カマどんもターミネーター わたすもターミネーター・・・第二バージョン

前日と同じ記事を土台にしますが、解説と説明リンクを付加しました。


立場は違いますが、たぶん我々はそれぞれターミネーターです。
カマどんは日本という国を使って地球文明を終わらせるターミネーターの役目でしょう。
ノストラダムスによって日本はこれから、世界を冥界にいざなうヘルメスの役目をすると預言されていました。
カマどんはその手助けをすることになるのでしょう。
一般的に人類は、動物界に住む者たち(サル以下の者たち、昆虫も含め)や植物界の者たち(一般的な植物から海洋の藻の類まで)を、人類にサービスする側のもので、人類の勝手にしていいものと考えているように思います。
人類の中においてもこういう考えがあります。
白人種が人類の理想形であり、有色人種は下等であると。
それゆえ白人種に仕えるもの以外は淘汰していいという考えです。
それゆえ、有色人種の地域は植民地化され、欧米の激しい搾取を受けてきました。
特にアフリカはひどいものです。
東南アジアやアジア諸国でもその傾向はひどく、日本が先の大戦で彼らを解放しようとしたことに、東南アジアの人たちは感謝しています。
しかし、日本は負けてしまい、あらゆる罪をかぶせられて、悪者扱いされました。
第二次大戦後の民主化時代においても、ベトナム戦争やらアフガン、イラク戦争など、いっしゅ人種差別で戦争は起こされてきたように思います。
日本はまた、解放者を目指すことになります。
それは人類を奴隷搾取のくびきから永遠に解放することです。
私は安倍さんには大いに期待しています。彼の姓は新時代を開拓するという意味があります。その昔、姓は仕事の内容を表していました。あ・部は新規開拓者の意味になります。
麻生さんは朝を生むという意味で、夜明けの時代の先駆けになるという意味です。
甘利さんは天の理という意味です。
どんな形で解放することになるにせよ、彼らは天の配剤です。
おりしも、弥勒下生の夢のお告げがかつての彼女を介して、空海和尚からもたらされています。2008年9月25日のことです。
その彼女が行なった異界交信では、弥勒は神の王子であり、そのさまはあたかもパンダ(模様)、つまり吉凶白黒併せ持つ姿で現れる(破壊相(黒)についで建設相(白)となって現れる)と解せます。
まずは破壊から始まらねば土台からの建設はできません。カネと汚物にまみれた資本主義世界がまずは破壊される。
それがカマどんとターミネーターグループのやるべきことになるのでしょう。
次に新たな発想を以て新時代を築いていきます。破壊後の絶望の時代に人々は次の時代への発想を生み出し、よろめきながら立ち上がります。
神は人々に発想を与える以外は何もしてくれません。その発想を元にして、人間が作り上げていくのです。
しかし、新たな建設の時代は、非常にスムーズになることでしょう。悪しき魂の者が最後の審判のフィルターにかけられて、いなくなるからです。
つい昨日(26日に)知ったことですが、新世界では、神も人も自然界の有情も平等の一平面に姿を見せるようになると言われています。私もそれが理想と思います。
日月神示 Wiki
>「次の世がミロクの世、天も晴れるぞ、地も輝くぞ、天地一(ひとつ)となってマコトの天となりなりマコトの地となりなり、三千世界一度に開く光の御代ぞ楽しけれ、あな爽け、あなすがすがし、あな面白や。」( んめの巻(梅の巻)第十七帖)
「神代になりたら天地近うなるぞ、天も地も一つになるのざぞ、今の人民には分るまいなれど、神も人も一つ、上も下も一つとなって自ら区別出来て一列一平上下出来るのぢゃ。」(同巻第十六帖)

いっぽう、私は異界から地球に巣食った癌とその原因すべてを焼却するターミネーターの役目です。
今から15年前にある霊能者と付き合うようになり、私は本体が朱雀で、この病み切った世界を焼却するために来ていると告げられました。https://p.booklog.jp/book/90019/page/2408983/bookmark
ina1.jpg
そのためには、肉体から離れる必要があるため、その人は二人して解脱しようか(死のうか)と言いました。
