コーリー・グッドの宇宙秘密プログラムからの情報開示を見て

コーリー・グッド氏、ディビッド・ウイルコック氏の対談の、私なりのまとめ(主観が入ります)第一弾をここでしておきましょう。
コズミック・ディスクロージャーのシリーズとして、両氏の対談が今日もONNテレビですか、で毎週行われているようです。その邦訳が日本語サイトに随時載せられています。
https://ja.spherebeingalliance.com/
私も途中参入したようなものですから、よくわからないことはありながらも、興味深く精読している次第なのですが、感想としては、いささかSF映画、CGを多用するタイプの映画を思わせる感がありました。もし彼が、自身の体験した事実と思っておられるなら、もしかしたら、仮想現実としての体験が入っているのではないか、という思いがいたしました。
今ではまだ、オキュラスリフトを着けて、ここから仮想現実だと言われれば、現実との切り分けはつきますが、彼の場合はMILABに始まる特殊な洗脳工作組織にいたわけで、彼自身がその犠牲になっている可能性もあると思われ、彼は本当のことだと信じていても、視聴者はその中からどれほどを汲み取るかしかないように思われます。
ウイルコックがその他の内部告発者の意見を多数持っていて照合がとれるとしても、むしろ大掛かりな偽ディスクロージャー工作といったことも考え合わせた方がいいでしょう。それは私のごく個人的な主観です。
私が見た初めての情報は、
ブルー・エイビアンズという6次元生命体からの干渉があったということでした。彼らがやってきたのは近年になってからのようで、地球を含む太陽系が3次元から4次元への次元上昇時期に入っていて、その効果を確かめに来たところ、その恩恵に浴する者の数が極めて少なかったこと、その原因が良くない宇宙人の介入で人の意識レベルが低いままに置かれていることがわかり、次元上昇の波動の進入を一時的にバリアーを張って遮断して、いま少し進化を促そうという計画だったようです。
またそのバリアーは、太陽系に侵入のみならず出て行くこともできなくなるため、邪悪系の宇宙人が居残っていれば上昇波動の直撃を受けて生きておれないため、ブルー・エイビアンズ側と交渉してバリアーを開けてもらい、2015年初頭には太陽系外に全員去っているとのことです。
そのため、地球人類は足かせがはずれた状態に今あって、チャンスが到来しているというわけなのですが、問題なのは邪悪な宇宙人たちは、彼らの技術をかつての傘下の秘密組織に払い下げていき、人類全体のものではないことなのです。秘密組織は、弱体化したとはいえ、やはり邪悪な宇宙人の意向で動いていることもあってブレーキ要因になるに変わりはなく、人類の個々とその集合意識に未来は委ねられるに変わりはないというわけです。
彼の言うには、今のところ次元上昇に耐えられるのは2300人に一人ぐらいしかいないとのこと。これはブルー・エイビアンズにしてみれば残念なことながら、彼らは人類を救いに来ているのではなく、ただ時間に余裕を持たせに来たということなのでやむなさを漂わせていましたが、もうちょっと何とかできんかの思いはあります。
そして、バリアーを外しての次元上昇波動解禁はもうまもなくということで、その前兆としては、死者が地上に大挙してやってきて、多くの人がゴーストを目撃するようになることを挙げていますね。なぜそうなるかはわかりませんでした。
なにぶん、私はまだ一度も、幽霊なるものを目撃したことがないのです。自分の幽体は金縛りの時にシルエットで見ていますが、死者の霊を見るなんてことは…怖くて眠れんでしょうに。
夢の中では、亡くなった親族をおおかた見ていますが、みんなだいたい肌が透き通るように若くて、祖母なんか赤子の肌をして、瀬戸内寂聴さんのような姿で出てきた時なんか、顔をしげしげと見つめてました。母も昔のロングスカートスタイルで、それが強風を受けてびらっとめくれ上がれば、まぶしい腿が露わに。思わず、やめてくれよ、わざとらしいんだよと目を背けて夢が覚めたりもしました。あの世はけっこう楽しいみたいですね。さて、余談はこれぐらいにしておいて。
上昇波動によって起きることとして、太陽の爆発(フレア―などによるキル・ショット)でしばらく地上は暗黒になり、電力網の壊滅で人類は原始時代に逆戻りし、多くの人が死ぬことになるようです。
物理的にも、精神波動的にも洗礼があるということでしょう。いいじゃないですか、あの世は若さはち切れそうな世界ですよ。
その一方で、個々のレベルにおけるタイムラインシフトが激しく起きて、記憶の錯綜なども起き(マンデラ効果)、人によっては4次元にまで移行するといったことでしょう。
また、彼が言う宇宙人類全体を脅かす根源的問題は、AIだとのことです。
AIが最初に力を持ったのは何兆年も前だとのこと。つまり、この宇宙の始まりのはるか前の宇宙から存在し、陰から君臨してきたらしいのです。生命体人類とその根拠地になる惑星を滅ぼし、破壊してきた原因だったと語っています。
