大建て替え後の更新された世界なのか それともパラレルワールドなのか

今朝6時半から8時半にかけて見た夢の話です。
この話は、みなさんにとって朗報になるかと思われます。
見た夢の内容に関する話になりますが、
その世界は公園のようなところで、人為的ではあるものの、自然が優先的に配置されていて、緑も鮮やかで、
人はけっこう多くて、その表情はとても明るく、そして見ず知らずの私にも気さくに声をかけてくれるといった
こちらの世界とはやや異なる趣がありました。
そんな中に、妹が、私がどうしているか視察にやってきたらしく、公園のようなところの階段をすぐそこまで下りてきていました。
私も歩いているわけですが、妹は難病にかかっている気配はどこにもなく、ちょうど初夏から夏にかけての半そでの黒いシャツと
サンバイザー付きの帽子をかぶり、何か新しい見聞に目を輝かせている感があり、とても活動的な様子でありました。
もし仕事をしているとすれば、積極的に人の役に立つようなことをしているふうでしたね。 
そのような一環で、私を訪ねてきてくれたような感じでした。  年齢で言えば30歳代ぐらいでしょうか、背筋を伸ばして胸も厚い。
外人の年配の男の人が、階段を下りていく私に声を掛けてきました。
何か言われたのですが、忘れてしまい、しかし不愉快なことなどではいっさいありません。
私は、こちらの世界でも夢の中の世界でも、同じ心境でいることに、後になって気づきます。
私はいつもこんなもん、といった感じですね。 いい世界だろうが、良くない世界だろうが、ほぼ一緒に捉えているのでしょうか。
だから、夢の世界でも、人は私にとっつきにくいのかもしれません。  
それでもあちらから話しかけてくれるというのは、ちょっと嬉しいじゃありませんか。
それで、ふと思うのですが、これはパラレルワールドの世界線なんですかね?
どこかで分岐して、あっち向きに去っていった世界なのでしょうか。
夢には、自分に可能性として備わっていたタイムラインのことがよく出てくると言います。
私なんか、社長になっているときの夢をよく見ています。
木立の中の白亜のガラス張りの研究所風のビル。  設計事務員たちの働く事務所の中を通り抜ける私。
そしてアシスタント女性とともに空港へとボストンバッグを急がせる私。
その会社はいま現実に鎌倉にあります。  上場企業です。
そう、社長になっている可能性も22歳ごろの分岐点としてあったのですよ。  十分すぎるほどのチャンスとして。
今朝の夢で、もうひとつ考えられるのは、もう間もなくに迫った(であろう)最後の審判・七度目の大建て替えの後にやってくるという、うれしうれしの世界なのではないかとも思えてくるのです。(前記事の「続き」を参照) 
うれしうれしの世界では、人は半物質、半霊体という、どんなものにもびくともしない身体になるといいます。
あれえ、これって。
夢見の身体の経験世界と同じものではないのですか?
私が今朝見た夢も、夢見の身体による鮮やかで快活な世界でした。
ということは
夢を見る人は、すでに大建て替え後の世界に、一部なりとも入っているのではないでしょうか。
そのような身体を、とうに併せ持っているのが、我々ではないのですか。
では、その夢見の世界と、こちらの現実世界が、どれほど離れているのか。
それはほんのわずかな次元の違いと言いますか・・・すぐ隣にあるみたいです。
それを解明するような夢見を、我々はしたことがあります。
我々というのは、私ともうひとり、マメさんという名古屋の方とです。
この方とは、出会ったことはありません。
しかし、同じ日時に、共に鳥の親子として空を飛ぶ練習をしたことがあり、私は親鳥ながら飛ぶことに不慣れで
助走をつけて飛びあがったのですが、すでにマメ鳥は軽く飛び上がっていて、合流して何度か飛んだものです。
我々は古代トルテック(マヤやアステカの夢見の戦士)のする夢見術を模倣して行なったわけですが、あるとき、異界の支援者たちの前で親子鳥のタンデム飛行を披露して、評価を得ようとしたことがあり、そのときの夢見の中で、異界チームとともに、マメさんが仲良くしているアインシュタイン博士の計7人ほどが、小高い緑の丘の上で見上げているのが確認できました。
何でアインシュタインがここで出てくるの? とお思いかもしれませんが、あちらの世界で博士は研究を続けておられるようですよ。
マメさんが飛ぶということで、わざわざ友情出演してくださったみたいです。
そのとき異界からは、「芸術的」だという評価が得られています。
親子タンデム飛行したのは、2008年か2009年のこと。  
ところが、この時見た夢の中の丘が、2014年になってナスカ平原に見つかったのです。
まさにその丘で私は助走をつけて飛びあがったのです。  間違いありません。  
丘陵の形はまったく同じですが、あちらでは緑の芝生の丘だったものが、こちらでは砂漠になっているのです。
しかもその丘には大きな親鳥の横飛びする姿と、待ち受ける子鳥の姿が描かれてあったのです。
new-nasca-01.jpg
左の大きな鳥は私で、右の小さな鳥はマメさんですよ。  うれしいですね、飛行記念の絵が描いてもらえているのです。
南米のナスカは、古来から夢見の戦士たちの活躍場所だったようです。  
夢の中では、活動しやすいような形態変化を起こすことが可能です。  それはナワリズム夢見術の基本とされます。
我々は、単にどこでもいいから、共に夢見の世界で出会ってタンデム飛行しようということでしかなかったのですが、
いつのまにか、夢見の里と言ってもいい場所、ナスカに引き寄せられていたのかもしれません。
きっと、未だに古代トルテックたちは夢見術を習得しようとする者を見守っているのかもしれないです。
こちらの世界は不毛の砂漠、それが夢見の世界では緑の平原。  その違いがこちらとあちらの違いということになりましょうか。
さて、さらに面白いのは、ナスカの地上絵の一環の絵の一つで、海辺にある地上絵「カンデラブロ」は、自動的に修復してしまうというのです。
https://youtu.be/3oT3VdMUBUg
caldelablo4.jpg
この不思議な木の絵、強い風にさらされて、砂が剥ぎ取られて形が一旦壊れても、すぐに元通りになるというのです。
バイクで絵を崩しても、短時間で元の絵が現れるというのです。  ご覧の通り、鳥取砂丘のような海浜部の砂丘ですよ。
UFO現象よりもはるかに不思議なのではないでしょうか。
この不思議な”木”の絵は、夢見の世界では、生命の樹として生き生きと生い茂っているのかもしれません。
それが投射されて、こちらの世界での不滅性になっているといったことかと思います。
夢見の世界は、こちらの世界がたとえ破壊されつくしても、しっかりと存続しているということではないでしょうか。
それはいわゆる、「原型世界」だからであり、釈迦が、「衆生、劫尽きて業火に焼かれると見るときも、我がこの土は安穏にして天人充満せり」と見た世界だったのではないでしょうか。
大建て替え後の世界を、我々はお先にちょっぴり賞味させていただいたことになるのかもしれません。
さて、私はさらに科学的にそのような世界があるのかどうかを考えてみました。
すると、すでに私が書いていたサイ科学の論文の中に見つかったのです。
それがこの論です。
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/monoomoi/dead.htm
つまり、中陰(バルドともいう)の世界ではあるものの、コントロールできずに恐怖を伴う成り行きに流されていくタイプの経験世界ではなく、ちゃんと自分の意志が尊重される世界といったものになるのではないかというわけです。
すでに我々に備わっている別の身体は、いつでも使えるということですね。
それは眠っているときには夢見の身体となって、夢の経験世界を遊ぶためのものになり、死後には(かつては)生前のカルマを償う場として強制的に与えられたものでした。
それが最近には、カルマの償いの場としての中陰の機能が解除されたというのも、この世界で最初で最後になる大建て替えとそのときの激烈なばかりの最後の審判に焦点が絞られているからというわけでしょう。
大建て替えがあるといっても、決して恐ろしいものではない気がします。 
その先は、今でも眠りに就けば、すぐに行くことのできる世界なのですから。

