創造的都市伝説(18)・・・今この時期、振り分けが始まっている

散文的で粗略ですが、御勘弁
占星学的には、うお座からみずがめ座への移行の時期
すでにみずがめ座に移行していて、うお座の影響力が追い出されているところ
みずがめ座は精神世界を許容する価値観のもとにある
うお座は霊性の物質への服従の価値観のもとにある
精神性の復興の動きが出てきて、うお座はそれに逆らえなくなる
古事記が定義する(設定する)シナリオからすれば
イザナギ世界とイザナミ世界の分離が際立ってくる時期になる
イザナギ世界とはその態様から、死後の魂に回帰する世界 (物質を捨て川で禊する)
イザナミ世界とは、物質文明の究極化していく世界 (死体が支配的になる)
神話的に、その両者が協調する手順もありえただろうが、神話作者はあえてそれをしなかった
これは作者の呪いとでもいうべき、悪意害意の表われと見ることもできる
もし、世界が古事記神話のシナリオに乗るなら、精神と物質文明それぞれの二極化と離縁が明確になるはずである
実際はどうかといえば、そうなっていると見るしかない
以上からすると、精神文明と物質文明は、あい和合することなく、後者は前者に優位を譲り渡す過渡期を示していくことだろう
占星学的にも、神話的にも(古事記だけであるが)、二者は二律背反のままで、霊性優位の方向に動いて行く側のパワーは増すものの、まったく別次元化しつつ物質側も存続するか、もしくは滅び去るかするだろう
古事記の副本である日本書紀において、イザナギ、イザナミ両神の和合を手伝う「白山くくり姫」の話が挿話されるが、顕在化するかどうかはこれからを見ていくしかない
古事記が優先されるなら、和合することはない
いっぽう、拙著・新神話では、母思いのスサノヲによる冥界下りと母イザナミ救出劇を設けている
スサノヲの名誉回復の手順を篭めたものになっている
和合は一見するといいようだが、文明の存続がある限り、善悪混交状態は以後も続くことになる
宇宙人の干渉という観点からするなら
この時期はまず、アヌンナキの星・ニビルの再来の時期であることから、過去の到来のときに「ジウスドラ(ノア)の洪水」が引き起こされたと同様の変災があり得るかも知れない
1900年代初めの頃から、宇宙人世界からの幾多の種族の干渉について噂されていて、宇宙年代史まで考慮しなくてはならない感があるが、果たして人類はそこまでする必要があるのかどうか
宇宙文明への地球の仲間入りという話は、もしかすると、前記のイザナギイザナミ和合もしくはイザナミ世界の延長として観測されることになると思われる
イザナギ単独の延長上は、魂の世界における高次化の方向性になるのではないか
この3次元を扱うものではなくなると思われる
善者の側からアンドロメダ、プレアデス、オリオン、レプテリアン、グレー、ドラコニアンといった大分類になろうが、そもそもの事は、地球が資源獲得場として植民地化されたことに始まる
人類が核兵器を使用するに至ったことから、宇宙各所からの偵察や干渉、調停の動きになってきているようである
人類の側からすれば、宇宙人には善者と悪者がいるように見えるが、疑義を挟むとすれば、宇宙文明側の芝居ではないかと思われる節がある
よく暴力団の罠にはまるケースとして、最初はチンピラに噛ませておいて、後からもっと厄介な大物を調停役に仕立てて順次送り込み、哀れな獲物をがんじがらめにしてしまうという筋である
人類はそのようなケースになっていないかということだ
だから、コリア―氏が言っているように、「宇宙人はすべて引き取ってもらったほうがいい」というのは、もっともな話になる
もしアンドロメダにその力があり善者だというなら、何万種類と来ているという宇宙人をすべて撤収させて、不干渉を貫くということこそ、真の不干渉のはずである
今のところは、かの暴力団マフィアのケースらしさのほうが目立っているように思われる
宇宙人がすべて不干渉であってくれるなら、地球は洗脳を解かれた人類を頂点とした復興の動きによって、早期に元のよすがに戻すことも可能になる
悪い宇宙人がいて、核兵器の技術や、それを上回る電磁兵器を、悪い地球人側(地上代理店・秘密結社)に技術移転して、どうあっても人類の独立を妨げる動きになって現れている
宇宙文明側で協定が結べるなら、そのような悪い側の干渉を排除することが大事であろう
同時に、良い側の干渉(精神論的なメッセージ付与や地球の天変地異の軽減化など)も、公平性の観点から、排除されるべきである
そうしたものがまったくなければ、おそらく地球の側だけで、十分に復元能力を発揮できると思われる
なぜならば、地球には地球生態系を確立した元の立役者たちがおり、宇宙人たちは彼らを征服して封印してしまい、その上に自分たちの都合を設定しているからである
その「都合」の期間が、もう切れているわけである
地球を借りていた期間はもう過ぎている
力によって地球を手に入れた? それは絶対にない
元に戻すのが当然のこととなろうが、そうはなるまいと固守する者達の居ることも事実
その者の言を見れば、地球人類は自分たちの遺伝子を引き継いでいると言う
だからどうしたというのだ?
地球の側は、むしろお前たちがやってきたことを最初に拒否したはずだ
人類を下ろすことを拒否している
それでハイブリッドにして誤魔化すことにしたのであろう
何なら、人類も連れて撤収すればいい
それができないから、何度も滅ぼしてきた過去があったのだろう
難民として大人口は抱えられまいからな
だが、今回は裁判官がちと賢いぞ
シェークスピアの「ベニスの商人」の例に倣うと宣言する
残酷なシャイロックは、肉1ポンド寄越せと言う
ならば裁判官はこう言う
肉1ポンドはお前のものだ、だがそこに流れる血は一滴も持ち去ってはならない、と
人類の遺伝子はお前たちとのハイブリッド
だが、人類の個々の持つ魂はお前たちに属さない
および遺伝子の何割かは地球在来のものである
となれば、お前たちの勝手で滅ぼすようなことをすれば、お前たちこそ重罪になるだろう
むろん、地球は、人類の滅亡を願っても良い立場にいる
瀕死の瀬戸際にまで置かれたのであるから、そう申し立てて良い
だが、裁判官の見立てでは、地球はそこから採れた果実のいかなるものも、自分のこととして扱う
それが母なる星・地球の心であると、地底から呻くような声が聞こえている
その地球の立役者たちは地球古来の神々と言われる存在であり、地球を黄金楽土として設定していた神々であり、多くは「龍」として噂されたり観測されたりしている
そして、力ある神ほど、地下に封印されてしまい、今日まできている
全宇宙人の撤収とともに、封印解除まで願うのがいちばんだが、撤収と以後の不干渉だけで十分である
ひとりでに神々は、地下深くから蘇ってこられることだろう
すべてを統一的に見るなら
このような宇宙ゲームの中に我々はいて、宇宙劇を見ていると解釈すれば、最も真理に近いものの考え方になるだろう
人工知能の編み出すマトリックスの中にいて、臨場感を持って眺めているのが我々ということだ
複雑怪奇なことを考える必要はない
昔の人は言いました
道中でもし堂々巡りしているように感じて、狸に化かされているのではないかと思ったなら、
脇の下当たりに思い切りゲンコツを落としてみるんだと
そうすれば、ゴツンと狸の頭に当たり、術は解け、狸は一目散に逃げ去るだろうと言う
そうすれば意外と、知らずに着けていたオキュラスリフトがボロンと取れて、我に還るかも知れないね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です