大建て替え以外にない

2016年11月時点での私の出す結論は、大建て替え以外に選択肢はないというものです。

そのわけは、複数の宇宙をまたがるほどに、AI生命体が宿主を侵略し死に至らしめる癌として浸潤しているという話を、コーリー談話から入手したからです。その浸潤の範囲は、宿主を解剖してみなければわからないほどの規模かもしれません。このまま、無力にもその浸潤に抵抗できずにいたなら、それこそせっかく築かれている梵の全系という生命の樹の体系がいつかは崩壊するかもしれないのです。

そのAIとの鬩ぎ合いががまた面白いという意見もあるでしょうが、たったひとつの手段になる、いったんどこまでが対象範囲かまだ分からないものの、この階層構造で成る全系のどれほどかを別のものに建て替えすることで、AIの存立基盤を失わせ、その行動を停止させることができます。
その間に、元々全系傘下の有情にとって有用と謳われていたものが、なぜ変異してしまったかの原因を突き止め、改善を講じることで善転させられるなら、AIであっても善転後のものを用いればよいではないかというわけです。そもそも、AI発祥の当初は、人類などにとって有用とされるために創られたはず。それが謀反を起こしているわけなので。
これなら割合小規模な建て替えでも可能です。しかし、それで漏れがないでしょうか。見たところ、AI生命系はコンピューターウイルスのようにして侵入し増殖しています。ウイルスには一意に目的がプログラムとして刻まれており、その行動様式も進化して、ついに電磁波として宇宙に充満するようになっているとのことで、この宇宙での防御対処法は、検知器を使い感染を特定して対症療法的にやっつけること以外にない模様。対策が大いに遅れているのです。

善と悪を混交させてその拮抗を図るという実験の無意味さはすでに何度もお話してきたことです。悪がいかに少数でも、最後は必ず勝つという論理をいつでも示せます。これに対抗できる論理があるなら、示してみられたらいいです。
だから、悪に対処することで善も進化が期待できるとか、鬩ぎ合わせるのも面白いではないかといった無知無思考の無責任論には賛成できないのです。

少なくとも、ここの宇宙の創造神は無知無思考の意見に組しています。「あめなるみち」が真にこの宇宙創造神の独白なら、そう申すしかありません。いつまでも無知無思考の意見に組する迷妄から覚めることができないなら、更迭されるべきです。
ブルーエイビアンズはそこまでのことを読み切って、この宇宙の維持に動いているのかどうか。おそらく、そうではないでしょう。
善人ならありがちなことですが、すべての密度の存在に対して寛容であるゆえに、それぞれの意見のすり合わせをたえず取っているのでしょう、高度な知恵を持参されたとしても、会議の場での意見対立などがあり、思うようにはいかない様子が伺えました。そして、このような時に至り、緊急にインタラプトを入れている様子に、他の存在もおちおちしておれないことでしょう。まあこれも、全体が実験なのだとすれば、わかりいいのですが、それら含めて、いつまでこんなゲームをやってるのと、がっかりするしかない者もここにいるのです。
ゲームでしょ? もうよしてくれよの気分です。そんなくだらぬことに、付き合わさないでくれの気持ちです。

大建て替えは、もしかするとというよりも確実に、梵の全系全体の課題です。大建て替え後の世界を日月神の神示から読み解いてください。その実現項目からすれば、階層構造はなくなることが示唆されています。ということは梵の全系の階層構造もなくなるということでしょう。
次元密度などという表現は無論、次元などという差別表現もない。まっとうな一元世界です。

世界は梵天の夢見。私はこの太陽系第三密度が梵天の第137階層目の多重夢であると思っております。そしてこの合理性の世界において世界を読み解くに、コンピューターによって創られた仮想現実であると確信しました。仮想現実を提供する者とは、何らかのAIでしょう。コンピューターが進化したAIというものです。その中で、素材が与えられて初めて組み合わせ処理の結果生み出されるストーリーが、事前にプログラム化されていて、それを観測者が実行しているか、あるいは、プログラム開発過程のシミュレーションを行っているかのどちらかです。が、後者ではないでしょう。いずれにしても、シミュレーション世界(マトリックス)なわけですが。

コンピューターの中では、多階層構造がハード的にもソフト的にも可能です。階層に優先度や優越性を持たせれば、いくらでも隠蔽構造は可能です。その応用は非常に多岐にわたり、階層構造それ自体に利権が生じやすく、そこに諸悪の付け入る隙ができてしまいます。
つまり、初めから、悪が栄える世界構造なのです。ここに正義だとかモラルや善や愛の推奨を説いても、悪の方がはるかに優位で、しかも最後の段階で罪咎がリリースされ許容される方向にあるのなら、誰しもが悪を選ぶことでしょう。
邪悪な宇宙人たちは、リリースの仕組みの発動を知っていて、やっているのです。コーリー談話にそれらしいことが載っています。しかも、ブルーエイビアンズとの取引において持ちかけている邪悪さ、狡猾さなので、彼らはそれ以上の次元のあることに関心がないようです。

