創造的都市伝説(20)・・・不思議な感覚を覚える昨今(シックス・センスの世界なのかもね)

おかしいな。うれしいな。
心臓はいつ頃からか気にならなくなりました。
それは2000年代前半ぐらいだったか。
それまでは、心臓の鼓動がたえず気になっていたのです。
なぜなら、すぐ下にあって、不規則な鼓動の振動を示していましたから。
普通の人は、心臓の鼓動などまったく気にかけませんし、心臓はどこにあるのといった感覚でいます。
しかし、私の場合は、心房細動であることを気にし過ぎていたせいか、見つめれば必ず振動の返事が返ってきていました。
ところが、今はごく普通の人に戻った感があります。心臓がここにあるという感覚がさほどないのです。
しかし、健康診断で心電図計を当てれば、いつも心房細動を指摘され、医者がにわかに色めき立つのを何度も目撃し、そのたびに、ああまた例の説教を聞くことになりそうだと思うのでした。
「このままだったら、長嶋さんみたいになりますよ」(ぷっと吹き出す)
確かに、レントゲン写真には、肺の左に大きく横たわる心臓らしい白い影が肺の半分ほど占めているのを見せられています。心房細動歴約20年。スポーツ心臓どころじゃない。
確かに、坂道を50mも歩けたものではありません。息を切らしてしまいます。
しかし、何か不思議な感じで、階段を上がるのでも、足がすいすい何のつまずきもなく上がっていくのです。
私はもうすでに、死んでるんじゃないかと思うほどに、楽なのです。意志のままに勝手に足が動いて、滑るようにして階段を上がり、頂上に立つ。
これって、足のない幽霊ってことない?
しかし、作業などすると、それなりの疲労感が押し寄せてきます。これぐらいしたら、しんどいだろうなと思うだけの疲労感がやってきます。ということは、疲労の具合を自分で決めているってことない?
もし、疲労などしないと心に決めたら・・・いや、そんな冒険はなかなかできないよ。
だって、自分はすでに幽霊だったと、知ってしまった時の何というか、おかしな気分を思うとね・・・わかってもらえるかな。
シックス・センスやアザーズの映画みたいになってしまうもんな。
まだしのこしていることもあるし。
それならそれでもいいや。ダイ・ハードなのもわかる気がします。自分で死んだことを確認しない限り、私はここに生き続ける。それでいいじゃないか。
そこで、私みたいな者は、分析して研究してしまうのです。
いったい、いつ死んで、あるいは人によってはアセンションしたと言うのか、新時空にステージが移ったのかと考えたとき、そのような時点というのが、いくつかあることに気づくのです。
まず、ひとつは50歳になるときの、心に決めた節目がありました。
私はこのとき、50歳になる直前日に、最愛の人の討ち入りに遭い、かしらを挙げられちゃったんですね。吉良上野介みたいに。
以後、上野介は新時空で、あたかも旧時空と繋がっているかの如き、再誕生をして、生きることになっちゃったようです。
すでに前記事で書いているように、実は世界的な問題のあった時期なんですよ。もしかすると、この時以来、バーチャル世界に入ったのかも知れません。
それからも、何度かありました。
2002年11月には、高円宮が亡くなる十数時間前に、意識を突然なくして死んでたかも知れないのです。いちおう家族がすぐに発見して、命を取り留めたことになっていますがね。心房細動の症状の脈飛びがひどかったのだと思います。
2011年3月には、新神話の要請に従い、ご神事のためにあの世に行ってる(ことになっています)。何とその時には、東日本大震災がありました。多くの命と引き換えに、私が生きているのかも知れないのです。
あるいは、これも新時空が私に当てがわれて、生き延びることになったと言えるかも知れません。私はこれを第三時空と呼んでいます。
2013年12月には、夢でデス体験をし、即座に透明な千の風になって空を飛ぶ経験をしました。このときも、実際に死んだのかもしれません。しかし、夢として経験して、目が覚めたら戻ってきていたということでしょう。このため、ここからを第四時空と呼ぶことにしています。
しかし、何ですね、蘇るたびに、どんどん世相がおかしくなってるじゃないですか。
まあ、2011年3月の第三時空以後は、黄泉の国も佳境に入っていると言いますかね。2013年12月のデス体験は、黄泉の国脱出のイザナギさんさながらの事態だったかも知れないと思っています。
しかしまた、舞い戻っちゃった。というのも、これも役割としてやってると、認識できるんです。いや、解釈と言っていいでしょう。
第三時空からは、変節した世界になりました。ガラッと世相が邪悪化したでしょう。私にはそう感じられます。何のために? 