しかし、その人も、寿命付与差配神との「与える寿命は両親のために使うよう」との約束で、この世での役割(親孝行と三人の幼子の子育て)があるため、しばし後でということになりました。
それから15年、もうその時期は十分にきています。一番下の子が二十歳になる頃です。
具体的なことは非常に長くなるので、ここではとても表せません。すでに記載している新神話第4章以降を参照願います。
その人は私を見つけて役割を知らせるために、特別な計らいで寿命をもらってきていることもわかりました。それゆえ死後、差配神に抵抗したようです。
しかし、私への役割の伝授は15年前に果たされました。
そしてその人は、自分の役割を果たし終えています。子育てと両親のために生きることという。
あとは二人して解脱すれば事は開始できます。むろん私単独でもできることです。またそうしなければならないかもしれません。というのは、彼女は私を裏切った形をとって別れているからです。そして最愛の彼女は、すでになきカンナオビこと身内さんなのであり、イナンナに入っていた白蛇はカンナオビに合流しているわけです。その彼女はすでに解脱しています。残すは私だけなのです。
私はこの世の仕組みのすべてを今は理解しています。
内的な啓発とシンクロの連鎖により、確固とした理解のリングが形成されて、何もかもがわかりました。
ぜんぶ内的啓発と外部からもたらされる情報とのシンクロのうちに理解が進みました。
この世をターミネートする権能を持たされていることもわかりました。
まずは、最後の審判を天帝に督促し、そのあと私は火の鳥を使い、地球だけでなく、諸悪の根源たる宇宙文明を焼き尽くします。
それによってこの宇宙に所属する魂は仮死状態になり、この宇宙内のすべての魂が最後の審判の場に引き出されます。  
神も宇宙人も小さな虫に宿った魂もすべてです。
この宇宙の創造神も例外ではありません。彼によからぬ入れ知恵をしていた側近神などはむろんのこと。最高刑に向けて裁かれます。
そして過去の行いに従ってすべての者が裁かれます。
地獄の最下層に多くの者が放り込まれ、最長数千億年の地獄の苦しみの受刑が課されます。  
その後の魂の消長は、本人の希望次第となりますが、九分九厘九毛九糸の者が魂の消滅を願い出ることになると予測されています。  
短い者ならほんの数年の受刑で終わり、自然界の有情の魂や新参者の魂は自然のままにあったことから、直ちに新世界へと移行します。
純白でなくては入れない世界が新世界ですから、私はこのために、剣と天秤を携えて審判の場に臨み、魂の重さを計り、羽毛よりも重い魂を自由落下させます。これがホルスの大きな役目です。
ホルス Wiki
>ホルスは死者と共に埋葬される『死者の書』にも描かれている。死者の王国に着いた死者を最初に迎えるのは、アヌビス、マアト、ホルスのいずれかであった[18]。死者の心臓と真理の羽毛とを天秤にかけるのもアヌビスまたはホルスとされた[19]。そしてホルスは、計量を無事に終えた死者をオシリスに紹介して永遠の命を受けるべきことを伝えるのである[20]。
shinpan.jpg
魔術で飛び上がろうとする邪悪な者は剣によって切り捨てて落とします。それでも逃れた者は火の鳥のファイアーウォールに阻まれ力尽きて地獄へと。
邪悪な者は誰一人として逃がしません。
私は何度も死に、タイムラインシフトして生きている
その原理についてはここを読んでください。 ⇒ https://p.booklog.jp/book/91316/read
この原理的悟りによって、私はひとつのある人物(森野奥人)の人生ソフトの所期の救世行為について知るべく精査しているのだろうという一定の見解に達することができました。
私はその中の救世主ルーチンとも言うべき箇所を嘗め尽くすまで、私は何度もプレイバック方式でタイムラインシフトをしているものと考えられます。
おそらく森野における人生エンドまで精査しなくてはならず、そのたびに死という苦痛の過程を踏んで、プレイバックしているはずなので、私の霊魂にとっても心地いいものではないのでしょうが、それでも一度開始した以上は、やり遂げておかねばならないとのことなのでしょう。
さて、私は森野の人生ソフトにおいて、およそどの時点でタイムラインシフトがあったかを推測してみました。