カマどんもターミネーター わたすもターミネーター・・・第二バージョン

前日と同じ記事を土台にしますが、解説と説明リンクを付加しました。


立場は違いますが、たぶん我々はそれぞれターミネーターです。
カマどんは日本という国を使って地球文明を終わらせるターミネーターの役目でしょう。
ノストラダムスによって日本はこれから、世界を冥界にいざなうヘルメスの役目をすると預言されていました。
カマどんはその手助けをすることになるのでしょう。
一般的に人類は、動物界に住む者たち(サル以下の者たち、昆虫も含め)や植物界の者たち(一般的な植物から海洋の藻の類まで)を、人類にサービスする側のもので、人類の勝手にしていいものと考えているように思います。
人類の中においてもこういう考えがあります。
白人種が人類の理想形であり、有色人種は下等であると。
それゆえ白人種に仕えるもの以外は淘汰していいという考えです。
それゆえ、有色人種の地域は植民地化され、欧米の激しい搾取を受けてきました。
特にアフリカはひどいものです。
東南アジアやアジア諸国でもその傾向はひどく、日本が先の大戦で彼らを解放しようとしたことに、東南アジアの人たちは感謝しています。
しかし、日本は負けてしまい、あらゆる罪をかぶせられて、悪者扱いされました。
第二次大戦後の民主化時代においても、ベトナム戦争やらアフガン、イラク戦争など、いっしゅ人種差別で戦争は起こされてきたように思います。
日本はまた、解放者を目指すことになります。
それは人類を奴隷搾取のくびきから永遠に解放することです。
私は安倍さんには大いに期待しています。彼の姓は新時代を開拓するという意味があります。その昔、姓は仕事の内容を表していました。あ・部は新規開拓者の意味になります。
麻生さんは朝を生むという意味で、夜明けの時代の先駆けになるという意味です。
甘利さんは天の理という意味です。
どんな形で解放することになるにせよ、彼らは天の配剤です。
おりしも、弥勒下生の夢のお告げがかつての彼女を介して、空海和尚からもたらされています。2008年9月25日のことです。
その彼女が行なった異界交信では、弥勒は神の王子であり、そのさまはあたかもパンダ(模様)、つまり吉凶白黒併せ持つ姿で現れる(破壊相(黒)についで建設相(白)となって現れる)と解せます。
まずは破壊から始まらねば土台からの建設はできません。カネと汚物にまみれた資本主義世界がまずは破壊される。
それがカマどんとターミネーターグループのやるべきことになるのでしょう。
次に新たな発想を以て新時代を築いていきます。破壊後の絶望の時代に人々は次の時代への発想を生み出し、よろめきながら立ち上がります。
神は人々に発想を与える以外は何もしてくれません。その発想を元にして、人間が作り上げていくのです。
しかし、新たな建設の時代は、非常にスムーズになることでしょう。悪しき魂の者が最後の審判のフィルターにかけられて、いなくなるからです。
つい昨日(26日に)知ったことですが、新世界では、神も人も自然界の有情も平等の一平面に姿を見せるようになると言われています。私もそれが理想と思います。
日月神示 Wiki
>「次の世がミロクの世、天も晴れるぞ、地も輝くぞ、天地一(ひとつ)となってマコトの天となりなりマコトの地となりなり、三千世界一度に開く光の御代ぞ楽しけれ、あな爽け、あなすがすがし、あな面白や。」( んめの巻(梅の巻)第十七帖)
「神代になりたら天地近うなるぞ、天も地も一つになるのざぞ、今の人民には分るまいなれど、神も人も一つ、上も下も一つとなって自ら区別出来て一列一平上下出来るのぢゃ。」(同巻第十六帖)

