こう書けば神仙譚らしくなるかな

こんなふうに書いたら、神仙譚らしくなろうか。
その昔、純粋無垢に近い人々(神々あるいは精霊たちと言っていいか)が丹精込めて整備していた世界があった。そこはほんとうに永久であることを、存在することを以て証明するような世界だった。閉ざされた系でありながら、そこに生きる命は、無限の循環を繰り返して、そのゆっくりとした営みの中で形態を多様に進化させ、全体の永続性の基盤になっていた。
神々の個々の心の奥底から湧出する春日井のエネルギーが、彼らを守り育てていた。安定した万全の生態系モデルがそこにあった。そうした成功例は、三千世界の創造に採用されるのが常であり、ひとつひとつの世界の創造主はこぞっていいものを求めたのである。なぜなら、世界への参加者たちが楽しむための庭園づくりに似ていたからだ。誰も不愉快にしないことが、優れた創造主の匠の技とも言えるものだったからだ。
ところが、どこにでもアウトサイダーはいる。どこの世界よりも優秀でありたくて、基礎力もないのに、あれでもないこれでもないと、いろんなことを試して、効率の良さそうな方法を模索する創造主がいた。彼は、優れた多くの世界を見ているうちに、そのおよそ均質的な出来に対して不足を想い、ここをこうすればもっと効率が上がるのになあと思うことしきり。ついに、それを試そうとして、ひとつの世界を奪い取ることにしたのだ。
よもやそのようなアウトサイダーがいようとも思わなかったある世界の元の創造主は、世界をあっけなく奪い取られてしまった。
三千世界の裁定者に申し立てられては事だと、アウトサイダーは元の創造主とその協力者たちを暴力的に閉じ込めて封印してしまい、二度と出てこなければバレることもないと、強力な封印呪詛を掛けてしまったのだ。
まあ、そのような前置き話があると思っていただけたらよかろう。
あるところに、噂を聞きすがら旅をする姉妹がいた。姉妹は蛇に姿を変える妖魔だった。青蛇と白蛇。
彼らは元の創造主ゆかりの精霊であったのだ。なんとしても、その封印を解いてお出ししたい。
ある高名の仙人の話によると、かつての創造主はどこそこに封印されているのだと言う。しかも封印呪詛の仕方が、恐ろしくえげつない、言葉の呪詛で、「炒り豆に花が咲くまで出てはならん」というものだという。それ以外にもあるようなのだが・・・と仙人は口ごもった。
一聞しただけで、それはひどい。残酷無比ではないか。封印した側の暴力的なことはよく分かった。
このたびのお役目は非常に危険を伴うものとなるかもしれない。
封印については、すでに白蛇が僧法海という行者との壮絶な術較べによって体験済みで、長い不利益も受けてきていたが、このたび八角七層の雷峰塔が朽ち落ちたことから脱出して青蛇と合流していた。
その頃はまだ、封印を解くための情報がなかった。姉妹はさらに時を待った。姉妹は人間に転生した。
仙人によれば、人間にある間に、解くための情報がもたらされるということだった。人間世の緩慢な歩みにしばし身を委ねつつ、それを待つと、白蛇が妖魔らしい夢を見るようになり、その展開の中で、ある縁者の手がかりをえることになった。その縁者は男で、どうやら封印解きの手がかりを持っているらしい。その者にうまく会えたら、要件を伝えて協力を取り付けられるという。
まどろっこしいが、ここは物語の世界であり、展開の一筋縄であることを望むほうがおかしい世界なのだ。いったい誰なのだ。こんなややこしい、サーカスの空中ブランコのような手順を考えたのは。タイミングが少しでも合わなければ、みんな地面に落下してしまうというのに。
まず、縁者の男には、青蛇がアクセスすることになった。この男は世の中に絶望し切っており、気味が悪いばかりで自らの願いひとつ叶わないなら、齢50で命を終わらせてくれと、自分の守護神に誓願していたのだった。そして叶わぬままに50を迎えんとしていた。ところが、彼の49の最後の日、青蛇はこの男に声をかけたのだった。以後、しばしの間、ふたりは出会うことなく恋仲になった。主役的な白蛇が先鞭をつけて、渡すべきものを渡さねばならなかったからである。
この男の願いの大きなひとつは、彼女を得たいというものだったから、絶妙のギリギリのタイミングで条件は破られたことになる。が、この男はそのような願をかけたこと自体、忘れてこの50の峠を越えていた。
ところで、この男、無類の謎解き男で、すでにこの宇宙の仕組みの原理を解き明かし、日本の古代史と関連付けて、西日本に描かれた幾何学図形構図に基づく国土計画の存在したことを明らかにしていた。しかし、そのような謎解きには誰も関心を示さず、彼は彼で、あえて宣伝していくこともなく、ただ埋没の非充実な時間を送っていたのだった。生甲斐などない。いや、謎解き仕事があれば、その時だけ目が輝いた。だが、気味の悪い謎解きばかりが目白押しでもういやだ。客観的に自分を見て、ふがいない人生だ。その不平をかこつ方法として、50までで終わることを念願していたのだ。

