今朝未明(先ほど)の夢は陛下のご心中推察の夢

今朝未明の夢は、とても長いようで、それでいて解答入手が困難な、もどかしいものでした。
今上天皇様が出てこられるのですが、いまひとつ、我々のほうを向いてくださらないでいて、かといってそれが普段のことのようでもあるといった感じで、どういう思いでおられるのだろうかと立ち入りたいような、それも叶わないような。探り当てられず、解答が出てこないのです。
そんなとき、いつの時に詠まれた歌だったかと見てみれば、いつぞやの歌会始めの時の御歌でありました。
夕やみのせまる田に入り稔りたる稲の根本に鎌をあてがふ
これを検索で見たときの最初に出てきた酔生夢人氏のブログの解釈は、かなり踏み込んだ具体性解釈を・・・私はそこまでではないものの、夕闇が真っ暗闇になる前に、きれいに刈り取りを済ませてしまいたいという意志を表されたものと思えたものでした。
さて、その時期とは、おそらく今時でしかないだろうという私の思いが、どうやらとりとめもなく長ったらしい夢になったものかと思われます。
そのもどかしさは、もしかすると今上天皇ご自身の思いかもしれず、その思いを発しても、空しく虚空に響くのみであるなら、何をかやせむ。
私は夢の中で、天皇様のルーツにまで思いが迷い込み、そうか、天皇様は諦観に思いを切り替えようとされているのだなと感じたようなことでした。
ご自身の立場で叶わないなら、それこそ宇宙の神を動かすべく、かねてから預言にもありますように、神の御使いが、「時は満ちた。今こそ刈り取りを行うときである」と呼ばわった行為を、神の側に立つものとして、執り行われたのではないかと思いました。
この歌会始めは去年(2015年)のときのものです。2014年に天皇陛下は、大神神社に参拝され、出雲国造家(天の穂日家)に縁戚を構えられました。この時の陛下のお思いは、私にも痛いほど伝わってまいり、何とかしてお助けしたいという思いになったものでした。
しかし、現実は動かしがたく、いかに神世が浄化されたとの情報がもたらされても、我々はこちら側にいて、祭儀的なことに時を費やすのみです。
この世の浄化こそが、陛下のおっしゃった稲の刈り取りのことでありましょう。それはわかるのです。
また陛下は、この今の時が、かの書にいう天上から邪鬼が下りてきた時とお心得でしょう。
それゆえ、早くしないといけないと、歌会始めにおいて、宇宙にとどろく神の御使いの号令を発されたものでしょう。
民を思う心ゆえの号令発布。あとは天上の神にお任せしましたとして、今をお過ごしなのだと、今朝未明の夢の中で、推測いたしました。
どうか、陛下の御心、安らかなれと、お祈り申し上げる次第です。
昨日はカマどんがちょっと過激なことを言い出すし、方向性が間違っていなければいいのですが。
私もカマどんの考えは共有できるのですがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です