Disqusのまとめ 幽体離脱体験について語る

Mysteryフォーラムという場の趣旨に合わせて、何か話題提供のため、むかし頻発した金縛りとOOB体験について語りました。

ちょっと他の方とは違うパターンかもしれませんが、ご披露いたします。

金縛り~幽体離脱には25年ほど前ですが、頻繁に遭遇したことがあります。一日おきぐらいに起きました。
神戸市長田区の新長田というところに、マンションの一室を購入したのですが、そこが金縛りの頻発する場所だったのです。
金縛り経験者は、皆が皆そうかはわかりませんが、眠っているのに脳の中は覚めていて、そんなときに脳内に流れていた高周波音の音程が下がります。そして、 それがヘリコプターの爆音のようになり、それとともに、ああまたキターっという恐怖心を呼び起こします。そして、気が付けば全身がびくとも動かないから、 二重の恐怖に襲われるのです。

最初の頃は、それぐらいで終わっていたのですが、頻発するもので、ならばちょっといろいろ試してやれというわけで、動かないはずの腕に 強く力を入れ ると、その腕が抜けるのです。本当です。つまり片腕が自由になる。それを開いた目の前に持ってきて、視界に晒すと、まず見えません。ところが、掌を動かす と、視野の周辺部で、複数の指の輪郭が動いているのが確認できるのです。つまり半透明なだけで、見えないわけではないのです。視野の中心部では、見えない が、周辺部ではよく見えるのです。
おお、幽体が見えた。これが自分の分身かと思えるわけです。
そして何度もそのようなトライをしているうちに、手をゴームズのように伸ばして、寝ている姿勢で伝統の裏側に手を伸ばし感触を得てみれば、埃が溜まって固 まったような感触が得られます。隣の部屋に手が回せるかと、壁を突き抜けさせて、床の感触をみると、畳のざらつきが感じられるのです。とにかく、手の感触 はしっかりとあります。
脳の中で情報を組み立てて、そのような疑似体験をしているのかもしれませんが、それでもリアルな感覚が得られるのです。

金縛り体験をよくする方は、それ以後をいろいろと試してみられたらいいと思います。
私の場合には金縛りで、誰か別人の霊がでてきたということはありません。よくあるらしいですが。そんなときは私だってたぶん怖いですよ。しかし、一度とし てそんなことはありませんでした。
しかし、新長田のマンションの立地は、かつて神戸大学工学部の跡地で、当初は戦災で瓦礫になったレンガが山積みになっていました。たぶん大勢亡くなってい ると思われます。因縁の地ではあるようです。

そんなことをさらに二三回した後、今度は全身を何とか抜いてみようということで、やってみたわけです。このときばかりは、変なものを見 たら怖いか ら、目を瞑ってやりました。意識すればこれも抜けるのです。
最初は、全身がバリバリとゴム糊をはがすときのような感じで抜け出るのです。何度もやっていると、これも慣れというのか、その抵抗がなくなってきて、すん なり抜けるようになるのです。
抜けた後は、とても鮮明な夢を見ます。最初は自分の意図するような夢なのですが、しだいにコントロールできなくなり、普通の夢になっていって目が覚めると いう具合です。
呼吸しているかどうかわからないから危険視されるかもしれませんが、自動的に呼吸できているようで、眠っているのとそう変わらないのではないかと思いま す。
なかなか滅多にない経験なので、有効利用というか、いろいろ調査すると面白いかもしれません。

その有効利用になったのかどうかはわかりませんが、その当時、幽体離脱してある明晰夢に入っていったとき、かなり真面目に対処したからでしょうか、けっこう長いストーリーの夢になりまして、よく記憶しておけたのですが、当時は40歳の頃の夢見でしたが、現在である60歳以降の予知夢だったことがわかりまして、その状態の特殊性に驚いたようなことでした。それについては、電子本にしておりますので、よろしければご覧ください。⇒ 幽体離脱後の夢見で自分の未来(今日)を見た

 