いっぽう、私は異界から地球に巣食った癌とその原因すべてを焼却するターミネーターの役目です。
今から15年前にある霊能者と付き合うようになり、私は本体が朱雀で、この病み切った世界を焼却するために来ていると告げられました。https://p.booklog.jp/book/90019/page/2408983/bookmark
ina1.jpg
そのためには、肉体から離れる必要があるため、その人は二人して解脱しようか(死のうか)と言いました。
しかし、その人も、寿命付与差配神との「与える寿命は両親のために使うよう」との約束で、この世での役割(親孝行と三人の幼子の子育て)があるため、しばし後でということになりました。
それから15年、もうその時期は十分にきています。一番下の子が二十歳になる頃です。
具体的なことは非常に長くなるので、ここではとても表せません。すでに記載している新神話第4章以降を参照願います。
その人は私を見つけて役割を知らせるために、特別な計らいで寿命をもらってきていることもわかりました。それゆえ死後、差配神に抵抗したようです。
しかし、私への役割の伝授は15年前に果たされました。
そしてその人は、自分の役割を果たし終えています。子育てと両親のために生きることという。
あとは二人して解脱すれば事は開始できます。むろん私単独でもできることです。またそうしなければならないかもしれません。というのは、彼女は私を裏切った形をとって別れているからです。そして最愛の彼女は、すでになきカンナオビこと身内さんなのであり、イナンナに入っていた白蛇はカンナオビに合流しているわけです。その彼女はすでに解脱しています。残すは私だけなのです。
私はこの世の仕組みのすべてを今は理解しています。
内的な啓発とシンクロの連鎖により、確固とした理解のリングが形成されて、何もかもがわかりました。
ぜんぶ内的啓発と外部からもたらされる情報とのシンクロのうちに理解が進みました。
この世をターミネートする権能を持たされていることもわかりました。
まずは、最後の審判を天帝に督促し、そのあと私は火の鳥を使い、地球だけでなく、諸悪の根源たる宇宙文明を焼き尽くします。
それによってこの宇宙に所属する魂は仮死状態になり、この宇宙内のすべての魂が最後の審判の場に引き出されます。  
神も宇宙人も小さな虫に宿った魂もすべてです。
この宇宙の創造神も例外ではありません。彼によからぬ入れ知恵をしていた側近神などはむろんのこと。最高刑に向けて裁かれます。
そして過去の行いに従ってすべての者が裁かれます。
地獄の最下層に多くの者が放り込まれ、最長数千億年の地獄の苦しみの受刑が課されます。  
その後の魂の消長は、本人の希望次第となりますが、九分九厘九毛九糸の者が魂の消滅を願い出ることになると予測されています。  
短い者ならほんの数年の受刑で終わり、自然界の有情の魂や新参者の魂は自然のままにあったことから、直ちに新世界へと移行します。
純白でなくては入れない世界が新世界ですから、私はこのために、剣と天秤を携えて審判の場に臨み、魂の重さを計り、羽毛よりも重い魂を自由落下させます。これがホルスの大きな役目です。
ホルス Wiki
>ホルスは死者と共に埋葬される『死者の書』にも描かれている。死者の王国に着いた死者を最初に迎えるのは、アヌビス、マアト、ホルスのいずれかであった[18]。死者の心臓と真理の羽毛とを天秤にかけるのもアヌビスまたはホルスとされた[19]。そしてホルスは、計量を無事に終えた死者をオシリスに紹介して永遠の命を受けるべきことを伝えるのである[20]。
shinpan.jpg
魔術で飛び上がろうとする邪悪な者は剣によって切り捨てて落とします。それでも逃れた者は火の鳥のファイアーウォールに阻まれ力尽きて地獄へと。
邪悪な者は誰一人として逃がしません。
私は何度も死に、タイムラインシフトして生きている
その原理についてはここを読んでください。 ⇒ https://p.booklog.jp/book/91316/read
この原理的悟りによって、私はひとつのある人物(森野奥人)の人生ソフトの所期の救世行為について知るべく精査しているのだろうという一定の見解に達することができました。
私はその中の救世主ルーチンとも言うべき箇所を嘗め尽くすまで、私は何度もプレイバック方式でタイムラインシフトをしているものと考えられます。
おそらく森野における人生エンドまで精査しなくてはならず、そのたびに死という苦痛の過程を踏んで、プレイバックしているはずなので、私の霊魂にとっても心地いいものではないのでしょうが、それでも一度開始した以上は、やり遂げておかねばならないとのことなのでしょう。
さて、私は森野の人生ソフトにおいて、およそどの時点でタイムラインシフトがあったかを推測してみました。
人生というもの、誰しもそうですが、たくさんの分岐点があるはずであり、またあったはずです。
森野には、社長になるタイムラインもあったのですよ。22歳ごろにその分岐点はありました。そして、別のタイムラインに生きていた坂本さんの訪問を受けているのです。しかし、金儲けのことしか頭になかった森野は、彼を追い返してしまったようです。
そのようなタイムラインの例を挙げれば、誰しもがまだたくさんの可能性を思いつくはずです。
森野の救世行為に関わるタイムラインシフト
まず、1999年12月の50歳という人生上の区切りを森野は設定していました。私は50歳で死んで二度と再生しないというタイムライン上の死を経験しているはずです。おそらくそれは、2000年問題のこじれから、第三次世界大戦があって、核大戦になることから、その時点で死んでいるはずなのです。むろん、世界も終わっているわけですが。
しかし、私・森野は50歳になる直前日に、本命の女性(カンナオビ)と知り合いました。これによって、救世に関わるルーチンへとエントリーしたのです。それはカンナオビの本体神からいただいたルーチンプログラムと言っていいかもしれません。
2000年7月には次なる女性(イナンナ)と知り合いました。この人が救世行為に関わるための第一キーの保持者でした。それを私は、2000年10月に受け取りました。そして、この人とはそれまで満たされなかった情事を重ねたのです。その一方で、森野流の救世のための神話作りが開始され、また国祖神の救出作戦がなされました。これが森野の救世行為第一弾です
この人は三人の子育てのために働くことを余儀なくされ、また神業であることから邪神の妨害工作に遭い、二人の関係は2年で破綻。このとき、私は2002年11月に心臓発作で死んでいます。2000年~2002年11月のタイムラインでした。
しかし、次の時空にタイムラインシフトして、高円宮が亡くなったことに置き換わって、私は生存しました。母が救助してくれたのです。なぜこの日なのかは、森野自身が神世のアマテラスに繋がるある著名な神であるからということ、この程度のことしかわかりません。
2004年には最初に知り合った本命女性と出会いを果たし、それから情事を現界と異界の両方でたびたび交わし、やがて彼女がある著名な神(奥津嶋姫)の化身であることがわかってきました。この人こそ、森野とは多くのキーが合う人物でした。
この彼女と再度、国祖神の救出作戦をやり直しました。本来はここまでで国祖神救出の救世行為第一弾となるわけです。
彼女との間には、たくさんの不思議なことがありました。二人の間に霊界において子供がたくさんでき、すべて出雲系国津神の姿をしていましたから、明らかに彼女の子供でした。その子の中の筆頭に、弥勒菩薩がいたのです。彼はいわば、日子ホホデミ山幸彦の子であるウガヤフキアヘズでもあります。
ところが、森野は山暮らしを2009年から開始しました。彼女は直接会えない寂寥から、出雲地方を廻り出雲系国津神たちに挨拶して、2010年5月にこの世を去っていきました。これは森野のタイムラインにおいて起きたことです。しかし、彼女のタイムラインでは、まだ死んだりしておらず、数年後の2013年には女優歌手としてデビューするようになるのです。