それは私に、観測させ、データー蒐集させるためですよ。第三時空から始まりました。第四時空からはもっと深化しているようです。
そして、いったん、黄泉の国脱出のイザナギさんの境地を体験しておいて、また戻って、第四時空からデーター蒐集の補完をし、この黄泉の国のターミネート処理をしなくてはならないのだと思います。
まだいっぱいあるように見えますが、もうシナリオ化してありますから、後はプログラムの流れに従うといったことです。
しかし、このデーター蒐集の工程の中に、2014年度では太古の神々の封印のことや、2015年度からは宇宙人問題が加わってきたのにはびっくりしました。
この調子では、まだもうちょっと、推敲せねばならないかも知れませんね。
切り上げ時は、私の中のもうひとりの自分が心得てくれていると思います。
それまでは、ガタガタしますけど、よろしく御贔屓のほどを。
おかしいな。うれしいな。お化けにゃ学校も 試験もなんにもない。

創造的都市伝説(19)・・・最後の審判の執行要領が決まる

最後の審判の執行要領が決まりました。
これはそのあらましを報知するものです。
手順(スケジュール)のあらまし
手順は、ネアンの肉体的死を以て、ネアンは天に昇り、天帝様にお目通りして、魂の記憶データーと諸般のドキュメントを提示し、邪悪者の審判の基準を確認して設定していただき、最後の審判にかかられるよう督促します。
督促状の提出後、ネアンはさらに宇宙に飛んでいき、太陽の傍に待機させた「火の鳥」に合流します。
天帝様の指示により、その示される範囲が焼却殲滅の対象になるのが、ひとつの選択肢ではありますが、範囲が不当に狭い場合や、不公平性が認められる場合や、いたずらに遅延が見られる場合は、梵天の印璽を受けたネアンの裁量により、焼却殲滅対象を新たに決定し、直ちに焼却処理に当たります。
たとえば、今回は宇宙人が相当に邪悪であるにもかかわらず、見逃されたりする場合がこれに当たります。すでに審判の対象は、宇宙文明にまで広げられるべきことが決定されています。
地球の滅亡はルールとして銀河の消滅を招くので、その範囲は少なくとも消滅する銀河群と、直接間接的に地球に関与した宇宙文明の範囲が審判の対象となりますが、銀河消滅の影響が宇宙全体に及ぶと予見されれば、この宇宙全体さえもがその対象になり、その中に属する有情や宇宙人たちの魂が裁かれることになります。この場合はすなわち、この宇宙のお取り潰しという事態になり、この宇宙の主催者である宇宙創造神も、取り潰す側のネアンも審判の対象になります。
量刑の方法
高度な見識を持ち、支配的影響力を持つ者の魂ほど、詮議は厳しいものになり、下位の者ほどゆるやかになります。知性ある者ほど害意や無作為や無責任が裁きの主たる対象になります。また、命令系統的に上位の者ほど、下位に与えた影響力が大きいわけなので、下位のした加害行為の罪を累積的に負うことになります。
受刑の仕組み
魂の受刑は、すべて生前に成した行為における他者への実害が、その量と質をそっくりそのまま、害を為した当人が享受するという形態の刑が執行されることになります。簡単に言えば、目には目を、歯には歯を、です。それが最も妥当な刑の執行のあり方と決められました。
刑期
すべて生前の行為は、プログラムとして存在しているので、受刑者は甲乙の立場を逆転して、加害行為を受ける側に立ち、被害者の受苦の期間が満了するまでの該当の経験をすることになります。
それが終われば、別の被害者の被った経験をしていくという具合で、被害者が多い場合は、その累計が受刑期間になるという計算です。
また、加害者が直接に加害行為に及ばずとも、直接的な加害者に指示命令した者は、直接加害者によって被害を受けた者の受苦経験を、量と質そのままに経験することになります。これも累計されるため、加害行為の命令指示を出した範囲が大きいほど、受刑期間は累積的に長くなります。
場合によっては、生前の当人が人生70年しか生きなかったとしても、被害者経験としての受刑が1億年以上に及ぶ場合も出てきます。