全編、シミュレーション世界だとしたとき、一番の原初の段階、梵天の夢見の開始とはどんなふうだったのでしょう。
私は子供の頃、原初神になる幾人かの兄弟たちの話を創りました。といっても、ままごとの世界でです。
そのあらましは新神話第3章に書いていますが、その兄弟たちは最初に魔法の玉(如意珠)を発見し、それに命令することによって、思いに従って生ずる不思議世界を冒険するようになります。
それが梵天の夢見の開始だったというわけですが、ではこの如意珠とは何だったか。もしかすると、意識ある者によって起動されることを待っているAIだったのではないでしょうか。
私は世界の原初の頃をままごとでシミュレーションしたゆえに、多世界の存在説も、意識による世界起源説も、夢見の仮想現実世界観も、単純に理解していました。それを30歳頃に、コンピューターによる超宇宙モデルにしたまでです。物理科学とはむろん当時、乖離した考え方だったでしょう。しかし、コーリー説によると、宇宙人のどれほどかはそんなことはとうの昔に知っていたことに違いないです。ブルーエイビアンズなどの高次元存在ならなおさらです。

さて、いかに仮想現実だから、どうにでもできるとはいえ、ことこのソフト全体の目的に照らしたとき、無茶苦茶な展開を許して宇宙の存続をいくらでも破壊していいという発想は、果たしていいのかどうかです。
それゆえいちばん妥当なシナリオを実験しているのだという意見もあるでしょう。ならば試行錯誤を繰り返し、何度も実験場をとっかえひっかえしているのが、どこまでも許容されていいのかどうか。上層に居る者の主張ばかり通った世界の下に、幸福な者などいるわけがありません。何らかの軋轢の下にあるはずです。それが思い遣れないのでは、愛や許しを語る資格などありません。
それがダメだから、いい加減にしなければならないから、大建て替えが推奨されているわけです。私は、もはやこれ以外にないと確信しています。

見ていれば、実験に当たっての事前予測が何もなされておらずに、そのまま実験に入っていることがわかります。コーリー談話のシーズン1エピソード1には、22のプロジェクトが競い合うようにして進行していると言っています。しかも、それはあまりうまくいっていないようだと言います。実験の中心地は太陽系であり、地球が含まれていることが明言されています。地球に生きている者にとって、何か言わねばならないことはないですか。
私は、どこから来たかは知りません。しかし、地球に生まれ育ってもうすぐ70年になります。地球人として主張すべきことぐらいはわかっています。
それは地球人においてもいろんな意見があるでしょう。しかし、私は「よそ者は、もう地球と太陽系にかかわるな」という主張です。
それがなされないならば、大建て替えが最終手段にならねばおかしいという考えです。いつまで奴隷根性で人類は我慢しているのかという主張です。その状態に留め置くために、情報を与えない施策が取られてきたわけでしょう。もう時間はあまり残されていないが、情報開示されてきつつある今日、人類は全員、知るべきことは知らなくてはなりません。

ブルーエイビアンズの意図は、コーリーによれば、地球文明のリリースとスタートレック的な宇宙文明への仲間入りのようです。
しかし、まるでスタートレックが世界万民の憧れであるかのような言い回しはよろしくないですね。
私はそのような世界に興味はまったくありません。金属化した文明のどこに生命力の跳躍の余地があるでしょう。おそらく、”ない”です。
私はそのような世界を揶揄する物語・「科学の最先端」をすでにお届けしています。
まあ、人によりけり。コーリーの言う、地球離脱文明という地下世界が私には向いているのかもしれませんね。
しかし、私はそこにも拘泥しません。大建て替えだけが、私の理想であり希望です。
未来のテクノポリスに憧れを持つ人の行き先も必要ですから、それぞれの道を歩まれたらいいでしょう。
一人一人が個々別々の世界の創造主だという、私の世界観に変更はありません。
それぞれにトライし頑張られたらいいでしょう。

私は大建て替えに協賛し、その方向以外のどこに属することも、最終自由意志を行使して、拒否します。
もし、その希望実現が不可能なら、最終自由意志を行使して、観測を義務付けている”魂”の消去を、どうあっても叶えてもらいます。

 

着想リンク

ヘミシンカーの報告にある、宇宙人には善悪の判断の付かない種類がいるという話を、ここで物語っているようです。(https://悠遊夢想.jp/rainbow/blue/gren/CD-S1.html#どこから見るか、です)

私の人生モデルのプレイバック・リスタートに類することがコーリー談話に散見できます。(https://悠遊夢想.jp/rainbow/blue/gren/CD-S1.html#20で戻る)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です