Disqusのまとめ(1) 私の持って生まれたカルマについての推論

概略

私が今生にいる理由は、カルマの清算のようなのです。
過去世に二大勢力の争いがあったとき、勝利者側に加勢して、敗者側を悲惨な目に遭わせてしまったようです。
具体的には、相手方に戦意を失わせるような思想教化をしてしまったこと。
実力が拮抗していた時、闘う気力が萎えた側が負けるのは必至です。
私は両陣営ともに離れた立場だったのですが、(結果的に)勝者側のもっともらしい求めに応じて、敗者側に(たとえば仏教を)説いて回るような、宣教師のよ うなことをしたのです。
これによって、慈悲の心を持った部族が多数現れました。そこにどっと雪崩れ込んだ勝者軍によってあっけなく敗北。勝者側は敗者を虜囚にするとの私への約束 を違え、彼らを抹殺するや、地下に埋設し封印結界をしてしまいました。
こうして敗者側の魂は長い年月、封印の帳の中に置かれて、不利益を被りました。
今や時間がきており、彼らがそのまま取り残されるようなことがあってはならず、私は救出の義務をカルマの求めに従い果たそうとしています。
私は封印解除術のような魔法は知りません。しかし、謎解きに立ち向かうことによって、彼らの魂の琴線に触れることができ、理解し共感することによって、彼 らの封印が解けることが確認できています。
そしていま、いちばん難解で最大級に大事な、ある封印解除に臨んでいるところです。
それができれば、私の一連のカルマは消えると思います。やれるかどうかは未知ですが、2018年に何らかの結果は出ると思います。

良いことをしたつもりでも良くないこともある 安請け合いは

私にはどれほどの過去世があり、それに応じて清算すべきカルマがあるかわかりませんが、神世に近い過去世において、良いと思ってした行為が逆に作用して、 対立状態にあった一方を戦意喪失させ、そのために一方的に滅ぼされてしまう結果になったことがありました。
敗者側はこのタームの初めに封印されて、長い間暗黒の中に置かれ、いまようやく時代が切り替わろうとするタームの終わりにあたり、彼らの不幸に対して責任 ある我々が、機を見て生まれてきて、そのカルマを償うべく、封印解除の手続きをしているところと理解しております。
封印されていた彼らは、非常に憤っておられることが多いため、単なる解除儀式では、彼らの憤懣を晴らすことはできません。彼らの隠蔽された経過を努力して 調べ上げ、理解して差し上げて、共に涙してあげることが大切と思っております。そのために、彼らの側も、私の目の前に資料を投げ出してくれることまでして くれています。解読による理解は生きている我々がするしかありませんが、異界から彼らは惜しみなく協力をしてくれています。
その昔、源平の戦いがあり、平家の公達と従った数多くの兵士が亡くなりましたが、その歴史は琵琶法師が刻銘に書き残し、琵琶の音に合わせて語り継いだその お蔭で、亡き平氏の霊は安んじられて今日があります。
ところが、過去の歴史のほとんどの場合は、勝者が作った歴史に置き換えられ、真実の歴史はことごとく隠蔽され、封印の痕跡さえも残さないように計らわれて います。それはもう絶望的ともいえるほどに、気の毒なことで、彼らの生きた証は抹消されたままで、魂は暗黒に置かれているのです。
私はあのとき、お上の申し出ゆえ、問題ないと理解して行いました。しかも、思想的教化ですから、彼らも悟りを得られるため、良いことと考えておりました。 また、天空高くからやってきたお上というのが、いでたちよく、神々しさに満ちていましたから、すっかり信じてしまいました。よもや、侵略意図の懐柔策に使 われてしまおうとは、思ってもみませんでした。
しかし、結果の重大さを見て、心痛み、大いに反省しました。私は断ることもできたのです。裏をしっかりとっていれば、それも可能だったのに。
私が今生で、権威あるものを極度に疑い、あら探しに終始するのは、そのせいと思われます。この傾向は、私自身の出世にマイナスになっていますが、後悔はあ りません。
ありがたいことに、50歳以降になって、協力者が次々と立ち現われ、私の成就すべきことを陰から支援してくれました。
武良さん、坂本さん、Gさん、Mさん、そして白蛇と青蛇の彼女たちやマメ鳥、異界交信チーム、そしてネット上のまだ見ぬ情報提供者さんたち、みんな絶大な 協力者です。
私のすべきことが終わるまで、私の中のもうひとりの自分は、壊れかけた心臓の命を生かし続けてくれるでしょう。終了は、それが成し遂げられるときになるは ずです。
私はたったひとりでもいいから、彼らのことを語り継いでさしあげられる琵琶法師のようでありたく思っています。
そして、願わくば、琵琶法師さえも必要ない、万民万有情が帳の取り払われた世界で交流できる、三千世界の大建て替えが実現しますよう、私は大建て替えに協 賛します。
願わくば、万民万有情がカルマのくびきから永久に解き放たれますよう。