森野のタイムラインでは、2010年10月に白虎を演ずる神話猫の死去があり、次は自分の死が2011年3月に予測されておりました。
2011年以後に起きたタイムラインシフト
私・森野は四神獣の順次昇天のシナリオに従い、2011年3月にこの世を去っています。
2010年5月に彼女が逝去し、青竜と玄武が別天に赴き、その五か月後の2010年10月に白猫フーが逝き、白虎が別天に、そしてその五か月後の2011年3月に私・朱雀が別天に赴き、四神獣揃い踏むことになり、神界での邪神掃討作戦が開始され、邪神たちを撃ち破って敗走させて、神世を浄化しています。
これが森野の死を賭してする救世行為の第二弾になります2002年11月~2011年3月のタイムラインでこれを行いました。
籠の中の鳥は、いつ(五月)いつ(五月)出やるとはこのことです。
そして、邪神と悪魔の掃討をして、彼らを叩き落し遁走させているのです。  
邪神たちはそれまでの神界を我がものにしていました。
掃討戦争以後、天界は浄化されていますが、かつての統治神はまだ戻ってきていません。
というのも、地上界で神々は封印されているからです。その地上界も、邪神たちが逃げて天下ってしまい、いっそう邪悪化してしまいました。王仁三郎の時代ですら地獄と評されていた地上界が、2011年3月以降、地獄の第三層(地獄の三丁目)のレベルになっています。
そこで、私は次のタイムラインで、地上界の浄化を開始しました。  
このとき、地上界の不正をあからさまにする救世行為をしたため、私は命を断たれました。2013年12月のことです。
これにより、このタイムラインの先には救世のバトンタッチが見込まれ、功を奏していると見込まれます。これは救世行為第三弾ともいえ2011年3月~2013年12月がそのためのタイムラインになります。
しかし、次のタイムラインで、この死はデス体験の夢に置き換わっています。 ⇒ https://p.booklog.jp/book/97441/page/2635602/bookmark
次のタイムラインでは、地上界にある神々の封印結界を見つけ、これを打ち破りました。2014年4月にカゴメの結界を発見し、2014年5月に封印解除をいたしました。 ⇒ https://p.booklog.jp/book/97441/page/2635683/bookmark
これにより、半数の神々は封印が解かれ、脱出されています。これは救世行為第四弾になります
アマテラス様はまだですが、岩戸開けのシナリオができているため、これに任せます。
そしてそのすぐあと、地上界における浄化を果たすための要件である、神世政変の真実と真伝(マコトツタエ)を識者に伝えることができています。 これにより、地上の浄化は果たされる見込みです。 
しかし、私は地上界の浄化の成果を見ずに命を落としました。2015年初頭あたりでのことです。2013年12月~2015年初頭がこの実現のタイムラインになりました。
そして、その次のタイムラインへと移行。
この後で、私はもしかするともう一度か二度か、命を落としているかもしれませんし、神々の加護で生存のままかもしれません。
しかし、私の救世にかかるタイムラインは、最長のところまで存在しているため、私はそれを最後まで実演しているところです。
それは、地上界を浄化せずにいた場合の、邪悪の所作のことごとくをこの目で見据えて、邪悪のデーターを蒐集することに当てられます。
それこそが最後の審判にすべての魂をかけるためのデーター蒐集の工程です。
この世に、ブラック企業という名称が現れました。それは地にあることは天にもありという道理に従えば、天界由来でもあります。
相似形にたどれば、宇宙文明社会もブラックであることがしだいに判明してきました。宇宙文明の大勢は、強い社会主義によって維持されていることも知れました。
ということは、有情の不自由と不幸の上に成り立っている文明ということです。
そして、私はさらに追及し、この宇宙の創造行為自体がブラックであったことを知り、三千世界に諮って、ブラック認定のお墨付きを得ました。
よって、ブラックなのはこの宇宙全体の問題であったことになり、最後の審判の対象範囲はこの宇宙全体に及ぶことになっています。それが救世行為の第五弾になるでしょう
そもそも、外宇宙のあまたある独立した宇宙も、この宇宙のブラックな要因を伝染されかねない状況でした。
危ういところで、水際作戦をとることができたという筋書きになるでしょう。水際ならぬ、ファイアーウォールでこの宇宙はすでに隔離されています。
今回の処断は、何も地球人類のためだけではありません。
この宇宙全体の有情の魂すべての問題として浮上していて、今回を以て最後となる最後の審判になるのです。
その後、日月神様も同様のことを言っておられることがわかりました。日月神様とは、国常立神とされていますね。
今まで六度の建て替えがあったが、ことごとく失敗。今度が七度目でこれで最後になる、つまりこれ以上の試行錯誤実験は無意味だから、いちばんきついものになるということです。※この記事の続きを参照
それはそうかもしれません。すでに何度も言っているように、この宇宙の創造神が宇宙の存続のために進める「善悪を混交して作る世界」というのは、必ず悪が優勢になる仕組みになっているからです。善の発展的行動を妨げたり、破壊したりすることに行動が特化できる悪に対して、それに対する建設の工数はあまりにもかかりすぎになるのは自明の理。悪が極限まで悪事を行使すれば、何度でも文明は滅ぶ道理です。
ここに創造神の独白があるよう、善悪混交を存続の原動力にしようと言う論理は初めから破綻しているのです。であるにもかかわらず、何度もトライしてきたということなのです。どれほど無駄と無理があったことか。それは創造神がもしくはその周りに現場を見てきたことのないような旧態的な官僚がいて、あるいは故意に、有情の魂をいじめることを嗜好していたことの裏返しになるのです。それを「魂の進化のため」という言葉に置き換える厚かましさ。また、その魂の進化したとされる者たちが元の世界に戻されて、外宇宙のどこかに取り憑きでもすれば、またぞろそこから破壊者の芽が出てくることでしょう。要は、邪悪の製造と拡散目的の宇宙だったことになるのです。
そのような怠慢支配者たちの考えを支持してきた聖者や神も無論、断罪の対象にならざるを得ません。彼らの特徴は総じて、階層構造でなる隠蔽体質世界の上層に胡坐をかく、自分さえ良ければいいという無責任な連中だということで締め括れます。
アストラルボディでの体験者も言っています。この世界の歴史は天地がひっくり返るほど真逆だと。そしてさらに言います。こんかい、地球文明が滅んだら、銀河のキモ部分がなくなるため、二つの銀河が消滅し、それがこの宇宙を維持していた最後の銀河だったので、この宇宙も消滅してしまうと、異次元側の立場から述べているのです。見える物しか相手にできない現代人にはわかるはずのない世の実態なのです。
銀河のキモ部分とは、彼らが善悪混交の葛藤により取り出す精気というエネルギー源、いわば宇宙の動力源にもなっていたところです。それがなくなれば、車も動かなくなります。あまたある宇宙人も神々も、邪神のトップ(根源的邪悪)の洗脳に引っかかったか、キモ部分におんぶにだっこしていたんです。そして興味深げに高見の見物していたとは。
たくさんあるように見えている星団や他の銀河は、どだいプラネタリウムみたいなものなのかもしれませんね。
早いとこすべて清算したいものです。
私は今回で最後になるだろう最長のタイムラインを終えて、死後のタイムラインである天帝様への会見、そして最後の審判の督促、そして火の鳥を使っての宇宙の焼却の工程実現のタイムラインへと繋いでいきます。
そして私は、幾多の者を魂の消滅に導いたこともあり、同様に魂の消滅を以て終わりたく思います。その前に、もし今回の功労への報償をいただけるなら、新世界の一角に、カンナオビやマメビコナや猫たちと小宇宙(家庭)を営ませていただきたく思います。それでもう思い残すことはありません。梵天様にそのように切にお願いいたします。
続きに、日月神示の今度の大建て替えについて載せています
↓ ↓