人生というもの、誰しもそうですが、たくさんの分岐点があるはずであり、またあったはずです。
森野には、社長になるタイムラインもあったのですよ。22歳ごろにその分岐点はありました。そして、別のタイムラインに生きていた坂本さんの訪問を受けているのです。しかし、金儲けのことしか頭になかった森野は、彼を追い返してしまったようです。
そのようなタイムラインの例を挙げれば、誰しもがまだたくさんの可能性を思いつくはずです。
森野の救世行為に関わるタイムラインシフト
まず、1999年12月の50歳という人生上の区切りを森野は設定していました。私は50歳で死んで二度と再生しないというタイムライン上の死を経験しているはずです。おそらくそれは、2000年問題のこじれから、第三次世界大戦があって、核大戦になることから、その時点で死んでいるはずなのです。むろん、世界も終わっているわけですが。
しかし、私・森野は50歳になる直前日に、本命の女性(カンナオビ)と知り合いました。これによって、救世に関わるルーチンへとエントリーしたのです。それはカンナオビの本体神からいただいたルーチンプログラムと言っていいかもしれません。
2000年7月には次なる女性(イナンナ)と知り合いました。この人が救世行為に関わるための第一キーの保持者でした。それを私は、2000年10月に受け取りました。そして、この人とはそれまで満たされなかった情事を重ねたのです。その一方で、森野流の救世のための神話作りが開始され、また国祖神の救出作戦がなされました。これが森野の救世行為第一弾です
この人は三人の子育てのために働くことを余儀なくされ、また神業であることから邪神の妨害工作に遭い、二人の関係は2年で破綻。このとき、私は2002年11月に心臓発作で死んでいます。2000年~2002年11月のタイムラインでした。
しかし、次の時空にタイムラインシフトして、高円宮が亡くなったことに置き換わって、私は生存しました。母が救助してくれたのです。なぜこの日なのかは、森野自身が神世のアマテラスに繋がるある著名な神であるからということ、この程度のことしかわかりません。
2004年には最初に知り合った本命女性と出会いを果たし、それから情事を現界と異界の両方でたびたび交わし、やがて彼女がある著名な神(奥津嶋姫)の化身であることがわかってきました。この人こそ、森野とは多くのキーが合う人物でした。
この彼女と再度、国祖神の救出作戦をやり直しました。本来はここまでで国祖神救出の救世行為第一弾となるわけです。
彼女との間には、たくさんの不思議なことがありました。二人の間に霊界において子供がたくさんでき、すべて出雲系国津神の姿をしていましたから、明らかに彼女の子供でした。その子の中の筆頭に、弥勒菩薩がいたのです。彼はいわば、日子ホホデミ山幸彦の子であるウガヤフキアヘズでもあります。
ところが、森野は山暮らしを2009年から開始しました。彼女は直接会えない寂寥から、出雲地方を廻り出雲系国津神たちに挨拶して、2010年5月にこの世を去っていきました。これは森野のタイムラインにおいて起きたことです。しかし、彼女のタイムラインでは、まだ死んだりしておらず、数年後の2013年には女優歌手としてデビューするようになるのです。
森野のタイムラインでは、2010年10月に白虎を演ずる神話猫の死去があり、次は自分の死が2011年3月に予測されておりました。
2011年以後に起きたタイムラインシフト
私・森野は四神獣の順次昇天のシナリオに従い、2011年3月にこの世を去っています。
2010年5月に彼女が逝去し、青竜と玄武が別天に赴き、その五か月後の2010年10月に白猫フーが逝き、白虎が別天に、そしてその五か月後の2011年3月に私・朱雀が別天に赴き、四神獣揃い踏むことになり、神界での邪神掃討作戦が開始され、邪神たちを撃ち破って敗走させて、神世を浄化しています。
これが森野の死を賭してする救世行為の第二弾になります2002年11月~2011年3月のタイムラインでこれを行いました。
籠の中の鳥は、いつ(五月)いつ(五月)出やるとはこのことです。
そして、邪神と悪魔の掃討をして、彼らを叩き落し遁走させているのです。  