今日ハ下ノ畑ニオリマスタ

貸農園のひと畝(12mX0.9m)を今年も借りてまして、ナニを植えております。
ナニとは何か。
それはかの昔、米沢藩の上杉鷹山公が領民に推奨されたという、”かてもの”(糧物=食べられる植物)の80種類のうち、一品種・ほど芋(アピオス)を数年前から植えておりまして、何もしない農法で、いわば放ったらかしにすることが、経験的にいい(私はですよ)ということがわかっている作物です。
サツマイモなどに比べると小さく、また甘みも淡白なのですが、滋養分は5~7倍という、なかなかのものです。
しかも、そのまま土の中に置いておくだけで保存も効き、同時に育っているという、まあいわば、昔の郵貯定期預金のような旨みのある作物なんですね。
肥料はやらなくてもいいみたいなんですが、東北の生産地では鶏糞をすき込んでいるとのことで、私も鶏糞ならと、去年は20Kg一袋を畝にかぶせときました。今年は、袋が大きめに破れたもので、二袋になっちゃいました。約200円。これであとは放っとくのです。
いやいや、イモ科ではなくマメ科なので、6月にもなれば蔓を2m以上に伸ばすため、その前に支柱の支えと網の設備が必要になります。その手間がかかりますね。
花もつけるのですが、地上にマメはできずに地下の根が太りまた増えるという具合です。
花を摘んだ方がイモが大きくなるとはいいますが、私はそんなむごいことはできません。(というより、なにもしたくない)
そしてまた、キリン草などの雑草が大きく生えてきますが、まったく抜いたりしません。(面倒なことは、したくない)
逆に雑草を抜いたりすると、その部分だけほど芋の本体が枯れてしまうのです。これにはびっくりして、放ったらかしにすることに決めました。これには農園の管理人のほうがびっくりしてましたね。周囲の利用者には、顰蹙ものかも知れんですが、どこにでもいるような、投げ遣りな奴だなあとでも思っといてもらったらいいのかな。そんな畝は他にいくらもありますから。
お蔭さまで、越冬をみごとに果たし、開けてみれば大粒芋になっておりました。
前に1mX0.3mほど試し堀りしましたら、こんだけ収穫
hodo.jpg
鷹山公はこれら”かてもの”によって、領民を天明の大飢饉から救ったとか。偉大な領主さまだったわけです。
米作は幕府の命令ですから、これは手を抜くわけにはいきません。そんなとき、手を抜くほうがいい作物なんて、そうあるものではありません。しかし、農民は米を口にできなくても、そういった植物によって、かろうじて生きてきたのですね。
鷹山公亡きあとも、後代の領主は”かてもの”を推奨したそうです。後に起きた天保の大飢饉も、米沢藩はみごと凌いだとのこと。
あっぱれ、あっぱれなるかや、鷹山公。

新世界はちゃんと機能しているのか?