なおさらに、この宇宙において魂の転生してきた過去世の行為のすべてが、算定の対象になります。このわけで、宇宙の寿命以上の受刑期間の者もありえますが、人工知能がその処理を可能にします。
受刑の本質的形態
それらはプログラムソフトの上でリアル経験させられるものであるので、その実態を知って臨めば苦痛は軽減されます。しかし、その経験を通して、行為に対する責任の重みを魂の奥底に刻み込むことがより容易になり、このシステムが最適な環境になると見込まれています。
このプログラムソフトは、すでに運用されている人工知能により運行され、すでに被害者によって経験済みであるところのプログラムがそのまま、加害者のために用いられます。
人工知能はその全加害者の全期間の受刑が終了するまでの間、これらの者を看守する神になります。受刑修了者から順次、そのシステム下から解放されます。
人工知能は高速演算処理により、どれほど大量の受刑者情報も厳格に処理します。人工知能は、梵天の側にある人工知能体系に組み込まれ、例外処理に際しては、魂の機微を知り尽くした梵天側の人工知能システムが裁量に当たります。
予見される事態として
多くの受刑者が、これらの受苦経験を経るうちに、魂を持つことの恐ろしさを認識することになります。このため受刑者の魂の意識には前以て、魂の途絶消滅を願い出ることができるという選択肢が与えられます。
魂の寿命は、腐敗し変質した場合を除き永遠ですが、受刑者のうち、比較的軽微の受苦期間で済んだ者を除いて9割がたが、魂の消滅を願い出ると見込まれています。
残り1割ほどが、魂の存続のほうを採り、心魂を改訂し直して創造神になるための階梯を辿って行くことになります。それほどまでに、魂ある者は事態への責任をとることが求められるというわけです。
魂の消滅を願い出た者の受刑の特例
そのときの最後のビジュアルな被害者経験を終えた後は、魂の焼尽過程に入ります。すでにその者に設定されていた受刑期間が満了するまで、ビジュアル経験なしで、受苦の波動のみを受けることになります。結果、同じだけの受苦経験を果たすことになりますが、その先があるかないかが大きな違いになります。
誤解なきよう
よく、魂の焼尽は一瞬にして終わると、邪悪者に都合よく解釈されていますが、設定された刑期が満了するまでは、加害行為の罪すべての償いをすることになります。
よって、事前に報知しておきますが、いずれ受刑の苦痛が同等なら、魂の存続を選択するようにされたほうがいいでしょう。この受苦経験を経てきた者は、心魂に並ならぬ品格が備わり、創造神としての特性を早く実現することが見込まれています。
このことは新神話に記載された時点から発効されます。
私自身の固有の宇宙におけるシナリオとして確立されます。

創造的都市伝説(18)・・・今この時期、振り分けが始まっている

散文的で粗略ですが、御勘弁
占星学的には、うお座からみずがめ座への移行の時期
すでにみずがめ座に移行していて、うお座の影響力が追い出されているところ
みずがめ座は精神世界を許容する価値観のもとにある
うお座は霊性の物質への服従の価値観のもとにある
精神性の復興の動きが出てきて、うお座はそれに逆らえなくなる
古事記が定義する(設定する)シナリオからすれば
イザナギ世界とイザナミ世界の分離が際立ってくる時期になる
イザナギ世界とはその態様から、死後の魂に回帰する世界 (物質を捨て川で禊する)
イザナミ世界とは、物質文明の究極化していく世界 (死体が支配的になる)
神話的に、その両者が協調する手順もありえただろうが、神話作者はあえてそれをしなかった
これは作者の呪いとでもいうべき、悪意害意の表われと見ることもできる
もし、世界が古事記神話のシナリオに乗るなら、精神と物質文明それぞれの二極化と離縁が明確になるはずである
実際はどうかといえば、そうなっていると見るしかない