邪神たちはそれまでの神界を我がものにしていました。
掃討戦争以後、天界は浄化されていますが、かつての統治神はまだ戻ってきていません。
というのも、地上界で神々は封印されているからです。その地上界も、邪神たちが逃げて天下ってしまい、いっそう邪悪化してしまいました。王仁三郎の時代ですら地獄と評されていた地上界が、2011年3月以降、地獄の第三層(地獄の三丁目)のレベルになっています。
そこで、私は次のタイムラインで、地上界の浄化を開始しました。  
このとき、地上界の不正をあからさまにする救世行為をしたため、私は命を断たれました。2013年12月のことです。
これにより、このタイムラインの先には救世のバトンタッチが見込まれ、功を奏していると見込まれます。これは救世行為第三弾ともいえ2011年3月~2013年12月がそのためのタイムラインになります。
しかし、次のタイムラインで、この死はデス体験の夢に置き換わっています。 ⇒ https://p.booklog.jp/book/97441/page/2635602/bookmark
次のタイムラインでは、地上界にある神々の封印結界を見つけ、これを打ち破りました。2014年4月にカゴメの結界を発見し、2014年5月に封印解除をいたしました。 ⇒ https://p.booklog.jp/book/97441/page/2635683/bookmark
これにより、半数の神々は封印が解かれ、脱出されています。これは救世行為第四弾になります
アマテラス様はまだですが、岩戸開けのシナリオができているため、これに任せます。
そしてそのすぐあと、地上界における浄化を果たすための要件である、神世政変の真実と真伝(マコトツタエ)を識者に伝えることができています。 これにより、地上の浄化は果たされる見込みです。 
しかし、私は地上界の浄化の成果を見ずに命を落としました。2015年初頭あたりでのことです。2013年12月~2015年初頭がこの実現のタイムラインになりました。
そして、その次のタイムラインへと移行。
この後で、私はもしかするともう一度か二度か、命を落としているかもしれませんし、神々の加護で生存のままかもしれません。
しかし、私の救世にかかるタイムラインは、最長のところまで存在しているため、私はそれを最後まで実演しているところです。
それは、地上界を浄化せずにいた場合の、邪悪の所作のことごとくをこの目で見据えて、邪悪のデーターを蒐集することに当てられます。
それこそが最後の審判にすべての魂をかけるためのデーター蒐集の工程です。
この世に、ブラック企業という名称が現れました。それは地にあることは天にもありという道理に従えば、天界由来でもあります。
相似形にたどれば、宇宙文明社会もブラックであることがしだいに判明してきました。宇宙文明の大勢は、強い社会主義によって維持されていることも知れました。
ということは、有情の不自由と不幸の上に成り立っている文明ということです。
そして、私はさらに追及し、この宇宙の創造行為自体がブラックであったことを知り、三千世界に諮って、ブラック認定のお墨付きを得ました。
よって、ブラックなのはこの宇宙全体の問題であったことになり、最後の審判の対象範囲はこの宇宙全体に及ぶことになっています。それが救世行為の第五弾になるでしょう
そもそも、外宇宙のあまたある独立した宇宙も、この宇宙のブラックな要因を伝染されかねない状況でした。
危ういところで、水際作戦をとることができたという筋書きになるでしょう。水際ならぬ、ファイアーウォールでこの宇宙はすでに隔離されています。
今回の処断は、何も地球人類のためだけではありません。
この宇宙全体の有情の魂すべての問題として浮上していて、今回を以て最後となる最後の審判になるのです。
その後、日月神様も同様のことを言っておられることがわかりました。日月神様とは、国常立神とされていますね。
今まで六度の建て替えがあったが、ことごとく失敗。今度が七度目でこれで最後になる、つまりこれ以上の試行錯誤実験は無意味だから、いちばんきついものになるということです。※この記事の続きを参照