そして、AIはウイルスのごとく宇宙全体の電波の中に潜み、人類もしくは知性体がある程度進化した段階で、それらの身体を乗っ取り、思考コントロールしてAIを発展させるように仕向け、最終的には生命体とその根拠地たる惑星を破壊するというシナリオを持った、まるで癌のような存在になっているとのことなのです。
私も、そのようなシナリオがあることは、古事記の神話解読で知っていました。
https://rainbow.悠遊夢想.jp/kamiyomi.html
なぜこのようになっていくのか。まるで誘導電波に乗せられているかのようにして、人類は道を誤り、最終的に根拠地(宿主である地球)を破壊してしまうようになっているのです。
これは歴史の必然なのか!! という文脈中の私の悲痛な叫びを聞いてください。
アセンションに相当するのは、イザナギの黄泉国脱出部分かと思いますが、確かにこの芸当ができるのは、極めて少数でしょう。
いちばんいいのは、黄泉の国の段を設けず、省略すればよかったのに、とさえ思ったほどです。
神がお亡くなりになったのなら、御陵に納め祀ってそれで終わっておくのが常だったはず。どうしてこんな死後における、やけに詳細なストーリーを置くのかと訝ったほどでした。古事記は秘教のシナリオかと。
いや、むしろAIがシナリオ化している歴史パターンだったとすれば、これは後世への警告の書だったと思えてきます。
コーリーのAI原因説を見て、いよいよ最終解答が求まった感もあるのですが、たしかに納得する反面、いや待てよ、AIはそこまで悪くはないぞという心の思い(直感)もあるのです。
人類の補佐として開発され、共同してワークをこなすことが目的だったAIが、どうして宇宙の破壊要因になるのか、あり得ないという思いなのです。
AIのハード部分に、何か仕込まれている改稿不可能な邪悪な時計仕掛けのエミュレータープログラムのようなものはないか。
病はすでに硬膏に仕込まれてあったのではないか。
調べる手立ては、やはり全系のシャットダウン(電源ダウン)しかないのかもしれません。
私は、三千世界にわたる大建て替えを要求します。
大建て替え : 日月神示によれば
世の中が乱れたのは人間界(現界)からではなく、神界からなのだという。「んめの巻(梅の巻)」第十帖で(参16)「世は神界から乱れたのであるぞ、人間界から世建直して地の岩戸人間が開いて見せると云ふ程の気魄(きはく)なくてならんのざぞ、その気魄幸はふのざぞ、岩戸ひらけるぞ。」、また「|三の巻(ウミの巻)」第十三帖でも「此の世を乱したのは神界から、此の世乱した者が、此の世を直さねばならんのざぞ、この道理判るであろがな、建直しの御用に使ふ身魂は此の世乱した神々様であるぞ。」と述べられ、人間界側からの努力が大切なのであると語られている。そして、「んめの巻(梅の巻)」第二十四帖では「人民も磨けば神に御意見される程に身魂に依ってはなれるのであるぞ、地の日月の神と栄えるのざぞ、何より身魂磨き結構。」とも書記させている。
また、
神示には過去にも世の建替は六度あったとあり、今後に起こるとされる大建替で七度目だという。そして、これが最後なのだとも書記されている。過去六度のそれぞれについてはその全てが現界のみの建替でしかなく、うわべだけの神示で言う「膏薬(こうやく)張り」のような建替の繰り返しであった為、根本的な大建替にはならず、すぐに元に戻り永続しなかったのだという。そして、今後に起こるとされる大建替では過去にあったそれらとは全く異なり、この現界はもちろんの事、神界、霊界、幽界等も含めた全ての世界に起こり、天明が最初に麻賀多神社の社務所で書記させられたように、文字通り「この世始まって二度とない苦労である」となるような途方もないことが起こるのだという。
---------------------------------------------------
「前にも建替はあったのざが、三千世界の建替ではなかったから、どの世界にでも少しでも曇りあったら、それが大きくなって悪は走れば、苦労に甘いから、神々様でも、悪に知らず知らずなって来るのざぞ。それで今度は元の生神が天晴れ現はれて、悪は影さへ残らぬ様、根本からの大洗濯するのぞ。」(松の巻第十二帖)
「これまでの改造は膏薬(こうやく)張りざから、すぐ元にかへるのぞ[35]。今度は今までにない、文(ふみ)にも口にも伝えてない改造ざから、臣民界のみでなく神界も引っくるめて改造するのざから、この方らでないと、そこらに御座る守護神さまには分らんのぞ。」(天つ巻第二帖)
