ナワリズムの世界は生きている (こっちは死んでるが)

自動修復する奇跡の地上絵「カンデラブロ」
https://ameblo.jp/agnes99/entry-12172027692.html
その中のこの不思議映像

>地上絵はなぜ数千年も壊れないか(超古代文明 衝撃の新説より)
ナスカの地上絵は紀元前500年以降に描かれたとされるが、これは地上絵の近くからナスカ時代の杭や土器の破片が発見されていることからの推測であり、それよりずっと昔に描かれた可能性も否定できない。
地上絵の線は、地表の酸化した暗い色の石を深さ20~30センチほど取り除き、深いところにある明るい色の岩石を露出させることで描かれているが、ナスカのような風や雨による浸食の少ない地であったとしても、そのような線が数千年を超えてその形を保っていることなどあり得ない。そこで、これは高度に発達した超古代文明のテクノロジーによるものと考えるべきだろう。

解答は結局、「地上絵自動修復システム」が古代にあったのだろうという落ち着き方でありまして、さっぱり(現代科学では)仕組みがわかってないわけですね。こんな言葉で説明が果たせていると錯覚している事例があまりにも多いようです。
さて
caldelablo.jpg
caldelablo2.jpg
caldelablo4.jpg
caldelablo3.jpg
現代科学ではわからなくても、中南米のこの地域に栄えたトルテックの文化の中の「ナワリズム」によって、もしかすると解明できるかもしれません。
ナワリズムというのは、我々人間、それだけでなく動物が潜在させている特殊能力「夢見の力」を熟練の修行によって発現させるようになった人々の驚異的な文化と言えるでしょう。誰でもが眠りに就けば、お世話になるのが夢の世界です。それがある活性化された状態下で、とてつもない力を出すことがあるようなのです。
かつて日本にも、カルロス・カスタネダの著書が紹介されていましたが、その内容は、実際にナワリストグループに接触し、参加して初めてわかる生命本来の潜在能力かもしれません。
あの地域には、夢見の達人たちの訓練に明け暮れた意志の力が強く残っています。カスタネダもそのことを言っています。
彼らの当初の目的は、死を必然とする世界からの逃避。不老不死の実現でした。中国で言うなら、仙人を目指したと言い換えられるでしょう。
彼らナワリストグループは、修行の最後に、断崖絶壁から飛び降りて、地上に激突する前に、新しい世界を組み立てて移行を果たす、というテストをしたそうです。それがうまくいけば、彼らは別世界にテレポートし、命が助かるというわけです。
そして、無事テストが終わると、今度はグループ全員で、輝かしい炎の帯となって、この世界から旅立って行ったと言います。それを地上で見送った人々は、彼らのことを羽根飾りをつけた蛇と形容したそうです。龍頭蛇身の英雄神・ケツアルコアトルがそうですね。
中国の仙道ではこれを羽化登仙、還虚合同と言いました。
私たちもやりましたよ。
マメ鳥くんと私は、同じ時刻に異床同夢の夢見に入り、親子朱雀の飛行を異界交信チームの前で披露しました。それは2008年か2009年のことでした。
ところがそれが、2014年になって、ナスカで新たに発見された地上絵として蘇っていました。
夢見の世界は確かにあって、そこで任務についている異界チームがちゃんといるのです。あの助走をつけた飛行のときには、芝生の丘の上でアインシュタイン博士も同席していて、芸術的と評価してくれました。彼らがトルテックの人々だったかどうかはわかりません。しかし、夢見にトライする者をサポートしてくれていることはわかりました。
それが現時点では砂漠でしかないということは・・・
こちらは死の世界。あちらは生きた世界。
あちらでの存在が、こちらでの造景になっているのだとすれば・・・「カンデラブロ」の自動修復の原理とは、あちらが生きている限り(つまり破壊されずに存続している限り)、こちらにコピーされるようにして復元される仕組みであると言えるかと思います。たぶん、ナスカの地上絵全部がそうなっているのではないでしょうか。
さて、謎がひとつ生じています。
あのときの新発見の地上絵が(私たちに関したものは少なくとも二つありますが)、非公開にされてしまっています。何十点もみつかったそうですが、ほんの数例を除いて、ネット上からは消えてしまいました。むろん、親子鳥の絵も。発見当時のセスナ機による俯瞰Youtube映像も抹消され存在していません。
この世の主催者というか、支配者からすると、知られてはまずい何かが見つかったのかもしれません。自動修復システムの原理がわかったのかもしれません。そんなものが知られたら、ヤツラにとっていいわけはないですからね。
そこまでに、この世は加工され改竄しつくされてきていると言えるのです。
何のために? それは近未来の全人類ロボット化のためです。そんなことして、よく面白いものだと思いますが、根源的邪悪ならやりたがりそうなことです。
これでは、人間は、人類は、半永久的にヤツラの奴隷になっておくしかないでしょう。
それこそ、もう一度絶滅して出直しするか、外宇宙からの解放者の到来に祈るしかなくなります。
ニコッ。そう、私は外宇宙からやってきたガッチャマン・ホルスです。
ホルスはおるすよ、お留守じゃなかとよ、ここにおるすよ。
ガハハハハハハハ・・・(;’∀’)
えらいこっちゃ こりゃ責任おえんで

