないから危険視されるかもしれませんが、自動的に呼吸できているようで、眠っているのとそう変わらないのではないかと思いま す。
なかなか滅多にない経験なので、有効利用というか、いろいろ調査すると面白いかもしれません。

その有効利用になったのかどうかはわかりませんが、その当時、幽体離脱してある明晰夢に入っていったとき、かなり真面目に対処したからでしょうか、けっこう長いストーリーの夢になりまして、よく記憶しておけたのですが、当時は40歳の頃の夢見でしたが、現在である60歳以降の予知夢だったことがわかりまして、その状態の特殊性に驚いたようなことでした。それについては、電子本にしておりますので、よろしければご覧ください。⇒ 幽体離脱後の夢見で自分の未来(今日)を見た

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です