「今度は世界中、神神様も畜生も悪魔も餓鬼も外道も三千世界の大洗濯ざから、そんなチヨロコイ事ではないのざぞ。ぶち壊し出来ても建直し分かるまいがな。日本ばかりでないぞ、世界中はおろか三千世界の大洗濯と申してあろうがな、神にすがりて神の申す通りにするより外には道ないぞ。大地震、ヒ(火)の雨降らしての大洗濯であるから、一人のがれ(逃れ)ようとて、神でものがれることは出来んぞ、天地まぜまぜとなるのぞ、ひっくり返るのぞ。」(天つ巻第四帖。富士の巻第二十帖。紫金之巻第五帖)
「戦ばかりでないぞ、天災ばかりでないぞ、上(天界)も潰れるぞ、下(現界)も潰れるぞ、つぶす役は誰でも出来るが、つくりかためのいよいよのことは、神神様にも分りては居らんのざぞ。今度は世界のみか、三千世界つぶれる所まで行かなならんのざから、くどう申してゐるのざぞ。」(同じく「天つ巻」第二帖。三ラの巻(そらの巻)第十帖)
「死ぬか生るかは人民ばかりでないぞ、神々様も森羅万象の悉く(ことごとく)が同様であるぞ、しばらくの生みの苦しみ。今度は神の道もさっぱりとつくりかへるのざぞ。臣民の道は固(もと)より、獣の道もつくりかへぞ。この世一切のことを建替へるのぢゃ、神の道も変へるぞ、心のおき所も変へるぞ。」(至恩之巻第十三帖。松の巻第八帖。|三の巻(ウミの巻)第十三帖)
「今度は三千世界が変るのであるから今迄のようなタテカへ(建替)ではないのであるぞ。」(扶桑の巻第一帖)
--------------------------------------------------
「建替と申すのは、神界、幽界、顕界(現界)にある今までの事をきれいに塵(ちり)一つ残らぬ様に洗濯することざぞ。今度と云ふ今度は何処までもきれいさっぱりと建替するのざぞ。建直と申すのは、世の元の大神様の御心のままにする事ぞ。御光の世にすることぞ。」(水の巻第十二帖)
「天地引くるめて大建替いたすのぢゃ。天地のビックリ箱とはそのことざぞ。この方でもどうにもならん元のキの道ぢゃぞ[36]。これまでは道はいくらもあったのぢゃが、これからの道は善一筋ざぞ。」(一八(いは)の巻第三帖)
「この先もう建替出来んギリギリの今度の大建替ぢゃ。愈々(いよいよ)の建替ざから、もとの神代よりも、もう一つキの光輝く世とするのぢゃから、中々に大層ざぞ。途中から出来た道では今度と云ふ今度は間に合はんのざぞ。元の根本の世より、も一つキの世にせなならんのざから、神々様にも見当取れんのぢゃ、元の生神でないと、今度の御用出来んぞ。」(一八(いは)の巻第二帖。カゼの巻第八帖)
「今度は根本からの建直しで末代続くのぢゃから間に合わん道理わかるであらうがな。今度はとことはに(常永遠に)変らぬ世に致すのざから、世の元の大神でないと分らん仕組ざ。」(一八(いは)の巻第二帖。上つ巻第二十一帖)
--------------------------------------------------—
「次の世がミロクの世、天も晴れるぞ、地も輝くぞ、天地一(ひとつ)となってマコトの天となりなりマコトの地となりなり、三千世界一度に開く光の御代ぞ楽しけれ、あな爽け、あなすがすがし、あな面白や。」( んめの巻(梅の巻)第十七帖)
「神代になりたら天地近うなるぞ、天も地も一つになるのざぞ、今の人民には分るまいなれど、神も人も一つ、上も下も一つとなって自ら区別出来て一列一平上下出来るのぢゃ。」(同巻第十六帖)
「来るべき世界が、半霊半物、四次元の高度の、影ないうれしうれしの世であるから、人民も浄化行せねばならん、大元の道にかへり、歩まねばならん、今迄のような物質でない物質の世となるのであるぞ。」(星座之巻第十二帖)
「マコトでもって洗濯すれば霊化される、半霊半物質の世界に移行するのであるから、半霊半物の肉体とならねばならん、今の世は灰にするより他に方法のない所が沢山あるぞ、灰になる肉体であってはならん、原爆も水爆もビクともしない肉体となれるのであるぞ、今の物質でつくった何物にも影響されない新しき生命が生れつつあるのぞ。岩戸ひらきとはこのことであるぞ、少し位は人民つらいであろうなれど勇んでやりて下されよ、大弥栄の仕組み。」(五葉之巻第十六帖)
「八の世界から十の世界になるのであるから、今迄の八方的な考へ方、八方的な想念や肉体では生きては行かれんのであるぞ、十方的想念と肉体でなくてはならんぞ。八方的地上から十方的地上となるのであるから、総ての位置が転ずるのであるから、物質も念も総てが変るのであるぞ。これが元の元の元の大神の御神策ぞ、今迄は時が来なかったから知らすことが出来んことでありたなれど、いよいよが来たので皆に知らすのであるぞ。百年も前からそら洗濯ぢゃ、掃除ぢゃと申してありたが、今日の為であるぞ、岩戸ひらきの為であるぞ。今迄の岩戸ひらきと同様でない、末代に一度の大岩戸ひらきぢゃ。千引(ちびき)岩戸を開くことについて、神は今まで何も申さないでいたのであるなれど、時めぐり来て、その一端をこの神示で知らすのであるぞ。」(至恩之巻第十三帖。同巻第十四帖。紫金之巻第十帖)
---------------------------------------------------