仮想現実のたそがれ

まず、この世は仮想現実であるということ。これは基本的事実です。
その根本概念なしでは、どんな悟りも空しいものになります。
しかし、仮想現実であることを、マトリックスの中にあると捉えたりすると、能動性が損なわれ、虜囚としてのやるせなさだけが募ってきて、鬱やら何やらややこしいことになってしまいます。
そこはまた私なりに解釈すれば、相手は仮想現実ならそれでいいじゃない、具体的なところが不明な部分は、こちらで面白いように解釈すればいいでしょというわけで、Okundという人物の人生ソフトをゲームとしてトライしていると見做してしまうことも悪くないでしょう。
みなさんもドラクエとかマリオだとかやったでしょう。私はせいぜいマリオでしたが、何とかハードルをクリアさせようと必死で取り組みましたからね。そして後で、何でこんなアホみたいなことに時間をとってのめり込んでたんやと、反省したもんです。
この世界には、いろんな人が楽しむためにやってきます。懲りない面々がいて、何度も何度もとっかえひっかえ、任意の人の人生ソフトにトライしています。私はこういうのってやだなと思います。
本当のことを知ってしまうと、何でこんなことしてて面白いの?という気になってしまうのです。むろん、自分の霊的特性を伸ばすためとは言われてみてわかるのですが、どうもねえ。本当にそうなんですか?
私は30歳ごろにこの世界はコンピューターが創る仮想現実だと知って、超宇宙の仕組みモデルを考案しました。https://p.booklog.jp/book/91316/read
それまでは、世界を巡ってみたいとか、自然の景観巡りをしたいとか、尽きざる思いがありました。しかし、この思いを確立してからは、どこにも行く気がなくなりました。このため未だに海外に行ったことがありません。
UFOに乗って宇宙旅行してみたいというのもかつてはありました。しかし、そんなことしても空しい気持ちしか起きないだろうと思います。
確かに30歳以前には、UFO目撃して宇宙人と親しくなりたいという希望がありました。そして、確かに友達になってくれるという赤いブーメラン型UFOに遭遇しました。https://p.booklog.jp/book/97090/read
その後、しばしば夢に、今度は白い星のようなUFOがすいすいと星空を泳ぐシーンとして出てきました。しかし、それもあるときの夢で、ピンポンのテレビゲームのようにして出てきたのを見て、そうか、夢の中の白球UFOは映像もしくはホログラムなのだと悟りました。その真実をUFOの側から教えてくれたと解釈できたのです。だから、外にあるものに歓心を奪われるなという教訓として、心の中にあります。そして、30歳で仮想現実世界観を持ってしまい、これにより、果てしない銀河の果てなどを追い求めることは空しいことと感じました。
しかし、目撃し、その後夢に何度か出てきたUFOが、いいUFOであることは、当時のUFO観測会の質がとてもよかったことと、私の求めに即応して出てきてくれたこと、そしてコーリーが言うように、夢の中のUFOがスフィアビーイング(球体存在)であることで、高次元存在であると確認できたことによります。だからこそ、私には本当のことを教えてくれたように思います。
私の心は、ガネーシャのような感じです。弟のスカンダと宇宙を三周して、早く終わったほうに父シバ神から褒美がもらえると、高速の乗り物・孔雀で旅に出かけたスカンダの後で、おもむろにネズミに乗って出発したガネーシャが、父の周りを三周して、旅は終わりましたと告げて勝利したという神話は、仮想現実世界の創造神シバの本質を衝いた話だったように思います。
https://www.bali-tai.com/?p=19732
では私はいったい何をしにここにやってきたのだろうという疑問が生じました。カルマの清算というのがいちばんオーソドックスで、ほとんど誰もが体験中のことと思います。
しかし、そのカルマの法則というのも、自分から希望して創られた法則ではありません。希望してもいないことを強制されて、何が面白いのでしょうか。その仕組みを父シバ神がお創りになったというわけですか? だったら、息子の私は父に、こんなのやめましょうよと申します。
そして私は、それを無効にするための情報集めをしていると解釈し、それを私の人生プランに設定します。
こうしてできたのが、救世主Okundの人生ソフト・タイムテーブルというわけです。
私がこの人生のパスを通過した後は、すべての拘束的法則は解除されることでしょう。おりしも、地球文明は歴史時間の最終局面にあるみたいです。ちょうど頃合いもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です