創造的都市伝説(11)・・・彗星捜索家・木内鶴彦さんが死後体験して見てきた大過去の話から

彗星捜索家・木内鶴彦さんが死後体験して見てきた大過去の話
https://youtu.be/72Oz8ubF6bM#t=2m0s
大きな彗星がやってきて大洪水を起こさせる。
そのとき見た天体(おおぐま座のひしゃく)の角度からすると、その年代が今から1万5000年前。
(ゴルボフスキーの著書・失われた文明でも、地質学的年代としてそれぐらいが示されている。140mもの海面上昇があったらしい)
木内さんによれば、その星(彗星)とは月だった。地球に水をはぎ取られて、月になって地球を回るようになった。
(アレックス・コリアーさんは、天体を運んできたのは宇宙人がやったとしている。木内さんはそこまでの立ち入りはない)
ここから今回の本題に入る。
宇宙の始まりはビッグバンではなかった。
それは空間の歪みだった。
空間とは、自分自身の意識だった。
その空間がいろんな宇宙を創り、銀河系を創り、太陽系を創り、その中の地球を創り、そしてそこで生命体が誕生し、我々になってきている。その意識と、死後の彼の意識は繋がっていた。
ここからは私の推論・仮説である。
宇宙は梵天の夢見である。夢見によって宇宙が生まれた。(ヒンヅー哲学が言っている)
梵天は夢の中でまた夢を見る。そのたびに下位宇宙が生まれた。(ここからは拙仮説・メルヘン)
梵天は多重夢の中にある。新神話メルヘン ⇒ https://p.booklog.jp/book/89877/read
⇒ https://p.booklog.jp/book/90684/read
この太陽系はいちばん最初からすれば、第137番目に下位展開(多重夢)した世界である。(スミルノフ・佐野博士の発想。微細構造定数が137という整数値である理由)
物理的にはフラクタル的相似像の形で展開してきて、今見る世界がある。(拙仮説)
その様を示すなら、次の図のようになるだろう。
modl.jpg
我々の宇宙はその中のかなり下位にある○のひとつであると仮定される。いちばん上から130番目以降ということになるだろう。
私は夢見で、この源流を辿ったことがある。といっても、二つ三つ前までであるが。
その時の感触について、ここに書いている。⇒ https://p.booklog.jp/book/97441/page/2635864/bookmark
木内さんが語った最重要点は、「宇宙の始まりは空間であり、その空間とは自分の意識だった」ということであろう。
我々は、少なくとも私について言えば、自分の中に安定した意識的存在がいつも私とともにあって、私の背後から見ていることを感じている。
どうやら、その存在が、私をこの世界に置いた(誕生せしめた)責任者であるらしいことを、私はほのかに知っている。
彼は私の心の中の、大使館風の建物の中のこじんまりとした執務室にいて、私が行けばなんでも相談に乗ってくれる。不在であったことはない。
だから、次の天才バカボンの言葉が、如実に思えるのだ。

自分トフタリッキリデ暮ラスノダ
自分ノパンツハ自分デ洗ウノダ
自分ハ自分ヲ尊敬シテイルカラ
ソレクライナンデモナイノダ
自分ガニコニコスレバ
自分モ嬉シクナッテニコニコスルノダ
自分ガ怒ルト自分ハコワクナルノデ
スグニ自分ト仲直リスルノダ
自分ハトッテモ傷ツキヤスイカラ
自分ハ自分ニ優シクスルノダ
自分ノ言ウコトサエキイテイレバ
自分ハ自分ヲ失ウコトハナイ
自分ハ自分ガ好キデ好キデタマラナイ
自分ノタメナラ生命モ惜シクナイ
ソレホド自分ハスバラシイノダ

このもう一人の自分とは、梵天だろうということもわかる。
かつて付き合った霊能女性の見立てでは、私の直上のハイラーキーは梵天だとのことだった。だから、梵さまと呼ばれたりもした。
⇒ https://p.booklog.jp/book/90019/read
我々(の魂)は創造神(梵天)の火花であるという。だから、みんなそうだと言える。
超宇宙の仕組みモデル概念 (未来知識)
この宇宙の仕組みモデルは、観測者(魂を持つ自分)中心天動説を採る、唯我独尊を真実とする、梵天の立場から見た世界の成り立ちを、わかりやすいモデルを使って解き明かしたものである。
梵天は、この三千大宇宙の初めから終わりまでを自らの多数の分身を使って分担精査させている、というのがヒンヅー哲学の「我々の個々は神の火花」説なら、このモデルを使えば、梵天一人が無限の時間を使って、一筆書き的に、ありとあらゆる有情の魂を介して、全宇宙を精査している「真実の姿」を証明できるだろう。梵天は、あなたの中に入り、また私の中に入りして、世界を一筆書き的に精査しているとは・・・みんなお互いが親切に誠実になることが大切だとわかるだろう。
さて、木内さんの体験した宇宙の始まりの最初「宇宙の始まりは空間の歪みだった。
空間とは、自分自身の意識だった。」というところ。
私の創った新神話メルヘンからすると、前述のように如意珠それ自身の内省によるか、もしくは意識ある者が如意珠を見つけてアクセスしたことに始まる。
その如意珠を科学的に調査してみようと意図したことが、どうやら歪みの原因になっているのかも知れないというわけだ。
意図するだけで宇宙が創造されてしまう。何だかすごいことのようであるが、そのような創造力をコントロールしなくてはならなくなって、このような窮屈で可塑困難な世界を創ったのだとすれば、3次元世界の存在の理由も何だかわかるような気がしてこないだろうか。