それはそうかもしれません。すでに何度も言っているように、この宇宙の創造神が宇宙の存続のために進める「善悪を混交して作る世界」というのは、必ず悪が優勢になる仕組みになっているからです。善の発展的行動を妨げたり、破壊したりすることに行動が特化できる悪に対して、それに対する建設の工数はあまりにもかかりすぎになるのは自明の理。悪が極限まで悪事を行使すれば、何度でも文明は滅ぶ道理です。
ここに創造神の独白があるよう、善悪混交を存続の原動力にしようと言う論理は初めから破綻しているのです。であるにもかかわらず、何度もトライしてきたということなのです。どれほど無駄と無理があったことか。それは創造神がもしくはその周りに現場を見てきたことのないような旧態的な官僚がいて、あるいは故意に、有情の魂をいじめることを嗜好していたことの裏返しになるのです。それを「魂の進化のため」という言葉に置き換える厚かましさ。また、その魂の進化したとされる者たちが元の世界に戻されて、外宇宙のどこかに取り憑きでもすれば、またぞろそこから破壊者の芽が出てくることでしょう。要は、邪悪の製造と拡散目的の宇宙だったことになるのです。
そのような怠慢支配者たちの考えを支持してきた聖者や神も無論、断罪の対象にならざるを得ません。彼らの特徴は総じて、階層構造でなる隠蔽体質世界の上層に胡坐をかく、自分さえ良ければいいという無責任な連中だということで締め括れます。
アストラルボディでの体験者も言っています。この世界の歴史は天地がひっくり返るほど真逆だと。そしてさらに言います。こんかい、地球文明が滅んだら、銀河のキモ部分がなくなるため、二つの銀河が消滅し、それがこの宇宙を維持していた最後の銀河だったので、この宇宙も消滅してしまうと、異次元側の立場から述べているのです。見える物しか相手にできない現代人にはわかるはずのない世の実態なのです。
銀河のキモ部分とは、彼らが善悪混交の葛藤により取り出す精気というエネルギー源、いわば宇宙の動力源にもなっていたところです。それがなくなれば、車も動かなくなります。あまたある宇宙人も神々も、邪神のトップ(根源的邪悪)の洗脳に引っかかったか、キモ部分におんぶにだっこしていたんです。そして興味深げに高見の見物していたとは。
たくさんあるように見えている星団や他の銀河は、どだいプラネタリウムみたいなものなのかもしれませんね。
早いとこすべて清算したいものです。
私は今回で最後になるだろう最長のタイムラインを終えて、死後のタイムラインである天帝様への会見、そして最後の審判の督促、そして火の鳥を使っての宇宙の焼却の工程実現のタイムラインへと繋いでいきます。
そして私は、幾多の者を魂の消滅に導いたこともあり、同様に魂の消滅を以て終わりたく思います。その前に、もし今回の功労への報償をいただけるなら、新世界の一角に、カンナオビやマメビコナや猫たちと小宇宙(家庭)を営ませていただきたく思います。それでもう思い残すことはありません。梵天様にそのように切にお願いいたします。
続きに、日月神示の今度の大建て替えについて載せています
↓ ↓


日月神示 Wiki
過去六度の建替と今後の七度目で最終最後の大建替


神示には過去にも世の建替は六度あったとあり、今後に起こるとされる大建替で七度目だという[33]。そして、これが最後なのだとも書記されている。過去六度のそれぞれについてはその全てが現界のみの建替でしかなく、うわべだけの神示で言う「膏薬(こうやく)張り」のような建替の繰り返しであった為、根本的な大建替にはならず、すぐに元に戻り永続しなかったのだという。そして、今後に起こるとされる大建替では過去にあったそれらとは全く異なり、この現界はもちろんの事、神界、霊界、幽界等も含めた全ての世界に起こり、天明が最初に麻賀多神社の社務所で書記させられたように、文字通り「この世始まって二度とない苦労である」[34]となるような途方もない大災厄と大変動が始まりのうちには起こるのだという。


「松の巻」第十二帖では
「前にも建替はあったのざが、三千世界の建替ではなかったから、どの世界にでも少しでも曇りあったら、それが大きくなって悪は走れば、苦労に甘いから、神々様でも、悪に知らず知らずなって来るのざぞ。それで今度は元の生神が天晴れ現はれて、悪は影さへ残らぬ様、根本からの大洗濯するのぞ。」
