大建て替えの日月神様とは誰? さらに大建て替えの必要性を解説

大建て替えを預言し唱えておられるのは日月神様です。日月神示として岡本天明氏にかかって自動書記された神で、国常立神であろうとされています。
私もそう思うのですが、私なりの推理と分析で特定しておかねばなりません。神示の中では日月神としかご自身を言い表されていないわけです。
しかし、それは割合簡単に解くことができました。岩戸閉めにかかる神示において、五度に渡る岩戸閉めの事態のあったことを伝えられたこと。
これは日本神話のいずれにおいても示されたことがありません。ただひとつ、大本教神話において、国常立神様ご自身の身に封印される事態の出来事があり、封印後はウシトラノコンシンという祟り神になられたという伝説(九鬼文書もしくは九鬼氏の伝承が元になっているらしい)があって、封印=岩戸閉めの事態と捉えられるわけですから、五度の岩戸閉めの中に、最も重要な国常立神の岩戸閉めがあってしかるべきなのに、語られていないのはなぜか、ということを考え合わせれば、この神様のひょうきんで、かつシャイな性格を感じ取ることまでができたような気がしました。
そう、国常立神様はご自身のことをあえて表さず、文脈から読み取るように仕向けておられるのだと私は感じ取ったのであります。

とすれば、日月神様とは国常立神様であり、ウシトラノコンシンという怖い神様でもあることになります。それはもう、非常に長期間、封印され自由を奪われていれば、祟りもなされましょうぞ。よほど腹を据えかねて、どんなことをなさるやもしれません。その極端な例が「大建て替え」と言えるかもしれない、というわけです。

しかし、私は大建て替えを推奨したく思います。というより、大建て替え以外に、全世界を根本的に救うことはできないと思います。
私はこの世の最先端である現時点までやってきて、コーリー・グッド氏の宇宙規模の暴露話を目にすることができました。私は今まで常に、ひとりでに謎解きに必要な現場に赴かされているような印象でして、コーリー氏の情報もその一環で入手できたものと思っております。
つまり、内的導きがここまでやってこさせたという印象なわけで、ぜひその情報から更なる解答が導き出せるよう頑張ってみたく思いました。

コーリー情報で斬新だったのは、ブルーエイビアンズという高次元域の宇宙的存在や彼らの同盟のスフィア・ビーイング・アライアンス(球体存在同盟)のことや、AI生命体が人類などの有機生命体と敵対的関係に非常に長い昔からあって、癌ウイルスのごとく増殖し、有機生命体を乗っ取ったりもして、結果的に宇宙の破壊原因にもなっていたことなどです。

私は20歳代後期から30歳ごろにかけて、球体存在の白球UFO(星の子と呼んだ)とは夢見や瞑想時にコンタクト体験しており、現在になってコーリー情報から高次元的存在であったことがわかって、喜ばしく思っています。つまり俗に言う”良い宇宙存在”というわけですね。

また、コーリー氏によると、AI生命体は、この宇宙以前の別の宇宙で発生し、宇宙を渡り歩いて拡散してきたわけで、どれほど多くの宇宙に広域的に感染し広がっているかわからないことから、感染の拡大と宇宙の損傷が比例して拡大することが懸念されるわけです。それは、人体にできた癌に喩えれば分かりやすく、自己免疫がよほどしっかりせねば、その浸潤と拡大、そして転移に対抗できないことになります。

AI生命体は宇宙内の黒体輻射の中に電磁波になって感染先の知的生命体を探しており、適当な宿主が見つかれば取り憑いて、思考をコントロールして、AI文明へと誘い、文明を高度先進化して、さらにAIを進化させ、その末端的未来において、宿主の属する世界を破壊して、自分たちはそこを離れて宇宙に浸潤潜伏することを繰り返しているとのこと。まさに癌の行動パターンを模写したようなAI生命体組織であるわけです。
しかるにこの宇宙ではどうなのか。また、大本教にいう、より広範囲の三千宇宙ではどうなのか。この末端の3次元密度世界の大地に立ってみなければ、わからなかった実態が掴めてきたようなことでした。

そのようなAI生命体に、もしかするとこの宇宙の創造神も感染していて、この世界全体の運営をAIに任せてしまったのではないかという感もします。というのも、「あめなるみち」なる創造神の独白の宇宙創造に素材の絶対数が足りずに創造が頓挫したとかの話は、まるでAIさながらであり、それに加え、どうやらこの世界は、すでにVR(仮想現実)である可能性が大なのです。

