大建て替えに向けて前進(2) 3日のデジャビューはトランプ勝利をもたらしたのか

トランプ氏が勝利した。おおかたの予想を覆す結果になった。私もヒラリーだと思っていた。
ミステリー掲示板ではその原因にまで踏み込もうという意気込みが感じられた。
だから私は、次のようなコメントを遺した。
------------------------------—
記憶を辿りましたら、11月3日にデジャビューが起きていました。私におけるデジャビューの定義は、人生のプレイバック・リスタートによるものと考えておりますので、「この時点の直前で」ヒラリー勝利とトランプ勝利のタイムライン分岐がなされた可能性があると解釈します。ここに記録しておりました。
https://bit.ly/2eQJykg
むろんこれは、私自身の内部で起きたことにすぎません。みなさんにとって、もし奇妙な事象であったとしたら、マンデラ効果とか、その他で解釈されてもいいかと思います。あと、タイムラインが徐々に慣性方向からずれる現象を、2009年の異界交信では「フーコーの振り子」と答えておりました。ご参考のため。
------------------------------—
私は、この世は仮想現実であり、どこかのAIが創り出した歴史プログラムを我々はシミュレーションしていると想像している。
そして、私自身の人生はひとつのソフトの中に収められていて、その中において多分岐したタイムラインを順次実行しているところのプロセッサが私なのだという認識でいる。
そして加えて、私の場合は、現実を演じるタイムラインの終端まで達したら、列車が最寄りの分岐点まで戻り、別のレールに乗り換える如くして、そこから再スタートするというプレミアムのついた実演形態をしていると設定している。そう、仮定ではなく設定なのである。このようでなくてはならないと、実行者の立場からソフトの実演順序を決めているのである。それを私は、プレイバック・リスタート契約というプレミアム契約下にあるものと設定するのである。
その場合の簡略化された例示が次の図だ。そこには細かいタイムラインは省き、メインストリームだけを表示してある。
11-02.jpg
さて、人生は選択分岐の連続が形成しているといっても過言ではない。人はまるでただひととおりの人生行路を歩んだと信じているようだが、そのような考えは何の確証もない。私のようにプレイバック・リスタートをその都度している人間にとっては、記憶に残った最終結果が観測されているのみと定義できる。本当はもっともっと何十倍もの経験量がありながら、最終行程を演ずるたったひととおりの行路経験の記憶によって、その他が打ち消されているに過ぎない。そのどこかで経験したものの集成は、別の記憶媒体である魂の記憶として遺っていることだろう。こうして、私は通り一辺倒であれば、さほど魂の成熟がないはずも、実際には何十何百倍もの成熟を果たしているのである。
私の幼少期の気の弱さは、通り一辺倒では改革できるはずがなくとも、私の今は正反対の豪胆さであるので、その差がどこからきたのかを考察すれば、経験量が何十回もの転生を経てきたものに匹敵すると仮定せざるを得ないのである。
そのような私に、久しぶりに顕著なデジャビューが訪れた。11月3日のことだ。いつものように朝にはネット情報の入魂にしているサイトを見に行く。そして、In Deep氏の記事を脇のスライドバーで手繰っていた時だ。この場面に来たとき、それは起きた。(よって、キャプチャーを取った)
Dejavew10.jpg
おおっ。これは以前に見たことがある光景だぞ。そうだ、これはデジャビューだ。この道はいつか来た道。
しかし、肉体の脳だけの記憶範囲なので思い出せない。この次は何があったかもわからない。デジャビューとは、私の場合は、ほんの一、二秒訪れる既視感情報なのだ。他の人もそれが起きると聞く。だが、その持続時間はあまり聞いたことがない。
さらに下にスライドバーを手繰れば、第三次世界大戦を阻止するアノニマスの行動について書かれていた。
何か人生上の大事な分岐があるとすれば、それは第三次世界大戦に関することであるに違いないと感じた。
そして、実際に意表を突くような結末、泡沫候補トランプの勝利が分岐後のタイムラインには存在したのである。
むろんトランプ勝利を予知していた人も多くあったとは聞く。しかし、私にとっては、後付けの言い訳にすぎない。このタイムラインがそのように演出しているだけである。
その中には、有力情報として、コーリー・グッドの情報もあった。6~9次元の存在、ブルーエイビアンズが、地球の第三次大戦を絶対に阻止するというのである。これほどのとてつもない高次元存在が動けば、定められた歴史を覆すぐらいいともたやすかろう。その最悪のシナリオ部分のプログラムを、そっくり抜き去るぐらいのこともできるだろう。あるいは、つじつま合わせが必要だろうから、確率的に困難だった側に、勝利させるという奇跡のプログラムを与えたともとれる。
だが、ブルーエイビアンズは、コーリーの話によると、決して地球人類を救いに来たのではないという。次元上昇波動が摂理的にやってきているから、それが順調に太陽系に対して作用するかどうかを確認に来ているのだとか。だったら、どうして定められたシナリオを変更するのだ。これはどう見ても、人類の救済であろう。
よほどの事情がなくては、方針に変更などあり得ないのではないのか。
コーリーによれば、次元上昇の恩恵に与れるのは、2300人に一人ぐらいしかいないという。その数があまりにも少ないことを問題視したのがブルーエイビアンズだったということらしい。
見れば、ドラコ同盟という邪悪な宇宙人勢力が、人類に嘘ばかり吹き込み、覚醒させないようにしていた。
その状態は確かにフェアーではない。だが、それは今始まったことでもない。何万年も前から、それは行われていたのだ。6次元以上の存在が、それを見逃していたというのはおかしい。むしろ、放置していて、何か別の事情が生じたため、急遽慌てて、タッチアップ処理をしだしたように思えてならないのだ。
私としては、ヒラリー勝利にして、早々に第三次大戦の引き金を引いてほしかった。すると私も肉体から解脱し、朱雀・火の鳥を起動し、邪悪の存在領域を焼却して、大建て替えへの布石をすることができる。またもっと本当なら、2012年までに未曽有の大災害なり大戦争で人類絶滅があり得たはず。するとはるかに小規模に建て替えもなされたであろう。だが、その場合は漏れが出ることが懸念されたから、後にずれて良かったのである。
私はいずれプレイバック・リスタートによって、ヒラリー勝利のタイムラインを実行するか、あるいはもうすでにし終わっているのかもしれない。その場合はトランプ勝利のタイムラインよりも、建て替えの範囲が小さくなるだろう。というのも、時間経過の量に応じて、知れてくる邪悪の範囲が拡大するからである。
だから、これでいいと言えばそうなのだが、私の肉体の限界も察してほしく思う。私のハイラーキーに、それなりの肉体の体力の維持をお願いしたい。死の時までに集めた情報が魂の記憶となるのだから、もっとたくさんとなら、それなりの措置を講じてもらいたいのだ。
私は、トランプ勝利によって、最長のタイムラインの基本線を辿っている。これでいいのだ。
私は、こう推測する。天にもあるが如くが地にもある。天と地は相似形的に動いている。それが私の世の捉え方である。
地を見れば、怠慢官僚があまたおり、庶民生活などどうでもいいといった態度でいる。天も同じ体質なのではないのか。
あるいは、策謀的に依怙贔屓して、地球人類だけをとんでもない試練に遭わせて、何かの成果を得ようと実験でもしているのではないか。
私は特に、後者の論理で、地球がないがしろにされてきたことが次第にわかってきた。つまり、地球人類を何かの原動力にしているがゆえに、わざと苛酷なことをさせているのだと。
そのような地球に、わざとやってくるようなことでもなければ、その実態は掴めなかっただろう。
地球人類一般は、自分たちの立ち位置もわからず、ただ盲目的に邪悪な宇宙人たちが計画したことに従わされている。これを俗に何と言うか。『奴隷』と言う。『奴隷』の身では、食べられても、叩かれても、自由を束縛され狭い部屋に押し込められても、何も逆らえない、言い出せない。そのようなことの繰り返しが魂の奥底にまで刻み込まれて、ぐうの音も出ないほどに意気消沈した者たちが現在の地球人類となっているのだ。
私は6~9次元といった珍奇な世界からやってきたのではない。この宇宙どころか、そのはるか彼方の、次元に直すなら100次元以上の世界から、この隠蔽されていた世界の実態を調べるために来ている査察官とでも言っておきたく思う。そもそもこの太陽系は、フラクタル宇宙として階層構造の137段階目にできた世界である。私が指折りの段階の世界からやってきたとするなら、どうする。しかも、怠慢や不正を見逃すような査察官ではない。
私はルールに従い、この世の人間として生を受け、只今まで奴隷の身として66年生きてきて、3次元的論理というツールを以て、世の実態をつぶさに見て推理してきた。そして、実態を魂に細大漏らさず刻銘に記録して元の次元に帰り、直ちに病態的次元以下はむろん、全体の問題と判明したなら、最も根源世界になる場所から、完膚なきまでに取り潰し、いわゆる三千世界の大建て替えと言われてきた事象を惹起する所存である。
以上のようなことを新神話の方針に据えて私は進んでおり、終末に近づくにつれ邪悪の実態がいっそう深化し拡大し粗として吐出してきているのを見届けており、大建て替えの対象範囲はどんどん広大化しつつあることを申しておきたい。

