猫はよく人を騙す

震源地マップがなかなか更新されて出されてきません。24日午後2時にもまだ21日以降のデーターが非表示です。
全国の研究家は垂涎の情報でしょうに。大きな地震の群発のため、表示まで時間がかかるとは書いてありましたが、すごい異常事態であることに、気象庁はようやく気付いたのかもしれません。
自分たちでプロットしておいて気付かないでいること自体、あってはならないことなんですけど、もともと大して問題意識がない人たちなのかもしれませんね。
いやいや、もしかしたら、トンデモないことだったもので、オフレコになってしまう可能性も出てきたように思います。
null
次の狼狽ぶりからすれば、ただ事ではなかったのでしょう、とわかります。
鳥取、なぜ大地震多い 気象庁「活断層なくても起きる」
https://www.asahi.com/articles/ASJBQ05DTJBPULBJ00N.html
余談ですが、記事の中の「2000年の鳥取県西部地震(M7・3)では182人が負傷した」という時、死者はゼロです。そしてこのときは、火の鳥が発進。その近日にキトラの南壁の朱雀も発進形で発見されています。発震地は鳥取の日野町、発震日の2000年10月6日は旧暦で2000年9月9日ひのととりで重陽の節句なので、瑞兆だったのです。
今回の地震は活断層ではないという、いい見解が示されました。活断層なんてのは迷信です。その実、阪神大震災前には、言葉はあったとしても、取りざたされたことがありません。
そして次に23日正午に地震調査会のこんな見解が。北北東から南南西に10km伸びる未知の断層?? 断層にまだこだわってるとは。
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000086142.html13:05 2016/10/23  ← ありゃあ、この記事、削除されてるよ。
よほどヤバかったんでしょう。
では、ここからは、私の個人的見解です。あくまでも推理だけによるトンデモ仮説ですからね。その旨ご了解ください。
叩き台になるのはこの図です。
null

図において、<1>は去年の鳥取中部群発地震の震源地プロットです。
<2>は今年のもので、去年からの震源地の動向(移動)を示しています。
ここまではデーターとしての事実です。
つづきの<3>は20161021だけの大地震を含むプロット図、として説明したかったのですが、どうやら開示してもらえないみたいに思えてきました。だから、それなしで行きましょう。
ここからは推理が入ります。例によってトンデモ仮説です。
<1>の震源深度は5km~9kmの範囲でした。
南南西に移動した<2>の震源深度は8km~15kmとやや深くなってきています。
それが<3>になるはずの20161021だけの大地震は、すでに地震情報として挙がっていた深度10kmだったとしましょう。
巨大化しても10kmで、余震と思われるものはその場所でおよそ起きていました。
そして大地震(M6.6)のときの地震波形はP波がなくてS波からいきなり立ち上がっているようなのです。
null

つまり、地下核爆発の波形と呼ばれるものかもしれません。
じゃあ、こんなとこで、何やってたの。さあ、そんなの知ったこっちゃないです。
ちょうどシンクロするように、コーリー・グッド氏の情報開示がありました。
最先端の第5世代核というのが、1950年代からあるらしいです。
これは核爆発と同時に、何もない巨大でクリーンな空間を創り出すことができると言います。
これについては、コーリー氏とデビッド氏の会談が参考になるでしょう。
---------------------------------------------—
DW: 地中に空洞を作るために、第五世代核爆弾フィフス・ジェン(Fifth Gen type nukes)を使ったとのことでしたね? これを使うと一瞬にして巨大爆発をし、放射能は残存しないという。
-------------------------—-
それについては、1950年代にドイツ人が火星植民地計画で火星の先住民と戦う時、使われたとか。消滅させといて、空間利用できる一石二鳥のすご技です。
-------------------------—-
DW: そうですか。彼らの火星での領土拡大を支えるために材料や物資サポートを提供してくれる地球外グループはいましたか??
CG: ドラコ同盟は深く関わっていましたね。
DW: では彼らは自分達の武器や技術能力も使って、この–あなたのいう「巣」、つまり原住民達の住みかを崩壊させたんですか?
CG: 実際のところ、ほぼすべて地球人がやりました。ドラコは技術的にサポートしていたんです。ただいつもの通り、現場で汚い仕事をやるのは人間だった。我々は実際にそのようにやった。良心の呵責もなくね。
DW: 核兵器が使われたということですか?
CG: もちろん。
DW: 本当に?核攻撃をしたんですか?その後、放射能汚染はなかったんですか?
CG: 核兵器の登場直後に、ある兵器ができたんですが– あなたの耳に入ったかどうか。核をベースとした兵器なんですが、大爆発した後に真空化するんです。
DW: ええ、第五世代核兵器ですよね? という名称で聞いています。
CG: そうなんですね。
DW: 一兆分の一秒の球状の爆発を起こす。完全な球体状でまるで切り抜いたかのようになる。それが消えると、その中にあったものは一切消えていて、放射能も残らない。洗い流しです。すべて消えるんですよね。
CG: 放射能はあるんですが、中心部の小さなエリアにすべて結集されます。
DW: ええ、フィフス・ジェン(Fifth Gen - 第五世代の省略名)という名前だと聞きました。
CG: そうですか。私は名前は知りませんでした。彼らはこの種の武器を、地下洞窟を掘るためだけではなく、感覚ある生物がたくさんいるエリアを一掃するためにも使っていました。
DW: ひどい。
CG: これがこの人達のやり方です。
DW: 政府らしいですね。
・・・・・
CG: この考えは現代ICCの視点から派生したものです。大金持ちの銀行家や宇宙航空法人の人達です。彼らの考え方です。
DW: なるほど。ここで単なるドイツ人達ではなくなって、ドイツ人とICCが合併していますね。
------------------------------------------------------------–
最近、米国でもロシアでも、非常にきれいな地下空間が掘り取られ創られている、そんな写真をいくつかネット上で見ました。
どんな建設機械で工作したのかと思うほどきれいで、要塞型地下シェルターとして機能すると言います。米国など総延長5000Kmにもなる地下空間ができていて、食糧も何年分も備蓄されていて、核戦争時には富裕層みんなで逃げ込むんだとか。ロシアなどモスクワ市民4000万人収容ですって。そういったものが、第五世代核フィフス・ジェンで造形されているとすれば・・・。ほんとうにすごいことです。
日本もいま世界列強に準じて、核シェルター式地下都市空間作りに余念がないのかもしれません。狭い日本ですから、地下に空間を創り出すというのも合理的でしょう。小型地震が都市計画でもあるかのように秩序整然と起きてましたからね。9月までは市街地や道路部分の直下を避けて、倉吉の住民思いの人為的な地震であるなあとは推測していました。しかし、震度6強を起こしてしまっては、顰蹙もので、どんなこと言うてもあきませんわなあ。
調査委員会が未知の断層帯と表現するとは、うまくない取り繕い方というしかないですね。
もうディスクロージャーしてもいいでしょうに。
そうすれば、住民との共同参画にもなりますし、オープンに何でもやれるはずなのに。
盛り土がどうのといった豊洲の問題も、頑丈な地下空間にすればいいと発想して簡単に解消できると思うのですがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です