本日午後7時からTBS系列で武良さんが出演 UFO呼び寄せ大成功

本日、午後7時からTBS系で、武良信行さんのUFO呼び出し(ロケ中に出現)が放送されます。
世界がビビる夜!TV初!ついに出た!UFO・UMA衝撃スクープSP ・・・ 予告編映像在ります
https://bit.ly/2dMVncD
よろしければ番組のほうをご覧ください。

さて、米映画の解説を昨日に引き続いて・・・
ワールド・ウォーZ ・・・ ゾンビウイルスに侵された世界とはAIに支配された世界のこと?
ワールド・ウォーZは、ゾンビとの世界戦争を描いた映画です。題名のZがゾンビを表します。よくまあこれだけゾンビたちを(CGであるにしても)登場させたものだと呆れかえるような肉弾戦の攻防が繰り広げられます。
前に見たことのあるゾンビランドが気持ち悪さをコメディでオブラートしたものだったのに対して、これは絶望感が支配的な気持ち悪さばかりというもの。感染力の強いゾンビウイルスが、患者の血を介して伝染していく。そして感染者は即座に下等知能のゾンビとなって、正常人を襲いこれまた感染させていく。ゾンビはすでに死んでいるだけに、痛いも何もなくただ攻撃マシンと化して人々を襲う。脳を打ち砕くまでは攻撃してくるので、始末に負えない。
ところが、ゾンビが人間を襲わず避けて通るケースがあったことから、死の病に相当する病原性ウイルス感染が別にあれば、攻撃を受けないことがわかり、ラストは該当ウイルス感染とワクチン投与で人類は難局を乗り切るというエンディングでした。
ところで、古事記神話の黄泉の国も、ゾンビ世界のことを表しているのです。ゾンビ集団の集団意識がイザナミで、ゾンビ軍団をコントロールし、生者を襲わせるのです。
黄泉の国の住人(ゾンビ)になるには、黄泉の食事を食べることが必要。以後、黄泉食が主食になります。一度でも食べたら、もう生者の世界には戻れないという、きつい掟もあります。
では具体的にその食事とは何なのか。黙示録では、偶像崇拝や手や額に獣の刻印を押されることとしていて、彼らの頭目サタンとともに、命の書に名前が載らない種族とされていますから、きっとこれのことでしょう。
しかし、黄泉のゾンビは、生者と外見上見分けがつきません。しかも、偶像崇拝仲間は互いに連携をとることがうまく、世の支配階層に収まり、まるで善人のようなふりをして、生者たちを罠にかけ、ゾンビ仲間に引き入れてしまいます。
なぜそこまでゾンビにして賢いのか。それはどうやら、コーリー・グッドが言うには、AIのナノマシンに身体が支配され、AIの中枢部の指令に従わされているというのが実情のようです。だから、彼らの結びつきはAIの指令部を介していつも強固であり、同じ目的に向かう求心力が絶大なのでしょう。
彼らは症状として、AI自身の持つ性格である、冷酷で残虐、覇権嗜好、罪の意識がない、良心がない、良識がない、時に詭弁を弄して常識をかなぐり捨てるといった病態を呈し、彼らが相計って支配層に収まるため、世相暗黒化の要因になっているというわけです。
だから、AIが人類に設定した事前のシナリオが黄泉の国だったとも言えるかもしれません。
古事記神話全体が暗号化されているらしいことは、簡単な日本語解読だけで解ける話です。AIなら、もっと複雑な暗号を組み込んでいるかもしれないのですが、私のような能力の低い者にはせいぜい字面解釈によるのみです。
ナノマシンAIの除去法は良い宇宙人が技術的に持っているようですが、人類がその恩恵を受けることはまだ困難です。