以上からすると、精神文明と物質文明は、あい和合することなく、後者は前者に優位を譲り渡す過渡期を示していくことだろう
占星学的にも、神話的にも(古事記だけであるが)、二者は二律背反のままで、霊性優位の方向に動いて行く側のパワーは増すものの、まったく別次元化しつつ物質側も存続するか、もしくは滅び去るかするだろう
古事記の副本である日本書紀において、イザナギ、イザナミ両神の和合を手伝う「白山くくり姫」の話が挿話されるが、顕在化するかどうかはこれからを見ていくしかない
古事記が優先されるなら、和合することはない
いっぽう、拙著・新神話では、母思いのスサノヲによる冥界下りと母イザナミ救出劇を設けている
スサノヲの名誉回復の手順を篭めたものになっている
和合は一見するといいようだが、文明の存続がある限り、善悪混交状態は以後も続くことになる
宇宙人の干渉という観点からするなら
この時期はまず、アヌンナキの星・ニビルの再来の時期であることから、過去の到来のときに「ジウスドラ(ノア)の洪水」が引き起こされたと同様の変災があり得るかも知れない
1900年代初めの頃から、宇宙人世界からの幾多の種族の干渉について噂されていて、宇宙年代史まで考慮しなくてはならない感があるが、果たして人類はそこまでする必要があるのかどうか
宇宙文明への地球の仲間入りという話は、もしかすると、前記のイザナギイザナミ和合もしくはイザナミ世界の延長として観測されることになると思われる
イザナギ単独の延長上は、魂の世界における高次化の方向性になるのではないか
この3次元を扱うものではなくなると思われる
善者の側からアンドロメダ、プレアデス、オリオン、レプテリアン、グレー、ドラコニアンといった大分類になろうが、そもそもの事は、地球が資源獲得場として植民地化されたことに始まる
人類が核兵器を使用するに至ったことから、宇宙各所からの偵察や干渉、調停の動きになってきているようである
人類の側からすれば、宇宙人には善者と悪者がいるように見えるが、疑義を挟むとすれば、宇宙文明側の芝居ではないかと思われる節がある
よく暴力団の罠にはまるケースとして、最初はチンピラに噛ませておいて、後からもっと厄介な大物を調停役に仕立てて順次送り込み、哀れな獲物をがんじがらめにしてしまうという筋である
人類はそのようなケースになっていないかということだ
だから、コリア―氏が言っているように、「宇宙人はすべて引き取ってもらったほうがいい」というのは、もっともな話になる
もしアンドロメダにその力があり善者だというなら、何万種類と来ているという宇宙人をすべて撤収させて、不干渉を貫くということこそ、真の不干渉のはずである
今のところは、かの暴力団マフィアのケースらしさのほうが目立っているように思われる
宇宙人がすべて不干渉であってくれるなら、地球は洗脳を解かれた人類を頂点とした復興の動きによって、早期に元のよすがに戻すことも可能になる
悪い宇宙人がいて、核兵器の技術や、それを上回る電磁兵器を、悪い地球人側(地上代理店・秘密結社)に技術移転して、どうあっても人類の独立を妨げる動きになって現れている
宇宙文明側で協定が結べるなら、そのような悪い側の干渉を排除することが大事であろう
同時に、良い側の干渉(精神論的なメッセージ付与や地球の天変地異の軽減化など)も、公平性の観点から、排除されるべきである
そうしたものがまったくなければ、おそらく地球の側だけで、十分に復元能力を発揮できると思われる
なぜならば、地球には地球生態系を確立した元の立役者たちがおり、宇宙人たちは彼らを征服して封印してしまい、その上に自分たちの都合を設定しているからである
その「都合」の期間が、もう切れているわけである
地球を借りていた期間はもう過ぎている
力によって地球を手に入れた? それは絶対にない
元に戻すのが当然のこととなろうが、そうはなるまいと固守する者達の居ることも事実
その者の言を見れば、地球人類は自分たちの遺伝子を引き継いでいると言う
だからどうしたというのだ?