「これまでの改造は膏薬(こうやく)張りざから、すぐ元にかへるのぞ[35]。今度は今までにない、文(ふみ)にも口にも伝えてない改造ざから、臣民界のみでなく神界も引っくるめて改造するのざから、この方らでないと、そこらに御座る守護神さまには分らんのぞ。」(天つ巻第二帖)
「今度は世界中、神神様も畜生も悪魔も餓鬼も外道も三千世界の大洗濯ざから、そんなチヨロコイ事ではないのざぞ。ぶち壊し出来ても建直し分かるまいがな。日本ばかりでないぞ、世界中はおろか三千世界の大洗濯と申してあろうがな、神にすがりて神の申す通りにするより外には道ないぞ。大地震、ヒ(火)の雨降らしての大洗濯であるから、一人のがれ(逃れ)ようとて、神でものがれることは出来んぞ、天地まぜまぜとなるのぞ、ひっくり返るのぞ。」(天つ巻第四帖。富士の巻第二十帖。紫金之巻第五帖)
「戦ばかりでないぞ、天災ばかりでないぞ、上(天界)も潰れるぞ、下(現界)も潰れるぞ、つぶす役は誰でも出来るが、つくりかためのいよいよのことは、神神様にも分りては居らんのざぞ。今度は世界のみか、三千世界つぶれる所まで行かなならんのざから、くどう申してゐるのざぞ。」(同じく「天つ巻」第二帖。三ラの巻(そらの巻)第十帖)
「死ぬか生るかは人民ばかりでないぞ、神々様も森羅万象の悉く(ことごとく)が同様であるぞ、しばらくの生みの苦しみ。今度は神の道もさっぱりとつくりかへるのざぞ。臣民の道は固(もと)より、獣の道もつくりかへぞ。この世一切のことを建替へるのぢゃ、神の道も変へるぞ、心のおき所も変へるぞ。」(至恩之巻第十三帖。松の巻第八帖。|三の巻(ウミの巻)第十三帖)
「今度は三千世界が変るのであるから今迄のようなタテカへ(建替)ではないのであるぞ。」(扶桑の巻第一帖)
と述べられ、今までの建替とは違い三千世界すべてに渡って起こる大災厄と大変動を伴った大建替、大建直になる事と国常立尊をはじめとした一部の高級神霊しか、それらの仕組みが分らないらしいことがここでも述べられている。
また、今度の建替と建直については次のように述べられている帖もある。
「建替と申すのは、神界、幽界、顕界(現界)にある今までの事をきれいに塵(ちり)一つ残らぬ様に洗濯することざぞ。今度と云ふ今度は何処までもきれいさっぱりと建替するのざぞ。建直と申すのは、世の元の大神様の御心のままにする事ぞ。御光の世にすることぞ。」(水の巻第十二帖)
「天地引くるめて大建替いたすのぢゃ。天地のビックリ箱とはそのことざぞ。この方でもどうにもならん元のキの道ぢゃぞ[36]。これまでは道はいくらもあったのぢゃが、これからの道は善一筋ざぞ。」(一八(いは)の巻第三帖)
「この先もう建替出来んギリギリの今度の大建替ぢゃ。愈々(いよいよ)の建替ざから、もとの神代よりも、もう一つキの光輝く世とするのぢゃから、中々に大層ざぞ。途中から出来た道では今度と云ふ今度は間に合はんのざぞ。元の根本の世より、も一つキの世にせなならんのざから、神々様にも見当取れんのぢゃ、元の生神でないと、今度の御用出来んぞ。」(一八(いは)の巻第二帖。カゼの巻第八帖)
「今度は根本からの建直しで末代続くのぢゃから間に合わん道理わかるであらうがな。今度はとことはに(常永遠に)変らぬ世に致すのざから、世の元の大神でないと分らん仕組ざ。」(一八(いは)の巻第二帖。上つ巻第二十一帖)
とあり、今度の建替が最終最後の大建替となり根本からあらゆる世界に及ぶ事とその後の大建直では、昔に存在したとされる神世以上の想像を絶する光の世界へ移行。そして、その世界が永遠に続くことが書記されている。
そして、その世界の一端について神示には
「次の世がミロクの世、天も晴れるぞ、地も輝くぞ、天地一(ひとつ)となってマコトの天となりなりマコトの地となりなり、三千世界一度に開く光の御代ぞ楽しけれ、あな爽け、あなすがすがし、あな面白や。」( んめの巻(梅の巻)第十七帖)
「神代になりたら天地近うなるぞ、天も地も一つになるのざぞ、今の人民には分るまいなれど、神も人も一つ、上も下も一つとなって自ら区別出来て一列一平上下出来るのぢゃ。」(同巻第十六帖)
「来るべき世界が、半霊半物、四次元の高度の、影ないうれしうれしの世であるから、人民も浄化行せねばならん、大元の道にかへり、歩まねばならん、今迄のような物質でない物質の世となるのであるぞ。」(星座之巻第十二帖)