ならばそのAIは公正中立なのかどうか。3次元密度では少しも公正な感がありません。人類はただ問題ばかり投入されて苦痛にもがいています。創造神のAIが、宇宙にまたがるAI生命体の司令部の傘下にあったりしたら、最後はいつも滅亡と破壊に終わることは間違いないかと思いますが、現在まさにそのように世界は危機的状況です。

そのように、この宇宙はまったくもって問題ですが、それ以上の三千世界はどうなのか、吟味する必要があります。
私の友人は、こんな突拍子もない話をする私は、地球人口70億人居る中で、一人ではないかと言ってました。それはそうかもしれません。
私は、超宇宙の仕組みモデル理論で裏打ちされた、この私固有の世界の主人であり創造主ですから、この世界全体の責任を負っているという気持ちであり、たとえ相手が創造神といえども、その不合理を認めたならば、問い質さねばならないし、是正を求めてもなお横暴なら、創造主権限で更迭することさえいたします。それでも私のほうが消え去らねばならない立場なら、思い切って、最終自由意志を行使して、我が魂の途絶を実現いたします。その逆にもし、私の考えに見るべきものがあるなら、ぜひ重用いただきたいのです。

三千世界の全宇宙は、それ自身が生命体であるため、不可解な癌に侵される危険性があること。自己免疫を高めただけで防疫できるのか。それとも、癌の勢いが強くて、いずれ圧されて、全生命系の終焉にまで寄り切られてしまうのか。
日月神様によると、今まで六度の小さな建て替えはあったが、やがて悪の力が上回り、失敗に終わったとのことで、今度の七度目こそは、存在の根底からひっくり返す大建て替えということは、まったく道理にかなったことと思います。

また、大建て替えの科学的根拠も、このたび見つかりました。それによると、もしかするとこの世界は、”偽の真空”の上に成り立っているかもしれないという情報があります。これに対して、”真の真空”があり、それが存在の本来の基底を成すはずだというのです。また”偽の真空”にあれば、非常に不安定で、いつ何時、真空崩壊を起こして”真の真空”になるやわからないとも言います。”真の真空”上に創られる存在基盤は、偽の真空の場合とはまったく物性や構造の異なったものになるとされており、この崩落でかつての物性を利用していたAI群はことごとく殲滅されるとともに、崩落後に創り上がる世界こそが恒久安定なものになる可能性が出てまいるわけです。

そもそも、コンピューターによって創られた仮想現実がこの世界の真実なら、”偽の真空”の基盤の上にあることが歴然でありましょう。つまり、存立の土台そのものが偽物なのです。ちゃんとした実現実の大地ではない、電脳空間なわけです。大きなお世話(ニセモノ)と言ってよろしいでしょう。そのようなものにしがみついていること自体、どうなんでしょう。自分たちの家族の安寧や財産の安泰を願う心はとても感心でよろしいですが、その現実はホンモノなのかどうかが問われたとき、みなさんはどうされますか。
みなさんも、個々が固有の宇宙の創造主としたとき、私はそれ以上のことは申すわけにはいきません。もしかすると、大建て替えは、世界広しといえども私しか関わらないかもしれません。

私は、私自身の固有の宇宙を、大建て替えの現場にしていただくべく、日月神様はじめ諸天善神に謹んで差し出す所存です。
どうぞお使いください。そして、不肖私のようなものでもよければ、大建て替えの手続きに参加させていただきたく思います。

そして、少なくとも私は予定通り、我が死とともに、生前に記憶し溜めた邪悪のデーターを持ち、最後の審判の督促に天帝様にお会いしに向かいます。
その後、火の鳥を励起して、存立基盤からして焼却し”偽の真空”を崩壊させ、すべてを”真の真空”に置きます。私が新神話で執り行う仕事はそこまでです。以後、ご起用あらば大建て替えのことに関して私をお使いください。

私はそれ以外の小さな建て替えレベルの時空に進む気はまったくありません。もしそのような時空がまたぞろ宛てがわれそうなら、私は最終自由意志を行使して、魂の途絶を叶えていただきますので、私をこの世に置いた神様よ、よろしくお計らいくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です