「あめなるみち」と、この宇宙の創造神への複雑な思い

あめなるみち」を読んで
この記事を私が最初に見つけたのは、ホツマの内容をもとにした私の神世政変劇の推敲が終わったやや後でした。
しかも、この「あめなるみち」は、まるで見てくれと言わんばかりに、ホツマ口語訳の記事群の最後に置かれていたのでした。
そしてタイトルには、以前には「創造神の独白」とまでしてあったのです。
私は、それを見てびっくり。というのは、いったいこの宇宙の創造神とは、どんな阿呆なのかと訝っていた矢先のことだったので、むしろ私のほうが仰天したくらいでした。創造神は私に対して弁明しているのだとストレートに思ったのです。
むろん、ホツマ解釈サイトですから、サイトの制作者はホツマの内容に一点の曇りも見ていないわけで、同様にこの創造神の独白も純粋な真理と捉えていることが見て取れました。
しかし、私はホツマにすでに真伝を偽ったものとしての曇りを見ていましたから、その最後に置かれた創造神の独白にも疑惑の目を向けることになりました。
その頃私は、この宇宙の創造神というのは、故意に邪悪の種を増殖させ、他の宇宙(梵の全系)にまで拡散しようとしている不届きな神であるなあという印象を強めていて、梵の全系側からの介入なしではこの宇宙の存続は認められないという処置判断をしていたのです。
新神話における話として、私が具体的に設定していたのは、次のようでした。
有情の魂は、宇宙個々の存続のための賦活パワーとして公平に送り届けられていたはずなのに、送り返されてくる有情の魂が疲弊して心の病気に罹って返される者ばかりとなっていたため、いったいどういうことなのか、梵天側から密偵が何度も送りこまれていたと。
それはちょうど血液を例に取ればいいでしょう。心臓(梵の全系)から送り出される血液(有情の魂たち)は各種臓器の働きを助けるために、十分な酸素と栄養素を添えて、ある臓器(宇宙)に入ります。ところが、この臓器(この宇宙)に入った血液はそこで滞留し鬱血して、時間が経ってから出てくるのですが、それが半死半生の有様だった。調べれば、血球の多くが病原性ウイルス感染していた。そのウイルスは伝染力が強く、梵の全系側で迂闊にしていたら、感染が拡大され、他の宇宙にまで病気が広がることが懸念されたため、この宇宙に対して防疫処置がなされていると。当然この宇宙の内部には密偵が入り、その状況を調べていたと。しかしその密偵にもウイルス感染したり、戻ってこない者が続出。そのため梵天の懐刀と言われたネアンが送り込まれた。ネアンは調査結果を新神話に書いて送り返し、この宇宙は危険であるため、周囲をファイアーウォールで防疫処置がなされ、隔離されているとしていたのです。
そこでいきなり「あめなるみち」として創造神の独白が、私の最も見つけやすい場所にわざとらしく置かれていたので、では吟味しようということに相成ったわけでした。
それはいっしゅ、創造神がどこか良くないところがあったら教えてほしいといったふうでもありましたし、あるいはこんなに努力しているので、読みしてほしいといった感もありました。
そして、その内容に、私の二番目の彼女(霊能者であり霊媒体質の)が、インスピレーションで受け取ったという創造神のメッセージとほぼ同じであることを見て取ったのでした。どうやら、創造神は方々に向けて同じメッセージを発信されているようです。それに感応した者は、創造神の苦境を思い測り、同情の思いと何らかの志願を思い立つようです。この彼女も、志願してやってきていたふうがありました。
しかし、もし創造神の考え方に間違いがあったらどうするのか。忠誠を誓い志願した者は、間違いを訂正する能力は持ち合わせないでしょう。諌めることもできなければ、発案することもできないでしょう。ただ、忠誠を尽くすことのみを義とするはずです。
こうした忠義の者たちは、もし創造神を間違っていると糾弾する者あらば、その者と戦いすらするでしょう。そこなのです。そのような者の鉄壁に守られて、創造神は自らを糺そうという気すら起こさないようになるのです。地球でも、そのような暗愚な為政者を醸成してやまなかった歴史がいくらでもあります。