“カマどんもターミネーター わたすもターミネーター・・・第二バージョン” の続きを読む

カマどんもターミネーター わたすもターミネーター

立場は違いますが、たぶん我々はそれぞれターミネーターです
カマどんは日本という国を使って地球文明を終わらせるターミネーターの役目でしょう
日本はこれから、世界を冥界にいざなうヘルメスの役目をすると預言されていました
カマどんはその手助けをすることになるのでしょうね
一般的に人類は、動物界に住む者たち(サル以下の者たち、昆虫も含め)や植物界の者たち(一般的な植物から海洋の藻の類まで)を、
人類にサービスする側のもので、人類の勝手にしていいものと考えているように思います
人類の中においてもこういう考えがあります
白人種が人類の理想形であり、有色人種は下等であると
それゆえ白人種に仕えるもの以外は淘汰していいという考えです
それゆえ、有色人種の地域は植民地化され、欧米の激しい搾取を受けてきました
特にアフリカはひどいものです
東南アジアやアジア諸国でもその傾向はひどく、日本が先の大戦で彼らを解放しようとしたことに、東南アジアの人たちは感謝しています
しかし、日本は負けてしまい、あらゆる罪をかぶせられて、悪者扱いされました
第二次大戦後の民主化時代においても、ベトナム戦争やらアフガン、イラクなど、いっしゅ人種差別で戦争は起こされてきたように思います
日本はまた、解放者になります
それは人類を奴隷搾取のくびきから永遠に解放することです
私は安倍さんには大いに期待しています  彼の姓は新時代を開拓するという意味があります
麻生さんは朝を生むという意味で、夜明けの時代の先駆けになるという意味です
甘利さんは天の理という意味です
どんな形で解放することになるにせよ、彼らは天の配剤です
そして、おりしも、弥勒下生の予告が最愛の彼女を介して、空海和尚からもたらされています  2008年9月のことです
弥勒は神の王子で、吉凶白黒併せ持つ姿で現れます  そのさまはあたかもパンダ模様  破壊相(黒)についで建設相(白)となって現れると解せます
まずは破壊から始まらねば土台からの建設はできません  カネと汚物にまみれた資本主義世界をまずは破壊する
それがカマどんとターミネーターグループのやるべきことになるのでしょうか
次に新たな発想を以てする新時代を築いていきます  破壊後の絶望の時代に人々は次の時代への発想を生み出し、よろめきながら立ち上がります
神は何もしてくれません  発想を与える以外は  その発想を元にして、人間が作り上げていくのです
しかし、新たな建設の時代は、非常にスムーズになることでしょう  悪しき魂の者が最後の審判のフィルターにかけられて、いなくなるからです
新世界では、神も人も自然界の有情も平等の一平面に姿を見せるようになると、言われていますね  つい昨日知りました
私もそれが理想と思っています
いっぽう、私は異界から地球に巣食った癌とその原因すべてを焼却するターミネーターの役目です
今から15年前にある霊能者と付き合うようになり、私は本体が朱雀で、この病み切った世界を焼却するために来ていると告げられました
そのためには、肉体から離れる必要があるため、その人は二人して解脱しようか(死のうか)と言いました
しかし、その人も、寿命付与差配神との約束で、この世での役割があるため、しばし後でということになりました
それから15年、もうその時期は十分にきています
具体的なことは非常に長くなるので、文ではとても表せません
その人は私を見つけるために、特別な計らいで寿命をもらってきているのです
しかし、役割の伝授は15年前に果たされました
そしてその人は、自分の役割を果たし終えています  子育てと両親のために生きることという
あとは二人して解脱すれば事は開始できます
私はこの世の仕組みのすべてを今は理解しています
何もかもがわかったのです
ぜんぶ内的啓発とシンクロのうちに理解が進みました
この世をターミネートする権能を持たされていることも
まずは、最後の審判を天帝に督促し、そのあと私は火の鳥を使い、地球だけでなく、諸悪の根源たる宇宙文明を焼き尽くします
それによって魂は仮死状態になり、この宇宙内のすべての魂が最後の審判の場に引き出されます  神も宇宙人も小さな虫に宿った魂もすべて
この宇宙の創造神も例外ではありません  彼によからぬ入れ知恵をしていた側近などはむろんのこと  最高刑に向けて裁かれます
そして過去の行いに従ってすべての者が裁かれます
地獄の最下層に多くの者が放り込まれ、最長数千億年の地獄の苦しみの受刑が課されます  その後の魂の消長は、本人次第となりますが
九分九厘九毛九糸の者が魂の消滅を願い出ることになると予測されています  
短い者ならほんの数年の受刑  そして自然界の有情の魂や新参者の魂は自然のままにあったことから、直ちに新世界へと移行します
純白でなくては入れない世界が新世界です
私はこのために、剣と天秤を携えて審判の場に臨み、魂の重さを計り、羽毛よりも重い魂を自由落下させます  これがホルスの大きな役目です
魔術で飛び上がろうとする邪悪な者は剣によって切り捨てて落とします  それでも逃れた者は火の鳥のファイアーウォールに阻まれ地獄へと
邪悪な者は誰一人として逃がしません
2011年以後に起きたタイムラインシフト
私は四神獣の順次昇天のシナリオに従い、2011年3月にこの世を去っています
2010年5月に青竜と玄武、その五か月後の2010年10月に白虎、そしてその五か月後の2011年3月に朱雀です
籠の中の鳥は、いつ(五月)いつ(五月)出やるとはこのことです
そして、天界で邪神と悪魔の掃討戦争をして、彼らを叩き落しています  
邪神たちはそれまでの天界を我がものにしていたのです
掃討戦争以後、天界は浄化されていますが、かつての統治神はまだ戻ってきていません
というのも、地上界で神々は封印されているからです  その地上界も、邪神たちが天下ってしまい、いっそう邪悪化しています
そこで、私は次のタイムラインで、地上界の浄化をしました  
このとき、地上界の不正をあからさまにする救世行為をしたため、私は命を断たれました  2013年12月のことです
その次のタイムラインでは、地上界にある神々の封印結界を見つけ、これを打ち破りました  2014年5月のことです
これにより、半数の神々は封印が解かれ、脱出されています  アマテラス様はまだですが、岩戸開けのシナリオができているため、これに任せます
そしてそのとき、地上界における浄化を果たすための要件、神世政変の真実と真伝(マコトツタエ)を伝えることができました 
これにより、地上の浄化は果たされるはずです 
しかし、私は地上界の浄化の成果を見ずに命を落としました  2015年初頭あたりでのことです  その次のタイムラインへと移行
この後で、私はもしかするともう一度か二度か、命を落としているかもしれませんし、神々の加護で生存のままかもしれません
しかし、私の救世にかかるタイムラインは、最長のところまで存在しているため、私はそれを最後まで実演しているところです
それは、地上界を浄化せずにいた場合の、邪悪の所作のことごとくをこの目で見据えて、邪悪のデーターを蒐集することに当てられます
それこそが最後の審判にすべての魂をかけるためのデーター蒐集です
この世に、ブラック企業という名称が現れました  それは地にあることは天にもありという道理に従えば、それは天界由来でもあります
相似形にたどれば、宇宙文明社会もブラックであることがしだいに判明  宇宙文明の大勢は、強い社会主義によって維持されていること
ということは、有情の不幸の上に成り立っている文明ということです
そして、私はさらに追及し、この宇宙の創造行為自体がブラックであったことを知り、三千世界に諮って、ブラック認定のお墨付きを得ています
よって、ブラックなのはこの宇宙全体の問題であったことになり、最後の審判の対象範囲はこの宇宙全体に及ぶことになりました
そもそも、外宇宙のあまたある独立した宇宙も、この宇宙のブラックな要因を伝染されかねない状況だったのです
危ういところで、水際作戦をとることができました  水際ならぬ、ファイアーウォールでこの宇宙はすでに隔離されています
今回の処断は、何も地球人類のためだけではないのです
この宇宙全体の有情の魂すべての問題として浮上していて、今回を以て最後となる最後の審判になるのです
その後、日月神様も同様のことを言っておられることがわかりました  つい昨日のことです  日月神様とは、国常立神とされていますね
今まで六度の建て替えがあったが、ことごとく失敗  今度が七度目で、これで最後になるから、いちばんきついものになるとのこと
私は今回で最後になるだろう最長のタイムラインを終えて、死後のタイムラインである天帝様への会見、そして最後の審判の督促、
そして火の鳥を使っての宇宙の焼却の工程実現のタイムラインへと繋いでいきます
アストラルボディでの体験者も言っています  こんかい、地球文明が滅んだら、銀河のキモ部分をなくすため、二つの銀河が消滅し、それがこの宇宙を維持していた最後の銀河だったので、この宇宙も消滅すると、異次元の立場からも言われていたのです  
たくさんあるように見えている星団や他の銀河は、プラネタリウムみたいなものなのかもしれませんね
早いとこすべて清算したいものです
カマどん 地獄の入り口で会おうぜ ベイビー なんてことになるかもよ (#^.^#)
しかし、同士だからね !(^^)!

