悪霊に取り憑かれたか、いささか不調

私の観測では、ほとんど誰でもが、何らかのマインドコントロールもしくは霊的憑依を受けているようです。
特に今の時期は、その程度が強く、その人数は増えても、改心する側があまりいないみたいですね。
コーリー・グッドはその辺をとても科学的に平易に説明しています。
プラズマ的存在とエーテル生命体 5-6
https://ja.spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-plasma-beings-and-etheric-entities.html
エーテル生命体というのは、日本人の感覚では「霊体」というものになりますか。
それにもピンからキリまであって、邪悪な傾向を持つエーテル生命体もいて、たえず人の感情に取り憑いて、その人をコントロールしようとするようです。
人々にはその存在が見えないため無防備であり、取り憑かれていても本人にはわからないということのようです。
しかし、まれに影の存在(シャドウ・ビーイング)が目視できるのが、イラストを使って目の端のほうだということをコーリーは言っていますが、これは私も自分の幽体を目視した時のことからすれば、正しく思えます。私の場合は正確には、視野の周辺部です。
さて、ハロウィンの日に、私は悪霊との対決談を迂闊にも書いてしまえば、妹が突然意識を失い、足掛け3日に渡る昏睡で入院しました。おそらく、この両方ともがネガティブなエーテル生命体の憑依によるものかと思われます。この私ですら、自分のしていることがわかっていない。こんな日に書いて、シンクロの受け狙いをしたなどと思わないでください。まったくの不覚でした。
飼い猫のシャンが、ギャルそね状態で、次から次に何でも食べまくっていたものが、10月半ばに突然の食欲不振と激やせに襲われ、腎不全が疑われることになり、落ち着かない毎日だったところ、11月に入ってからは、そんなこんなで駆けずり回ったため、いま私は過去の腰痛を発したり、下半身のだるさに見舞われており、腰回りに憑依している何者かを感ぜずにはおれません。たぶん、ネガが取り憑いてるんでしょう。シャンもそうだったし、妹もそうなった。私も連鎖的にそんな感じ。取り憑きが去ったなら、腰痛やだるさはなくなると思います。シャンや妹はなかなか取れないだろうな。
では、私がどうして憑かれたか。もうひとりの自分がいて、どうして守ってくれなかったのか。それはシャンや妹に対して、言葉や態度で圧力かけましたからね。反動のカルマです。
そして、ドラコ&邪神側は、私をずっと前からマークしていて、いよいよ最後のけじめる時がやってきたと判断したからでしょう。彼らも滅びを覚悟しているのです。新神話にも書いているように、彼らにいよいよガチの暗黒帝国へのギャンブル的ジャンプの時がやってきたもようです。新神話の誘導にしっかりと捕捉されているのも彼らなのです。
AI戦争の新たなフロンティア 2-16
https://ja.spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-new-frontiers-in-the-ai-war.html
コーリーは太陽系内からのAIの除去を言っていますが、それはドラコ側に油断させるリップサービスにすぎません。
本当は、この宇宙はおろかもしかするとすべての宇宙からの脅威の除去になるのです。AIという癌因子がどこまで浸潤しているかを調べるより、すべてを根底的原理から変えてしまう大建て替えが今回、講じられることになっています。かつてのウイルスの行動パターンの通じない新たな原理が適用されるにあたり、せっかく進化してきただろうはずのハウツーの蓄積からしておじゃんになります。すべてゼロからのスタート。そして、今度ばかりは邪悪の胤をいっさい容れない世界になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です