私はそこに、現在の企業人、企業経営者の姿を相似形に見てしまいます。企業に勤める従業員は、その企業から生活費をもらう関係上、企業方針に否応なく従うのが常です。その企業の内情が、多少ブラックだとわかっても従って、企業の収益のために尽くそうとするでしょう。そうした彼らの忠義の前に、自分のしていることには問題ないと自己陶酔する経営者がよくあるケースなのです。そしてワンマン化したり、自分のことにちやほやする側近ばかりを周りに置いたりするのです。
すると、どんなに腐敗が進んでいてもわからないし、不都合なことを見ようともしない、という結果になっていたりします。
そうして、蓋を開けてみれば、ブラック企業になっていたといったケースが実に多いのです。
ブラック企業は今よく言われるように、従業員を酷使したり絶望させたりして自殺や過労や精神疾患に追いやったりを平気でする。あるいは社会に害毒をまき散らすことを平然としている、あるいは加担しているといった現れ方をしています。
この宇宙もそのご多分に漏れずのケースであり、経営者である創造神に問題ありと、私は見るわけです。
今は途中から有料本になっていますが、その昔には全文無料で読めましたから、それを読んだ感想を申し述べるのですが、まず創造神の考え方の間違いを指摘しましょう。
ひとつは、拡大一辺倒路線にあります。宇宙は拡大を停止すれば、そこで宇宙は終わってしまうという論理です。いったいどこからそのような理論が出てきたのですか? 間違いでしょ。
譬え話をいつもするのですが、宇宙は呼吸してこそ、存続が叶うのです。呼吸とは、息を吐いて肺をすぼめることも認めています。そうしなければ、次の新しい空気が吸えないでしょ。吸って吐いてが継続してなされてこそ、全身は命の循環がスムーズにいくのです。
吸い込んでばかりいては、肺はその時は拡大しますが、やがて限界が来てそれ以上吸えなくなります。それを以て、進化が止まった。もうこの宇宙は終わりだと言っている馬鹿がどこにいますか。肺をすぼめることも是とできなくて、生きておれる馬鹿がどこにいますか。
次に、善と悪の投入による鬩ぎ合いを存続の原動力にするという発想もまた問題です。
善と悪ではその特性が明らかに異なるということがわかっていますか。善は建設側であり、様々な発想で発散し広がっていくものです。だから、善がかけるパワーは分散していく傾向にあります。ところが悪は破壊側であり、建設に比べて易しくしかも短時間にできるという長所とともに、悪は善をマンツーマンで妨害することに特化でき、パワーを集中できるのです。善はアイデアが多方面に広がっていてしかも善良。ところが悪は、悪を拡散し悪を増長するノウハウを蓄積し改良し、それで善のしていることを効率的に阻止したり破壊したりしますが、善は良い善後策をいつも持たず、対策が後手になります。こんな傾向が続けば、誰でも簡単な悪の側に就こうとするのは必定でしょう。
だから、善と悪の比率をたとえ10000対1にしたとしても、時間をかければ悪のほうが増殖して勝つのです。実際の現場を見ずに、創造神は側近の話す「耳障りの良い情報」だけを聞き、問題ないことに安堵して、最後には「またも失敗でした」という報告を聞いて、ショックを受けているといった繰り返しではなかったのですか? そしてそれは実験として行っていたようですね。その一回一回にどれほどの資源(有情の魂)が犠牲になっているか、わかっているのですか?
無責任な科学者たちの実験に任せているようなことはしなさんな。こちら、地球においても、そのような傾向が相似的に現れています。こちら地球では、実験の後先も考えず、その場限りの無責任かつ危険垂れ流し型の科学実験があちこちで繰り広げられており、地球はますます汚染の度を強めています。そしてもう地球は元に戻らない、滅亡必至とまで言い出しています。
創造神よ、あなたのところも同じなんでしょ?