英国のEU離脱の是非

今回の離脱騒ぎは、富裕層を直撃するみたいですね。
富裕層は、労せずして利得多い投資をされてるわけで、せっかく順調に稼いでいた立場が一気に崩れる予感。
世界の支配層の一歩後退のようにみえますが、これは支配層が急ぎの勝負を賭けて出てきたと考えるのです。
英国がEU残留だと、沈みゆく船を多少浮き上がらせる効果はあるものの、みんなと共倒れになって沈んでいくことがあきらかなため、一抜けたといったことでしょう。これによって英国はEUの裏切り者として孤立しますが、鎖国するなりして外的影響を最小限にできます。
世の支配層の最もトップはやはり秘密組織です。その重鎮が英国にいます。彼らのアジェンダが何であるかは知られています。
まず①に、世界の一極化、ワンワールドにすることですね。これはかつて、ワンワールドだったエデンの楽園を追放され、さらにバベルで民族四散になって多極化して、今のような細切れの国家群ができているのに対し、最終局面ではこの逆に、ワンワールドにして終わらせようとの意図によるわけです。そこに神がまた怒ってバベル(混沌)を持ち込まれることに正当性を与えようとのことかと思います。結局、ゴールは混沌と破壊のマッドマックス世界になると。
だから、ワンワールドは必須要件とされています。
ところが、これと同時に別のアジェンダがあって、②超エリート以外の富裕層打倒、③人口削減、④食糧危機、⑤第三次世界大戦、その他もまた要件にされていて、次はどれになってもいいように手広く構えていると思われます。
今回のEUからの離脱はあたかもワンワールド構想にとっては逆のことのようですが、他の四項目は実現しやすくなっています。
この後、EUは雪崩を打つように共倒れしていき、そのとき同時に参加各国のEU離脱が起きてくることでしょう。するとそれは市民運動の高まりとして起きることですから、一国の中でも多極化が始まり、内戦状態になりやすくなります。そこに難民の問題も加わり、ヨーロッパは動乱状態になるかも知れません。これは人口削減になります。人口の多い状態でワンワールドにするより、よほど簡単になると思われます。
それと同時に、極東アジアも一触即発を実現して、極東で日中戦争にでもなれば、世界大戦の要件が揃います。
今までのようにずるずると延命を引き伸ばしていくのではなく、早期に終わらせて目的を達成するということに振り替えたとみていいかもしれません。
いずれにしても、善良な市民は、短期間に同じだけの苦労を強いられることでしょう。今回のことでターゲットになったのは、なまじの富裕層です。彼らの多くは資産をなくすことでしょう。超富裕層と貧困層はさほど関係ないと思います。しかし、世界は暗い世界恐慌時代になることは避けられず、食糧危機でものが手に入らなくなるでしょう。
命が軽んじられるため、戦争は割合簡単に起きることでしょう。背に腹は代えられないとかの理由で。
古事記ではすでに「黄泉の国」の最終局面の工程になります。さて、よくもまあ人間の意識に残酷シーンを刻み込みたがる設定になっていることか。意識ある皆さんは、少なくとも皆さんの周りだけは、大難を小難に替えるよう祈っておくようにしましょう。
今回は、すでに設定されていることですから、やらせてやることにして、次回はそのようなものの発生することのないように気を配りたく思います。
非常に参考になる木内鶴彦さんの臨死・死後体験談です。宇宙から個我に至るまでざっと鳥瞰しておきましょう。
これからは、現実を一歩高みから、あるいは一歩退いて見る視点が必要になってくるでしょうから。

そして、よければこれも。
https://p.booklog.jp/book/104257/read
私のような年寄りはそれで仕方ないでしょう。
しかし、木内さんの話の中にある、存続する希望のビジョンとして、0.01%の人たちが起こす未来の胎動がいろんなところで始まっています。
たとえばここなんかそうです。
https://grnba.jp/
https://nipponsaisei.jp/
一方で、戦争や戦闘志向の人たちがいて、もう一方で先の未来に繋げる叡智を持った人たちがいます。
これはもう、それぞれの希望を叶えていくしかないでしょう。この世は、個々それぞれの自己実現の場ですから。
それを個々が体験することで、個々それぞれに覚醒をしていくしかないというのが本質かもしれません。
皆さんの幸せを祈ります。

雨の日は しとしとぴっちゃん しとぴっちゃん (22日に即興で詠んだ短歌)