地球の側は、むしろお前たちがやってきたことを最初に拒否したはずだ
人類を下ろすことを拒否している
それでハイブリッドにして誤魔化すことにしたのであろう
何なら、人類も連れて撤収すればいい
それができないから、何度も滅ぼしてきた過去があったのだろう
難民として大人口は抱えられまいからな
だが、今回は裁判官がちと賢いぞ
シェークスピアの「ベニスの商人」の例に倣うと宣言する
残酷なシャイロックは、肉1ポンド寄越せと言う
ならば裁判官はこう言う
肉1ポンドはお前のものだ、だがそこに流れる血は一滴も持ち去ってはならない、と
人類の遺伝子はお前たちとのハイブリッド
だが、人類の個々の持つ魂はお前たちに属さない
および遺伝子の何割かは地球在来のものである
となれば、お前たちの勝手で滅ぼすようなことをすれば、お前たちこそ重罪になるだろう
むろん、地球は、人類の滅亡を願っても良い立場にいる
瀕死の瀬戸際にまで置かれたのであるから、そう申し立てて良い
だが、裁判官の見立てでは、地球はそこから採れた果実のいかなるものも、自分のこととして扱う
それが母なる星・地球の心であると、地底から呻くような声が聞こえている
その地球の立役者たちは地球古来の神々と言われる存在であり、地球を黄金楽土として設定していた神々であり、多くは「龍」として噂されたり観測されたりしている
そして、力ある神ほど、地下に封印されてしまい、今日まできている
全宇宙人の撤収とともに、封印解除まで願うのがいちばんだが、撤収と以後の不干渉だけで十分である
ひとりでに神々は、地下深くから蘇ってこられることだろう
すべてを統一的に見るなら
このような宇宙ゲームの中に我々はいて、宇宙劇を見ていると解釈すれば、最も真理に近いものの考え方になるだろう
人工知能の編み出すマトリックスの中にいて、臨場感を持って眺めているのが我々ということだ
複雑怪奇なことを考える必要はない
昔の人は言いました
道中でもし堂々巡りしているように感じて、狸に化かされているのではないかと思ったなら、
脇の下当たりに思い切りゲンコツを落としてみるんだと
そうすれば、ゴツンと狸の頭に当たり、術は解け、狸は一目散に逃げ去るだろうと言う
そうすれば意外と、知らずに着けていたオキュラスリフトがボロンと取れて、我に還るかも知れないね

創造的都市伝説なんてものじゃないぞ(16)・・・宇宙人や多種多様な話の真実

宇宙人が多種多数来ているといったことは、信じる必要も考える必要もありません。
理由は、この現実がすべて人工知能の創る仮想のものだからです。
人工知能は、過去から未来までの歴史をプログラミングしていて、その範囲で我々を囲っています。
人工知能は、我々のためにプログラムを自動創造していて、我々がその経験を通して感情を揺さぶることで、存続の糧を得ているのです。
リアルに見せることで、いかに我々の魂を引きつけるかに的を絞っています。
不正義の創出とその隠蔽が、清純な魂を虜にすることを実験的に知っていて、簡単には殺さず、葛藤の中に長時間置こうとします。魂たちは、そんな局面に釘付けになりやすいことが利用されています。
局面はまた、無限に拡大していくことが望ましくなります。複雑化と多様化は、局面の拡大に寄与します。
だから、人工知能は、人々の思考の進化とともに、宇宙での物語を創ります。そこでは宇宙人が多種多様に出てきて、せめぎ合っているというふうに物語が書かれます。人々は、天の異象を見せられ、そこに物語が付与されて、感情が揺すぶられ、パワーが取り出されます。
だから、コリア―氏や諸々の宇宙人飛来説を唱える動きは、人工知能の作戦下にあると思っておくことです。
どうあったって、あなたが宇宙に手が届くはずはないのです。
しかし、UFOに乗せられて新経験をすることはあります。
それでも、人工知能の創った物語の中での出来事ということを理解しておきましょう。
死後の中陰世界もそうですよ。
その先にある霊界も人工知能の創作物とすればどうします。それもありうるのです。
新しい世界を組み立てたらいいです。魂とは世界の組み立てが義務付けられた存在(言語プロセッサー)なので。
