こちらが放ったらかしになってましたね

こちらで書くことが大事だと思いました。
しかし、刺激になった情報はあちらで入手できたわけです。
それは13個あるという水晶髑髏にまつわる話でした。
髑髏というと気色の良いものではありませんが、要は超次元宇宙から、人類の
存続のためにもたらされた情報の塊だったといった話です。

またいつぞやのヴァーシュニーのときのように、文字列から即引きできました。
https://bit.ly/2bZtvMB
その中で肝心の部分と思ったのが、
>我々が人類の警告のためにやってきたのは、分離が既に始まっているからだ。崩壊が既に始まっている。事態は深刻だ。人類はその原始的知恵に振り回されて取り返しの付かないことを始めてしまった。事の始まりは、科学者たちが音波と光とを弄びねじ曲げ、いわゆる『粒子』を大気中に持ち込んだことだ。人類は地球に破壊の音波・光線が降り注いでいることにまもなく気付くだろう。
粒子が何かについてはよく知りませんが、
>地球に破壊の音波・光線が降り注いでいる
これについては、ディズニーのトゥモローランドがヒントをくれていました。
異界の電波塔から地球に自動的淘汰の誘導電波が放送されていて、みんなそれに気付かず、レミングの群れがそそのかされるようにして死の水辺へ急ぐような、滅亡へのカウントダウンが進んでいるという状況にあるという設定でした。
私も古事記の解釈から、シナリオ誘導はなされていると踏んでいます。画像をご覧ください。
ky.jpg
書かれる神名は、歴史上に出てくる要目で、神名と神々のふるまいが、歴史のシナリオになっています。
ここに書かれる力点は黄泉の国ですが、なぜそうなったかについての考察が付いています。
髑髏を持ってきた者が言っている「分離」。
そのようには書いていませんが、それに類したこととして、サヅチ、サギリ、クラド、オオトマドヒコ、つまり領土わけ、細分化、なわばりの主張、争議と混迷、世相の暗黒化。
それらが原因になって、その先に黄泉の国に導く戦争兵器類が必然的に生み出されてくるとなっています。
主神のイザナミさんはそれを生んだことによって亡くなってしまうわけですが、ところが物語は続きます。
普通なら御陵を作ってお祭りして、それで終わればいいはずなのですが、死体になってからもずっと生きていて、采配を振るうシナリオが設定されているのです。
神話の中でも異例です。そのような異常な世界が黄泉の国なんですが、よく見れば戦火絶え間ない現代のことなんです。
そのため、その状態を詳しくしておこうというわけで、黄泉の国の段が設けられているのですね。
シナリオでは、このままほっとけば、滅ぶしかない。わずかな生存者はイザナギとともに脱出すべきだ。その脱出のときUFOが助けになる。そのようなシナリオになっていると言っているんです。
これがシナリオの標準なので、放っておいて滅亡しても、みなさんの責任じゃないことはわかりますね。
しかし、外国映画の場合、救世主のような存在によって、起死回生が図られるというシナリオが主体的になっているというわけです。そんなにうまくいくかどうかは、映画だからできること。
現実世界では、救世主が出て、それ以上にしてくれるかどうかは、むしろ余禄の部分ということになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です