leave.jpg
英国のEU離脱が決まったようです。
世界の金融界に与えるショックが相当大きいようで、猛烈な株安と円高に見舞われていますね。
しかし、まだ適当な水準にありますから、ここでもたせれば問題ないかと思うのですが、月曜日以降がどうなるか。
しかし、EUの経済破綻が早まった感があります。
もうちょっと引き伸ばしたかったかと思いますが、どうやら歴史のプランナーが先を急いでいるようで。
日本もこれで何でもやりやすくなったかもしれません。
こんなときに、私は体調が良くありません。
心臓と腎臓がどうもよろしくなく、多臓器にまたがってきた感があり、眠気は日常のことになりました。
眠るというのは気持ちいいものです。
しかし、猫たちへの果たすべき義務がおろそかにならないようにと思うと、そうもしておれません。
いま三匹とも、よく食べ独立心もついて、それぞれが五月雨式に餌をねだってきます。
私はとてもありがたく、うれしく、幸せです。
仕事がこれだけで済めばいいのですが。
それさえもこなせなくならないかと、心配があります。
さて、22日も今日と同じような雨の日でした。
そのときにはカマどんがメールのやり取りのお遊びをしてくれまして、眠ってばかりいてはいかんぞ、運動しなさいとのありがたい仰せ。
しかし、運動するにも辛いものがありましたので、もう一度寝て、うつつに戻ったと同時に、短歌をいくつか詠みました。
メール文をキャプチャーしてここに貼り付けます。
22-tanka.jpg
さらにその次を続けようとして、ちょっと神懸かったみたいになり。
22-tanka2.jpg
この世とは
この世とは 冥土へ向かう 一里塚 土産話も たくさん持った
まず会おう 天帝様に 持参した 閻魔調書を ご覧じあれと
おごそかに 願い出でよう 件なる 最後の審判 かかり賜えと
あまたなる 神の子羊 後詰して 今その時と 声を合わせる
ふと思う 我に資格の あるなしを 我が生前は 満ち足りており
前に出よ 我に代わりて 主張せよ 不義の刃に 討たれた者よ
後託して 我は離れて 翼持ち 火の鳥ならんと 太陽に発つ
ついに来た 我に課された シナリオの 勧善懲悪 果たすその時
ぶすぶすと まりに巣食った オニヒトデ 我が一撃で 溶けてなくなれ 
(ぶす=毒  まり=地球  オニヒトデ=人の形をした悪魔たち  1000億度の灼熱の一撃で ジュッ)
浮遊する 良きも悪しきも 魂集め 引き出す先の オシリスのもと
権能の 天秤ばかりで 隼の神 重さ量るよ 流れ作業で
あまたなる 地獄に落ちた 魔者たち 千億年の 受刑を果たせ
わずかなる 魂軽き 者たちよ 新玉の身で 明日へと向かえ
三千の世 梵の全系 どこまでも 安穏楽土 保たれてあり
あっぱれや 不二は晴れたり 日本晴れ 神一厘の 仕組み果たせり


とまあ、以上のように詠み上げました。
最後のところは、日月神様のモードを採り入れまして、締めました。
日月神示には神一厘の仕組みについて、このようなことが書かれているようです。
https://www.h2.a.ne.jp/~apo.2012/kamiichirin.htm
私自身、日月神様が仰っていることが難しすぎて、いったい何がこれからあるのやら、全くわかりません。
いかにも怖そうな言葉が目白押ししてあるような。
私も兜の緒を締めることにします。

何でガッチャマンでホルスなのか(1)

本日は
何でガッチャマンでホルスなのかの説明をしたく思います。
私は小さい時から、アニメに惹かれ、また人生上の重要な局面で、影響されているようなのです。
人によってはUFOとか心霊現象とか霊能力とかに直接関与する人もいますが、私はそのような能力はなくとも、昔見たアニメによって、それらの関連事象が起きていることがわかってきました。
私が最もインパクトを受けたアニメは「白蛇伝」です これは小学校六年の時に見た東映のアニメで、今でも驚くほどの出来をしていまして、そこに出てくるキャラクターになぞらえられるような体験を、50歳以後の老人になってからしてきているのです。
問題のガッチャマンは、私はアニメが放映されていたとはいえ、見たことがないのですが、初めて目撃したUFOがどうやら、ガッチャマンのキャラクターを模倣して出てきていたことが最近になってわかってきました。  
話がややこしくなりますが、私が名古屋でカマどんと付き合っているころ、CFC(宇宙友の会)のグループと湯の山でUFO観測会をすることがありました。  
そのとき、カマどんはたしかいませんでしたね。  
しかし、浜田さんが来ていたんでしたね。  
ということは、浜田さんは知ってると思いますが、あのとき午後9時ごろから、東の空に赤い流星のような光体がピュン、ピュンと出現しました。  
それをあのときの全員が目撃し確認し、会長の母衣高さんは、これが友好的宇宙人のUFOなんですよと仰ってました。  
私も当時、宇宙人は友好的であると信じてました。  
しかし、そこに出現する赤い流星のようなものは、にわかにUFOだとは信じられず、まだその時点では流星だろうと思っていたのです。  
また、流星そのものもまだ一度も見たことがなかったものですから、赤い流星などほとんど存在しないことすらも知らなかったのです。
しかし、見上げる首も凝ってきたものですから、観測するみなさんの列から離れて、自分だけで寝袋に入って、仰向けに寝ながら真上を見上げて観測することにしたのです。  
そうやって5分もすると、何か神秘的な気持ちになってきて、当時はまだ視力も良かったので、星が透き通った夜空にきれいに見えて、そのうちある瞬間に、星々が遠近感を伴って見えるようになったのです。  
立体視というものですね。星空を相手にそれができたのです。  
ふつうは遠近感などないはず。ところが、どこか海の中を覗いていてそこにいる生き物が浅いところや深いところにいるような感覚になってしまったのです。
  
ありゃーと思ううちに、そうだ友好的宇宙人が来ているんだから、友達にしてくれるかどうか問うてみようと、心の中からテレパシーで、「宇宙人さん、よくない癖を治そうと思いますから、私を友達にしてくれますか」と話しかけたのです。
すると驚いたことに、1、2秒ほどすぐ後に、目の前に大きなブーメラン型というか三日月形というかの朱橙色の物体の残像を残してよぎり、すぐそれが急上昇したのか、シャッと赤い例の流星になって、ほぼ同じ位置でクロスするようにして飛び去ったのでした。
boomelang.jpg
あっという間に出てきたもので、UFOの実在は紛れもなく本当だと思うようになったのは言うまでもありません。しかも、テレパシーに感応している。私の心を読んでいるわけです。  
あらーっ。  私はもう茫然自失。  まさかのことに、それだけで感動に満ちていて、人に話す気にもなれなくて、そのままになってしまったのでした。  
カマどんがいたら、すぐにでも話してたと思いますが、まだなじみの薄い浜田さんには、よう話さなかったのかもしれません。  
ましてや、CFCの人たちにはよう話しませんでした。  そのときに自分だけの経験にしておこうと決めたのです。
後から振り返ると、赤いブーメラン型UFOというものの目撃例も撮影例もまったくないのですね、どこにも。  
では何だったのかと思っていたら、1975年当時、テレビアニメでガッチャマンを放映していたのです。  
初期の頃のガッチャマンです。  私はその当時、テレビもなく、仕事とアパートの往復で、見ているはずもありません。
その中に、ガッチャマンの手に持つ兵器として、ブーメラン型のバードラン(鳥走り)という秘密兵器があって、たぶんアニメには何度も登場しているんです。主人公のガッチャマンが勝負の決め手に使う兵器として。  
それが2003年ごろ、ネットで偶然見つかったのです。  
またそれと同時期に、キトラ古墳の南壁の朱雀の絵が、残りの三方向の絵からかなり遅れて公表されました。  
それが何と、朱雀が助走をつけて飛び立とうとする寸前の姿で描かれていたんです。  
これも鳥走りだからバードランです。ガッチャマンのバードランの情報と、ほぼ同時シンクロしたのです。
  