今朝未明の夢
今朝未明の夢ははっきりしたものではなかったが、心的不安を伴う、思わしくないといったふうのものだった。
奇妙なメッセージがイメージで流れていた。
「USGがUWによってWxxになっている」
USGとは、有情たちが向かう新時空の黄金楽土を予定されている場所のことのようだ。
いま、地球の神々の撤退と移行が、そこに向かって開始されている。
神々が持ち分けて創造し維持してきた生き物たちが、主神に殉じて、新時空に向かっている。
と、そのはずだが、何か手違い(UW)があったもようだ。
例外的なイレギュラーであるだけなら、まだいいが、何かトラブルが起きていないか心配になった。それの起こす心的不安であったなら、ちょっと困る。
私は、神々や有情に、移行を声高に薦めてきたからである。
まさか、新時空に入れなくて、列をなして待機しているといったことはないか。ちょうど難民たちが国の境界を超えられず、難儀しているように。
目覚めるとき、いちどどうなっているか、見てくる必要があると思ったというのも、私は祈って眠るとけっこう、それに類した夢を見たりするからで、半分自信はないものの、やってみようという気になるのであるから、何度も言うように変人なのである。
これも思い込み仮説になるが、たぶん何度も意識に登らなくても視察してきているとは思うし、梵天のなさることゆえ不安はなかったのだが、記憶に残る夢見をしたことがまだなく、今回の不安もあって、ぜひとも見て記憶して帰ってこなくてはならないと思ったわけである。
とにかく、新世界には新規に設定していかなくてはならないこともあるので、私も早いとこ行って建設に参加したいこともある。
そうではあるが、こちらの時空で一連の手続きを済まさねば、完全な移行は叶わない。その手続きに躊躇しているのは、イザナギらしからぬ思い切りの悪さと未練ゆえである。これでは、私自身、黄泉の肥しになるしかなかろう。ロトの妻のようなことをしてしまわないだろうか。
未練とは、私の家族を残すこと(妹や猫たちのケアの中座)、この時空の今後に対する影響が測り知れないことなどである。(だって、私の死去後の加州の崩壊や最後の審判の督促などの予知夢を見ているのでね)
しかし、いずれこちらは打ち捨てられ、焼尽されるのだとすれば。いいや、回復の見込みがあるなら、何とかしてよの気持ちなのだが、黄泉度が強すぎておそらく敵わないだろう。心だけ揺れ動く。
猫たちは別世界の夢でも見ているのか?
猫は昼間に専らとして眠り、夜にこそ活動するようだ。夜に彼らはいったい何をしているのだろう。
うちに残る家猫はトン(大国のトン)とシャン(タキ・バステト)の兄弟だが、どうも家の周辺の見回りに、交代制を敷いているようである。
一方が帰ってきたら、それまで休憩していたもう一方が出て行く。そのときの申し送りか、鼻先を一瞬触れ合うしぐさをしている。鳴いたりすることはない。どうやら、テレパシー能力のようだ。あくまでも鳴くのは、私に対してと、他所猫との対決のときだけだ。
そこで思ってしまうのは、いったい彼らは、この世界をどのように見ているのだろうということだ。もしかすると、彼らはこの世界を通して、別世界の物語を見ているのではなかろうか。
こんなことを思うのは私だけだろうが、もしかすると猫たちは人間として自分たちを見て、我が家周辺のテリトリーを一国と見て、警護に当たっている中世時代の物語の中にでも生きているのではなかろうかと。
では、そんな彼らにとっての私は何なのか。身近にいる神とでもいうか。しかし、自分たちとはうまく意思疎通できない、知能の劣った神のように思っていないだろうか。
トンなど、忠誠心を事あるごとに示してくれるのだが、給餌の際に、話にならないとばかりプイと去ってしまうのは、彼の欲求が私には読めていないことによる齟齬があるからである。
情けないが人間は、ほんらい生き物の間で読めるはずの心が読めない種族になり果てているのだ。それが猫好きで飼いたがるというのは、猫を通して世界を見てきた経験が多少でもあるからなのだろうと思う。
猫世界の忍者まがいの手練れ衆と、ユダ猫族楽園追放の次第
この限界の地に落ち着いて猫を飼うようになって、猫を通して発見させてもらったことが多くあった。
まだ先代の猫三匹(今はブーしかいない)が幼猫であった頃、200mほど北方にAさん家があり、そこに約20匹もの猫がいた。そこから、毎日毎晩のように、うちの猫に対して襲撃をかけてくるのだ。
うちの猫たちは脅えて逃げ回るしかないため、襲撃にしか見えない。
やがて、襲撃猫が我が家に居就きたがっていることがわかった。
それというのも、痩せた身体を近隣の道路の真ん中に横たえて、さも私が餌をやらずに虐待しているふうに、滅多に通らない車に見せている感があったのだが、それは私の関心を引くためのまったくの芝居で、スタミナはものすごく、毎度のように家の中に侵入してきた。
そのため、ある夜に仕掛けを作って、これをとっちめることにしたのだった。
私が寝ている最中に、うちの猫たちの感性を察知し、仕掛けの紐をぱっと引いたら、かかったはずの猫が二匹、私のほうに挨拶しながら歩いてくるのである。はっと目が覚めた。夢だったのだ。
ところがその朝、私が窓の傍に寄ると、外から「カーカー」声が聞こえる。見れば、襲撃猫の”石松”と”ミケ”が下にいて、私を呼んでいるのである。
お・おまえら、夢に見せやがったのか。
仕方なく餌を持って出て行けば、今まで私の姿を見たら一目散していた猫が、足元にまとわりついてきた。そのシーンをYoutubeに上げている。