「マコトでもって洗濯すれば霊化される、半霊半物質の世界に移行するのであるから、半霊半物の肉体とならねばならん、今の世は灰にするより他に方法のない所が沢山あるぞ、灰になる肉体であってはならん、原爆も水爆もビクともしない肉体となれるのであるぞ、今の物質でつくった何物にも影響されない新しき生命が生れつつあるのぞ。岩戸ひらきとはこのことであるぞ、少し位は人民つらいであろうなれど勇んでやりて下されよ、大弥栄の仕組み。」(五葉之巻第十六帖)
「八の世界から十の世界になるのであるから、今迄の八方的な考へ方、八方的な想念や肉体では生きては行かれんのであるぞ、十方的想念と肉体でなくてはならんぞ。八方的地上から十方的地上となるのであるから、総ての位置が転ずるのであるから、物質も念も総てが変るのであるぞ。これが元の元の元の大神の御神策ぞ、今迄は時が来なかったから知らすことが出来んことでありたなれど、いよいよが来たので皆に知らすのであるぞ。百年も前からそら洗濯ぢゃ、掃除ぢゃと申してありたが、今日の為であるぞ、岩戸ひらきの為であるぞ。今迄の岩戸ひらきと同様でない、末代に一度の大岩戸ひらきぢゃ。千引(ちびき)岩戸を開くことについて、神は今まで何も申さないでいたのであるなれど、時めぐり来て、その一端をこの神示で知らすのであるぞ。」(至恩之巻第十三帖。同巻第十四帖。紫金之巻第十帖)
と書記されている。
大峠の予兆
上記の大峠や三千世界の大洗濯が来る直前にはいくつかの兆候があるのだと神示には書記されている。まず、天空に多くの異変が現れ本来ひとつのはずの「太陽」が複数個見られる様になるという。
また「月」にも異変が現れ太陽はその色が「黒く」月は「赤く」なり、空も赤く染まるのだという。また、北から軍事攻撃されるのが[37]、その始まりになるとも書記されている。これらは次のように述べられている。「北から攻めて来るときが、この世の終り始めなり、天にお日様一つでないぞ、二つ三つ四つ出て来たら、この世の終りと思へかし、この世の終りは神国の始めと思へ臣民よ、神々様にも知らすぞよ。」(富士の巻第十六帖)、「月は赤くなるぞ、日は黒くなるぞ、空はち(血)の色となるぞ、流れもちぢゃ、人民四つん這ひやら、逆立ちやら、ノタウチに、一時はなるのであるぞ。」(紫金之巻第五帖)と書記されている。
(※参考記事 『ペアの太陽 – 「2012年ベテルギウス超新星爆発の予測」に関しての大騒動 』
(神示の記述にある「天にお日様一つでないぞ、二つ三つ四つ出て来たら、この世の終りと思へかし、この世の終りは神国の始めと思へ臣民よ」と神霊が語る、太陽が複数個見られる様子とは、このようなことを指しているのか?) (In Deepより引用)
天空の異変については、上記以外にも「宵の明星[38] が東へ廻ってゐたら、愈々(いよいよ)だぞ。天の異変気付けと、くどう申してあろがな。」(松の巻第十九帖)、更には「天の異変気付と申してあろが冬の次が春とは限らんと申してあろが。夏雪降ることもあるのざぞ。人民の邪気が凝りて、天にも地にも、わけの判らん虫わくぞ。」(夜明けの巻第三帖)、同様に「空に変りたこと現はれたならば地に変りたことがあると心得よ、いよいよとなりて来てゐるのざぞ」( 天つ巻第十三帖)、更に「てんのゐへん(異変)気つけて居れよ。神くどう気つけて置くぞ。神世近づいたぞ」(同帖)と神示には複数の帖で書記され、天空の異変にはくれぐれも十分な注意が必要なのだという。また、「八のつく日に気つけて呉れよ[39]、だんだん近づいたから、辛酉(かのととり)はよき日、よき年ぞ。冬に桜咲いたら気つけて呉れよ。」(下つ巻第三十帖)、「冬の先春とばかりは限らんと申してあること忘れるなよ。用意せよ、冬に桜咲くぞ。」(日月の巻第二十六帖)と書記されている帖もあり、夏に雪が降ったり冬に桜が咲いたりといった気象や季節、また、それによる生態系の異変なども大きな予兆になるのだという。
