明るいはだかに良心宿る??

またまたふぐりさんのところから
動画 南米コロンビアの6000人の集団
https://golden-tamatama.com/blog-entry-2410.html
その中でも気を引いたのは、どどど、どこの国なんだ、この写真集
↓閲覧注意!将来の金玉村イメージ とのこと
https://goo.gl/DVPsqo 
人が立っている姿は、ギリシャ彫刻を思わせる崇高さがあります。
人が全員、立って並んだ光景は、ギリシャ神殿さながら、神聖さに満ちています。
それに対し、記事を下に手繰り、真ん中付近の写真は、全員かがんだ姿・・・これは白豚の群れか??
一定の場所に集められたら、養豚場の光景そっくりになってしまいますね。
宮崎駿監督の卓越性をこんなところに再発見してしまいます。
今の人々はこんなふうに身をかがめて、同じところに集っていませんか?
秘密結社でなくとも、これはゴイムの群れだと思ってしまうことでしょう。
ヤツラに誤解を与えるような真似をしていてはよくないですね。
ひとりひとり、スックと立ち上がる。そしてみんなそれに続いて御覧なさい。
フクロウ(=秘密結社のシンボル)の化身・湯ばんばも契約書を振りかざしながら、慌てふためくことでしょう。
みながみな、ひとりひとり契約無効宣言して解散。
錯乱した湯ばんばは狂乱のあまり、里を崩壊させてしまうことでしょう。
もともとそのようなものはなかったのです。
幻術に引っかかっていただけのこと。
物事を正観できる人が、湯ばんばに対抗しようと立ち上がっています。
ハートランド・ロシアのプーチンさんです。
彼は、言葉に出して湯ばんばに対抗宣言しています。
これに湯ばんばはびびって、一目置くようになりました。
正観とは、常識(良識)を物事を見聞きし判断する基準に据えることです。
たったそれだけで、見えなかったものや見えにくかったものが見えてきます。
今の常識は、過去の常識と比べて、どこか歪んでしまいました。
どう歪んだか。おそらく本当の意味の正義がなくなったことだと思います。
本当の正義は、良識の中にあります。良心の中にあります。
だから、良識に立ち返るというのがいいと思います。
良識を常識にしていく努力をしましょう。
こんな記事がかつて出ていました。
ロシアが第三次大戦を阻止するとエドガー・ケイシーが80年前に予知
https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12093852245.html
この記事の中に、こう書いてありました。
>どういうわけか狂ってしまった世界において、スピリチュアルな世界のリーダーシップとはどう目に映ると思いますか?
最初は、常識として目に映るのではないでしょうか?当然の話ですが。
「常識とは良心から生じるものである」とまでアリストテレスは考えていました。
>人類がかみそりの刃の上のような瀬戸際に立たされているこの時点で、国際政治の舞台で主要なプレーヤーを概観してみると、他の国際的リーダーが使っていない切り札をプーチンだけが行使しているように見えます。その切り札とはつまり、常識のことです。
よく見てみれば、プーチンはごく当たり前のことを言っているだけです。
しかも、平和的解決を目指す精神に根差しているように見受けられます。
それは彼が日本の武士道精神、武士道魂を持っているからだと思います。
彼は日本の武道に造詣が深いです。質実剛健の精神。
平和的に解決・・・それはかつて常識でした。
しかしいまは、戦争こそが解決策だと言っています。それは非常識なのではないですか?
何が原因ですか? 宗教上の信仰ですか? 預言者がそう言っていたからその通りにするのが一番?
経済の復興には需要が喚起できる戦争がなくてはならない? だから第三次大戦をした方がいい?
それも信仰の一種でしょう。非科学的、非論理的ですね。それは本来、非常識と言います。
それをまるで当然のように思うとは、どこかで狂ってしまっているわけです。
ではどうすればいいか。ふつうに常識に立ちかえればいいだけなのです。
しかし、その常識が様々な詭弁によって捻じ曲げられている昨今ですから、一段と積極的に踏み込んだ「良識の取り戻し」の努力が望まれているように思います。
強いリーダーシップのもとでこそ、それは果たせると思います。
-武士道は 正々堂々 巷なる 嘘偽りの 横道に非ねば-
-武士道は 耐えることとも 心得る 褒め称えたき 剣豪(賢王)の技-
-武士清し あきんど穢し 政道も いずれ就くかで 真価が問える-
昔の武士は、平時にあっては領民を助け守ることを本分にしていました。
戦さばかりしていたと誤解してはいけませんね。
こんなところにも、常識の歪みを見てしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です