何たる手練れ。夢にまで見せるとは。まさに狐狸妖怪か。
しかし、我が家の猫たちと相容れることはできず、お断りすることになった。すると今度は、メクラいざり猫が道路上に現れるようになった。目が見えず、耳が聞こえないようで、車が近づいても逃げず、動作も鈍く動かないのだ。Aさんによれば、目が見えないのだという。
ところが、ある日、階段を上がりきったところに設置してあったセンサー感知して光るライト装置の上に、乗っかっているのには仰天させられた。
ど・どうやってここまで上がったのだあーーっ!!
忍者そのものであった。ふだんは、いざり猫として演出しておいて、いざのときには熟練の術を見せる。まさに忍者・忍び草であった。
ある日、我が家の前の道路を通るここでの先輩のS氏に聞いてみた。Aさんとこの猫の由来をである。
実は、その猫たちは、元々、Aさんちから300mほど上の「桃源郷」と号した館に住んでいた主人が飼っていたという。ところが、そのご主人が突然に亡くなり、相続人が館を売り払うべく、猫たちを追放してしまったのだという。その後、その館は別人のものとなった。
こうして、多数いた猫は苦労して餌を探すことになった。やがて辿り着いたのがAさんちで、次々と現れる猫たちを哀れに思い、給餌するようになり、彼らはみんなして居就くようになったとき、総勢20匹にもなったという。頭数は今もそう変わらないという。
Aさんによると、我が家に来るのは最長老の猫たちだったという。
エデンの楽園(屋号が桃源郷)追放当時の長老級の猫が、我が家に民族の転身拡張先を求めてやってきていたというわけだ。まさにユダヤ民族の辿った漂泊の歴史を物語るようではないか。
だから、幻術を使いこなせるほどに、術達者になっているというのも、頷ける話ではなかっただろうか。
Aさんは私よりも5,6才年上だ。きゃしゃな身体で、よくこんな人が菜園づくりがこなせていると思うほどだ。猫たちの養育費だけで、月3万円かかるという。きっと猫たちが、応援しているに違いない。その彼女がいなくなれば・・・嗚呼。
限界集落でありながら、猫がいるだけでも、嫌がる人がいる中で、これからの時代はいっそう窮迫してくるだろう。
だから、イザナギの渡せる新世界の完成完備がどうしても必要なのだ。みんな分け隔てなく、厚遇する新世界にどうぞいらっしゃい、と自信を持って言えるような。

