Sphinxからバステト そして ラーへのシンクロ

2月29日閏日、親友のK氏がsphinxに関する彼の解釈を寄せてきてくれました。彼は最初、エジプト神話のアヌビスではないかと言っていましたが、私がsphinxは獅子だから猫科のはずだと言ったので、そういえばあったぞと、バステトという神名を寄越してくれました。
私の知らない神名でしたが、検束すると猫頭人身の神で、太陽神ラーの娘であり、妹もしくは妻であるとのことです。
  バステト
vasteto.jpg
それまで、火の鳥などの現象を、太陽神ホルスに関するシンクロ事象と推理していたのですが、ここでも太陽神との密接な関連が示されていて、今度はラーでした。
私は以前から、新神話協力者の持ち寄る情報が、ホームラン性のヒントになる経験を幾度もしてきていましたが、このたびのK氏からの情報もまさにそうでした。
さて、私は飼い猫のタキ(メス白)の過食と高飛車さには閉口していました。
タキは奇妙な摂食行動をとる猫でした。餌の選り好みはひどくないのですが、とにかく食べる食べる。さほど間隔を開けずに、またやってきて要求するのです。そのくせ、痩せていて、いちばん軽く、しかも体力が乏しいときていて、摂食障害の感があり、サプリも併用していました。
IMG_0584.jpg
しかも、自分の好みのものの範囲で、この餌はこの特定の場所でなくてはならないという決まりを設けていて、私がその場所を憶えておいてお決まりのものを置いてやるまで食べようとしないのです。
それが餌によって少なくとも三か所、彼女は食べ終われば次に巡って行って、そこで鳴き声を上げて催促するのです。その鳴き声は甲高く、威圧的で耳障りなため、私はキレて怒鳴ることがしばしば。
そしてまた、好みの中にチーズがあって、調べでは猫にチーズは塩分が多くて良くないとされていたため、多めにはやれないのですが、タキは強情にも声を荒げて要求するため、仕方なくベビーチーズの半分ほどを千切ってやっていました。
まるで、おやつにお菓子を要求する贅沢猫といった感じで、過去世はどこか王族の姫ではないかといった推測すらあったのです。まさかマリー(アントワネット)じゃないだろなと。
また、タキは私のベッドに上ってきて、外出してきたままの土足の土などを落としていくものですから、追っ払うことが多かったのですが、上がってしまうと強情にも、そこから頑としてどかないのです。
そうなれば仕方ありません。私はタキの背中から首筋を撫でてやると、気持ちよさそうにゴロゴロ言っています。
「何だよお。お前はまるでおれの嫁か娘みたいだなあ。残念ながらお嫁さんは、お前の母さんのウーちゃんだ。ウーちゃんみたいになりたかったら、もっと素直にならんといかんよ」と言ってやっていたのです。
それだけ、母猫のウーは生前の彼女(実際の人間の彼女。2010年に海難事故で亡くなった)に生き写しの行動を、不思議にもする猫だったのです。最愛の彼女は人間の彼女でしたが、ウーはまるでその彼女の依り代のような振る舞いをしたため、ウーを最愛の妻猫としていました。
さて、そんなときにK氏の突然のバステトとの指摘があり、私はタキに、お前はもしかするとバステトか? と言ってみたのです。すると、タキは目を細めて、頷いているではありませんか。
ええーっ!! まじなのか。
タキには私の言葉がわかっているふうがあったのは、前々からだったのですが、私が彼女らのいつも発する同じトーンの「ニャー」が理解できないため、コミがうまくとれてなかったのです。
しかし、バステトなのかと指摘した後のタキは、とても従順になり、過食も治った感がありました。
そのとき、私はラーでもあって、タキは娘としてここにきていて、それまで一生懸命に彼女は私に説明していても、私が無理解なので悲しんでいたことに、はっと気づいたのでした。
なぜすぐにラーと言えるのか、は、私はホルスの可能性天の穂日(天照神の息子)の可能性、さらには古代イタリア(キリスト以前)の太陽神ルシファーの可能性が、今までの経過の中でシンクロ的に明らかになってきていたからです。
ラーも太陽神であり、ホルスと並び立つエジプトの神です。同一視もされています。
この方向からも、私が太陽神の可能性を持つ者として、指摘を受けていることを認めざるをえませんでした。
1981年にはピラミッド瞑想中に白球UFOに眉間から飛び込まれて光のシャワーを浴びる不思議体験をし、2003年には、UFO撮影クラブに新入会してきた超能力者S氏から、私との過去世の縁が古代エジプトにあり、ファラオと最高神官の仲だったという話を聞き、2004年には、丹後のG氏から、古代の北イタリアのキリスト教以前の宗教は、太陽神ルシファー崇拝だったことを聞いた数か月後に、最愛の彼女からの私への誕生日プレゼントとして、何も知らずにハワイで買ってきたお土産の木彫り人形が、伝説のルシファーのキャラクターそのものだったので仰天したことなど、そのことごとくがシンクロ的に展開していることが、動かし難い確信に繋がっていたのですが、そんなときに、ラーの話はまたもやのシンクロになったのでした。
そして今日、このサイトを見つけました。何たるシンクロ。
https://blog.goo.ne.jp/runrunsumera
ここで知りました。⇒ https://ameblo.jp/agnes99/entry-12134606957.html
現実に起きることが、ことごとく太陽神を示唆していく不思議に、嬉しくもあるいっぽう、何もなしえぬ自分に、これでいいんだろうか、いいわけはなかろう、いや、どうにもなるものではないと、心がなよなよと揺れ動いている自分がいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です