世の中、楽しくウォッチングして与太話にする

今朝のニュースを見ていただけでも面白いね。3つだけだったけど、いろいろあります。
私がたまたま偶然ウォッチした順序はこうでした。
米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専門家
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6220607
https://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161111-00180528-newsweek-int
なるほど、不誠実な選挙人がいたということなんですね。それが公約通りならば、どうってことなかった。要は、選挙人レベルでの不正があった、それを突き崩せれば、引き分け以上に持ち込めるということなんでしょうか。(選挙制度自体がよくわからんので、こんな解釈を施してみましたけど) ヒラリー陣営の有能な弁護士さんたちに頑張ってもらいましょう。
次に見たニュースはこれでした。
クリントン財団の疑惑
https://amba.to/2fJAHyp
おカネの授受の問題がやはり軒並み並んでますが、おカネの総量に変化はないのだから、いいんじゃないかと思いますけどね。ただ、カネを刷りまくるのはインフレを起こすのでいいとは思いませんが。我々貧困層を直撃しますから。
さらに次はこれ。
やっぱり!反トランプのデモ隊は雇われていました
https://bit.ly/2fKTc7m
それはおカネを儲けた者が貧困層に利益を分け与える伝統的手法なのだから慈善的であって、非難される話ではないでしょう。失業対策としてもっとやるべきですが、果たしてトランプ政権にそんなことができるのかどうか、大金持ちらしいけど、慈善家ではないみたいだからね。弱者は徹底的に潰す、強いアメリカ一国主義なんてやられたら、日本は困ります。
しかし、うだるほどのおカネがクリさんとこにあって、いまクリさんたち、姿くらましてるらしいんですが、おカネをどこに持って行ったんだろ。
宇宙人系情報なども含めれば、彼らはデンバー空港や地下基地、南極、さらには火星へと難を逃れて移住しているというのですが、そんなとこでドルが通用するのかなあ。
別の宇宙人情報によれば、火星移住者なんかは奴隷の身らしいけど、その代わり長寿が享受できるらしいので、おカネを積んで最後は「地球人で私一人生き残ったわ。アトラス・シュラッグっドばい」なんちゃって。(笑)