地球を捨てる神あれば 地球を取り戻そうとする神もある

In Deeepさんのところから
サンゴと海藻が全滅に向かい続ける「地球の海」の近い未来
https://indeep.jp/global-coral-reefs-bleaching-event-and-seaweed-die-off/
その記事の中の
>グレート・バリア・リーフは、2900の小規模なサンゴ礁から構成される。今回調査したのは911のサンゴ礁で、このうち実に93%に上る843のサンゴ礁が、何らかのかたちで白化していることが判明した。
サンゴ白化の拡大によって、副次的な影響が大きくなることは明らかだ。というのも、グレート・バリア・リーフには1500種を超える魚、世界のウミガメ7種のうち6種、30種のクジラやイルカが暮らしている。

2006年だったか、身内さんはグレート・バリア・リーフにスキューバダイビングしに行ったのですが、そのときにはまだ何ともなかったようです。
ところが今や
>人間の生活圏から大きく離れたような場所でも、次々とサンゴが死んでいっているということで、最大の理由は「海水温の異常な上昇」ということになりそう
>少なくとも太平洋に関しては、サンゴを滅ぼしているのは、海水温度だけではないのです。
もうひとつ大きな要因があります。
それは、「ヒトデ」なのです。

もう今やこの時空には身内さんはいません。彼女は海神の娘であり、海亀は彼女のシンボルでもあるのです。まさに彼女の撤退に伴って、海洋の種族が滅亡に向かっているかのようです。
しかし、別の時空では彼女は生きていて、2013年10月にはコメディアン女優歌手としてデビューしていますから、きっと向こうの時空では、海もまだ問題ないのでしょう。 ⇒ https://p.booklog.jp/book/97441/page/2636826/bookmark
さて、問題のヒトデなのですが、
>ヒトデの中の「オニヒトデ」というものなのですが、このオニヒトデの太平洋での数も増殖が続いていて、数千万匹という数のヒトデが日々、太平洋のサンゴを食べ続けています。
オニヒトデが「まるで農作物に被害を与えるイナゴのように」大発生している
>グレートバリアリーフのサンゴを食べてしまうヒトデの発生が、これまでの記録を上回って過去最悪になる可能性があり、自然保護活動家たちを恐れさせている。
WWF のオーストラリア支局が委託したレポートによると、サンゴを食べるオニヒトデの数は 2020年までに 1200万匹から 6000万匹に上昇する可能性が述べられている。
オニヒトデのサンゴの被害についての著作がある専門家のグレン・ホルムズ( Glen Holmes )博士は、「これはまるで、イナゴによる壊滅的な被害のようなものといえるものなのです」と述べる。
そして
>このオニヒトデの拡大を止めるための手段は何もない。