それまでの古墳(高松塚や北朝鮮の古墳)には、じっとして佇んでいる朱雀しか描かれていないのに、初めて、飛び立つ寸前の朱雀が見つかったんですね。
これは、朱雀に相当する出来事が、これから発生してくるという兆候と捉えられるのです。  
suzaku.jpg
この時期、赤い鳥・朱雀の動きが活発化しているなあという印象の強く出ていた時期でした。  
2000年10月には鳥取西部地震が起きて、火の鳥という言葉が二度繰り返すように浮かんできました。
しかも、我々が起動したとしか思えない地震でありました。 ⇒ https://p.booklog.jp/book/97537/page/2637332/bookmark
この火の鳥とは、ガッチャマン部隊にとっての最強兵器ではありませんか。(科学忍法火の鳥)

ただひとつ問題は、ガッチャマンが「白い翼」とされていることだあーーー。
火の鳥を使うんやったら、赤い翼でなきゃいかんやろ。
ブーメラン兵器バードランも白くなっているとはああああ。
目撃したのとは色が違うぞおおおお。
エー加減にせなあかんで。
ま、いちおう火の鳥の発進(発振)に続くシンクロ事象だったわけです。 
  
では見たこともないアニメキャラなのに、なぜUFOは出てきたか推理しました。  
その観測会のとき、まだ小学生だった近藤君が来ていたのですが、彼ならガッチャマンを見ているかもしれないですね。  
それで本当は、彼に見せたくて、その格好で出てきていたのではないかと推測するわけです。  いつもの常連メンバーなので喜ばせてやろうかと。
私はいわば、彼のせっかくの権利を奪ったのではないかという思いでいたりするわけです。
ところが、それを見てから一週間後ぐらいから、約束を果たしに来たぞと言わんばかりに、満天の星空を背景に、白球UFOが複数機、まるでみずすましのようにすいすいすいすい出てくる夢を見るようになりまして、それが何日かおきに連続しました。
宇宙人は友達の私のことを気付かってくれているみたいだと思えました。  
しかし、赤いブーメランだったのが、どうして白球になったんだという思いはありましたね。  
ところで、白球UFOなんかも、その当時、居るとは思っていなかったんですよ。  
今ではあちこちで撮影されたり目撃されたりしてますけど、当時はそのような情報はなかったですからね。  
そしてとうとう、彼らが正体を私に教えるときがやってきたのです。  
彼らは映像(今で言えばホログラムですね)を私の脳に送り込んで、UFOの夢を見せていたのだと。  それを悟らせるような夢を見せてくれたのです。 ⇒ https://p.booklog.jp/book/97090/page/2623311/bookmark  
だから、UFO目撃の多くは、映像を向こうから与えられて見ている場合がきっとたくさんあると思うんです。  
あちらはリスクを冒さなくて済むし、こちらは目撃した気分になれるし。  
さらにその、「UFOは映像(ホログラム)で事足りる」という思いが、とうとう現実化するときがやって来たのです。  
あれは32,3歳の頃、刈谷市のアパートで1辺90センチのピラミッドを作り、ピラミッド瞑想をやっているときでした。  
その当時はヨガと西洋魔法(W.バトラー)をミックスしたような呼吸法で、集中と瞑想を気が向いたらやっておりました。  
何度目かのピラミッド瞑想をしていた時でした。瞑想がぐーんと深化した頃に、何をいきなり思い立ったか、UFOは映像だから、集中している眉間の中にでも飛び込んでこれると思ったのです。  
するとその瞬間、本当に例の白球UFOがやや赤熱しながらどんどん近づいてくるんです。  
そして、私の眉間に本当に飛び込んできて、頭の中の真上から、太陽光線束のシャワーを浴びるような格好になりまして、ウワーッと驚いたわけです。  こりゃやばい。  発狂してしまったんじゃないかと。  それで目を開けると、今度は周りが全部真っ白になってるんです。  
何の景色もなく、ただ光の海の中にいるんですね。
これはオツムのタガが外れたに違いない。  
ウワーッと、頭を振って必死に正気に帰ろうとしたら、光の海がちぎれちぎれになって消えていき(雲霧消散というのか)、元の薄暗い蛍光灯の部屋の下にいたという次第だったのです。
後にラーマクリシュナの自伝を読む機会があり、そこには彼は、光の海を見たくて、喉に短剣を突き立てて自殺までしようとしたと書いてあり、ええーっ、そんなに貴重な経験だったのかと、いまさらながらに残念がりましたもんね。
しかしあのとき、怖がって逃げちゃったためか、UFOが夢に出てくることもなくなったのです。
再びUFO関係のことにタッチしたのは、武良さんと行動を共にするようになってからのことでした。1993年までお預け。
  
このときの体験が、20年後の2003年に坂本さんとの出会いによる古代エジプト時代の過去世話とシンクロし、また当時、エジプト考古学をしていた吉村作治氏の「ピラミッドの王の棺室でファラオが受けていた太陽神のイニシエーション」のCG映像とそっくり同じ体験であることに気付くなど、もう次々と裏付けのリンクが取れていったわけでした。
こういうわけで、私は遠い過去世において、ある程度のヨガの熟練と、ファラオとして当時していた太陽神受け入れの儀式を、今生においてミニチュアピラミッドによってシミュレーションしたことがわかったのです。  
すべて前世までに体験してきたことの再現だったのです。
坂本さんの話では、私が古代エジプトのファラオであったときに、坂本さんは最高神官をしていたといいます。  
その当時、ムー大陸があり、大地震が起きて神殿が崩れて、ムーの王が下敷きになって死んだ。  
それが過去世の武良さんだったというのです。  その彼を救出に行き、死骸を自国の死体蘇生器にかけて生き返らせ、私の娘と結婚させたそうです。  
ところが、その娘夫婦に私は殺されてしまったとか。  なんじゃらほい。  そういった因縁でみんなここに集まっているとか。  
まあみんな、劇団四季の俳優たちのような感じではありませんか。  次の何度か目の演目が今生だったりしているのではないかというわけですね。ハムレットを演ずるのに、劇団全体で体当たりしているようなものですか。
そうであるなら、カマどんも当時の我々と、何らかの縁があったかもしれません。  Nさんもそう。  
ほんとうに少数スタッフで時間を旅して輪廻転生してきたのかもしれません。
坂本さんは我々の過去世を知っていて言います。  
森野さんは、当時エジプトにあった科学技術の粋を設計する能力があって、生命蘇生器やUFOの製法を知っていた。  
その技術をあのスフィンクスの足元の下の秘密の部屋に隠した張本人は森野さんなんやで、というのです。  
しかし、当時の脳ではないから、記憶がありません。  
霊魂は記憶しているのですが、それを取り出すには、何か特殊なことをする(ある特別な果実を食べる)必要があるとかで、結果、できないでいます。  
ガッチャマンに関しては、そのアニメが原作者と映画監督の名前が、龍と鳥の呼応になっていることにも関連があります。
アニメ・ガッチャマンは
原作  吉田竜夫
総監督 鳥海永行
竜と鳥の連携 ⇒ 亀と鶴の連携 ⇒ 鶴亀統べる
実は、龍と鳳もしくは亀と鶴の呼応は、私の不思議体験にとても深くかかわっているのです。
それを次回にいたしましょう。
firebird_2016062314160756f.jpg