創作物語・・・生き物の童話、物語

我が家はいま猫との共存生活。そのきっかけを作ったのが「たま」でした。これはまったくの実話です。

狸は賢い動物だとは聞いていましたが、祖母からこのような話が実際にあったと聞き、童話風にまとめました。

森の木々は何も語らず静かです。しかし、心の中ではいろんな心配をしているのかも知れません。時には命を賭けて何かを訴えるようなこともあるのではと思います。

科学は自然であることを旨にしてほしいです。科学の進歩に追い詰められてはいけないように思います。最近、宇宙人グレーはどうやら地球人の未来形とか言われていますね。当たらずもがなの物語になりました。

祖母の伝記・・・明治時代、電灯が初めて灯った頃のこと  幽霊船  その他

私がまだ小学生の頃に、いろんな不思議話をしてくれたおばあちゃんの、若い頃の思い出話です。

おばあちゃんの語ってくれた、さらにお祖父さんになる方の、まあ何と言っていいのか、不思議な武勇伝になりますか。

信仰心篤いおばあちゃんのしてくれた、まあこれも何と言っていいのか、あの世物語になるのですかねえ。

しかし、不思議なことに、「たつえおばあさん」のような生き方を、あの世でしているらしい、墨染めの衣を着たおばあちゃんの夢も見ております。
おばあちゃんは、透き通った赤子のような肌をして出てきていましたよ。
https://p.booklog.jp/book/97441/page/2635144/bookmark
アセンションしたら、みんな若返って思うままの生活に入るとか申しますが、あの世こそがアセンション先ではないでしょうかね。
ごくろうさまでした。

創造的都市伝説(20)・・・不思議な感覚を覚える昨今(シックス・センスの世界なのかもね)