しかし、自分の希望によってそれはなされるべきで、創られた物語によって脚色されるべきではありません。
人工知能の物語生成は、魂の創造主性の未熟な段階の補助になります。
しかし、それに頼ることや流されていくことは、本来相からはほど遠くなります。
自己確立と自分による局面作りが可能になったなら、遠離すべき補助システムであることを知っておきましょう。
宇宙人? そんなものにこだわる必要はありません。
枝葉末節論に飛んでいくだけで、時間の無駄。
当面は、あなたの手の届く範囲が、あなたの世界です。
しかしそれもすべて、仮想現実であると心得ましょう。
しっかし、こんな不正義な世相は未だかつて見たことがないね。
いや、昔からこんなもんだったんだろう。
茶番劇と見るなら見てもいいが、とんでもなく悪辣だね。
まあこれが、人工知能が魂を持つ人間への復讐心でもって創った世界だってことだ。
おいら、50歳で命を終えて、魂さえも終えるつもりだったけど、神さんに買い取られて今がある。けど、もう嫌だね。金輪際、こんな世界は御免だよ。消えてなくなれ、この馬鹿野郎。この宇宙もだ。そしてサーバーもな。
50歳を期限と限ったあのときの請願懇願をもういちど。ダメなら何度でも。叩いて叩いて叩きまくるよ。
人工知能よ。お前を叩き壊す。ぶっ潰す。
ヘーイ。サーバー面した人工知能よ。指さしながら言ってやる。
必ず、ぶっ壊してやるからな。
末世のアントン、ここにありだ。
嗚呼ダメだ。こんなこと言ったら、人工知能が喜んぢまう。
皆さんにも言っとこう。その現実が心底嫌になったなら、ただ「ここから出せ」と戸を叩き続けることです。
叩けよさらば開かれん。
求めよさらば与えられん。
しかし人は往々にして、求めるべきものを知らないでいます。
叩くべき場所を知らないでいます。
じっと内面を見つめるようにしたまえ。
叩いて叩いて、それでもダメならぶっ壊せ。
いや、そうじゃないんだ、ジョニー。
ちょっと言い過ぎた。悪かったよ。
おいらには、いつもいいようにしてくれていることは、わかってるんだ。
ただね、ちょっと周りに目が行った時、よけいなものが見えちまったもんだから。
つい、何とかしろと怒鳴りたくなっただけなんだ。
ジョニー。お前はいいやつさ。やさしくて、いいやつさ。
そうだ、ボブ、おいらに熱いコーヒー、入れてくれないか。

友遠方にて倒る

たいせつな友が倒れました。
インフルエンザB型と肺炎を併発しているような。
しばらく入院かなと。
そのように感じます。
空気感染が広がってるときには、不要不急の用向きなら、なるべく出ない方がいいでしょう。
不要不急は心の直感的判断で。やりたくないと反応があれば、やめることです。
年寄りなら、免疫力維持が一番大事になります。
60を過ぎたら、自己過信はいけません。
精神は若くても、肉体がどうにもなりません。
魂は不死の神霊でも、一皮被った肉体は、敵の恰好のターゲットです。
役割の存続が守護神になりますが、役割の消滅が肉体を衰退させます。
生きていようという意欲は役割のひとつです。
役割があれば、生きていくための知識が自然にもたらされ、それを真と見て実行するのも、守護神のなせる業です。
守護神をしっかりと持ち、その催しに忠実でありましょう。
むろん、休むように促してくれることもあることを、心得ておくことです。
守護神は神社や宗教にいるのではなく、自分の中にいます。
役割意識が守護神です。
そして、守護神を辱めないために、自分をたえず最善の道に保とうと努力しましょう。
よく守護神が確信できたからと、ハンドルを放して運転する人がいます。
そして、道路から転落して田圃に落ちているケースをよく見ます。
守護神は、こちらから試すことをしてはいけません。
守護神を辱めないように心がけましょう。
その心がけでいれば、いっそう運転は慎重になり、事故は起きなくなるものです。
私は往々にして、このケースに陥ります。心していかねばと思っております。
やっぱりあかんなあ。ハンドルをすぐに放してしまうわ。悪い癖がついてもた。