元伊勢日室岳との不思議な機縁(4)

昨日の記事は、神職さんの御説のことだったですね。
そこから思い出すのですが、元伊勢日室岳に関わる最重要な発見に繋がったキーを与えてくださったのも、とある神社宮司さんでした。
https://ameblo.jp/nishie-eryuu/entry-11746194353.html
2014年の3月に、どんな経緯だったか(検索だったかな)、この方のサイトを拝見したのです。
そこには、拙著の表紙の畿内の逆五芒星のトリミングが載せてあるではないですか。
https://red-avian.info/dlf/qbl_374197.htm
そして記事の中腹あたりに、ホルスの神像とそのあとすぐに 封印を解いてほしい という言葉が赤字の太字で書いてあるではないですか。この記事の終わりごろにももう一度 封印を解いてほしい と書かれてありました。
この記事の文脈とその展開と配置に、あきらかに私に対するメッセージが発信されていると感じたわけです。
私はその頃すでに、ホルスの印章も併せ持っていると認識していましたからね。⇒ ホルスへの道 (ガッチャマン・ホルスの覚醒)
では 封印を解いてほしい とは誰が発したメッセージなのか。
封印解除としては、今まで主眼として二人の巫女の協力者とやってきた国常立尊と豊雲野尊の封印解除のことしか、思い浮かびません。その解除は、鳥取西部地震で得られた「火の鳥」を使って「炒り豆に花が・・・」の封印呪詛を解いてきたはずでした。
もしかして、まだ満足に解けていないのか、との思いから、再吟味してみたのです。
そういえば、もしかして・・・
国常立尊と豊雲野尊のそれぞれの封印場所が二つの地点で示されていながら、一度も直線で繋いでみたことがなかったことに気付き、数年前には使うようになっていた地図サイトの二地点間の最短距離を出すことのできるネット上のソフトを使って、繋いでみたのです。
すると・・・ああーっ・・・持ってた湯呑みをばったと落とし、置いてた扇子で小膝を叩き・・・ここここ・これだーっ!!!!!!・・・と叫んでおりました。
国祖神様封印幾何学図形
国祖神様たちの封印幾何学図形の態様が見つかったのです。しかもこの逆五芒星が、お二方の神様の封印に関わっていたとは。ああ、なるほど。どうして場違いな逆五芒星がこんなところにあるのかの疑問が解けた瞬間でありました。しかも、その図形の接点こそが、元伊勢日室岳だったというわけなのです。
場違いな逆五芒星という意味は、逆五芒星それ自体が、決していい意味の使われ方をするものではないという意味です。その根拠については読者各位で調べられたし。
これは、封印が故意に(人為的に)なされていたという証拠でもあるのです。
それは、このサイト主さんが記事中で叙述されているように
>地球に降ろされた
宇宙のリズムに
呼応して、
日本が、地球が
永遠に循環しながら
つながって生きていく為に
ご用意された聖地。
それは、
特定の種族に対する
永遠の繁栄の為の聖地では
決してないはずなのです。
封印を解いて欲しい。
という何者かの意志。
と先述しましたが、
明確に言うと
聖なる大地のお仕組みに対して
先人が犯してしまった歪みを、
今を生きるわたしたちが
中庸の精神をもって認識し、
元の聖なる聖地たる封印を
解いていって欲しい。

と、サイト主さんご自身で感受されていて、お分かりだったわけですね。
私はその意味では性急だったかもしれません。なぜなら、見逃しという失態ゆえのことですから、見つかった限りは、早くお出しせねばならないとの思いばかりが先立ったからです。
原因さえ見つかれば、治療は簡単になります。
2014年5月1日に準備が整い、その夕方から封印解除術の儀式をしました。朝夕二回していこうというわけです。
すると、5月3日の未明の夢で神世から何やら報せが入りました。それから始まる一連の夢見が日を置きながらしばらく続いたのでした。
このことについては、超常夢見体験記のほうをご覧ください。⇒ https://red-avian.info/n-myth/yumemi.html#23

このサイト主さんは、神社宮司さんでした。しかも、亀というキーワードを持つ神社で、しかも宮司さんご自身、竜を名乗っておられる。
このシンクロは何なのだ。新神話における私は、鶴であり鳳でありますから、彼の持つキーとはぴったり合います。
なるほど。だからこそ、彼は私にメッセージをもたらすこともできたのだと確信できました。もし会うことができたら、もうひとつの楽しみが実現できるかもしれない。
すなわち、鶴と亀が統べるということが、またも実現しそう。一度目はイナンナが亀で龍で、二度目はカンナオビが亀になり龍(まさしく雲竜)であった。それに続く第三番目ということになるでしょう。そしてそれは、今までそうだったように、封印解除に繋がる連携の輪になるだろうという確信ですね。
久々の鶴亀統べるが実現しそうだということで、一も二もなく、宮司さんの企画していた逆五芒星巡りツアーのコンダクター(ただしよく知っている元伊勢のみの)を買って出ることにしたのでした。
その旨連絡すると、下見に一緒に行ってほしいとの要請がありました。
当初はさっそく5月にでもということだったのですが、いろんな好事魔多しで、延期に次ぐ延期で、とうとう8月29日になりました。
宮司さんは所持されている何台かの車のうち、軽のジープのような車でやってこられ、同伴ということになりました。
そのときに、最初に笑顔での挨拶と同時に、私の所期の考え通り、歩み寄って両の手でがっちり、宮司さんと握手いたしました。これが「鶴亀統べる」の儀式であると確信しながらの握手です。
往路の途中で、アシスタント的な女性と合流し、元伊勢の案内をさせていただきました。その最後は宮津市に入ったところにある、境内地に巨岩で北斗七星を配置する生野神社で、順番通り巨岩にタッチして回るという、ちょっとした縁起もの的儀式もしまして、それで帰投ということになりまして、送ってもらった先で暗くなりかけでしたが、再びがっちりと早朝にしたような握手をして別れたような次第でした。
もちろん、この握手の意義を宮司さんには道すがら説明しています。私は「鶴亀統べる」の儀式をしたまる九日後に、何らかの卦が出て、儀式が有効だったかどうかがわかりますと、述べ伝えておりました。宮司さんは好きな数が16だとおっしゃった。
するとまず、9月7日に再度の鶴亀統べるの夢を見まして、それからさらに九日後(9月16日)に、その年では最大級の地震が関東で起きて、卦はまたも確かに出たと判断されたのです。⇒ https://red-avian.info/n-myth/yumemi.html#30
しかし、宮司さんに嫌われたかもしれません。きっと内心では、お前は妖怪かよと思われたことでしょう。私のやり方にはついて行けんという感じのメールで、終わりにすることにしました。
しかし、その後しばらくして、次なる亀さんが夢の中に現れました。出てきた人というのが、実はプーチンさんだったのです。⇒ https://red-avian.info/n-myth/yumemi.html#31
彼は翌年(2015年)から、ものすごい活躍を見せるようになりました。迷子(ロストヂャリ)の予定を狂わしてしまうほどの。
あっぱれあっぱれ、あっぱれなるかや、鶴亀パワー。
なお、鶴亀統べるによって起きる天変地異は、卦(兆候)を計るだけの自然のものなので、被害はほとんどありません。
人がたくさん死ぬような地震などは、神さん系の変動によるものではない、何か別の要因によるものです。
自然の地震にはないような地震波形にご注意。