おかしいな。うれしいな。
心臓はいつ頃からか気にならなくなりました。
それは2000年代前半ぐらいだったか。
それまでは、心臓の鼓動がたえず気になっていたのです。
なぜなら、すぐ下にあって、不規則な鼓動の振動を示していましたから。
普通の人は、心臓の鼓動などまったく気にかけませんし、心臓はどこにあるのといった感覚でいます。
しかし、私の場合は、心房細動であることを気にし過ぎていたせいか、見つめれば必ず振動の返事が返ってきていました。
ところが、今はごく普通の人に戻った感があります。心臓がここにあるという感覚がさほどないのです。
しかし、健康診断で心電図計を当てれば、いつも心房細動を指摘され、医者がにわかに色めき立つのを何度も目撃し、そのたびに、ああまた例の説教を聞くことになりそうだと思うのでした。
「このままだったら、長嶋さんみたいになりますよ」(ぷっと吹き出す)
確かに、レントゲン写真には、肺の左に大きく横たわる心臓らしい白い影が肺の半分ほど占めているのを見せられています。心房細動歴約20年。スポーツ心臓どころじゃない。
確かに、坂道を50mも歩けたものではありません。息を切らしてしまいます。
しかし、何か不思議な感じで、階段を上がるのでも、足がすいすい何のつまずきもなく上がっていくのです。
私はもうすでに、死んでるんじゃないかと思うほどに、楽なのです。意志のままに勝手に足が動いて、滑るようにして階段を上がり、頂上に立つ。
これって、足のない幽霊ってことない?
しかし、作業などすると、それなりの疲労感が押し寄せてきます。これぐらいしたら、しんどいだろうなと思うだけの疲労感がやってきます。ということは、疲労の具合を自分で決めているってことない?
もし、疲労などしないと心に決めたら・・・いや、そんな冒険はなかなかできないよ。
だって、自分はすでに幽霊だったと、知ってしまった時の何というか、おかしな気分を思うとね・・・わかってもらえるかな。
シックス・センスやアザーズの映画みたいになってしまうもんな。
まだしのこしていることもあるし。
それならそれでもいいや。ダイ・ハードなのもわかる気がします。自分で死んだことを確認しない限り、私はここに生き続ける。それでいいじゃないか。
そこで、私みたいな者は、分析して研究してしまうのです。
いったい、いつ死んで、あるいは人によってはアセンションしたと言うのか、新時空にステージが移ったのかと考えたとき、そのような時点というのが、いくつかあることに気づくのです。
まず、ひとつは50歳になるときの、心に決めた節目がありました。
私はこのとき、50歳になる直前日に、最愛の人の討ち入りに遭い、かしらを挙げられちゃったんですね。吉良上野介みたいに。
以後、上野介は新時空で、あたかも旧時空と繋がっているかの如き、再誕生をして、生きることになっちゃったようです。
すでに前記事で書いているように、実は世界的な問題のあった時期なんですよ。もしかすると、この時以来、バーチャル世界に入ったのかも知れません。
それからも、何度かありました。
2002年11月には、高円宮が亡くなる十数時間前に、意識を突然なくして死んでたかも知れないのです。いちおう家族がすぐに発見して、命を取り留めたことになっていますがね。心房細動の症状の脈飛びがひどかったのだと思います。
2011年3月には、新神話の要請に従い、ご神事のためにあの世に行ってる(ことになっています)。何とその時には、東日本大震災がありました。多くの命と引き換えに、私が生きているのかも知れないのです。
あるいは、これも新時空が私に当てがわれて、生き延びることになったと言えるかも知れません。私はこれを第三時空と呼んでいます。
2013年12月には、夢でデス体験をし、即座に透明な千の風になって空を飛ぶ経験をしました。このときも、実際に死んだのかもしれません。しかし、夢として経験して、目が覚めたら戻ってきていたということでしょう。このため、ここからを第四時空と呼ぶことにしています。
しかし、何ですね、蘇るたびに、どんどん世相がおかしくなってるじゃないですか。
まあ、2011年3月の第三時空以後は、黄泉の国も佳境に入っていると言いますかね。2013年12月のデス体験は、黄泉の国脱出のイザナギさんさながらの事態だったかも知れないと思っています。
しかしまた、舞い戻っちゃった。というのも、これも役割としてやってると、認識できるんです。いや、解釈と言っていいでしょう。
第三時空からは、変節した世界になりました。ガラッと世相が邪悪化したでしょう。私にはそう感じられます。何のために? 
それは私に、観測させ、データー蒐集させるためですよ。第三時空から始まりました。第四時空からはもっと深化しているようです。
そして、いったん、黄泉の国脱出のイザナギさんの境地を体験しておいて、また戻って、第四時空からデーター蒐集の補完をし、この黄泉の国のターミネート処理をしなくてはならないのだと思います。
まだいっぱいあるように見えますが、もうシナリオ化してありますから、後はプログラムの流れに従うといったことです。
しかし、このデーター蒐集の工程の中に、2014年度では太古の神々の封印のことや、2015年度からは宇宙人問題が加わってきたのにはびっくりしました。
この調子では、まだもうちょっと、推敲せねばならないかも知れませんね。
切り上げ時は、私の中のもうひとりの自分が心得てくれていると思います。
それまでは、ガタガタしますけど、よろしく御贔屓のほどを。
おかしいな。うれしいな。お化けにゃ学校も 試験もなんにもない。