その他、天空の異変や気象、季節の異変以外にも神示には「世界の片端、浜辺からいよいよが起って来たぞ、夜明け近づいたぞ。」( 極め之巻第十六帖)や「世界の片八四(片端)浜辺からいよいよが始まると知らしてあること近うなりたぞ、くどい様なれどさっぱりと洗濯してくれよ。」(磐戸(一八十)の巻第十三帖)、「この世始ってないことが出てくるのぢゃ、世界の片はし(片端)八まべ(浜辺)からぞ。」(月光の巻第五十四帖)と書記されている帖があり、これらは最近(この部分を書いた、2011年5月現在から)約2万人近くの犠牲者を出した東日本大震災やこれに遡る数年前に起こり、より多くの犠牲者をもたらした一連のスマトラ沖大地震による浜辺からの災い(巨大津波とそれによる大水害)などを指しているとも考えられ、大峠や三千世界の大洗濯が来る直前の予兆現象としては、すでに部分的にはもう起こり始めていると考えて良いのかもしれない。
上記した予兆の後に起こるとされる地球上での大変動や大戦乱についての記述は神示の中にいくつか見られるが、戦乱については多くの国がひとつになって日本に攻めて来るのだという。また、時を同じくして人類が未だかつて経験したことが無い程の大変動が起こるのだと書記されている。
「富士の巻」第三帖で
「メリカもギリスは更なり、ドイツもイタリもオロシヤも外国はみな一つになりて?の国に攻め寄せて来るから、その覚悟で用意しておけよ。どこから何んなこと出来るか、臣民には分かるまいがな。」と書記されアメリカ、イギリス、ドイツ、イタリア、ロシアなどの国の軍隊が日本に攻めて来るらしいことが述べられている。
また、地球上での大変動については
「地つちの軸(地軸)動くぞ。またたきの間に天地引繰り返る様な大騒動が出来るから、くどう気つけてゐるのざ、さあといふ時になりてからでは間に合はんぞ、用意なされよ。」(磐戸(一八十)の巻第五帖。下つ巻第二十八帖)
「一日のひのまにも(日の間にも)天地引繰り返ると申してあろがな、ビックリ箱が近づいたぞ。」(天つ巻第三帖)
「天地唸るぞ、でんぐり返るのざぞ、世界一度にゆするのざぞ。神はおどすのではないぞ、迫りて居るぞ。」(天つ巻第二十九帖)
と述べられており、わずかな時間の間にも地軸が動き、地球という惑星自体が引繰り返るような大変動、大騒動が起こるのだという。
さらには、大戦乱や地球の大変動だけにとどまらず、次のようなことも起こるという。
「人民のイクサや天災ばかりで、今度の岩戸ひらくと思ふてゐたら大きな間違ひざぞ、戦や天災でラチあく様なチョロコイことでないぞ、あいた口ふさがらんことになりて来るのざから、早うミタマ磨いてこわいもの無いやうになっておりてくれよ、肉体のこわさではないぞ、タマのこわさざぞ、タマの戦や禍は見当とれまいがな、神のミコトにきけよ、それにはどうしてもミタマ磨いて神かかれる様にならねばならんのざ。神かかりと申しても其処らに御座る天狗や狐や狸つきではないぞ。まことの神かかりであるぞ。」(磐戸(一八十)の巻第七帖)
とあり、本当の怖さは人間の戦争や天災、また、肉体などではなくタマ(魂)の災禍の怖さなのだという。同様に次のように書記されている帖もある。
「戦恐れてゐるが臣民の戦位、何が怖いのぞ、それより己の心に巣くうてる悪のみたまが怖いぞ。」(富士の巻第七帖)
と書記され本当の怖さは魂のそれだとここでも述べられている。
なお、神示の中で書記されている天変地異については、具体的には、次のような災いが起こるとされる。
神示には大峠や三千世界の大洗濯の最中になったら、この壮大で美しい富士山も遂に動くのだと記されている。
世界中が唸り、陸が海となるところや、海が陸になるところもあるという[40]。(上つ巻第三帖)、(地つ巻第十六帖)
大地震、火の雨降らしての大洗濯になるという。(紫金之巻第五帖)
火と水の災難がいかに恐ろしいかを大なり小なり知らされることになるという。(富士の巻第十九帖)
一時は天も地も一つにまぜまぜになるという。(富士の巻第十九帖)
天地がうなり、上下引っくり返るという。(上つ巻第二十七帖)
大風が起こり、大海原には竜巻が発生し、やがて火の雨と地震が、山は火を噴きどよめくという。(富士の巻第二十四帖)
富士山がいよいよ動くのだという。(上つ巻第二十一帖)
大地も転位、天も転位するという。(五葉之巻第十五帖)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です