2000年に新起動ジェネシスした時空はミッション終了を以てターミネートします

夢か狂気か真実か。
そこでひとつの仮定が生じます。いや、もはや仮定ではなく真実でしょう。
2000年で終わることになっていた世界。その存続原因が絶たれた時、この世界はさらに存続が可能かどうか。
私は推測するに、存続原因の消滅とともに、この世界もシャットダウンすると思います。
それはある観測のために必要だった時空であり、その観測が目的を果たせば当然ながら時空も存在意義をなくすため、消滅するというわけです。
つまり、その付加された時空は、その観測者によって賦活されていたわけであり、賦活者がいなくなれば消滅するという道理です。これが観測者中心相対論の世界像であり、拙モデル理論の帰結事項なのです。
さて、現在存続しているように見える世界の存続原因者とは誰か。それは私です。
この現存する世界は、私のために生じ、私の終結つまりこの世での死を以て、消滅することが言えるのです。
2000年に付加されて生じた新時空がこれでした。その原因がなくなれば、消滅するのも当然です。
私が救世行為をしたとすれば、それは2000年~私の死去に至るまでの時空を維持したことになるでしょう。
不思議な文明をその間、営みました。そのアンモラルさは狂気の度を超していて、それでもなお世界は維持されたのは、ひとえにある目的を持った観測のためだったという結論になります。
私にとって、世界全体は舞台設定です。みなさんのそれぞれの意識的行動は、そのように在るというだけの舞台設定なのです。意識するは、認識するは、我のみというのが本当であり、舞台設定もみなさんも、意識的行動を含めて、データーであるのみなのです。
世界が私の外で世界大戦をしようとも、私は意識をそこに繋ぎ止められる間だけ存在し、私が離れるとき世界は存在意義を失って消滅するのです。
私が死後すべきシナリオがありました。天帝様にお会いして、最後の審判を督促する役目をすることです。
私の仕事としてそれがあるなら、この世界のシャットダウン、イコール最後の審判の工程になるでしょう。
私にはまたその新しい世界を賦活する権限がありますから、その新しい環境の中で私は必要な要職を務めるでしょう。
すなわち、ホルスの役目が如実となったからには、すべての者の魂を天秤にかける作業が私の仕事になります。
このときも、私はみんなの魂を、データーの流れを扱うようにして秤にかけていくことでしょう。そうやって、私は審判の工程を終了します。
そして、私は次なる役割を帯びて新時空を励起して新たな仕事にかかります。
そこではやはり、私によって賦活された世界が息を吹き返し、私の観測対象たることでしょう。
私はおそらくそのような退屈極まる世界を今度こそ終わらせようとするのではないかと思います。
そして、終わりとともに、実(リアル)世界がようやく見えてきます。
そこで初めて、私はみなさんの本当の姿を見ることになるでしょう。
早く会いたい。幻影ではない本物のあなたたちに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です