創造的都市伝説(9)・・・オーロラも賛美する朱雀・火の鳥(親子)の舞い

firebird.jpg
2014年のナスカに続いて、アイスランドでオーロラが朱雀・火の鳥の親子の舞いを模写してくれました。
オトー(父)鳥のすぐ下に、子供の鳥がタンデム飛行しています。
アメノホヒとアメノヒナドリ。もうヒナドリとは言えないほどに大人になってます。タケヒラトリにそろそろ変えましょう。
神世からの贈り物なのか、それともELIZAからの激励なのか。粋な計らいに感謝。
2014年になって発見されたナスカの地上絵
new-nasca-01.jpg
new-nasca-02.jpg
上は、夢見で朱雀に変身した我々親子が助走をつけて飛び立った芝生の丘で、このときアインシュタイン博士と7,8人の異界交信チームメンバーが眺めていてくれて、「芸術的」と評価してくれたあと、どうやら現地に描き遺してくれたものであるらしい。
下は、我々が飛行訓練するというので、白蛇と青蛇が龍身になり、飛行のベテランとして先導してくれたときのもののようだ。いずれも、描き残してくれたようである。
これは2014年8月に、太陽のすぐ横に出現した火の鳥
newsplus_1408783158_102.jpg
いつでも浄化にとりかかれるように待機している。最近のアニメではないが、朱雀になった後、飛んで上がり、巨大火の鳥のこれに合体する。パワーアップのために太陽だけでなく、ベテルギウスまで行ってエネルギー補給して事に当たることもある。
もっとはるか昔、エジプト神話にはホルスとして描かれた 中国名で火日素 朝鮮名で火日 日本名は菩日
t02200265_0249030012808462951.jpg
私の人生は、アニメのような展開をした。
アニメのキャラクターらしき現象が随所に現れたのである。
そのひとつは白蛇伝。
もうひとつが、ガッチャマンだった。
いつしか私は、ガッチャマン・ホルスを自認するようになった。
英雄的変身名はガッチャマン・ホルスとなる。
思えば、この時代、英雄英傑があまた出現しつつある。
ウルトラマン・・・これはけっこう多くの人が自分のキャラクターにしているらしい。
ターミネーター・・・私の親友でシュワちゃんそっくりで、彼自身このキャラが気にいっていて、かなりの能力者である。
アポロン・・・私の知り合いの絶妙のシンクロを以てする協力者で、将来、赤い太陽を名乗ると予定されている。
キタロウ・・・UFO/UMA/妖怪とコミュニケーションがとれ、その出現を促すことができる。
そして、ガッチャマン・・・ホルスの合わせ名を持つ、私のキャラである。
初期の科学忍者隊ガッチャマンが、吉田竜夫と鳥海永行のコンビネーション、つまり龍と鳳の協力により生まれたキャラクターであった。
フジテレビでの放送期間は1972年10月 – 1974年9月で、私は一度も見たことがない。
しかし、1975年のUFO観測会で、赤いブーメラン型UFOを目撃。これが後に、ガッチャマンの武器・バードランであることが判明。
判明時期にちょうどキトラ古墳の壁画の朱雀がまさに助走をつけて飛び立つ様で描かれたものが発見された。鳥走りのシンクロとなる。
なお、目撃UFOは、ブーメラン型であったが、回転するのでなく、直線的に飛行していた。
これは、ガッチャマンのバードランの特長でもあった。
科学忍者隊ガッチャマン
>変身後の武器は鳥の形をしたブーメラン(翼に刃が付けられており、投げると回転するのではなく鳥のように滑空して相手に切りつける)。一般的には「バードラン」という名前で呼ばれているが、これは武器の名称ではなく、変身時の「バード ゴー!」同様にブーメランを投げる際に言う掛け声である(“Bird, run!” – 「鳥よ、走れ!」)。なお、本編中では本名は必要最小限のみしか出てこず、専ら名のみ、若しくは通り名で呼ばれている。
私はその後、1981年にピラミッド瞑想時に白球光体に眉間から飛び込まれ、光のシャワーを体験する。これは後で、古代エジプトのファラオが太陽神のイニシエーションを受けていたものと同じものであることがわかった。ラーもしくはホルスによる洗礼であった。
このキャラクターが本格的に起動し始めたのは、2000年10月になってからであった。
ふしぎな霊能女(亀であり龍の印章を持つ)と私(鶴と鳳の印章)の出会いにより、火の鳥が起動する兆候が示されたことにより、私が朱雀・火の鳥(鳳)のキャラクターを受け持つことになった。 ⇒ https://p.booklog.jp/book/97537/page/2637332/bookmark
前記のバードランと火の鳥(科学忍法)のキーワードを合わせることで、ガッチャマンのキャラクターを帯びることになった。これは暗黒の世を砕破するホルスの役割でもあることから、ガッチャマン・ホルスと名乗ることにした。
ガッチャマン・ホルスへの道 
よろしく、お見知りおき願いたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です