全体を統括する者の責任が問われているのです。お涙ちょうだいの話で、何かが解決するということはありません。それとも忠義な志願兵を募っておられるのですか? これ以上、有情の魂を惑わしてはいけない。
あなたもその有情の魂の一個一個と同じ一個の魂なのですよ。あなたの傘下にいるのは部下でも臣下でもない。あなたに協力しようと、梵の全系からやってきた賦活エネルギーなのです。それをどう扱っておられるのか。梵の全系に有情の魂を返すときに、お礼はちゃんと言っているのですか? お礼の中に、病原性ウイルスなど忍ばせないでください。
六度まで宇宙を潰してしまい、七度目も同様にトライしようなどとしなさんな。地球も相似形に、六度まで文明が潰れ、次にまた七度目をしようかという矢先ですが、そんなことはもはやできません。地球の大建て替えとともに、宇宙も大建て替えされることになるのです。神妙になさい。
むろん、以上は私の探偵としての報告です。それに従う義務はありません。しかし、このことはすべて梵天のもとに届いている報告でもあるということ、ご存念頂きたい。
「あめなるみち」序文に書かれたことと私の幼時体験の相似
私が幼時にしていた”ままごと”遊びの内容をもとに、2001年に新神話第3章に原初世界創世神話と銘打って、梵天大使の言葉として書いています。それは宇宙の創成がどのようにしてなされたかの説明です。
私は小学校五年のとき盲腸の手術をし、入院一週間と自宅療養一週間しました。ところが、それ以前は外で遊ぶのが常であったのに、家の中に閉じ籠もるようになりました。そして、何をしているかというと、私は持っていたプラモのピストルやその他の今で言えばガラクタに、一個一個名前と人格を与えて、彼らに膨大な宇宙の旅をさせて楽しんでいたのです。
そのときに出てきたのが、「玉」すなわち如意宝珠なのです。これが彼らキャラクターの思いを介して、幾多の不思議を演じるというわけです。これを手に持って、美味しい食事が目の前に出よと念ずると、その思い通りの食事が出てくる。その他の思いつくもの何でもがそのようにして取り出せる。やがて彼らは、もっと応用を考え、そこから魔法の絵の具を作り出し、その絵の具で思うものを描けばそれが立体化して実現するといった設定にして、あるときそれで壁にトンネルを描いてその向こうにぽつんと出口を描けば、それが実体化して、彼らはそこに入っていき、向こう側で途方もない経験をしていくといったストーリーだったわけです。
私はそんなことを空想して、面白くてそれに嵌ってしまい、外で遊ばなくなったのでした。
そのうち、彼らキャラクターは永遠の寿命を得ようと、玉を多分割して(といっても割ってしまうのではなく、命ずれば同じものが要求する数だけ出現し、それは元の玉と同じ力を発揮したという設定)、各自がそれを飲んで自己と一体化させ、永遠の命を得るというものでした。そして彼らは眠って自分を安全なベッドに横たえた状態で夢見して、夢の身体を存分に使ってその世界を探検していくのです。あめなるみちの創造神の「神の見た夢」とはとても似ているのです。
彼らはそれぞれに個体の増やし方を探求し、個体数が増えますが、「玉」は彼らにも引き継がれて、あとは彼らの個々がその存在に気付いて創造主性を発揮すればいいだけという設定でした。こうして、「玉」の如意力によって個々が個々別々の宇宙を切り盛りできるという設定にもなっていたのでした。
いちばん最初の彼らは、ちゃんとガラクタとしてキャラがありますから、非常に人口の増えた世界を後にして、彼らだけで軽石の多孔質の穴の中に宿り、そこで永遠の宇宙遊泳をしながら、夢見の旅を続けているということにしました。
そのガラクタにも私は大事にするものとそうでないものの違いを設けていました。プラモのピストルが3種類ほどありましたが、壊れやすいので主人公のトップに据え、あとは壊れかけたものやそのへんにあった雑多なものに、汚れ役をやらせていたようなことでした。中でも、脚気診断用のハンマーでゴムの部分が取れたものがあり、脚気診断にはもはや使えないもので、丈夫でどこに投げてもびくともしないそのハンマーを、ドヂで間抜けな主人公として多用したのです。
彼はあまり賢くないという設定で、トラブルの多い主役としての役柄でした。あの頃の遊びを振り返るに、あのときのハンマーがこの宇宙を創ったのではないかという思いになるのです。
宇宙は創ったものの、彼のひねくれた性格の部分が出てしまい、良好な成り行きの世界にできないでいるのではないかと思うのです。
そんなときに、懸念は通じると言いますか、見つけてしまいました。ハンマーを。
デンバー空港の地下街に描かれた、黙示録をテーマにした秘密結社レベルの救世主登場の巨大絵画があり、そこに救世主になる少年と、彼が手にしているハンマーが描かれてありました。この世界の創造神であるハンマーは救世主のツールとして共に出演しますよ、というメッセージが籠められていたのです。
どんなところにでも、私は必要とあらば、注意が向くようになっているようです。異界の名探偵なわけですから。