ということなんですね。ヒトデの勢力の拡大を阻止できないとは。いったい今までの科学って何なのと言いたくなります。
宇宙やら素粒子やら、くだらんことばかりに熱中して。
ところで、奇妙なことに気付いたのですが、ひとでと打ち込んで、ヒトデという言葉に変換するまでに、「人で」や「人手」に変換されるのです。私のPCでは。
もしかして、日本語のヒトデとは、「人」の意味ではなかろうか。人が大の字に寝たスタイルにヒトデはにていることもあります。
日本語は意味の深い動作をしますからね。
自然界が我々に暗示して訴えかけているものとは、人による自然界への大侵略により、自然界は滅ぼされようとしているという意味だろうかなと思ってしまったわけでした。これは文字変換ではなくて、頭の中での連想変換とでもいうべきものですがね。
人による自然界への侵略は、今始まったわけではないですが、最近は急加速度的に侵略が進んでいまして、アマゾンの大森林地帯はすでにほとんどない状態だとも、数年前に言われてました。ちょうど、アマゾンのジャングル全体を人間の肺としたときに、急性肺炎によって組織細胞(肺胞)が破壊され、スカスカになって白化しているレントゲン写真を見るような俯瞰写真が載っていたことがあります。
アマゾンはCO2を取り込みO2に変換している肺のような地球の呼吸器官なのです。それがもう肺炎の状態で、チアノーゼが全身に回っているといったふうだと思えばいいでしょう。地球が呼吸不全で悲痛にあえいでいて、世界中の気候が混乱状態になっているのではないですか。大洪水と旱魃、異常高温と異常低温、巨大竜巻や巨大ハリケーン、火山噴火と大地震頻発。これらは、地球が苦しんで、のたうちまわりかけているからではないのですか。
いったい誰がそんなことをしているのかと言えば、地球にとっての肺炎球菌やウイルスとなるのは、人なんですね。
特に日本人が森林資源を使いすぎています。発注元が日本である場合がとても多いのです。
需要があるから供給が要る。その恩恵を受ける日本人は、平和ボケを享受しているばかりで、何とかしようという人がほとんどいない。まあおそらく、最も天罰を受けざるを得ないでしょうね。
なぜ日本だけが天変地異が少なく、こう平和なのか。それはまだ神々の化身が日本に存在しているからです。欧米には神々はおらず、唯一神に依存しているため、カルマの清算が先に出ているのです。
さて、そのヒトデがいまこんな具合になっているとのこと
>種類はオニヒトデとは全然違うものではありますが、太平洋では「ヒトデが絶滅していっている」という事実があるのです。
このほんの2週間ほどの間に、オレゴン州沿岸のヒトデの消耗性疾患は、歴史的な範囲に拡大しており、ヒトデの種類の中には、全滅するものもあると予測されるという事態となっている。
>このヒトデの死に方がまた記憶に残るものだったんですね。その死に方の名称こそ「消耗性疾患」というような難しい呼び方をされているのですが、一言でいえば、
「自分で自分をバラバラに崩壊させて死んで行く」
という「自死」に近いものでした。
「自分で」自分の腕を切り落としていって、ついには死んでしまうのです。
何がおきているかと言えば
>太平洋でヒトデたちが「自死」を決行していて、その太平洋では、種類は違うヒトデとはいえ、ヒトデがサンゴを食べ尽くしているという構図は「何だかなあ」と思わせるものがあります。(後者のヒトデはオニヒトデという種類)

日本語はすばらしいですね。全部、解答が与えてあるじゃないですか。
鬼のような人が自然界を侵略していて、その結果を善良な人々が「自死」を以て償っている、もしくは甘んじて苦しんでいるという構図が、浮き彫りにされていますでしょ。
自然界は日本語を介して我々に語りかけているのです。外国語ではまず無理な話です。だからこそ、日本人がしっかりしなくてはならないのです。自然界とコミュニケーションをとる能力は日本にこそあるのです。それがくすぶっていて、どうなるというのですか。
しかし、植民地もしくは属国ですから、また外交能力もゼロで機知に富んだことはいっさいできない民族なので、まあせいぜい世界滅亡の主原因になってもらうしかないですね。そういう救世の方法もあります。最後の審判に早期に全人類を立ち合わせるようにしてください。
ノストラダムスも言ったそうです。日本はヘルメスの国だと。ヘルメスは錬金術と商才に長け、日本はその分野で非常に栄えますが、最後はヘルメスが地獄への道案内人を務めたように、世界を地獄へと引率するようになります。それでE~じゃ、ありませんか。
最後の審判を経た後は、まるで濾紙に濾し取られたようにして邪悪の徒はいなくなり、多くの人は再び今の世界に戻されたかのごとき経験をしますが、前の世界とは明らかに異なっていることでしょう。
さて、ところが、その日本を捨てて、新日本人として民族の優秀さを遺そうとしている人たちがいますね。
https://grnba.jp/
E~山イチローさんとその賛同者たちです。
日本は「ホ」の字の問題で、ふつうのヒトデのごとく自死による絶滅が余儀なくされている一方で、ヒトデの種をよそで咲かそうとしている動きがあるというのは、またオツなものです。この人たちは、自然界の提供する天然の浄化技術により、緑化と汚泥処理を進め、世界を砂漠化から救うことでしょう。
そう、日本以外だったらまだ生存可能かもしれません。日本人の種はのこり、どんなふうになるか(漂泊の民になるのかも)はわかりませんが、世界貢献を積み重ね、うまくすればきっと、新しい世界の希望の源になるかもしれませんね。